FC2ブログ

2012年冬景色 ~厳冬の中瀬川~

小野川湖を見下ろす通称・お立ち台から降りて、一先ず車内で暖をとります。 風もほとんど無風で、真冬としてはかなり恵まれた朝でしたが、さすがに1時間半も雪の中に立ち続けていますと、長靴の中が冷え切りまして、足から寒さが伝わって来ます(ー’`ー;)

実は無芸、足の裏の土踏まずの辺りが痙っていたんです(хх。) こんな事はそう多くないのですが、冬用の長靴の新調が間に合わなかったのも敗因の一つです。 車内で足を揉みほぐしながら温めていたら、ようやく楽になりましたf(^^;)

ここまで来たからには、長瀬川に立ち寄らない手はありません。 ボクが足裏のケアをしている間に、サッチンさんが現場入り出来るかサーベイに出てくれました。

携帯に電話があり、ルートは確保されているとの事で、再び身繕いをして後を追います。 どうやらこの日の一番入りは私達だったようです。 お陰で前夜の雪がルートに降り積もっていて、ちょっとフカフカだったりしますww 少し踏み固められていない場所に足を載せたら、たちまち股関節まで雪に没します( ̄ω ̄;)

朝陽差す長瀬川の冬
[2012/02/05 朝陽差す中瀬川の冬] <↑ Clickで拡大>

ワハッ♪(〃∇〃) 川の石の上に、モッコリと新雪が載っていますヨv( ̄∇ ̄)v 朝の光が木々の間を縫って差し込み始めたところです。 これはナカナカの好機を得た感じですヽ(´∇`)ノ

ツルアジサイ
[2012/02/05 ツルアジサイ] <↑ Clickで拡大>

川沿いを徘徊しつつ、ヲヤジ三人思い思いに絵を探し求めます♪

氷のカーテン
[2012/02/05 氷のカーテン] <↑ Clickで拡大>

あまり川岸に近づき過ぎると、どこに雪庇があるか分かりませんので、結構慎重に足を踏み入れます。 そう言えば昨年は、桧原湖で薄氷を踏み抜き、半水没事件に見舞われたっけな(^▽^;) わたしゃ誰かが踏み入った足跡までしか進まない事にしています。

中瀬川河畔
[2012/02/05 中瀬川河畔] <↑ Clickで拡大>

それにしても新雪が降り積もった後だからなのか、小動物の足跡が一つも見つかりませんでした。 野鳥の声さえもほとんど聞こえず、穏やかな風が運ぶ雪の触れる音と、長瀬川の川音に支配されている感じです。

冬木立
[2012/02/05 冬木立] <↑ Clickで拡大>

木々に付いた雪はまだたっぷりと残っていますが、時折風に吹かれて落雪がありますので要注意です(;^-^;) まあ、人が傷つくほどの落雪ではありませんが、カメラ直撃は避けたいものですww

中瀬川
[2012/02/05 中瀬川] <↑ Clickで拡大>

それにしても、今年の雪の深さは格別です(◎_◎;) お立ち台でもそうでしたが、ここ中瀬川の周辺も今まで見た事が無いほどの積雪量です。

この道
[2012/02/05 この道] <↑ Clickで拡大>

ボクらが通ってきたルートですが、踏み固められたルートの両脇は、膝丈くらいまで雪があります。 更にボクらのあるくルートの下には、都合1mくらいの雪があると思われます。

真冬の中瀬川
[2012/02/05 真冬の中瀬川] <↑ Clickで拡大>

都合30分ほどの撮影でしたが、時間の経過と共に木々を縫って差し込む日差しが豊富になって来ました。 光の入り方だけでも、かなり違ったニュアンスの表情を楽しませてくれる極上の撮影ポイントです(^^)

かなりヤバい雪

住む人の居なくなった家屋に積もった雪。 手前の雪の壁は、除雪車によって押し固められたもの。 屋根の上には、所によっては2mくらいの積雪が見られました。