FC2ブログ

平安食堂 ~福島県郡山市大槻町土瓜~

店内には「ここのラーメンは三回食べること」という戒めの符が貼り出されています。 平たくその意を介せば、“個性的なラーメンだから何度か食べて見てみて♪”ってところですかね?Ψ(〃∀〃;)Ψ

ボクは3回どころか、初訪問でキッチリとハマった一人ですが、開店から1ヶ月を過ぎて、昼時は客足が絶えないお店になったようです(^^) ありがたいことに通し営業ですので、今回も閉店前の時間帯で暖簾を潜りましたよ。

平安食堂

相変わらず「ラーメン」「チャーシューメン」「ワンタンメン」のシンプルなメニュー構成ですが、大盛(100円)に加えて特盛(200円)が追記されていました( ̄▽ ̄∥) もともと麺量は多めだと思っていたのですが、特盛は麺量2倍になるそうです(⌒▽⌒;)

前回の好印象が忘れ難く、今回もまた同じ品を所望しました。

「ワンタンメン (600円)」

平安食堂 ワンタンメン

豚ガラ由来の香り立ちはほとんど感じられませんが、ジワァ~~ッと旨味の広がるスープが、タップリと張られた丼。 デフォ・トッピング自体に、特に華々しさこそありませんが、この素っ気ないほどのシンプルさが、今となっては大きな特徴にさえ思えます(笑)

平安食堂 ワンタンメン

ワンタンは一体何粒入っているのか、今回もちゃんと確認出来ませんでしたが、意外と沢山入っていますので、+100円の対価としては充分以上の価値があると思います。 しかしてその味たるは、餡は少なめで滑らかな舌触りの皮を、スープと共に楽しむっていうもの。 強烈な縮れの施された麺が、舌の上をくすぐるかのように踊った後、このヴェルヴェットのような舌触りの皮は、まるでステージをリセットしてくれるかのようです(^^)

平安食堂 ワンタンメン

薄手なほどの平断面で、繊細なほどの細さに仕立てられた強烈な縮れ麺は、やはり当地では他に類を見ない個性派です。 今回はボクだけの一杯出しでしたので、オーバーボイルになる事もなく、舌の上で極上のダンスを披露してくれました♪ ワハハ、こりゃあ堪らん(* ̄∇ ̄*)

一仕事終えて、店主・伊勢野さんがボクの傍らに立ち、その様子を微笑みながら見ています。

「どうだい? 今日のデキは?(^-^)」

無論、サイコ~です! 開店当初よりも、徐々に醤油ダレの効かせ方を、久留米時代に近づけて来たらしく、ちょっと薄い感じはありますが、これも卓上に配した「醤油ダレ」で、食べ手が好みの濃さに作るという定石に沿ったモノ。 何口か手繰った後に、醤油ダレをレンゲに移して濃度調整で好みに仕上げれば、紛うこと無き“平安ワールド”を堪能出来ます(^^)v




平安食堂
福島県郡山市大槻町土瓜49-1
営業時間;11:00~18:00 ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に4台分


より大きな地図で 平安食堂 を表示