FC2ブログ

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

ほんの数日前に挙げたばかりの「郡山大勝軒」ですが、土・日のみ30食限定「濃厚魚介つけ麺」だけは、ボクの時間繰りの関係上、なかなか食べに行けないジレンマがございます。

拙筆の過去ログを紐解いてみたら、前に頂けたのは2009年のクリスマスですから、ナント25ヶ月も前のことでしたよΣ( ̄ロ ̄lll)

そんな無芸を不憫に思ってか、工藤店長が策を練ってくれまして、目出度くも約2年ぶりにその味を堪能させて頂けました\(*T▽T*)/ うぅ~~ん、開店以来永らく足を運んでいれば、こんなイイこともあるんだね?(;^◇^;)ゝ

「濃厚魚介つけ麺 (750円)」

郡山大勝軒 濃厚魚介つけ麺

うわぁ~~~~?!(゚ロ゚;)

以前とはビジュアル自体も全然変わっているぅ~?!ノ( ̄0 ̄;)\


もしかすると、現在お店で提供されているビジュアルとは違うかも知れません。 魚粉がオン・ザ・海苔なのは、工藤店長からのお薦めでした。 魚粉を溶く前の漬けダレも堪能させて頂けました。

これがまた良く出来ていまして、豚骨メインの乳化スープの力強さと共に、臭みを感じさせないように進化した作成工程をダイレクトに思い知らされることとなりました。 ほんのりとした甘さが湧いてくるようで、まさにクリーミーと言うに相応しい濃度と舌触りです。

豚骨系大好きな方には、魚粉をブレンドする前のこの漬けダレだけでも感涙モノだと思います(* ̄∇ ̄*) 実はスープを炊き上げる事自体が、これほどにDEEPな世界観があるのかと再確認させられた次第ですワ(;´▽`A`` 簡単にラ~屋さんなにて呼んでいるけど、プロの皆様がより良きを目指して精進するって事は、もの凄い手間暇と忍耐、思い切りの良さを要するものなんですね。 ちょっと尊敬ww('-'*)

郡山大勝軒 濃厚魚介つけ麺

麺だけは「濃厚魚介つけ麺」用の新スペックを以前頂いた事がありました(゚∇^*) ノーマルの漬けダレに合わせたら、完全に麺の底力が勝っていた印象でしたが、やはり専用スペックにするだけの訳はありまして、見事にマッチしていました♪

先頃、粉屋さんから良きアドバイスを頂いたそうで、私にはその差は理解しようもありませんが、工藤店長としては、毎日粉と向き合っているからでしょうけど、日頃の疑問が氷解するように解けたと言います。 イイねぇ~♪ その天のない向上心のお陰で、ボクらは知らず知らずに、日々進化したラ~を楽しませて貰っているんですね(^^)

郡山大勝軒 濃厚魚介つけ麺

ホント処、牛の胃袋が欲しいヨ(〃∇〃) 25ヶ月ぶりの「濃厚魚介つけ麺」は、以前の味の記憶なんぞは、もうどうでも良いってくらい進化していました。

魚粉をセパレートで提供して頂けたので、尚のこと素晴らしい体験でした。 魚粉一つをとっても、工藤店長にしてみれば、本来はこのザラつきは排除したいらしいです。 その上で直前入れでしか得難い風味と向き合っている。 きっと完璧な答えは出ないのだと思うんですけど、探求し続けようと言うキモチを仕舞い込まないで、試作を積み重ねながら洗練させて行くんですね。

ベーススープに加えられた改良は、普段私達食べ手に気付かれることは少ないですけど、小幅ながらもジリジリとブラッシュ・アップされています。 魚粉に関しては一番分かり易かったですね(^^) 以前はカツオ節とサバ節のブレンドでしたけど、今はカツオ節だけを選択しています。 これだけでも生臭みに繋がるファクターは一掃されています。

ですからこの節粉を漬けダレに溶いていっても、良いところだけが味の厚みとなって楽しませてくれます(>▽<) 加えてスープ割りをしますと、この節粉の風味が再活性して、豊かに香りが立ち登って来ますから堪りません。 ホントに久しぶりに頂きましたが、この2年間で「濃厚魚介つけ麺」は、着実に洗練されてダイナミックさを失うこと無く、気付かなかった粗野な部分がそぎ落とされて来ています。

「女性にも支持される濃厚魚介つけ麺」を目指していると言う工藤店長の目標は、確かに的を射ているのかも知れません(^^)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る