FC2ブログ

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

ようやく今年初のFu-Ro-Ya詣でを致しました(^▽^) お昼の営業は月曜日~金曜日までに限られますので、ちょっとハードルが高くなっちゃったなぁ~と感じておられる方々もおられるでしょうが、やはり通りすがりでは無くて、ここを訪問する事を目当てに足を運ぶ甲斐のあるお店です。

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya

珍しくお昼時に立ち回る事が出来て幸運♪ 先客様もおられましたし、後からお出でのお客様もおられたりで、確固たる常連客に支えられているのが分かります(^^) 皆さん迷うことなくオーダーが発せられていますので、きっと暖簾を潜る前から

「今日はFu-Ro-Yaでアレを食べよう♪」

と、美味しい支那そばで幸せになれるイメージを浮かべながらやって来るのでしょうね(´ー `) と言いつつ、実はボク自身がそうなんですけどww

この日は店主・木村さんから、来週からリリース予定の新作がある旨を知らされまして、最終プロトタイプを披露して頂きました( *´艸`)

Fu-Ro-Ya 肉支那

「肉支那」と名称は決定しています。 今回頂いた最終プロトタイプでは、薄切りバラチャーシューがあしらわれておりますが、下味を付けた厚めの煮豚にするか、最終決定はこれからだそうです。 提供価格もそれに応じて変わりますので、一応900円までといったところで予定しています。

Fu-Ro-Ya 肉支那

既存の「支那そば」や「黒支那」にチャーシューを載せただけに非ず、スープ自体のブレンド比率も大きく変更されていました。 また背脂が振られている事もあってか、豚系の風味がより一層強調されています。 チャーシューは豚バラ肉で、脂身がトロけそうな感じが堪りません♪

Fu-Ro-Ya 肉支那

油膜の層が生成されており、魚粉はかなり控え目になっています。 ほのかにフッと漂ってくる程度に抑えたのは、かなり意図的なものと思われます。 鶏と魚粉の押し味のあった既存の支那そばとは対極と言うくらいの仕立てですが、こんな表現が出来るって事に感心するばかりです(^^)

Fu-Ro-Ya 肉支那

麺は中細麺と太麺から選択出来るようです。 今回は中細麺で所望致しましたが、パーフェクトな茹で上がりで、軽くウェーヴの掛けられた多加水系中細麺ならではの舌触りの楽しさやスープの持ち上げの良さ、軽快なプツッとした歯切れの良さなどが表現されていました。

ビジュアル的には、かなり脂ギッシュに思えます。 うぅ~~ん(´▽`;)ゝ 確かに脂ギッシュなのですが、白ネギと小口ネギが効果的に作用してか、諄さは感じることはありませんでした。 現在主流のメニューと類似性の高い新作では、新鮮味もありませんから、これくらい思い切った采配は大いにアリだと思います。

醤油タレの塩味は、前述の油分にも関係してか、あまり強い印象は感じられません。 でもこれ以上醤油タレを効かせすぎると、後半にキツく感じられるかも知れませんので、その落とし所が重要になりそうです。

少なくともボクが頂いた最終プロトタイプの味目から言えば、中細麺では無く太麺を選択して、心持ち味を強めにして頂くと、自分的な好みをグッと引き寄せられる気がしましたo(*´∇`*)o 2月6日より正式リリースと言う事ですので、フルボディ・タイプのラ~を楽しみに出来る方々には、是非ともチャレンジして頂きたいとご紹介致します。




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30) ※金・土、祝祭日前夜のラーメンオーダーは10:30以降となります
     ※都合により暫く夜の部でのラーメン提供は見合わせとなっています
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る