FC2ブログ

ふくしまラーメンショー2012 出店社の店主様方からのメッセージ その2

※数日間先頭固定致します。 更新記事はこの記事の下に続いています。

「ふくしまラーメンショー2012」の主催者・福島中央テレビさんのご尽力により、出店社の店主様方からのメッセージが動画サイトに挙げられました(^o^) 取材・編集したてのホットなメッセージがご覧頂けます。

ふくしまラーメンショー2012 【真武咲弥】



ふくしまラーメンショー2012 【博多だるま】



ふくしまラーメンショー2012 【麺屋宗】



ふくしまラーメンショー2012 【さいころ】



ふくしまラーメンショー2012 【ラーメン凪】



ふくしまラーメンショー2012 【気むずかし家】



開催まであと僅か! ふくしまに美味しい笑顔を届けるためにやって来る、一騎当千の名店に期待が膨らみます(^^)当然、全店制覇でしょう!
 

【2012年桜巡り】 内出の桜

まだ咲き始めだった「雪村庵の枝垂れ桜」を後にして、次なる目的地は「内出の桜」です(^^) ここもまた、比較的開花の早い桜として知られておりまして、距離的にもそんなに離れてはいません。 今ひとつ優れない空模様と言う事もあってか、先客様はお一人だけでした。 到着した時は、そこそこの咲き具合なのかなぁ~?と期待出来たのですが、実際にはまだ精々三分咲きくらいでしたね(^▽^;)

内出の桜

桜の樹にアプローチ出来るルートが整備されていますので、そちらに車を回して道路脇の路肩に車をデポ。 撮影機材を携えて歩を進め始めると、ボクらの車の辺りに警ら中のパトカーが停車しました( ̄▽ ̄∥) 思わず車の駐め方に問題でもあったかと考えてみましたが、完全にアスファルト路面からは外に出ていますし、駐めた場所自体も駐車用のスペースとして誂えられていたように思えます。

(何かマズかったのかなぁ・・・)

と疑心暗鬼になりながらも、ついいつもの癖で、警ら中のおまわりさんに笑顔で手を振ってみたら、笑顔で敬礼を返してくれました(爆) 別に狙い撃ちされた訳では無いのねww その場を離れて行くパトカーを見送り、周囲の景色にレンズを向けていたら、そのパトカーが再びバックして戻って来ましたよΣ(゜▽゜;)

(エッ?エッ?やっぱり何かマズかった?!(((( ;゚д゚))))

一体何を確認したかったのかは分かりませんでしたが、また坂を下って行きました。 妙な空気感が残ったので、車をデポした場所に戻って、パトカーが進行していった道を眺めましたが、既にパトカーの姿はありませんでした。 一体何だったのだろう・・・(@ω@;)

勿論このエリアは、駐停車禁止区域ではありませんし、交通の妨げになるような駐め方もしていませんので、後は安心して桜の樹を目指して再び歩き始めました(;-д-)ゞ

内出の桜
[2012/4/22 内出の桜] <↑ Clickで拡大>

あはは、こりゃあダメだ(ノд≦*)ゞ 陽の光は来ないし、空も曇っていて、桜の花の色合いは全く浮き上がらないですよ。 でもこの高台から見下ろす集落の景色は、なかなかヨロシ。 梅の花と桜の花がほぼ同時に咲いているのが分かります。

内出の桜
[2012/4/22 内出の桜] <↑ Clickで拡大>

桜の樹の袂には、菜の花の黄色が色鮮やかに咲き誇っていました。 着々と周囲環境の整備は進んでいるように思えます。

内出の桜
[2012/4/22 内出の桜] <↑ Clickで拡大>

丁度今頃は満開になっているハズですし、夜はライトアップもされております。 この小さな集落に、一年で最も人が訪問する時期となりました。
 

みたか食堂 ~福島県郡山市本町~

そろそろ「行き付け」と呼ばせて貰っても宜しいでしょうかね? ここは郡山市の下町情緒が残る中町。 近代的な高層マンションも建ち並ぶエリアに、まるでここだけが昭和の風情を頑なに守っているようでもあります(=´▽`=) その下町情緒につり合うような人情味溢れる食堂が「みたか食堂」さんです。 今回は懸案だったメニューの切り崩しを兼ねての訪問です。('-'。)(。'-')。ワクワク

今回のターゲットは、このお店の隠れ常連である事が分かった、「ねこっていいよねぇ」 (URL) のAuthor・ぐっぴょんさんからのタレコミで、かなりの人気メニューであると知らされた麺料理です(^^) 麺料理自体は拙のBlogでは、ほぼ“燃料”と言っても過言ではないくらいのアイテムですが、このアイテムは初登場では無いかと思われます。 以前から探し求めてはいたのですが、なかなか当地では見いだせない麺料理です。

「みたか食堂」さんの壁貼りメニューにそれを見いだした時から、必ずコンプすると決めていたのですが、前述のタレコミ情報に後押しされて、順位繰り上げの実食です(*^_^*)

「チャンポン (700円)」

みたか食堂 チャンポン

まさかの餡掛け?!Σ( ̄□ ̄∥)

このビジュアルだけを見せられたら、それを「チャンポン」と答える人はいないでしょうww でもここは昭和の風情が息づく人情食堂「みたか食堂」ですから♪(*´▽`*)ノ゛

まっ、どう見ても本場長崎のチャンポンの法則からは外れていますね(`・ω´・ ;) 素直に言っちゃえば、白餡仕様の餡掛けラーメンでしょうww んっ? もしかすると、餡掛けタンメンってアプローチの方が近いかなΨ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪ 何だかとっても楽しくなってきたぞ♪

みたか食堂 チャンポン

ベーススープも塩味仕立て。 この日はご主人様がキッチンを空けていたので、女将さんが渾身の調理で、大鍋をガッコン、ガッコン!と振りながらの仕立てでしたw( ̄▽ ̄)w その調理の様子には、一切のよどみもありませんでしたから、きっと普段から女将さんも積極的に中華鍋を扱っておられるのでしょう。

ご覧の通り、お野菜のモリモリ具合は立派なものでして、具材の中に肉類は組み込まれておりません。 豚ガラを炊いて作られるスープならではの旨味をしたたかに感じさせるところが良いですね。

みたか食堂 チャンポン

麺を引き上げてみたら、これまた想定外の多加水系ストレート中麺だった(笑) 低加水率のストレート太麺なんて、最初から想定外らしいですよ(ノ∇≦*)キャハッッッ♪ んでもって、トロミを付けられたスープが“鬼のように熱い”訳でして、口に運ぶのにも細心の注意が必要ですww

練り物が具材としての良い仕事をしています。 ジワッと染み出てくる塩味を伴った旨味成分と、手早く強力な火力で火入れされた野菜の甘味と水分が、塩辛さを程良く緩和してくれます。 しかし、アツアツ具合は止まるところを知らずでして、丼の底から麺を手繰りあげて、餡の表面張力を利して一時待避させるも、そう簡単に冷めてくれはしませんよ( ̄△ ̄∥) ワッハッハ(^o^) こりゃあまるで、芸人さんの灼熱耐久番組みたいだわww

「半カレー (350円)」

みたか食堂 ハーフカレー

すっかり虜になってしまったカレーライス♪ Hot,Sweet & Spicyはこの日も変わらず(^-^) 美味い!実に美味い!!O(≧▽≦)O かなり中毒性のあるお味なのですが、とても食堂カレーの域ではありません。 それでいて、そのトロみと言い、容姿と言い、見た目は完璧な食堂カレーです。 カレー好きなら、一度はご賞味頂きたい個性派の一杯です(^^)




みたか食堂
福島県郡山市本町1丁目18-8
電話;024-922-0746
営業時間;11:00~20:00
定休日;日曜日
駐車場;店舗向かい側に6台分


大きな地図で見る