FC2ブログ

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

夕暮れ時の昼食ハンター・無芸です(^o^)/ 定期巡回先の「郡山大勝軒」さんの向かい側に、南福島で成功している人気店「みそ伝」さんのフランチャイズが進出して来ると言う事で、少しばかり様子を伺いながらの訪問です(笑)

3月1日に開店する予定のハズですが、開店三日前にも関わらず、店内に人気は無いようです。 どこで準備を進めているのか知りませんが、開店直後のローテーションがちょっと心配ですね。

郡山大勝軒

一方、迎え撃つカタチとなる「郡山大勝軒」は、特にいつもと変わらない様子ww 妙に浮き足立つような雰囲気のカケラも感じられません。 洗練という進化を確実に続けている事は事実ですし、そもそも嗜好性の高いラーメンですので、迷うことなく見定めた方向へ進めばヨロシと思います(^^)

さて、この日の所望品は「つけ麺 中盛 (700円+0円)」です。 空腹の勢いで、ちょっと盛り過ぎたかも知れませんけどね(^^;)

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

とっても幸運なことに、この日のスープは“ナベゾコ”の部位(*^_^*) 一際濃厚な旨味と、少しばかり乳化の兆しと共に、唇がツヤツヤになるようなコラーゲンが感じられました。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

“ナベゾコ”が当たりますと、魚介の風味よりも、動物系の風味が若干勝ってくる感じです。 それでいてちゃんと予定調和がとれている感じが大好物O(≧▽≦)O

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

グッと噛み込むと腰のある歯応えと共にプッツンと歯切れる麺はいつも通り。 この日の釜場は岡田副店長でしたが、彼もまた外連味の無い仕事をする子です。 パーフェクトな茹で上がりと、程良い水膜を纏わせた麺は絶妙です(*^-゚)v

スープ割りまで美味しく頂き、帰路に就いた頃になると、後から胃袋にドッと重みが・・・( ̄Д ̄;) ちょいと食べ過ぎだと分かっているのですが、どうにも止められない魔力に引込まれる。 それが郡山大勝軒のつけ麺です(;^◇^;)ゝ

八山田ラーメン・ストリートの今後が気になるところですが、それぞれが切磋琢磨しあって、ご繁昌される事を期待致しましょう。





郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る




この記事を打ち始める寸前に、お得意先様からお電話を頂きました。 もしや不足品でもあって、急用のお問い合せか?と思ったらさに非ず。 実はお得意先様の許に、ボクに会いたいと言って下さる方がお見えだと言います。

えっ? それはどなたなのかな?と思ったら、ボクの高校時代の同級生でした(ノ´▽`)ノ 何と、お得意先様のお身内だったそうですわww そんでもって、郡山へ出張があって、お店のカウンターに腰を落ち着けながら、ボクの噂話なんぞを肴に一杯やっていてくれたらしいです(笑) ご店主様が、それなら電話しちゃおうか♪って事でのご連絡でした。

仕事が片づかない無芸は、残念ながら参上する事は出来ませんでしたが、しばし電話で歓談をしつつ、

「無芸君、背脂は・・・ 背脂は、イカンよ!ヾ(・ε・。)」

「いや、DHC フォース・コリーで洗い流してるから(^▽^;)ゞ」

「あっ・・・(・ ・;) それ、ボクも飲んでるし・・・」


大爆笑

なんて、齢50のヲヤジ・トークですワ(‐^▽^‐) 地元を離れてしまうと、同級生達のその後がとても気になるようです。 ジモピー無芸、ここ郡山で暮らす意義のある友人であり続けねばなりませんね。

明日は母校の同窓会入会式。 既に11,000人ほどが学舎から巣立ちしました。 ボクは多分、その半分以上の卒業生達をこの目で見続けています。 新に同窓生として加わる後輩達に会ってきます(^^) 

王宮伊豆神社 (おおのみやいずじんじゃ) ~福島県郡山市片平町~

時系列は戻りまして、一週間ほど前に白鳥の撮影に出掛けた多田野地区から、ニャンコ公園へと移動する途中にある「王宮伊豆神社 (おおのみやいずじんじゃ)に立ち回りました。 風の噂に、かなり由緒正しい神社であるとは聞いておりましたが、参拝するのはこれが初めてです。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

神社の境内となる表参道の前門の鳥居脇には、参拝客用の駐車スペースが用意されています。 およそ6台は優にデポ出来るハズですから、祭事等でも行われていない限り、まず安心して利用できると思います。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

この日は既に無芸よりも先に参拝された方がおられたようで、表参道の石畳には足跡が残されていました。 それにしても、いつも素通りしていたので気付かなかったのですが、かなり立派な神社ですよ(^^;)

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

表参道の両翼に植えられている杉の樹は、樹齢600年とも言われているそうです。 この神社の建立が鎌倉時代と言う事ですから、神社建立の定石通り、その際に植えられた杉の樹が残っているのかも知れません。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

石階段を登り切りますと、ようやく本殿に至ります。 境内にはここに祀られている「葛城親王(かつらぎしんのう)」の祠があります。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

ここで先ずは参拝をさせて頂き、少しばかりの信心をww 決して広い境内ではありませんが、清掃も行き届いておりまして、流石は片平11ヶ村の総鎮守様です。 宮司様をはじめ、信心に厚い氏子様方の関わりが感じ取れます。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

鳥の声も届かず、凛とした冬の空気が辺りを満たしています。 必要以上に境内を彷徨く事はしませんでしたが、秋の例大祭には舞いの奉納なども行われるようで、水田地帯の片平町ならではの立派なお祭りが見られそうです。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

表参道の杉の大木も立派ですが、実は竹林も見つけました。 残念ながらこちらの手入れはあまりされていないようですが、その手入れ次第によっては、なかなか写真映えのする風景になりそうな気がします(^^)




王宮伊豆神社 (おおのみやいずじんじゃ)
福島県郡山市片平町字王宮20


大きな地図で見る

王宮伊豆神社の沿革


うねめ祭りでよく知られる当社は、今を遡る1280有余年前、人皇30代敏達(びたつ)天皇4世の孫美奴王(みぬおう)の御子。従四位下。
葛城親王が和銅4年阿尺国按察使兼班田使(あさかのくにあぜちけんはんでんし)に任ぜられ、当安積地方を開拓し、今の郡山の基礎を築かれた。後に、王の偉業を称え逢瀬川の清流を眼下に安積全域を一望できる景勝地(現境内)に当社を造営した。
降って寛文3年片平組11ヶ村の総鎮守と称され、現在も広く崇敬を集めている神社であります。
奥州草別(おうしゅうくさわけ)の大神とは、今の社殿が造営される以前より、里人に尊ばれた地主の大神で、開拓の業を教え導かれた祖神であります。
安積山東葛城王祠碑(寛政5年建立)が現存。
また、参道には600年から700年を経た杉の大木が鬱蒼と生い茂り、鎮守の杜に相応しい社叢を成している。
平成10年「緑の詩・郡山の森・林・樹木ガイドブック」にこの杉並木が選ばれた。

【福島県神社庁 ホームページより引用 (URL) 】