本格中華料理 華苑 (かえん) ~福島県郡山市堤~

「華苑」さんの3月の創作一品は「搾菜肉絲麺 (ザーサイルースーメン)です(^^) 明日から正式リリースですが、一足早くフライングで頂いて参りました。

「搾菜肉絲麺 (ザーサイルースーメン) (780円)」

華苑 搾菜肉絲麺(ザーサイルースーメン)

ご覧の通り、色鮮やかな野菜がタップリと盛り込まれています。 青椒肉絲(チンジャオロウス)のトッピング麺って感じでしょうか。 軽くトロミが付けられていて、これがまた熱持ちが良いったらありゃしませんww

華苑 搾菜肉絲麺(ザーサイルースーメン)

ザーサイ、タケノコ、ピーマン、タマネギ、豚肉をそれぞれ細切りに揃えて、シャクシャクッとした歯触りが楽しめる程度に炒められています。 ほんのりとゴマ油の香りとがあり、オイスターソースの旨味が下支えしています。 これでもちっとトロミが強かったら、半ライスの所望を止められなかったかも(〃∇〃)

華苑 搾菜肉絲麺(ザーサイルースーメン)

丼から湯気が立たない事で、ソレとは気付いていましたが、ご覧の通り結構な油膜の蓋があります。 熱々なのは推しての通りですが、あまりに熱くてしばし注意深く箸を進める事に。 醤油味ベースですが、前述のオイスターソースの風味が良く出ていまして、その香り立ちの良さは見事です(^-^)

華苑 搾菜肉絲麺(ザーサイルースーメン)

麺は平断面の中太麺。 結構これが伸びにくいって事が分かりました(笑) 載せもののボリュームが凄いのなんのw( ̄▽ ̄;)w まさに丼の底から麺を引っ張り出すって感じです。 ベースの醤油味スープと、載せものの味目はバッティングしていないのも立派でして、工藤シェフの思惑通りにコントロールされているっぽいです。

これだけ隙のない味を作られちゃうと、逆に突出しているテイストを探すのが難しいですね(汗) 2月にリリースされた「麻辣タンメン」 (過去記事) のように“食べ手を選ぶメニュー”では無く、“どなたでも安心して召し上がれるメニュー”になっています。 勿論、工藤シェフの腕の良さを実感させられるものですが、この完成度の高さは、「限定メニュー」では無く「グランド・メニュー」向きかも知れません。 

尚、2月の「麻辣タンメン」は、好評につきもう暫く延長提供されるようですので、チャレンジャーは是非とも♪




=2014年初旬に閉店しました= アーカイブとして残しておきます。
本格中華料理 華苑 (かえん)
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-0080
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:00~22:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に4台分+店舗横に4台分


大きな地図で見る
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

夕暮れ時の昼食ハンター・無芸です(^o^)/ 定期巡回先の「郡山大勝軒」さんの向かい側に、南福島で成功している人気店「みそ伝」さんのフランチャイズが進出して来ると言う事で、少しばかり様子を伺いながらの訪問です(笑)

3月1日に開店する予定のハズですが、開店三日前にも関わらず、店内に人気は無いようです。 どこで準備を進めているのか知りませんが、開店直後のローテーションがちょっと心配ですね。

郡山大勝軒

一方、迎え撃つカタチとなる「郡山大勝軒」は、特にいつもと変わらない様子ww 妙に浮き足立つような雰囲気のカケラも感じられません。 洗練という進化を確実に続けている事は事実ですし、そもそも嗜好性の高いラーメンですので、迷うことなく見定めた方向へ進めばヨロシと思います(^^)

さて、この日の所望品は「つけ麺 中盛 (700円+0円)」です。 空腹の勢いで、ちょっと盛り過ぎたかも知れませんけどね(^^;)

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

とっても幸運なことに、この日のスープは“ナベゾコ”の部位(*^_^*) 一際濃厚な旨味と、少しばかり乳化の兆しと共に、唇がツヤツヤになるようなコラーゲンが感じられました。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

“ナベゾコ”が当たりますと、魚介の風味よりも、動物系の風味が若干勝ってくる感じです。 それでいてちゃんと予定調和がとれている感じが大好物O(≧▽≦)O

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

グッと噛み込むと腰のある歯応えと共にプッツンと歯切れる麺はいつも通り。 この日の釜場は岡田副店長でしたが、彼もまた外連味の無い仕事をする子です。 パーフェクトな茹で上がりと、程良い水膜を纏わせた麺は絶妙です(*^-゚)v

スープ割りまで美味しく頂き、帰路に就いた頃になると、後から胃袋にドッと重みが・・・( ̄Д ̄;) ちょいと食べ過ぎだと分かっているのですが、どうにも止められない魔力に引込まれる。 それが郡山大勝軒のつけ麺です(;^◇^;)ゝ

八山田ラーメン・ストリートの今後が気になるところですが、それぞれが切磋琢磨しあって、ご繁昌される事を期待致しましょう。





郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る




この記事を打ち始める寸前に、お得意先様からお電話を頂きました。 もしや不足品でもあって、急用のお問い合せか?と思ったらさに非ず。 実はお得意先様の許に、ボクに会いたいと言って下さる方がお見えだと言います。

えっ? それはどなたなのかな?と思ったら、ボクの高校時代の同級生でした(ノ´▽`)ノ 何と、お得意先様のお身内だったそうですわww そんでもって、郡山へ出張があって、お店のカウンターに腰を落ち着けながら、ボクの噂話なんぞを肴に一杯やっていてくれたらしいです(笑) ご店主様が、それなら電話しちゃおうか♪って事でのご連絡でした。

仕事が片づかない無芸は、残念ながら参上する事は出来ませんでしたが、しばし電話で歓談をしつつ、

「無芸君、背脂は・・・ 背脂は、イカンよ!ヾ(・ε・。)」

「いや、DHC フォース・コリーで洗い流してるから(^▽^;)ゞ」

「あっ・・・(・ ・;) それ、ボクも飲んでるし・・・」


大爆笑

なんて、齢50のヲヤジ・トークですワ(‐^▽^‐) 地元を離れてしまうと、同級生達のその後がとても気になるようです。 ジモピー無芸、ここ郡山で暮らす意義のある友人であり続けねばなりませんね。

明日は母校の同窓会入会式。 既に11,000人ほどが学舎から巣立ちしました。 ボクは多分、その半分以上の卒業生達をこの目で見続けています。 新に同窓生として加わる後輩達に会ってきます(^^) 

王宮伊豆神社 (おおのみやいずじんじゃ) ~福島県郡山市片平町~

時系列は戻りまして、一週間ほど前に白鳥の撮影に出掛けた多田野地区から、ニャンコ公園へと移動する途中にある「王宮伊豆神社 (おおのみやいずじんじゃ)に立ち回りました。 風の噂に、かなり由緒正しい神社であるとは聞いておりましたが、参拝するのはこれが初めてです。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

神社の境内となる表参道の前門の鳥居脇には、参拝客用の駐車スペースが用意されています。 およそ6台は優にデポ出来るハズですから、祭事等でも行われていない限り、まず安心して利用できると思います。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

この日は既に無芸よりも先に参拝された方がおられたようで、表参道の石畳には足跡が残されていました。 それにしても、いつも素通りしていたので気付かなかったのですが、かなり立派な神社ですよ(^^;)

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

表参道の両翼に植えられている杉の樹は、樹齢600年とも言われているそうです。 この神社の建立が鎌倉時代と言う事ですから、神社建立の定石通り、その際に植えられた杉の樹が残っているのかも知れません。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

石階段を登り切りますと、ようやく本殿に至ります。 境内にはここに祀られている「葛城親王(かつらぎしんのう)」の祠があります。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

ここで先ずは参拝をさせて頂き、少しばかりの信心をww 決して広い境内ではありませんが、清掃も行き届いておりまして、流石は片平11ヶ村の総鎮守様です。 宮司様をはじめ、信心に厚い氏子様方の関わりが感じ取れます。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

鳥の声も届かず、凛とした冬の空気が辺りを満たしています。 必要以上に境内を彷徨く事はしませんでしたが、秋の例大祭には舞いの奉納なども行われるようで、水田地帯の片平町ならではの立派なお祭りが見られそうです。

王宮伊豆神社
<↑ Clickで拡大>

表参道の杉の大木も立派ですが、実は竹林も見つけました。 残念ながらこちらの手入れはあまりされていないようですが、その手入れ次第によっては、なかなか写真映えのする風景になりそうな気がします(^^)




王宮伊豆神社 (おおのみやいずじんじゃ)
福島県郡山市片平町字王宮20


大きな地図で見る

王宮伊豆神社の沿革


うねめ祭りでよく知られる当社は、今を遡る1280有余年前、人皇30代敏達(びたつ)天皇4世の孫美奴王(みぬおう)の御子。従四位下。
葛城親王が和銅4年阿尺国按察使兼班田使(あさかのくにあぜちけんはんでんし)に任ぜられ、当安積地方を開拓し、今の郡山の基礎を築かれた。後に、王の偉業を称え逢瀬川の清流を眼下に安積全域を一望できる景勝地(現境内)に当社を造営した。
降って寛文3年片平組11ヶ村の総鎮守と称され、現在も広く崇敬を集めている神社であります。
奥州草別(おうしゅうくさわけ)の大神とは、今の社殿が造営される以前より、里人に尊ばれた地主の大神で、開拓の業を教え導かれた祖神であります。
安積山東葛城王祠碑(寛政5年建立)が現存。
また、参道には600年から700年を経た杉の大木が鬱蒼と生い茂り、鎮守の杜に相応しい社叢を成している。
平成10年「緑の詩・郡山の森・林・樹木ガイドブック」にこの杉並木が選ばれた。

【福島県神社庁 ホームページより引用 (URL) 】


 

お食事処 味の館シャトウ ~福島県郡山市熱海町~

このところ、磐梯熱海温泉郷に向かう度に訪問している、「味の館 シャトウ」さんにまた行ってしまった(^▽^;)ゞ 今回もまた、気になっていたメニューの確認ですよ(^^)

「ハンバーグカレー (750円)」

シャトウ ハンバーグカレー

ドンと出たぁ~!Σ(゜▽゜;)

これで並盛りってのが嬉しくてニヤけちゃいそうですww 初訪問の時に頂いた「カツカレー」 (過去記事) のモリモリ具合と等しいボリュームですね♪ 大手カレーチェーン店・CoCo壱の400gに相当するくらいはありそうです。

シャトウ ハンバーグカレー

ハンバーグは150g相当ほどのサイズです。 「パーラー&軽食 ひまわり」さん (過去記事) の、途方もないサイズが目に馴染んでしまった“不幸な人”には、控え目に映るかも知れませんけど、これが“常識的なサイズ”というものでしょう(;^◇^;)ゝ

シャトウ ハンバーグカレー

ただ、ちょっと残念な事ですが、妙にキレイに整形されたフォルムと言い、ミシッとするほどの密度の細挽きの挽肉と言い、これはきっとアレなのでは無いかと思われます(;´Д`A ```

とは言え・・・

シャトウ ハンバーグカレー

ジワッと後から追い掛けてくるホットさのカレー・ルーの魅力には、いささかの翳りもなく。。。 あっ、あれっ? 前回ほどのホットさが伝わって来ませんね(o・ω・o)? チリ・ペッパーの分量が、ちょいと少なかったのかな?

かなり常識的な中辛口の仕立てになっていたのは、少しばかり残念でしたが、その分、胃袋へのダメージはいくばくか少な目かな(笑) まっ、ある程度のユラギは許容範囲内ですのでオケイです(*'ー'*) ハハハ、でも後からジワッと満腹感が・・・(>▽<;;




お食事処 味の館シャトウ
福島県郡山市熱海町荻袋
電話;024-984-2068
営業時間;11:00~19:00くらい
定休日;不定休
駐車場;敷地内に12台ほど


より大きな地図で 味の館シャトウ を表示
 

中華そば 日の出家 ~福島県郡山市富久山町~

郡山市富久山町久保田地内の東部幹線沿いにある「中華そば 日の出家」さんのメール会員登録をしておきますと、大変お得な携帯クーポンだけでなく、時折限定リリースの情報が頂けます(^^)

今回の訪問も、限定リリースの新作情報が届きましたもので、そのお味の程を楽しませて頂くべく暖簾を潜りました。

中華そば 日の出家

創作ラーメンの発案者は、このお店の女性店長・ひとみさんです。 日々の仕事と向き合いながら、定期的に限定メニューを創作し続けるのは並大抵の事ではありません。 がんばりやさんですね(^^) シニアの常連客の中には、彼女のファンが沢山いるのも納得です(*'ー'*)

「濃厚ポテ味噌 (750円)」 ※2012年2月23日~29日の限定提供。 携帯クーポンで500円

日の出家 濃厚ポテ味噌

鶏ガラ出汁に魚介風味が効いていて、強めの味噌フレーヴァーが感じられます。 野菜ペーストが加えられているというスープは、ドロポタにはほど遠いものの、軽い粘性も見られます。

日の出家 濃厚ポテ味噌

魚介テイストの効いたスープならではのことで、トッピングのワカメに違和感はありません(^^) ワカメは好きだから、こんな風にフィットしているのはチト嬉しい(^^)

日の出家 濃厚ポテ味噌

薄切り仕立てのポテトとコーンが配されていて、これでバターまでトッピングされていたならパーフェクトか?(^o^) ポテトの薄切りはスープと相性良く楽しめます。

日の出家 濃厚ポテ味噌

多加水系熟成中太麺は、軽くモチッとした食感があって、久々にこのタイプの麺を口にしたボクにとっては、今更ながらちょっと新鮮ww 味噌の風味は強めに感じられますが、前述の野菜ペーストの作用もあってか、アタリに角はありません。 何気にイイ感じは出ていますが、魚介風味の好みは分かれるかも知れませんネ。

ひとみ店長の限定メニューは、通常お店で使う食材の範囲内で創作されています。 言わば軽自動車枠の中で様々な個性を開花させた、日本の軽自動車文化にも通じるところがありますww 自由度に限界があるからこそ、様々な工夫を凝らして深く掘り下げていくような商品開発です。 それは「日の出家」というお店の枠内で進化し続ける“ガラパゴス的”な面白味とも言えるでしょう。

それと分かって頂きますと、彼女の努力とセンスが手に取るように伝わって来ます(^^) 次回作も楽しみにしておりますよ♪




日の出家
福島県郡山市富久山町久保田字太郎殿前2-8
電話;024-956-9030
営業時間;11:30~23:00
定休日;年中無休
駐車場;共用スペースで軽く500台ほどww


大きな地図で見る

 

東京とんこつラーメン しんざん ~福島県郡山市堤~

郡山市コスモス通り沿いに暖簾を掲げて既に2年経った「東京とんこつラーメン しんざん」さんですが、何やらボリュームもりもりな新作がリリースされたと言う事で、虎視眈々と訪問のチャンスを窺っておりました♪

東京とんこつラーメン しんざん

既にお仲間Bloggerさん達が入れ替わり立ち替わり訪問しておられまして、まぁ、無芸としては「出遅れたぁ~!(>_<)」という感もなきにしもあらずです。 とは言え、フリーペーパーのクーポンの利用で、豪快にも150円引きとなるのも呼び水になっていますし、何よりも心惹かれる肉塊の魅力に呼び寄せられました(〃∇〃)

「飯坂さんこいち (950円)」 ※「だいすき」クーポンで、期間限定800円セール中!

しんざん 飯坂さんこいち

豚角煮ドォ~~~ン!O(≧▽≦)O

お店自慢の「甘とろ角煮」の他に、人気トッピング・メニューの「白髪ネギ」「海苔3枚」が三種類を、「飯坂とんこつラーメン」ドカ載せしちゃっいました。 三種のトッピング載せということで“さんこいち”と名付けられたようです(^^)

しんざん 飯坂さんこいち

48時間炊くと言われる「甘とろ角煮」は、既に脂質は抜けて残されているのはコラーゲン分くらいでしょう。 長時間炊いた事で、肉の線維の隅々まで味が染み渡っているのが特徴です。 その反面、肉の赤身部位が筋っぽい舌触りになってしまっているのは諸刃の刃ですかね。 これは好き好きって事でしょう。

「白髪ネギ」は思ったよりも大量に載せられているようでして、麺を手繰ればことごとく葱が絡みますww まっ、これも好き好きですね。 細切りキクラゲは大好物ですので、載ってて良かった♪アイテムですww

しんざん 飯坂さんこいち

卓上調味料には、手前絞りのニクニクや紅ショウガ、ミル付きの白ゴマなどがも用意されていますので、これらはお好み次第の味変ツールとして大活躍します。 目玉の「甘とろ角煮」は、その名の通り甘さのハッキリとした味付けですので、スープにもその甘味が溶け出して来ます。 そこでディテールを引き締めてくれるアイテムこそ紅ショウガです(^o^)

しんざん 飯坂さんこいち

マルッと二年ぶりの訪問だったのですが、開店当初の味の印象からは大分変わっていました。 この地で受け入れられるように、味をフィットさせて来たのでしょうね。 軽くニンニクの風味が感じられ、癖のない炊き方だったスープは、少々印象的なインパクトを前に出してきたようです。

たっぷりの背脂が浮いていますが、これがしつこさを感じさせずに、ほんのりとした甘味に昇華させています。 ボクは白ゴマの摺ったものを投じて、香ばしいゴマの風味をプラスしましたが、これもまたサラリと受け止めてしまうスープです。 麺はストレート細麺ですが、一般的によく見受けられるタイプとは異なります。

多加水系ストレート細麺は、しっかりと熟成を掛けられています。 所謂ポキポキ系のシャッキリとした麺ではなく、あくまでもしなやかな舌触りを良しとしているようです。 その意図は充分に理解出来ますが、とにかく早々にノビてしまうのだけが残念です。 “麺硬め”などのリクエストが効くようでしたら、それもまた一計かも知れませんよ(^^)

東京とんこつラーメン しんざん

これだけの具材と共に楽しめる一杯が、クーポン利用とは言え、このお足なら感謝ってものです(* ̄∇ ̄*) 流石に替え玉は押し留めましたけど、お昼時ならサービス・ライスも頂けるそうですので、合わせ技で“よんこいち”もアリかと♪




東京とんこつラーメン しんざん
福島県郡山市堤2-204-1
電話;024-961-2335
営業時間;(昼の部) 11:00~15:00 (夜の部) 17:00~21:00
     ※日曜の昼の部は16:00まで
定休日;元旦
駐車場;店舗前に8台分


大きな地図で見る
 

御食事処 不二家 ~福島県郡山市堂前~

麓山通り沿い金透小学校向かいの老舗食堂「御食事処 不二家」さんを久しぶりに訪問しました(^^) こちらではついつい名物の支那そばばかりに吸い寄せられていたのですが、実はずっと気になっているメニューがありました。

御食事処 不二家

今回こそは心変わりしないようにと暖簾を潜りましたよ(笑) いつも自分はお一人様ですので、例によってのカウンター席に腰を落ち着けます。 温かい入れ立てのほうじ茶と共におしぼりが供されるあたりは、只の大衆食堂とは一味違います(^^) 時代に流されない“老舗の心意気”が伝わって来ます。

「チキンカツ定食 (800円)」

不二家 チキンカツ定食

これが心待ちにしていたメニューなんです♪ IC近くの某モリモリ系食堂のようなB5サイズがダブル載せってタイプではなく、ご覧の通り端正な佇まいの仕立てです(^^)

不二家 チキンカツ定食

当然、一点仕上げの出来たてです。 薄衣のサクサク感も上々で、揚げ具合も絶妙にして油切れも良好(人´3`*) 千切りキャベツもチキンカツに対してバランス良くあしらわれています。

不二家 チキンカツ定食

小鉢のゼンマイの煮物なども素朴ではありますが、今時家庭ではなかなかありつけなくなった懐かしのお味(*^_^*) 濃すぎず淡過ぎず、頃合いの味付けは流石です。

不二家 チキンカツ定食

お味噌汁がまた嬉しいくらいに手が込んでいます♪ けんちん汁仕立てになっていて、お野菜がたっぷりです。 お野菜からのナチュラルな甘味が広がり、これを丼で頂いたなら、副菜と共にご飯一膳頂けそうですo(*´∇`*)o

不二家 チキンカツ定食

さてメインに戻ってチキンカツ。 ご覧の通り人を驚かせるようなサイズでもなければ厚みでもありません。 しかし、鶏モモ肉の柔らかさといい、適度な脂質のジューシーさと言い、そのお味には文句の付けようもありません(^o^)

加えて自家調整を施されたソースが、良い感じの甘味を楽しませてくれまして、出汁割りもされているようで諄さの無いスッキリとした味になっています(*^_^*) この甘口すっきりソースの実力もあって、とても美味しく楽しませて頂けました。 伝統の暖簾は伊達ではありません(^-^)




御食事処 不二家
福島県郡山市堂前町14-1
電話;024-922-1150


大きな地図で見る

 

ボルドー ~福島県郡山市堂前町~

夕暮れ時の昼食ハンター・無芸です(^o^)/ ほんの数日前、Blog仲間の「今日もどこかで・・・きっとどこかで」 (URL) Author・maxmaxさんが、ここ「ボルドー」さんの訪問レポで、ちょっと聞き捨てならぬ情報をリークしていました。

ボルドー

そう言えば以前、ご店主様と四方山話をしていた時に、「塩麹って、どんな風に活かせますかね?」なんて振られていたのを思い出しました(^▽^;)ゞ 素人の無芸がプロのような知識を持ち合わせているハズも無く、ろくなハナシにならなかった気がしますヾ(´ε`;)ゝ

実はその段階で既に伏線はあったと言う事でしょうが、この度めでたく“冬季限定”のメニューとしてリリースされたのがコチラですo(@^◇^@)o

「塩麹ラーメン (700円)」 ※冬季限定メニューです。

ボルドー 塩麹ラーメン

その彩りからして、やはり“洋食畑”のご店主様らしいセンスに溢れています(*´∇`*) バージン・オリーブオイルなども積極的に活かしますので、ドンブリの表面は油膜で蓋がされています。 お陰でアツアツを最後まで楽しめるばかりか、我らBloggerにとっては丼からの湯気が立ちにくいので、カメラのレンズが曇り難いとかってメリットもww

ボルドー 塩麹ラーメン

パプリカのマリネがトッピングされた事で、ボルドーのアイデンティティーを感じさせます。 パプリカ本来の瑞々しさを残しながら、適度なサクッとした歯触りもあって、マリネの技法がお手の物である事が伺えます。 ほんのり緑がかった油膜からもバージン・オリーブオイルの存在は感じ取れるでしょう。

ボルドー 塩麹ラーメン

チャーシューも煮込み前に塩麹を塗ってラップ巻きにして寝かせる手法に変えたそうです。 この下処理は大ヒットだったそうで、煮込みを掛けても、肉がパサパサになり難くなったそうです。 もともとパサパサ感などは感じたことはありませんでしたが、それ以上に肉質の柔らかさが顕著な違いとなって現れていますw( ̄▽ ̄;)w

箸で取るだけでも崩れそうなのに、口に運べば肉の線維がハラッとほどけるような感覚ですね(⌒▽⌒;) こりゃあタマげましたww

ボルドー 塩麹ラーメン

麺は細麺と極太麺から選択出来ます。 ボクは細麺仕様で♪ ツルッとした舌触りの良さが心地佳く楽しめます。 油膜の厚さは決して諄さになっていません。 味の倍音効果のような作用が感じられます。 スープの一口目が、フワッと品の良い甘味を伴って楽しめます。

もともと塩ダレの角を敢えて立てていたと記憶していましたが、麹の旨甘味の作用か、ややマイルドなアタリに感じられました。 鶏ガラ出汁と豚ゲンコツ出汁が良くバランスしていて、香味野菜の風味がほんのりと一定のトーンで感じられます。

日々進化しているのは明白でして、以前はスープに広がる甘味を酸味系の野菜やフルーツで締める手法が執られていたハズですが、味重ねから若干引き算も始めておられる気がします。 決してシンプル一直線に向かっているとは思いませんが、確実に伝えたい味のイメージが示唆されていると思いました。

麹自体は比重が重いので、丼の底に沈下します。 食べ進めながら、沈下した塩麹を浮き上がらせますと、一塩の押し味が再び感じられる二面性も楽しいですね♪ 対話型のラーメンも楽しいものですo(*´∇`*)o




ボルドー
福島県郡山市堂前町23-24
営業時間;【昼の部】11:00~14:00 【夜の部】17:00~19:30
      ※日曜日は昼の部のみの営業で14:00まで
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に4台分


大きな地図で見る

 

本格中華料理 華苑 (かえん) ~福島県郡山市堤~

本格中華料理 華苑

そろそろネタが貯まってきたので、今月二回目の「華苑日記」です(^^) 鬼リピしている常連さん達が段々と分って来まして、ますます訪問の楽しみが増え続けております。

中華料理店のテッパンメニューの一つ「回鍋肉」ですが、実は華苑さんだけではなく、自分の財布で外食が出来るようになってこの方、一度も所望した事の無かった無芸です(^▽^;)ゞ 何故かと言えば、お手軽レトルト調味料のせいでしょうかね? 手軽に家庭で調理できるようになったせいで、外食アイテムでは無くなってしまったんですね。 いや、それはボクの中でだけなんですけどww

そのくせに、更にお手軽レトルト調味料の歴史が旧い「麻婆豆腐」に関しては、ちゃんと分けてそれぞれを楽しんでいるんです。 ラーメンやギョウザと並んで、身近に感じられる中華料理の代表格ですよね。 「麻婆豆腐」に関しては、きっと“四川風”の凄いヤツを覚えちゃったからなんでしょうね。 こればかりは、レトルトで再現されたモノには、まだ出会った事がありません。

さて、いきなり前置きが長くなりましたが、前述の「回鍋肉」を初めて身銭を切って食べる事となりました(←大袈裟w) 工藤シェフの手が空いている時に訪問したもので、例によって工藤シェフの引き出しの中身を知りたくて、

「工藤さぁ~ん♪ 何か作って下さいなぁ~o(*^^*)o」

って振ってみたら、ちょっとだけ考えて一言。

「無芸さん、回鍋肉って食べた事無いですよね? 苦手なんですか?( ・◇・)」と・・・

「あっ、はい、それでは頂きますよ(^^) 是非、お願いします(*^_^*)」

って事で、妙なハナシですが、無芸初の回鍋肉記事ですぅ~ww

「回鍋肉定食 (780円)」

華苑 回鍋肉定食

甜麺醤と豆板醤に火が入った、独特の甘味噌を予感させる香ばしい香り立ち。 この時点ではまだレトルト調味料の味の印象に支配されていますww

華苑 回鍋肉定食

大きい豚ロース肉が沢山入っていますが、それ以上にキャベツを始めとする野菜の多さが凄いヘ(゜Д、゜)ノ 想定外だったのは、油がそれほど見えない事です。 工藤シェフの調理は、一度油通しをした野菜を、湯通しして油を流しちゃうそうです。 すると堆積油分が減るだけでは無く、ソースの絡みが抜群に変わるのだと。 なるほど、そう言われてみれば、油がギトギトでもなければ、ソースがダクダクでもない。 過剰な調味料を使わなくても、しっかりと味が入るってものなんですね(^◇^;)

しかしだ・・・ なぜにテッペンに×を飾るのか?!(○_○)

華苑 回鍋肉定食

妙なところで“お茶目”すんな!o( ̄▽ ̄;)o

しかも、ごはんは再び“ホトケ盛り”になって来るし・・・

華苑 回鍋肉定食

そんなに食べられませんよ!って言っても、聞き入れて貰えません(XoX) マダムがあまり楽しそうにペタペタとごはんを盛るもので、強く言えないボクも弱い・・・( ̄ω ̄;)

ともあれ、オン・ザ・ライスゥ~な訳だ♪

華苑 回鍋肉定食

うおっ?! うっ、美味い!O(≧▽≦)O

甜麺醤の甘味とキャベツから引き出された甘味が加わり、しょっぱさが和らいでいます。 豆板醤の辛味も仕込まれているのですが、それはソースのディテールを引き締める程度の効き加減に抑えられています。 濃厚なのだけど、野菜からの水分が噛んだ時にジワッと出てくるので、水っぽさも無く諄さも無いという素晴らしい味の連携が成立しています。

惜しげもなく散らされている豚ロース肉も柔らかな食感と食べ応えを楽しませてくれ、ジュワッと肉汁さえ感じられるほど(嬉) 軽く衣が纏わされているので、甜麺醤のソースがしっかりと効いています。 いやぁ~マイッタマイッタ(;^◇^;)ゝ まさかこの歳になって「回鍋肉」の魅力に震撼するとは・・・ やはりプロにはプロの作法があるんですね。 すっかり回鍋肉のファンになっちゃいました♪(〃∇〃)




「チリ玉丼」 ※グランドメニューにはありませんので、要相談。

こちらは「華苑」さんに“鬼リピ”しておられるAさんが、度々所望しておられるそうです(^^) 大体味のイメージは浮かんでいましたが、機会があったのでボクもリクエストして作って頂きました♪

華苑 チリ玉丼

そのビジュアルからお気づきかも知れませんが、天津丼の甘酢餡を、エビチリソースにバクッた変化球です(^^) 実際の処、この手の味変仕立てってのは、珍しい事では無いそうです。 カニ玉にエビチリソースを合わせるなんて、何と贅沢かつ高カロリーなのでしょうww

しかもだ・・・ヽ(´Д`lll)ノ

華苑 チリ玉丼

誰が金魚鉢にごはんを盛れと・・・(((( ;゚д゚)))

マダムはボクが <(|||´Д`|||)>ヒィィィィ! とブッ飛んでいる様子を見るのが、殊の外楽しみなのだろうか? これって、SとMの関係が成立しつつあるのだろうかと自問自答orz

華苑 チリ玉丼

しかし、このゴージャスな組合せは、もはや美味を約束されたようなもの。 適度な辛味が加わっているし、ニンニクや生姜などの香味系野菜の風味も効いており、卵6個分という分厚いカニ玉と共にお口の中がシアワセになります♪ 結局完食するのですが、終盤には胃袋にスペースを作るのが大変だった(・ω・;A) 丼物はちょっと鬼門かも知れないなぁ~




一週間ほどインターバルを置いての訪問は、又もや巧い具合に先客様がおられなかった事をいいことに、工藤シェフに創作を一品所望致します。

「無芸さん、スッパ辛い系って、イケます?」

何でもオケイですとも♪(^c_,^人) って事で、お任せ調理開始です。

「四川肉片定食 (シセンルーペン)」 ※グランドメニューにはありませんので、要相談。

華苑 四川肉片(シセンルーペン)

「豚肉の四川風炒め」とも言われる、ちょっと辛口な炒め物をベースに、酢で酸味を加えるアレンジが施されています。 実はあまり酸味に耐性がない無芸ですので、

「本気でスッパ辛かったらどうしようΣ(・艸・*)」

と思っていたのですが、酸味にアグレッシブさは無く、ほのかな甘味に塩味と辛味が良く調和していて、酸味の存在は良好でした。

華苑 四川肉片(シセンルーペン)

豚ロース肉、筍の水煮、ホウレン草、シメジ、ニンニクの芽、キクラゲ、そして卵が調味料の味を円やかに繋いでいます。 これまたご飯のお供に、かなりイイ感じですよぉ~♪って・・・

華苑 四川肉片(シセンルーペン)

この日の盛りっぷりも一段と冴え冴えとしており・・・(;-д-)ゞ

華苑 四川肉片(シセンルーペン)

本来、ごはんはお茶碗にすり切り一杯分で足りるのに、山盛りのおかずにも背中を押されまして、結局は一粒も残さずに完食です!(@・艸・;)

とってもシアワセ? きっとシアワセ♪ww




=2014年初旬に閉店しました= アーカイブとして残しておきます。
本格中華料理 華苑 (かえん)
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-0080
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:00~22:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に4台分+店舗横に4台分


大きな地図で見る

 

【猫動画】 猫の日にちなんで

本日は2月22日で「猫の日」です(^^) 最近見つけた、心温まる、笑える、猫ちゃん動画をどうぞ♪

「かまってもらいたくて仕方ない猫」

この子、スコですよね? とにかく飼い主さんにかまってもらいたくて仕方ないみたいです(^^) こんな風に「ネエネエ」されたら、絶対にトロけちゃいそうですww



「赤ちゃん VS 猫さん 炸裂!猫パンチ!」

ジャレジャレ盛りの猫さんですかね? 赤ちゃんにちょっかいを出していたのですが、赤ちゃんの強烈なカウンターを貰いましたヽ(^◇^;) すかさずスイッチの入った猫さんは・・・



「猫ちゃん、大好きぃ~♪」

こちらも赤ちゃんと猫さんの動画ですが、全く対極の微笑ましさですo(*´∇`*)o 猫さんも我慢強いと言いますか、良く分かっているんでしょうね。 嫌がりもしないで赤ちゃんの愛情表現を受け止めています。 赤ちゃんの方もまた、猫さんが嫌がらない一線を知っているかのようです(*'ー'*)



あぁ~、猫欲しい・・・(*_*) 

味処 よさこい ~福島県郡山市安積町~

小耳に入っていた白鳥達のエサ場兼宿営地の情報をもとに、田村町某所をリサーチするも、たった一羽の白鳥さえ見つけることが出来ませんでしたorz 仕方ないので、出掛けてきた勢いで、そのまま須賀川方面まで進出し、最近三度暖簾が掛かったばかりの名店のラーメンでもと南下します。

「おぉ~~、ココだココだ♪(o^-^o)」と着いてみれば、既に暖簾落ち(〃´o`)

玉砕序でに、須賀川から石川町方面へと彷徨ってはみたものの、引き寄せられるお店には出会えず、今度は鏡石町へ転進。。。 動物の名を冠したラ~屋さんも既に暖簾落ちの洗礼を受け、トボトボと我がホームタウンへと引き返す事になりました。 完全にランチ難民になってしまった無芸夫婦(ノ_-;)

安積町まで戻って来たところで、課題となっていた中華店さんに立ち回るも、中休みに阻まれて又もや自滅(;-_-) まぁ、ついていない時ってそんなものです。 カーナビをなぶってみたら、「味処 よさこい」さんの情報が出てきて、かなりの久しぶり訪問をすることに。

味処 よさこい

開いてた♪\(*T▽T*)/ 何せ食事を摂るために1時間以上彷徨っていた訳でして、まさにこのお店の看板は“セントエルモの灯”にも等しくww しかも建物自体も完全にリニューアルされていたんですね♪

既に先客様方が結構おられました。 ファミリー層のお客様が多かったのは、日曜日の夕刻だったからでしょうね。 17時からは夜メニューに変わるようでして、お食事も出来ますが、酒肴の数々が楽しめる時間帯になっておりました。 メニューを眺めながら、そう言えば以前中華そばを食べたナと思いまして、もう一度その味を確かめてみることにしました。

「半ラーメンセット (880円)」 (半ラーメン・選べる小丼・サラダ・お新香付き)

よさこい 半ラーメン・セット

ランチ難民になっていた割りには、意外とこぢんまりとしたセット(*´∇`*)ゞ フルサイズの中華そばとのセットもオン・リストされていますので、物足りない向きにはソチラを選ぶ手もアリです(^^)

よさこい 半ラーメン・セット

以前の訪問が、果たして何時だったのかは、もう既に忘却の彼方です。 多分、今は亡きばあさんと一緒に来たハズですので、Blogを書き始める前だったのかな? そんな訳ですので、中華そばのビジュアルも記憶に残っていません。

ご覧の通りシンプルなトッピングですが、スープがニゴリ漆黒系なのには驚きました( ̄▽ ̄;) しかも醤油タレとトンコツのスープから立ち登る香りは、何と心惹かれる事か♪

よさこい 半ラーメン・セット

店内の照明が暗めでしたので、ピントが後ろに抜けてしまいましたが、加水率はやや低めの丸断面ストレート中細麺です。 漆黒スープの色を移すその姿は、アノ“伝説になってしまったお店”の逸品を彷彿とさせるものがあります。

強火炊きのトンコツスープに、チャーシューの煮汁の風味が加えられた濃口醤油のタレ。 芳醇な薫りと漆黒カラーでありながら、決してしょっぱさに支配されることなく、生醤油のような酸味も感じられず、醤油テイストのオイシイところがズバッと引き出されています(○゚ε^○) これは望外の美味しさでした♪

軽くプツッとした歯触りがあり、小麦粉の香りが立っている訳でも無いのに、何故か小麦粉の存在を意識してしまう不思議な感覚。 二口・三口と口に運びながら、

「しまったぁ~ヽ(´Д`lll)ノ」

と思ってしまう。 こんな事なら、普通盛り、否、大盛を所望するんだった・・・(*v.v)。 ってくらいツボってしまった(^▽^;)ゞ

凝縮した旨味感に満ちていましたので、もしかするとスープがナベゾコの部位だったのかも知れません。 遠からず再訪して、確認し直してみたいところです。

よさこい 半ラーメン・セット(ミニちらし丼)

小丼は数種類から選べますが、ミニちらし丼を所望してみました。 手頃なボリュームですが、チープな感じはありません(^^) 酢飯の塩梅もイイ感じですし、小食なお子様ならこれ一杯だけで幸せになれそうですww

よさこい 半ラーメン・セット(サラダ)

サラダ付きになっていたのは分かりませんでしたので、組膳で供されてきた時はちょっと驚きww 少量とは言え、味変アイテムとしても嬉しい配慮です(^^)

前述の小丼ですが、何となく手に馴染むなぁ~と思って、その景色を確かめてみると・・・

よさこい 猫ドンブリ

もれなく猫様が付いています♪(〃∇〃)

ちょっと・し・あ・わ・せ(* ̄∇ ̄*)




味処 よさこい
福島県郡山市安積2丁目346
電話;024-945-9848
営業時間;11:00~22:00 ※平日の11:00~14:00はランチメニューあり
定休日;第3水曜日
駐車場;合計30台


大きな地図で見る
 

ニャンコ公園の白鳥

昨日は日の出こ頃の天候が今ひとつでしたので、単騎撮影行脚は諦めておりました。 朝方フッと目覚めると、郡山の上空の雲は切れ始めていました。 それならばと言う事で、イソイソと身繕いをして、多田野の白鳥飛来地へ出掛けてみる事にしました。

雪抱く御霊櫃峠

山向こうが猪苗代湖となる西方に鎮座する御霊櫃峠は、ご覧の通りの積雪です。 山頂部には雪雲が掛かっておりますので、やはり猪苗代湖近辺の天候は降雪だったかも知れません。

水の張られた水田に集まって来るはずの白鳥達は、今年は異常に少ないとは聞いておりましたが、まさかここまで少ないとは知りませんでした。

多田野の白鳥飛来地
[2012/02/19 多田野の白鳥飛来地] <↑ Clickで拡大>

もしかすると、ここを餌場にしている白鳥達がこれから飛来するのでは?と、暫く待機してみましたが、どうもアタリが遠い気がします(- -;)ゞ 上空をパスする白鳥も居なければ、ここに居る白鳥達もひたすら静かに時を過ごしているだけ。 西から吹き下ろす風は冷たいし長居も苦痛なので、早めに場所を変えることにしました。

道すがらに以前から気になっていた神社に立ち回り(後に記事挙げ予定)、転戦先は馴染みのあるニャンコ公園です(^^) 例年は精々数羽程度しか姿を見ないのですが、今年は結構集まっているとのタレコミ情報もありましたからね。

ニャンコ公園の白鳥達
[2012/02/19 ニャンコ公園の白鳥達] <↑ Clickで拡大>

あれあれ?!(OoO;) 本当に沢山飛来していますね! ちゃんと数えた訳ではありませんが、ざっと50羽は下らないでしょう。 ここでは昨年もエサやりをする人が居たのは知っていましたが、いつの間にこんな人気スポットになっていたのでしょうww

離水
[2012/02/19 離水] <↑ Clickで拡大>

西風に乗って雪が降り始めた公園ですが、東側からは陽の光も差し込み始めました。 白鳥達は4羽くらいでチームを組んでエサ場へと飛び立ち始めました。

離水のローテーションが決まっている事が分かりましたので、白鳥達がダッシュを掛ける場所に注目しながらその時を待ちます。

ダッシュ
[2012/02/19 ダッシュ] <↑ Clickで拡大>

実は今の愛機Nikon D7000を手にしてから、初めての連写撮影でした(^^) 以前の愛機Nikon D80とは桁違いの追従性能と連写速度で、カメラ側の設定さえ間違わなければ、とても楽に撮影出来ます。 神経をすり減らさなくても良くなった分、アングルの工夫などに余力が生まれます。

飛翔
[2012/02/19 飛翔] <↑ Clickで拡大>

カメラに慣れるだけに時を費やしてしまいましたが、今度は撮影ポイントを変えて撮ってみましょう(^^) 出来れば300mm以上の長玉が欲しいところですが、手持ちの道具を活かし切れたら考えるとしましょう。




拙筆のBlogは、本エントリーで通算2,000記事となりました(*'ー'*) 三日坊主の日記書きだったのに、良く続いているものですww もはやここまで継続して来たとなれば、次なるマイル・ストーンを目指してみようと思います。 肩肘張らずにユルユルッと綴って行きましょう♪

最後に、ボクのBlogの最高の理解者・無芸大食妻にささやかに感謝(*^_^*)ゞ 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

夕暮れ時の昼食ハンター・無芸ですww この日の訪問先は「麺屋 信成(しんせい)さんですよ(*´∇`*) 実は訪問の前日にも立ち回ったのですが、臨休に阻まれまして志し半ばで生殺しになっていました(´Д`lll) そんな思いを抱えたままでしたので、最初から迷うことなく足を向けました。

麺屋 信成

震災の優遇措置として、被災三県の高速道路が無料開放されているからでしょうが、夕刻のR49郡山ICの出口付近は大変な交通量です。 高速道路から国道への合流で、あれほど車列が出来ているのは初めて見ました。 きっと毎日の事なのでしょうね。

とっぷりと日の暮れた時間に訪問したのですが、レクリエーション帰りの若者達も来訪するなど、なかなかの賑わいでした(^^) IC近くとは言え、裏道沿いにあるお店ですので、きっと最初から信成さんを目当てにお出でなのでしょう。

さてボクは当然お一人様ですので、懺悔テーブル席へww(←訪問した事のある方ならピンとww) ここがまたBloggerにはありがたい事に、なかなかライティングが良好なんです(^-^) で、この日の所望品は~

「コク塩らーめん (650円)」

麺屋 信成 コク塩らーめん

ボクが塩ら~とは珍しいでしょσ(^▽^) ホントは味噌ら~のつもりでいたのですが、この日は事前の事情がありまして、さっぱりテイストに変更したくなったという次第(^▽^;)ゞ

実はこの「コク塩らーめん」はだいぶ以前に頂いたきりでしたので、そのビジュアルの記憶も曖昧になっていました。 こうして再会してみますと、結構な油膜や載せモノの多彩さに瞠目します。

麺屋 信成 コク塩らーめん

拍子切りの大振りなメンマの上に鎮座しているのは、鶏挽肉ではございませんか? 確か以前は無かったと記憶しています。 日々進化しているでしょうね。 久しぶりに所望してみてよかったです(^o^)

麺屋 信成 コク塩らーめん

エビ油が散りばめられていますが、その風味は以前よりも若干大人しく感じられました。 その代わりと言っては何ですが、エビ風味に支配されていない、バランスの良さが顔を覗かせていた気がします。 前述の油膜は、決して諄さには繋がっていません。 お約束の水菜、白髪ネギ、小口ネギなどが、油分をキレイに流してくれるのも一因でしょうね。 香味油としての作用と共に、程良い極味をヒタヒタと楽しませてくれるようです♪

麺屋 信成 コク塩らーめん

軽くウェーブを掛けられた平形の多加水系中細麺は、繊細な塩スープに良く調和しています。 スープの持ち上げも良好ですし、軽快な食べ心地が楽しめます。 少し塩味の角を残されたスープは、決してしょっぱい印象はなく、塩ら~としての存在感をさり気なく主張しています。

普段は醤油系のテイストに引き寄せられっぱなしの無芸ですが、塩ら~も向き合えばDEEPな世界がありますね(*^_^*) またたまぁ~に食べましょ(*'ー'*)




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示

 

お食事処 味の館シャトウ ~福島県郡山市熱海町~

虎視眈々と再訪のチャンスを伺っていた、郡山市熱海町の「お食事処 味の館シャトウ」さんの暖簾を潜りました(^^) 何のかんのと初訪問から一ヶ月が過ぎてしまっておりましたが、ご店主様方はどうやら私を覚えていて下さったようです(〃∇〃)

前回心に決めていたアレを頂く為に暖簾を潜ったようなものですから、惑うことなく所望させて頂きましたよ♪

「ナポリタン (700円)」 (サラダ付き)

御食事処 味の館シャトウ ナポリタン

予想すらしていなかった多彩な彩りに驚くw( ̄▽ ̄;)w

ミックスなベジタブルが一掴みほど入っていそうです。 スパは茹で置きされていたと思われ、素早い調理も高得点です。 赤スパとしては細めのスパゲッティーニが用いられており、ジューシーなケチャップ仕立てになっています。

御食事処 味の館シャトウ ナポリタン

ベーコンやハムではなく、ソーセージが使われています。 玉ネギはアリですが、ピーマンは無しです。 この辺はもしかすると、その日の手持ち食材などで可変するのかも知れません。 適度なジューシーさのあるナポですので、喉に詰まることもありません。 また、下味の塩はちゃんと効いていますので、ケチャップの甘味が過剰に感じられる事もないでしょう。

ジューシーにしてサラッとしたナポを、粉チーズやタバスコを使って、好きな味に調整するのも容易です。 この辺の落とし所にしてあるのも、店主様の良心かも知れません。

御食事処 味の館シャトウ ナポリタン

生野菜サラダもセットされておりますが、このドレッシングが気に入りました♪ フレッシュな風味の白ワインヴィネガーが活きていて、とてもバランスも良好です。 あまり酸味の強さが苦手なボクでさえ、この仕立ての良さには感心するばかりでした(^^)

さて、次はアレを頂いてみよう♪と今から次回の訪問が楽しみなお店です。 あぁ、ちなみに、ミックスなベジタブルが苦手な方は、忘れずに店主様に事前申告をww 久しぶりに大量のグリーンピースを食べましたo(*´∇`*)o




お食事処 味の館シャトウ
福島県郡山市熱海町荻袋
電話;024-984-2068
営業時間;11:00~19:00くらい
定休日;不定休
駐車場;敷地内に12台ほど


より大きな地図で 味の館シャトウ を表示
 

インター食堂 富田店 ~福島県郡山市富田町~

夕暮れ時の昼食ハンター・無芸ですww 週末に掛けて、再び寒波に見舞われるとの予報でしたが、今朝はうっすらと雪が積もっていました。 今週末は写真撮影に出掛けたいと思っているのですが、果たして状況が許すかどうか・・・

インター食堂 富田店

お久しぶりの訪問は、R49沿い郡山IC近くの「インター食堂 富田店」さんです。 既に夕刻と言うよりも、夜の入り口の時間帯。 後から後から夕食を摂るお客様が訪問して来まして、なかなかのご繁昌ぶりです。 そのお客様方の多くが所望するのが「ラーメンセット」です。

喜多方タイプのラーメンをメインとして、丼物等を組膳にしたお得でボリューム満点の人気メニューです。 私も久しぶりに頂いてみる事にしましょうかね(^^)

「ラーメンセット Cセット (800円)」 (ラーメン、カレーライス、お漬け物)

インター食堂 ラーメンセット Cセット

うぅっΣ(゜▽゜;) 予想よりもカレーライスの盛りが良いぞ(@・艸・;) モタモタ食べていたら、満腹信号が先に点灯してしまいそうですので、ピッチを上げ気味にして一気に攻め込まねば・・・

インター食堂 ラーメンセット Cセット ラーメン

以前にも一度所望した事のあるラーメンですが、これがなかなか侮れないクォリティーです。 喜多方スタイルと言う事ですが、豚ゲンコツと鶏ガラから引いた出汁かと思われます。 黄金色で澄んだスープは、雑味感の少ないキレイなもの。

インター食堂 ラーメンセット Cセット ラーメン

油膜は控え目に抑えられており、鶏ガラ出汁の風味が良く香ります。 醤油ダレは程良く練られており、塩味の角はマイルドで、生醤油っぽいような酸味や風味もありません。 スープの旨味は特段豊かな訳ではありませんが、強すぎず物足りなさも無く、良くバランスの取れたお味です。

インター食堂 ラーメンセット Cセット ラーメン

麺は喜多方を彷彿とさせる、多加水系平断面中太縮れ麺です。 しっとりと良い歯応えが残されており、伸びにくいのも喜多方スタイルです。 豚バラ肉ロールチャーシューは、脂身にも味が染み渡っていて、これまた秀逸♪ 申し訳無いけど、そんじょそこらの“喜多方ラーメン”の看板を上げているお店に全く引けをとりませんよww

サクツと完食したところで、相方となっているカレーライスにスプーンを入れましょう(^^) ラーメンのスープがサイド・サポートしてくれますよ♪

インター食堂 ラーメンセット Cセット カレーライス

単品オーダーなら550円で供されているカレーライスですが、多分セットメニューの場合は“盛り”に手心が加えられていると思います。 楕円形の深めのお皿ですので、それでも結構なボリュームはありそうです。

インター食堂 ラーメンセット Cセット カレーライス

豚肉、人参、玉ネギのシンプルなカレーですが、多分ラーメン用の出汁なども使われているのでは無いかと思われます。 食堂系のカレーライスが、得も言えぬ旨味を楽しませてくれるのも、これが裏方にあるからでしょう。

適度な粘性を持つカレールーは、鮮烈なスパイシーさや香り立ちこそありませんが、ジワァ~~っと後からホットさが浮いてくるタイプ。 カレールーにストレートな甘味を感じさせる要素はありませんが、この後追いの辛味はすぐに分かるでしょう。 万人受けする味に纏めるのも食堂の使命です。 でもエヴォリューション・メニューがあったなら、結構面白いと思うんですよね(^^) あのB5チキンカツを打ち出したお店です。 いつかイタズラ心を見せてくれるのを楽しみにしています(^o^)

しかしなんだ、カレーライスは半分で充分だったな(;ーωーA 結構多かった気がする・・・




インター食堂富田店
福島県郡山市富田町字権現林4-2
電話;024-961-1605
営業時間;【平日】11:00~23:30、【日曜祭日】11:00~23:00
       ※11:00~15:00は店内禁煙
定休日;無休
駐車場;充分に確保


 

パーラー&軽食 ひまわり ~福島県郡山市富久山町~

久しぶりに赤スパを食べたい気分になっていたところ、市内R4沿い善宝池の前を通りかかりまして、そのまま池沿いに車を向けました(^^) 今や数少なくなったクラシカルな赤スパを楽しませてくれる、老舗の洋風食堂「パーラー&軽食 ひまわり」さんを訪問しました。

パーラー&軽食 ひまわり

全て手造り調理ですので、調理時間は少々覚悟が要ります。 先客様が多いようなら諦めようと思いつつ入店してみると、幸運なことに先客様方には既に所望品が揃っておりました。 ラッキ~♪(*^_^*)

一年以上のご無沙汰でしたけど、店主ご夫妻は変わらずお元気そうです。 最初から迷うことなくアレを所望致しましたよ♪ コミック本を眺めること25分ほど。(←結構早い方ww)

「多かったら残して良いですからね(^^)」とマスターが配膳してくれます。

「いえ、大丈夫です(^^) 食べ物を粗末にしませんから」と笑顔で答えながらも、軽く引きつるww

「スパバーグ 250g (880円)」 (メイン、皿ライス、サラダ、味噌汁、プリン)

ひまわり スパバーグ(250g)

ごはんは少なくとお願いしておきましたので、ちょっとホッとしたものの、やはりそのボリュームには目を見張るモノがあります(^^;) ってか、やはり軽く後悔していたりしますww

ひまわり スパバーグ(250g)

ふっくらと焼き上がったハンバーグは250gですが、上位のフルサイズでは350gもあります( ̄ー ̄; ボクはフードファイターではありませんので、中級の250gで充分ですよ。 ナポは一人前との公称値ですが、これまた侮れないボリュームがあります。 多分乾麺の状態で130gくらいはあるのではないかと・・・ まっ、スパだけならば200gくらいは楽しく頂けるのですが、ここにライスだったり、サラダだったり、何かと外堀も充実していますので、総トン数は膨れ上がるばかりですww

ひまわり スパバーグ(250g)

ふっくらハンバーグにナイフを入れれば、肉汁が溢れ出して来ますよ♪ ソースは未だにその味の構成が良く分からないのですが、和風の醤油ベースであることは確か(←軽快ながらもデミグラスソースであることが判明)だと思います(^^;)ゞ このハンバーグはライスと共に頂きます。

ひまわり スパバーグ(250g)

サラダもキッチリと頂いて、栄養価バランスを整えつつ、

ひまわり スパバーグ(250g)

期待の赤スパを頂くって訳です。 モチッとした歯応えの太麺は赤スパの王道。 自宅で赤スパを作りますと、ついつい濃い目の味付けになってしまうのですが、そこはそれ、プロの揺るぎないさじ加減のお陰で、最後まで美味しく頂けました♪

と、言いつつ、実はこの赤スパも半分ほど食べ進んだところで、

(今度は赤スパもハーフにしてもらおう・・・(;´Д`A)

と、心に誓っていた無芸ですww

ひまわり スパバーグ(250g)

ごはんをあらかじめ減量希望にしておいたのは、まさに正解でして、キレイさっぱりと完食した後のお楽しみは、自家製カスタード・プリンです(= ̄▽ ̄=) これを嬉しいと思いながら食べられるくらいの分量を自覚しなきゃなりませんね。 今まで何度、このプリンに地獄を見たことかww




パーラー&軽食 ひまわり
福島県郡山市富久山町久保田字三御堂67-1
電話;024-923-9278
営業時間;12:00~21:00(LO 20:30)
定休日;日曜日
駐車場;店舗前に2台
    ※空いていれば使える駐車スペースがあります。 ご店主様にお問い合せを。


大きな地図で見る
 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

つい先頃レポ挙げしたばかりの「郡山大勝軒」ですが、お初の新味体験を致しましたので、書き留めておきます。

郡山大勝軒

徐々に日が長くなって来まして、17時くらいでは、まだ明るさの残る時節となりました。 ウチのじいさんがブルーレイHDDレコを買ってきたは良いが、どう接続するかを自分では探ろうとさえせず、ボクに丸投げして来たので、倅の責務を果たして参りました。 HDMIケーブル一本でハイビジョンテレビと接続完了なんですねw( ̄▽ ̄;)w そんなに簡単になっているんだぁ~ 何せウチには、そんなお道具はありませんので初体験ww でもPCは一人1台なんだわ。 家族それぞれに見たいものが違うからでしょうね。 まっ、そんな流れで、ジイさん宅の帰り足に漂着したのがここでした(^^)

「つけ麺 中盛 (700円+0円)」

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

へっへっへ( ̄∇ ̄) 腹ペコだったから、中盛(300g)頼んだった♪

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

ツヤツヤの麺は、弾力を伴いながらプッツン!とした確かな歯応えを伝えて来ます。 やはり冬場の麺は、出来が良い気がします。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

たっぷりの漬けダレからは、魚介系の豊かな風味が立ち登り、動物系の出汁は、バックボーンでしっかりと後ろを支えている感じです。 着実に動物系の出汁は洗練の度合を高めていますので、グッと奥底で旨味を支えていながらも、その存在は極度に強くは感じられなくなってきました。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

甘酢を配した漬けダレは、独特の大勝軒Worldを生み出します。 この原型を基に、広く一般世間につけ麺のスタイルが定着したと言っても過言ではないでしょう。 ダイナミックな具材の存在感もまた、それまでの中華そばには無かったものです。

「無芸さん、これ混ぜてみて(^^)」

郡山大勝軒 辛し玉


工藤店長が差し出してくれた辛し玉です。 漬けダレに溶かずに、オン・ザ・麺でやるのが良いとのアドバイスです。

この日の辛し玉は、かなりの自信作だったらしい(^^) 直接つまんで口にしてみましたが、冴えた辛味の中にも、ジワッとした旨味が感じられました。

郡山大勝軒 辛し玉

って事で、お薦めに従って、辛し玉・オン・ザ・麺!v('▽^*)

漬けダレを潜らせて、軽快に啜ってみたら・・・

ゲホゲホゲホゲェ~~~~!(`ロ´;)

あぅぅぅぅ、オン・ザ・麺にすると、辛味がシャープに効いてきますぅ~!ヽ((◎д◎ ))ゝ ボクにはこの辛しのストレートな辛味はチト苦手・・・(^▽^;)ゞ

たまたまカウンター席のお隣に陣取られていたお客様にも、

「店長からのプレゼントですから、良かったら試してみませんかぁ~?」とお薦めしてみました(^^)

(あっ、そんなに麺にまぶしてしまったら・・・(゚o゚;;)

ボクみたいに咽せったりしませんでしたが、しきりにお冷やを飲んでいたっけ(^^;) うぅ~~ん、ちょっと気の毒しちゃったかな?(; ̄ー ̄)




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る
 

サロン・ド・懐古 ~福島県郡山市桑野~

郡山でスロー・フードの先鋒手として知られる「サロン・ド・懐古」さんですが、ボクが一人で訪問するってのは、自分で言うのも何ですが、全く似つかわしく無さそうに思えます( ̄▽ ̄ii) そもそも訪問を思い付いたのは無芸大食妻でして、わたしゃ「乗った!(@^◇^@)」と言うのも事実ですww

今回は見るだけで「うぷっ?!∑(-x-;)」っとなる事は無いかと思いますので、Ladies & Madamsの皆々様にも、多少なりとお役に立つ情報になるかな?オホホホ!!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞオホホホ!!

サロン・ド・懐古

ってか、おされな女性の皆々様には、既にかなぁ~~り有名なお店ですので、今更無芸レポなんぞは無用の長物かも知れませんネww まっ、女性に限らず、躰が気になり出したご同輩の男性諸氏にも、知っていて損のないお店ですので、ちょいとお付き合い下さい(^^)

こじんまりとしたお店は、まさにアット・ホームと言う表現がピッタリです。 シックな小物・調度品に囲まれ、居心地の良いテーブルセットに身を置きますと、ついつい時間さえ忘れてしまいそうです(^^) 写真撮影を趣味にしている方なら誰でも、店内に配された写真作品の数々に目を奪われること請け合いです。

地元のカメラマンには良く知られていたと思いますが、「サロン・ド・懐古」のマダムのご主人様、故・田畑 久雄氏は、広告写真のプロ・カメラマンとして草分け的存在で、県協会の初代会長にも就いておられた方です。 ボクが駆け出しアマチュア・カメラマンだった頃、確か3度だったと記憶していますが、お目に掛かる機会があって言葉を交わして頂きました(^^)

穏和なお人柄が感じ取れましたし、後進の若手プロ・フォトグラファーさん達からの信頼の厚さもさもありなんと感じ入った次第でした。 マダムについては、今更私がご説明するまでもないでしょう(^^) このお店を開店して、5年が過ぎたと言います。 田畑先生と呼ばれる方が多いと思いますが、ボクはご主人様を先生と呼ばせて頂きます(^^)

サロン・ド・懐古

手作りのメニューブックには、田畑先生が撮影された写真が配されています。 ボクもこうしてBlogで見て頂く写真を撮影しますが、時としてはメニューブック用の食べ物写真を撮影する事があります。 こうして目の当たりに作品を拝見すると、紛いなりにも心洗われる気がします。 こんなにステキな写真が配されたメニューブックは、そう滅多にお目に掛かれるものではありませんね(*^_^*)

オーダーをさせて頂き、ご用意頂いている間に、マダムからお薦め頂き先生の仕事場を拝見させて頂きました。 田畑先生のフォト・スタジオは、生前に撮影されていた趣味の写真が展示されています。

「仕事で撮影した作品は全く出てこないのに、趣味で撮っていた写真は、未だに整理しきれませんのよ(^^)」

そうおっしゃりながらマダムは微笑んでいます。 きっと仕事で撮影した作品は、全てクライアントさんのものと割り切っておられたのでしょうね。 全く残っていないと言うのも、あまりにも凄すぎる話です(^^;) その代わり、残された作品の数々は、まさにマダムがずっと飽きることなく、いつまでも先生を身近に感じ続けられるだけタップリと。

スタジオ内に配置されている先生の愛用していたカメラ、レンズ、バッグから三脚の果てまで、今すぐにでも手に取って持ち出せそうな気配に満ちています。 そう、このギャラリーには、今もライブ感が残っているんですね(^^) 展示された作品の数々をゆっくりと拝見している内に、マダムから「ご用意が出来ましたよ」とお声が掛かりました。 極上のギャラリーで目を楽しませて頂いた後は、マダムの美味しいお料理がお待ちかねです♪

「ビーフカレー・セット (880円)」 (副菜2品、デザート、飲み物付き)

サロン・ド・懐古 ビーフカレー・セット

予想外のモリモリ具合にちょっと驚くo(*'o'*)o ボクが今までイメージしていた「サロン・ド・懐古」さんのお料理は、女性受けのする瀟洒でライトなものでしたので、意外なガッツリ具合は望外のヨロコビです♪ しかもテーブルセットがとにかく美しい(*^_^*) いつもガッツリ系主体の無芸に、ちょっと眩しいくらいでさえあります(笑)

食器のコーディネイトの素晴らしさはどうでしょう? 単純にお料理を商品として考えているのでは無く、先ずはお持て成してのマインドが先に伝わって来るではありませんか(ノ´▽`)ノ まさに指の先まで行き届くが如き、マダムの温かいお人柄が伝わって参ります。 また、スプーンが木製なんですが、これが超~絶妙にボクのツボにハマりました(^▽^;) 手に触れたものが冷たくない。 ましてや唇に触れるものも。 ボール部分の角度と言いサイズと言いパーフェクト! これは個人的に欲しくなりました(^▽^;)ゞ

サロン・ド・懐古 ビーフカレー・セット

カレー・ルーは一般的な粘性に落ち着いています。 香り立ちもスパイシーさは抑えられており、その香りで驚かされる事は無いでしょう。 ホットさに関しましても、一般的な中辛口よりもやや甘めに誂えられています。 多様な旨味成分が仕込まれているようでして、マイルドさの中にしっとりとした滋味が感じられます。 過剰なメリハリを抑えて、躰が驚かないように仕立てられているのかな?

ご承知の方も多いと思いますが、「サロン・ド・懐古」さん筆頭の人気メニューと言えば、スープなんですよね(^^) 無芸大食妻が所望致しましたので、少々お味を拝見しましたが、これがまた心惹かれる出汁の旨味が活き活きとした一品でした。 躰に優しいナチュラルなものを薦めておられますので、カレーライスの表現もまた、これに沿った表現かと思いました。

サロン・ド・懐古 ビーフカレー・セット

副菜の一つ、これは「串焼きつくねのデミグラスソース添え」でしょうか? 実はあまり根掘り葉掘りお尋ねするのに気が引けまして、お尋ねし損ないましたww ふっくらと焼き上げられたつくね自体で、既に存分に美味しい♪ 軽く塩を振って、スダチを絞るってのも良さそうに思えました。 ここでマダムは多分組膳としてのストーリー性を描いているのでしょうね。 デミグラスソースは濃厚なコッテリ味ではなく、キリッと酸味の活きたケチャップテイストにも通じる味に仕立てられていました。

ここでも器のチョイスが活きています。 薄切りのニンジンが下に敷かれていますが、勿論生野菜として食べる事は当然として、色彩の美しさをも演出なさっています。

サロン・ド・懐古 ビーフカレー・セット

和風出汁を遺憾なく活かした里芋の煮物。 これがまた煮崩れ無しで、ステキな食感と舌触り、そして味がシミシミでとても美味しゅうございました♪ もういくらでも頂けちゃいそうな魔力が・・・(^◇^;) デザートに出して下さったリンゴなんぞは、何と柚子の絞り汁で色止めされていて、これまた新鮮な驚きがw( ̄▽ ̄;)w

なぜもっと早く訪問しなかったのかと後悔するほどハマりました(〃'∇'〃)ゝ きっと女性のお客様が大勢だと思っていた事もありますが、まさかここまでボリューム満点だとは思いも因らなかったんですね。 実に楽しめました♪ 無芸大食妻も大満足でしたので、次回は是非とも名物のスープ料理でもひとつ♪

ちなみに・・・ 店内に展示されている故・田畑先生の作品の数々の中には、結構ニャンコが登場しています(〃▽〃) ギャラリーは是非ともご覧頂きたいと、未だにビギナーの域を出ないアマチュア・カメラマン・無芸のお薦めでございます(*^_^*)




サロン・ド・懐古 (URL)(Blog)
福島県郡山市桑野2-25-17
電話;024-933-3355
営業時間;12:00~19:00 (木・金・土・日) ※売り切れ次第閉店
定休日;月~水 (火・水は料理教室を開催)
※完全禁煙


大きな地図で見る
 

本格とんこつらーめん 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

本格とんこつらーめん 花カツミ

訪問時間のタイミングで、このところなかなか暖簾を潜れなかった“ボクらの花カツミ”さんをようやく訪問して参りました(*´∇`*) 約一ヶ月ぶりでしたので、ちょっと豪勢に“全部アリ”で行ってみましょう!

「とんこつのりちゃあしゅう らーめんセット(1,050円)」

花カツミ とんこつのりちゃあしゅう

こんなオーダーをするヤツはあまり居ないとみえて、伝票にオーダー書きをするマスターがチラッと悩んでたww 由緒正しくALLデフォでお願いしましたが、ご覧の通りに“海苔の防風林”は相変わらずですヾ(=^▽^=)ノ

花カツミ 海苔チャーシューらーめん

更には“山積みチャーシュー”に心躍る事請け合いです♪ メニューの上では「とんこつのりちゃあしゅう」はありませんが、載せモノ差額のアドオン合計で応需して頂けますから、どなたでもご所望可能です(^^)

花カツミ ライス・セット

ライス・セットは、ごはん・生卵・お漬け物の三点がセットになっており、ラーメンメニューにサービス価格170円で楽しめます。

花カツミ 海苔チャーシューらーめん

細麺指定で頂きましたが、程良い茹で加減はお約束。 軽くポキッとした歯応えが感じられます。 軽快な食べ心地ですので、箸の進みが早いのなんのww 自然派とんこつらーめんですので、妙な諄さなどは全く無縁。 しかも上品な炊きあがりで臭みなんて感じません♪

凝縮した豚骨の旨味を楽しむタイプではなく、軽快にして滋味が後から追い掛けてくるタイプです(^^) この一杯を求めて、遠方より足を運ばれるお客様も数知れず。 この日お隣に陣取った若者は、お仕事の関係で神奈川県から当地に滞在中との事。 ネットで情報を収拾して、郡山で初めてのラーメンを、ここ「花カツミ」に求めていらっゃいました(^^)

お客さん、運が良い♪ ☆ヽ(▽⌒)

とてもお口に合ったようで、一気呵成に口に運ばれておりましたよ(*'-'*) 今、コスモス通りはアツいからねぇ~♪ 郡山での滞在中に、もっと沢山の味のレパートリーを楽しんでいって下さいな。

花カツミ 海苔チャーシュー・ロール・ライス

チャーシューと海苔がタップリとデポされていますので、ちょっと贅沢に海苔チャーシュー・ロール・ライスぅ~ O(≧▽≦)Oを堪能致します♪

うまし\(*T▽T*)/




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 「花カツミ」
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る
 

2012年冬景色 ~猪苗代湖のしぶき氷~

北塩原を後にしまして、今年は生育が早かったと言われている猪苗代湖畔・天神浜の「しぶき氷」を撮影すべく、猪苗代町に向けて下山します。 そろそろペンション・ヴィレッジに宿泊していたお客様方が活動開始をしたらしく、ルーフ・キャリアにスノボを積んだ車が見受けられます。

そんな中、私達の車の後ろを追走していたエスティマがおりました。 ルーム・ミラーで見て見ると、何だかルーフ・キャリアの辺りに違和感が・・・(゚ー゚*?) そんなに後方を凝視しながら走行出来るほど安易な路面状況ではありませんでしたので、あまり深く受け止めないようにしていたのですが、パッカァ~~ン!と乾いた音が聞こえた刹那、ルーム・ミラーに映し出されたのは、後続車から舞い上がり路面に叩き付けられたスノーボード( ̄□||||!!

そう、感じていた違和感とは、ルーフ・キャリアの留め具がロックされていなくて、レバーが跳ね上がっていたからだったんですΣ( ̄ロ ̄lll) 何て恐ろしい事を・・・

が?! この後続車、停車するどころか、自分の身に起こったことに何も気付いていない?!(艸゚Д゚*) 老婆心ながら、それを知らせようとハザードランプを点滅させて車をスローダウンさせつつ、ウインドーを開いて手で減速を促す無芸。

それを一気に追い越して行くエスティマ <( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)> クラクションを鳴らしつつ、パッシングしたのですが、全く気付いてくれませんorz すかさず追走を始めたのですが、車のルーフ・キャリアには、ロックされていないもう一枚のスノボが・・・(((p(>o<)q))) とても恐ろしくて近づけやしません。

この調子では万一あのスノボがウチのキューブ号に刺さっても、アノ車はそのまま走り去ってしまうだろうし(ノ_-;) 巧い具合に信号機で停車しないかなぁ~と話ながら進行していましたが、こんな時に限って青信号ww 落とし物エスティマ号は、スキー場を目指して右折。 更に追い掛けるだけの義理を感じる事もなかったので、そのまま見送りました(^▽^;)ゞ

スキー場に到着してから顔面蒼白になるんだろうなぁ~(*´ο`*)=3 あぁ? でも待てよ(*゚・゚)? 路上に落とされてしまったスノボだけど、後続車が踏んだり、車体の下に巻き込んだら、タダでは済まないかも知れないぞ!∑( ̄△ ̄∥) その後の成り行きが、未だに気になっている無芸です。

さて、天神浜の町営駐車場に車をデポしたボクたちは、湖畔ルートでは無く林道ルートを採ることにしました。 まだ一般の観光客の姿は少なかったのですが、きっと帰路に就く頃には雪で閉ざされた林道コースもすれ違いにも難儀しそうな塩梅でした(^^;)

林を抜けて
[2012/02/05 林を抜けて] <↑ Clickで拡大>

昨年は訪問しなかったのですが、今年の積雪量は飛び切り多いようです。 雪に閉ざされた林道に出来た1本道から外れると、膝の辺りまで雪が沈みます。 被写体をリサーチしながらの道行きは、往路で約20分。 防寒服に身を包んでいますと、軽く汗を掻くくらいの運動量です。

さて、到着したしぶき氷の名所は、何たる事か|||||/(=ω=。)\ガーン||||| この大雪に祟られて、折角出来上がった氷の上に、大量の雪が降り積もった状態o(T△T)o しかも事前に耳に届いていた通り、先の震災で護岸が被災したらしく、立ち入り禁止の黄色テープが風になびいています。

しぶき氷の卵
[2012/02/05 しぶき氷の卵] <↑ Clickで拡大>

とにかく氷雪の下がどうなっているか分からないので、誰かの足跡以外は踏み込めません。 その上前述のコンディションでしたので、無理に撮影を敢行するのは諦めました。 安全圏内を歩き回って、何とか絵になりそうな場所を探しましたが、今回はちょっと厳しすぎたかも・・・(泣)

波穏やかなれど…
[2012/02/05 波穏やかなれど・・・] <↑ Clickで拡大>

北塩原エリアでは、ちゃんと青空が広がっていたのですが、猪苗代町まで降りてきたら陽の光は厚い雲に遮られていて、その輝きを示すことはありませんでした。 まっ、そんな日もあります(^▽^;)

氷の造型
[2012/02/05 氷の造型] <↑ Clickで拡大>

何やらまるで妖精みたいな氷の造型が必ずあるんですよね(*゚ー゚*) 私的には美麗な造型と言うよりも、奇異なモノに見えて仕方ないのですがww と、言いながら、「何とかならねぇべか?」と思いつつ、シャッターを切らされている無芸ですΣ(゜▽゜;)

帰路は予想通り、一般の訪問客の姿がグツと増えまして、狭い雪道はすれ違いが大変でした。 初めて訪問される皆さんは、大いなる期待を抱いて雪道を踏破されて来るのですが、すれ違いざまに

「あとどれくらい先ですか?」とか「見応えはありましたか?」と尋ねられる度に、道行きはともかく、その出来映えにはつい口ごもってしまったo(´д`)o

結局一番当たり障りのないお返事は、「折角ここまで進んで来たのですから、良い運動をしたと思って、もう少し歩いてみましょう!」でした。 落胆した人、結構いたかな?(;^◇^;)ゝ
 

本格中華料理 華苑 (かえん) ~福島県郡山市堤~

今月初の「華苑日記」ですww 精々、三題くらいで一度挙げておかないと、味の記憶が怪しくなってきます(^▽^;) 最近は華苑に足繁く通っておられる常連様方のお顔が分かって参りました(^^) 短い会話を交わすようになった方とか、思わず目が合うと、笑顔で会釈を交わす方などもチラホラ(笑) 今日はどなたに合えるかなぁ~?なんて言うのも、暖簾を潜る楽しみになり始めました(^^)

さて、この日はまだ先客様がお見えになっていなかったので、工藤シェフに丸投げオーダーをしてみましたww あまりお腹が空いた感じが無い事を伝えますと、ちょっとだけ考えて、

「無芸さん、油淋鶏の茄子バージョンでも食べて見ますか?σ( ̄、 ̄=)」 とのお返事。

おぉ~~~♪ 茄子大好き!ヽ(∩。∩゛ヽ) 油淋鶏も大好き!(ノ〝∩。∩)ノ イイとこ取りでね?! モチのロンで、二つ返事で所望させて頂きましたO(≧▽≦)O

「油淋茄子(ユウリンチェズ)定食」 ※グランドメニューにはありませんので、要相談。

華苑 油淋茄子(ユウリンチェズ)定食

どうやら宴席料理などでは、以前から提供していた事があるそうです。 素揚げの茄子と、豚肉に軽い下味を付けて、片栗粉をまぶして揚げたものに、油淋鶏の温かい甘酢が掛け回されて、みじん切りにされたたっぷりの香味野菜が盛られていますo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

華苑 油淋茄子(ユウリンチェズ)定食

あうぅぅぅぅぅ、こうして記事を書いている間にも、思わず自分でヨダレが出てくるぅ~ww 亡き母がこれに近い感じの茄子料理を良く作ってくれていたんです。 中華テイストでは無かったし、こんなに洗練もされていなかったけど、茄子が手頃な時期になると、大きなタッパー一個分作ってくれて、ボクはそれが大好物でした。 その記憶と軽くオーバーラップするのは私の記憶だけですけどww

華苑 ごはん並盛

多分初公開の、華苑の並盛りライス(゚ロ゚屮)屮 毎度お馴染みの“ホトケ盛り”と同じお茶碗です。 前述の通り、あまり空腹感がなかったもので、マダムには「ごはんは軽く」とお願いしたのに、全く無視されまして、楽しそうにごはんを盛り上げてくれましたノ( ̄0 ̄;)\

「ムゲイサァ~ン、コレクライタベルデショ?!(‐^▽^‐)」

だから、今日は無理だと最初に言ったでしょ?(-゛-メ)

「エッ?ソレジャア、コレクライナラ、ダイジョブネ?(o・ω・o)」

まだまだ大杉orz 誰が大盛に抑えろと?(-"-;)

「ウッソォ~~ン?! ソレジャア、コレデドウ?(´o`)」

ごはんを少なくと言って、こんなに悲しそうな表情をする女性を初めて見ました(〃∇〃;) ごめんね、もうお腹具合がイマイチの時にはなるべく華苑を回避するから・・・(〃´o`)=3

華苑 油淋茄子(ユウリンチェズ)定食

ともあれ、オン・ザ・ライスゥ~だ!o( ̄▽ ̄o) ウマッ!w( ̄▽ ̄)w←反応早過ぎww

油の通った茄子はトロっとした舌触り( *´艸`) 片栗粉の衣を纏った豚肉には、甘酢が染み染みで禁断の肉祭りへと誘われそうです(´ノ∀+`*) 香味野菜のみじん切りが、サッパリ感を助長してくれますので、これは食が進まない方は勿論のこと、梅雨から夏にかけての食欲減退期にも嬉しい一品になりそうな予感♪ 軽く辛味を忍び込ませれば、益々ドラッグ効果は高まると思われます(^^)

それから2日後。 腹ペコで暖簾を潜って、久しブリブリの所望品は思い起こせば、暫くご無沙汰になっていた人気定番メニューのコチラ(^O^)

「麻婆豆腐定食 (680円)」 ※辛さレベル3

華苑 麻婆豆腐定食

最近からトロミ系料理のレンゲが、陶器製の厚手のものから、ステンレス金属製の薄手のものに変更されました。 お陰でお皿からソースがすくい易くなりましたよ♪ この日もまだ先客様がおられなかったので、辛さを増して頂きました(*^_^*)

「辛さMAXで行っちゃいますか♪(* ̄∇ ̄*)」と水を向けられますが、丁重にお断りしてレベル3です(≧Д≦ノ)ノ

華苑 麻婆豆腐定食

タップリのラー油はお約束として、花椒や豆豉があしらわれています。 ほんのりとした甘味も感じさせてくれますので、塩味+辛味の大博覧会になることはありません。

華苑 麻婆豆腐定食

お約束の“ホトケ盛り”が冴え渡るヽ(@ω@;)ノ 例によって笑顔満面でペタペタとご飯を盛り続けていた・ら・し・い(〃∇〃)(←工藤シェフのタレコミ) パーフェクトな造形美に惚れ惚れするやん!(・ω・;A)

華苑 麻婆豆腐定食

ごはんのテッペンを少々へこませてオン・ザ・ライスぅ~♪ヽ(^◇^*)/

久しぶりのレベル3は、なかなかホットね。 この麻婆豆腐ってヤツは、どうしてこんなにご飯と合うのやら(*^_^*) 麻辣具合は適度にマイルドなので、あまり意識はしていなかったのですが、翌朝はちょっとアツいモノが・・・ww

何故か一日おきに通っていたんですね(汗) これが華苑の中毒性という事でしょうか? この日はちょっと遅めの訪問になったら、店前の駐車スペースがほぼ満車w(゚o゚)w 宴会でも入っていたのかと覗いてみたら、ホールのテーブル席が空いていたのでセーフww 宴会ではなくて、皆さん個人客でした(^^;) ほとんどがリピーターさん方のようでしたよ。

料理のローテーションは順調に行っているようでしたので、辛さ調整を所望して暫くお待ちしますww

「担々麺 (680円)」 ※辛さレベル2

華苑 担々麺

うぅ~~ん、相変わらずの真っ赤っかですねぇ~(@・艸・;) とても美味しそうなんですが、このラー油の油膜は、軽く怯むものがあります。

華苑 担々麺

青梗菜があしらわれているのが嬉しいところ(^^) 色美しさもさることながら、シャクッとした歯触りと共に、瑞々しい水分がジワッと感じられます。

華苑 担々麺

多加水系平断面の中太縮れ麺は、プッツンとした歯応えもあって、濃厚なスープにも負けません。 芝麻醤の効いたゴマゴマスープは、ナチュラルな甘味と芳醇なゴマの香り、クリーミーと言うよりもナッティーと言えるほどの濃醇さがあります。 そこに適度な麻辣テイストが加わるから堪らないww

ついつい一気呵成に食べ進んでしまう訳ですが、この日は「お待たせ特典」なのかどうか、チャーシューをサービスして頂いちゃいました(嬉)

華苑 担々麺

これがまた、ナカナカイイ味を出していまして、そのまま食べちゃっては勿体ないってくらいww まあ、そんな訳で、「半ライス (100円)」を追加投入致しまして・・・

華苑 担々叉焼・オン・ザ・ライス

チャーシュー・オン・ザ・ライスぅ~!( = ̄+∇ ̄=)v

この豚バラロールチャーシューときたら、適度な甘味と共にしっかりと味が染み渡っており、美味いの何のってそれはもう(*^_^*) しかも担々スープがある訳でして、最後までキッチリと楽しみ尽くさせて頂きましたヨ。 翌朝、ほのかにアツかった・・・(*μ_μ)σ




=2014年初旬に閉店しました= アーカイブとして残しておきます。
本格中華料理 華苑 (かえん)
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-0080
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:00~22:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に4台分+店舗横に4台分


大きな地図で見る
 

2012年冬景色 ~雪深き曲沢沼~

北塩原まで写真撮影に訪れたなら、やはり足が向いてしまうのは「曲沢沼」です(^^) 道路はちょっとした小山を登り降りする事になりますが、FF二駆のキューブ号で踏破出来るか心配でした。 注意深いアクセルワークで無事小山越えww 「大沢沼」ではカメラマンの姿がありましたが、コチラはまだ私達がこの日の最初の来訪者だったようです♪

雪に閉ざされた曲沢沼
[2012/02/05 雪に閉ざされた曲沢沼] <↑ Clickで拡大>

とは言え、こりゃあ本当に凄い積雪だ!(l|゚Д゚l|l) 曲沢沼の姿を捉える為には、道路から除雪で押し出された雪の壁をよじ登らねばなりません。 前夜まで雪が降っていたこともあって、足の踏み場を間違えれば、一瞬にしてズボッ!っと股間まで雪に埋まるほど(((( ;゚д゚)))

念のために携行してきたスノーシューの出番か?と思ったのですが、ここまでパーフェクトに雪に閉ざされてしまっては、岸辺まで近づいて撮影するにも、求めるべき絵面さえ見あたりません(ノω-;) 折角、無垢の雪原になっているところに、無意味に足跡を付けるのも、後から来るであろうカメラマンさん達に気の毒ですので控える事にしました。

雪遊び♪

雪と戯れる旧友C君ですが、周辺はこんな感じww 雪のコブコブを撮っているようですけど、イイ感じの陰影が撮れたかしらね(*^_^*)

出る杭に綿帽子
[2012/02/05 出る杭に綿帽子] <↑ Clickで拡大>

いつも湖面に格別の表情を与えてくれる灌木も、すっぽりと雪に覆われていまして、綿帽子のようにモコモコになっています。 小動物の足跡でも付いていてくれれば、また一つ楽しかったのですがね(^-^)

凍てつく山なみ
[2012/02/05 凍てつく山なみ] <↑ Clickで拡大>

背景の山にある木々は、すっかりと凍てついて真っ白になっています。 当然近づく事は出来ませんので、霧氷なのか着雪なのかは分かりません。

霧氷咲く
[2012/02/05 霧氷咲く] <↑ Clickで拡大>

寒波が抜けた合間に、久しぶりに顔を覗かせた冬の青空(^^) この勢いで、お山を下りて、猪苗代湖畔に向かいます。




【写真展開催のお知らせ】


只今郡山市内で、下記の通り写真展が開催されております。 「フォト・クラウド」さんの写真展のメンバーには、私と度々写真撮影行脚をご一緒頂いているサッチンさんこと山岡哲さんもおられます。 マクロ写真を含め、数点が出展されています。 連休絡みの週末、どうぞお出掛けになってみて下さい(^^)

「フォト・クラウド 写真展」
開催日程;2012年2月10日(金)~12日(日) 10:00~18:00 (最終日は17:00まで)
開催会場;郡山駅前 Big-i 6階 「郡山市民ふれあいプラザ」

「YMPC 読売民友写真クラブ 第3回クラブ展」
開催日程;2012年2月7日(火)~12日(日) 9:00~17:00 (最終日は15:00まで)
開催会場;郡山カルチャーパーク 第1・2会議室

 

サッポロラーメン コタン ~福島県郡山市中町~

昨日は日本のテーマパークの草分け的存在「スパ・リゾート ハワイアンズ」が震災を乗り越えてリニューアル・グランド・オープンを迎えました(^^) 「ウォーター・パーク」の改修が整い約11ヶ月ぶりに全館での営業再開。 そしてホテルもモノリスタワーという新しい仲間を増やしました。

全館営業の再開日となった一昨日[2012/02/08]は、NTT東日本-福島の計らいで、同社が運営する福島情報発信サイト『福島の空』 (URL) で、念願の新しいステージ「ビーチ・シアター」からのライヴ映像が無料配信されました(^^) 都合3回のライヴ配信がありましたが、たまたま仕事場に居ましたので、その様子を拝見しておりましたよ。

県民の皆様には、ハワイアンズの復興までの道筋は既にご承知のことと思いますので割愛しますが、午前中に行われたオープニング・セレモニーでは、フラガールを代表して、リーダーのマルヒア由佳理さんが挨拶をされましたが、ここで凄いなぁ~と感心したのは、お偉いさん方の演説の場にはしなかった事です(^^) マルヒア由佳理さんの挨拶は、苦しかった11ヶ月を振り返るものではなく、全ては来館するお客様への誓いに思えました。 笑顔でメッセージを送り続ける彼女をモニターに見ながら、こちらが思わず泣けて来そうになりました(^▽^;)ゞ

夜の配信はグランドポリネシアンショー「Mahalo」が演じられました。 映画「フラガール」のラストシーンで、蒼井優さんが演じ切った、あのダイナミックな舞踏です。 そりゃあもう、素晴らしいの一言に尽きました! 夜の演目なので、ちゃんと見た事が無かったのですが、この演目を見るために足を運ぶ価値があると思います(*^_^*)

鳴り止まぬ拍手に再びステージに戻ってきたフラガール達のカーテンコールは胸熱。 アンコールに一演目ご披露してくれましたよ。 県外からのお客様が、まだまだ戻って来ないそうですが、是非とも遊びに来て頂きたいですね(^^) と、言いつつ、ボクも久しぶりに訪問してみたいとウズウズ♪(〃∇〃)ゞ

さて、話はいきなり変わりますが、再び寒気に覆われた列島は、今週末に掛けて再び雪模様になるようです。 寒さに凍えた躰には、やっぱり味噌ラ~と言う事で、郡山の味噌ラ~のパイオニア的存在「サッポロラーメン コタン」さんの暖簾を潜りましたo(゚ー゚*o)

最初から迷うことなく「手打ち味噌ラーメン (650円)」を所望致します(*^_^*)

コタン 手打ち味噌ラーメン

ご主人様の手捌きの速さで、お仲間からの携帯メールへの返信を一通分打ち終わる前に完成ww 私のメール打ちが遅すぎるのかな?σ(^▽^;) 野菜がクタクタになるまで煮込まない、しかししっかりと火が入っている絶妙の仕上がりです。

心なしか以前よりもスープの色合いが浅い気がします。 まさか味噌の配合を変更すると言う事は無いと思うのですが・・・ でも実際の処、スープを一口頂いてみたら、

おやおやおやぁ~~~?!(^O^*=*^O^)

いつもよりも甘味の幅が感じられるではありませんか♪(*´ノ∀`) 冬野菜は甘味が増すって事も事実ですから、ソレが味噌に関係する事なのかは不明ですが、ただ間違いなく言えることは、“今まで食べたコタンの味噌ラ~中で、間違いなく一等賞!”って事ww

コタン 手打ち味噌ラーメン

お野菜の量は決してモリモリと言う訳ではありません。 過度な野菜の盛り具合には苦手な無芸向きかな(笑) 豚バラ肉のチップが入ってくるしww メンマは今時珍しく、青臭い香りが残っていて塩辛いタイプ。 全体的に甘めの味噌ラ~にはお誂え向きですね(*´▽`*) ニラとコーンの色合いも美しく、クラシカルなビジュアルを楽しませてくれます。

コタン 手打ち味噌ラーメン

勿論、この味噌ラ~のハイライトと言うべきは、自家製の平打ち縮れ太麺です♪ タリアッテーレに近いほどのきしめん状の麺は、当地ではコタンさんのアイデンティティーとして旧知のファンには知れ渡っています。 今でも出前需要の多いお店ですが、そうしたお客様方にも美味しく楽しんで頂く為に編み出されたのかも知れません。

とにかくこの日のスープが絶品過ぎて、その印象の多くがそこに集中してしまいましたΣ(゜▽゜;) これは極めて幸運な一杯だったのでは無いかと・・・ “アタリの一杯”ですかね?(*^w^人)




サッポロラーメン コタン
福島県郡山市中町8-2 吉川ビル 1F
電話;024-932-5176
営業時間;11:00~19:00
定休日;不定休


大きな地図で見る
 

めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

年明け後、何度か足を運んではいたものの、ことごとくお休みにブチ当たってしまっていた「めん処 成」さんの暖簾をようやく潜れました♪o( ̄▽ ̄)o

めん処 成

前回初めて頂いた「昔ラーメン」が結構ツボだったのですが、この日は“鶏ガラ気分”だったので、原点回帰で

「支那そば 大盛 (650円+50円)」

めん処 成 支那そば 大盛

しっかりと生成された油膜、漆黒系にほど近い濃口醤油ベースのタレ、モモ肉チャーシューは以前と変わりませんが、ロースかと思っていたもう一方のチャーシューは、脂身の存在がハッキリと分かるバラロールチャーシューに変更されましたかな? 変化と言えば、開店当初は拍子切りの大振りなメンマだったのですが、程なく現在の標準的なタイプへと変更されています。

めん処 成 支那そば 大盛

ともあれ、やはり毎回思い出すのは開店当初の凄味さえ感じさせた抜群の極味です。 今では洗練された調和系のお味に進化しましたが、若干荒削りながらもあの“押し味”の記憶は未だに忘れられません(^^;)ゞ

洗練された現在の支那そばは、「青森シャモロック」の鶏ガラならではという特徴が、今ひとつ伝わりにくくなっているのではないかと感じています。 その一方で、食べ飽きしないマイルドでバランスの取れたお味に人気が高まっています。 うぅ~~~ん、分からん ノ(^^;)\ 解は一つではないという好例でしょうね。

めん処 成 支那そば 大盛

やや加水率低め中細麺は、心地佳いプツッとした歯応えが楽しく、小麦粉由来の風味も感じさせてくれます。 滑らかな舌触りも拍車を掛けまして、大盛の麺量も何のソノ♪ 麺を手繰るピッチは変わることなく進んでしまいます(*^_^*) 麺に濃い目のスープの色が移ってくる頃が、一番美味しい頃合いかも知れません。




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部】16:30~20:00
      木曜日は昼の部のみ営業
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;不定休


大きな地図で見る
 

2012年冬景色 ~厳冬の中瀬川~

小野川湖を見下ろす通称・お立ち台から降りて、一先ず車内で暖をとります。 風もほとんど無風で、真冬としてはかなり恵まれた朝でしたが、さすがに1時間半も雪の中に立ち続けていますと、長靴の中が冷え切りまして、足から寒さが伝わって来ます(ー’`ー;)

実は無芸、足の裏の土踏まずの辺りが痙っていたんです(хх。) こんな事はそう多くないのですが、冬用の長靴の新調が間に合わなかったのも敗因の一つです。 車内で足を揉みほぐしながら温めていたら、ようやく楽になりましたf(^^;)

ここまで来たからには、長瀬川に立ち寄らない手はありません。 ボクが足裏のケアをしている間に、サッチンさんが現場入り出来るかサーベイに出てくれました。

携帯に電話があり、ルートは確保されているとの事で、再び身繕いをして後を追います。 どうやらこの日の一番入りは私達だったようです。 お陰で前夜の雪がルートに降り積もっていて、ちょっとフカフカだったりしますww 少し踏み固められていない場所に足を載せたら、たちまち股関節まで雪に没します( ̄ω ̄;)

朝陽差す長瀬川の冬
[2012/02/05 朝陽差す中瀬川の冬] <↑ Clickで拡大>

ワハッ♪(〃∇〃) 川の石の上に、モッコリと新雪が載っていますヨv( ̄∇ ̄)v 朝の光が木々の間を縫って差し込み始めたところです。 これはナカナカの好機を得た感じですヽ(´∇`)ノ

ツルアジサイ
[2012/02/05 ツルアジサイ] <↑ Clickで拡大>

川沿いを徘徊しつつ、ヲヤジ三人思い思いに絵を探し求めます♪

氷のカーテン
[2012/02/05 氷のカーテン] <↑ Clickで拡大>

あまり川岸に近づき過ぎると、どこに雪庇があるか分かりませんので、結構慎重に足を踏み入れます。 そう言えば昨年は、桧原湖で薄氷を踏み抜き、半水没事件に見舞われたっけな(^▽^;) わたしゃ誰かが踏み入った足跡までしか進まない事にしています。

中瀬川河畔
[2012/02/05 中瀬川河畔] <↑ Clickで拡大>

それにしても新雪が降り積もった後だからなのか、小動物の足跡が一つも見つかりませんでした。 野鳥の声さえもほとんど聞こえず、穏やかな風が運ぶ雪の触れる音と、長瀬川の川音に支配されている感じです。

冬木立
[2012/02/05 冬木立] <↑ Clickで拡大>

木々に付いた雪はまだたっぷりと残っていますが、時折風に吹かれて落雪がありますので要注意です(;^-^;) まあ、人が傷つくほどの落雪ではありませんが、カメラ直撃は避けたいものですww

中瀬川
[2012/02/05 中瀬川] <↑ Clickで拡大>

それにしても、今年の雪の深さは格別です(◎_◎;) お立ち台でもそうでしたが、ここ中瀬川の周辺も今まで見た事が無いほどの積雪量です。

この道
[2012/02/05 この道] <↑ Clickで拡大>

ボクらが通ってきたルートですが、踏み固められたルートの両脇は、膝丈くらいまで雪があります。 更にボクらのあるくルートの下には、都合1mくらいの雪があると思われます。

真冬の中瀬川
[2012/02/05 真冬の中瀬川] <↑ Clickで拡大>

都合30分ほどの撮影でしたが、時間の経過と共に木々を縫って差し込む日差しが豊富になって来ました。 光の入り方だけでも、かなり違ったニュアンスの表情を楽しませてくれる極上の撮影ポイントです(^^)

かなりヤバい雪

住む人の居なくなった家屋に積もった雪。 手前の雪の壁は、除雪車によって押し固められたもの。 屋根の上には、所によっては2mくらいの積雪が見られました。
 

お食事処とお酒のお店 ふねや ~福島県郡山市堤西~

日曜日の撮影行脚は、ボクの時間的な都合で、昼過ぎには帰宅する予定で行動していました。 そんな訳で、いつもならどこかで昼食を摂ってから帰宅するという定石が崩れていました(^▽^;)ゞ

が!サッチンさんが

「ねえねえ、どうしても食事して行かないの?ヾ(゚、゚*)」

と言葉巧みに囁いて下さりますもので、予定を延長致しまして、“ソースカツ丼スイッチ”が入ってしまったサッチンさんのリクエストに応えるべく、お食事処とお酒のお店 ふねや」に御案内致しましたよ(*'ー'*)

ふねや

実は無芸、こちらの看板メニューの中で、課題にしていた一品がございまして、こちらを近々成敗したいと思っていた矢先でもありました♪ 旧友C君とサッチンさんは、名物メニューの「厚切りソースカツ丼」を所望されました(^^) お二方共に、会津若松市の名店お食事処 むらい」さんは訪問済みですので、腰を抜かすことは無いでしょうけど、何よりも近場でこんなソースかつ丼(過去記事)を楽しめる事を知るだけでも価値ありだったようです(^^)

談笑している内に、所望品の準備が整って登場です♪

ふねや 厚切り煮込みカツ定食

ウギャァ~~~?!(゚ロ゚ノ)ノ

どどどど・・・ どうしてこうなったぁ~?!ヽ((◎д◎ ))ゝ


「煮込みカツなのに、ど~して石焼き鍋で沸騰して来るん??( ̄□ ̄;)」

と、仰天のあまり思考停止の無芸に、冷静沈着なサッチンさんが一言。

「まぁ確かに凄い演出だけど、煮込みカツ定食だもんねヾ(^▽^;)」って・・・

えっ?Σ(- -ノ)ノ

その一言で我に返って、卓上のメニューをもう一度よく見てみると・・・

ふねや

!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?

やっちまったよオレ(=◇=;) 今まで完全に「煮込みカツ丼」だと自分自身に刷り込んでいたんだワ・・・ 煮込みの次にハマるワードを、勝手にと決めつけていたんだね(;-д-)ゞ 何とも締まらないオチではあります。

が、決してハズレって訳では無く、望外の演出に一瞬心神喪失状態に陥っていただけです。 改めてちゃんと向き合いますよw( ̄▽ ̄;)w

「厚切り煮込みカツ定食 (980円)」

ふねや 厚切り煮込みカツ定食

前回の初訪問の時も大いに感心したのですが、副菜も手抜かり無く料理人さんの心が入っています(^^) 所謂、ヤッツケ仕事みたいな粗がないのは今回も同じです。

ふねや 厚切り煮込みカツ定食

この日の副菜は「マグロのとろろがけ」でした。 とろろは摺りおろしにしないで、乱切りのブロック状にしたものが載せられていました。 サクッとしたとろろ芋の歯触りも楽しめて、心地佳く楽しめました(^^) ってか、後のことを考えなければ、思わずビールを所望したくなっちゃうくらいですわo(*´∇`*)o

ふねや 厚切り煮込みカツ定食

お味噌汁は前回も納得したのですが、今回もまた立派な出汁の効いたものでした(^^) これには旧友C君とサッチンさんも
、思わず表情がほころびました。 基礎が和食の料理屋さんの仕立てなんですよね。 是非ともこの方向性はこれからも変わらず続けて頂きたいです(*^_^*)

ふねや 厚切り煮込みカツ定食

で、再び冷静さを取り戻した無芸ww 相変わらずフツフツとお鍋は煮立っています。 当然の事ながら、熱々を通り越す勢いで熱い訳でしてヽ(@ω@;)ノ ちょっと手強いくらいです。 味付けは甘じょっぱ系ではありますが、ぐっと濃度は抑え目にされております。 しかしながら、それは薄味と言う訳では無く、抑制された味と言うべきでしょう。

例によって約300gという公称値の豚ロース肉は、仕立て上げで約2.5cmありまして、“厚切り”のふれ込みに偽りなしです( *´艸`)

当然これは“オン・ザ・ライスゥ~~~!”な訳でして♪

ふねや 厚切り煮込みカツ定食

超アツアツの状態でご飯載せに致します♪ が!ヤッパリ沸騰していたタレで煮込まれていましたので、熱さとの戦いを強いられますww どうやら組み膳に用意されていた空の器は、このアツアツ煮込みカツを一時待避させて冷ます為のモノかとも思われます(・ω・;A)

何故に別鍋誂えにする必要があったのか?と思いを巡らせていたのですが、実際に頂いてみますと、煮汁を掛け回していない白飯を大切にしているからかと・・・ まっ単純な話、小鍋の煮汁をご飯の上から掛け回してしまえば、お好み次第の“ツユダク”にでも仕立てることは出来ます。 そのキャスティングボートをお客様に預けているとも考えられます。

存分に楽しませて頂きましたが、通路を通り過ぎるアノ一品が目に焼き付いてしましまして、再び新しい課題が・・・ 遠からず実食調査を誓った無芸でした(((*≧艸≦)




お食事処とお酒のお店 ふねや
福島県郡山市大槻町堤西25-3
電話;024-961-4443
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 【夜の部】17:00~23:00(LO=22:30)
定休日;月曜日
駐車場;店舗敷地内に10台分ほど


より大きな地図で お食事処とお酒の店 ふねや を表示
 

2012年冬景色 ~小野川湖の朝景~

昨日は久しぶりに旧友C君&サッチンさんからお誘いを頂き、北塩原エリアへの早朝アタックです(^^) 寝付きが今ひとつ良くなかったもので(ワンワンし過ぎww)、結局短時間の仮眠を取っただけで3時には起床し、PCで現地の最終事前サーベイを行います。 4時には出立してサッチンさん宅、旧友C君宅を立ち回ってお出迎え。 果たして今年の深雪に、FF2駆のキューブ号で太刀打ちできるのかと少々心配でもあります。

前夜から降り続いた雪は上がったものの、県道・市道は融雪剤散布が行われないので、そこここでミラーバーンとなっていて、恐いの何のってそれはもう(^◇^;) 慎重に運転しつつ郡山ICから東北自動車道・磐越自動車道を経由して、磐梯猪苗代ICへと向かいます。 高速自動車道は大量の融雪剤が散布されていると見えて、第一走行車線には雪は見えませんでした。 さすがに除雪作業は行われていも、第二走行車線は圧雪からシャーベット状態です。

やはり猪苗代町は久々の大雪の年となったようでして、路肩の雪の多さは今を遡り35年ほど前の豪雪地帯だったころを想起させるほどです(笑) 国道でロータリ除雪車(Wiki)が作業しているを見たのは、実は7初めてだったかも知れません。 このところ日本海側をはじめ、長野・新潟県が豪雪に見舞われましたが、そのニュース映像などで、道路を塞いだ雪を掻き集めて、遠くへ吹っ飛ばしている車両。 それがロータリ除雪車です。

北塩原エリアまでの国道は、深夜の内から除雪車両が出動していたとみえて、轍の無い圧雪路だったのは幸運でした(^o^) 別段、恐ろしい思いをすることなく辿り着く事が出来ました。 真冬の深夜に、ここへ車を走らせている人は、大多数が穴釣り客でして、相当気の早いスキー&スノボ客、そしてこのエリアのホテルなどで働いておられる方々です。 それがまた、信じ難いほどの車列になるのですww 写真撮りを楽しみに来るカメラマンなんて、数の内に入らない程度なんです。

きっと真冬の深夜にその光景を初めてご覧になったら「一体なんぞ?!w( ̄△ ̄;)w」と驚いて頂ける事請け合いです(‐^▽^‐) 今年初の北塩原セブンイレブンで早朝食の買い出しをしますが、相変わらずの大繁盛でワロタw( ̄▽ ̄;)w このお店が最も繁盛する時間が深夜から早朝なんですけど、穴釣り客の動員数は、徐々に以前の規模に戻りつつあるような気配があります。

この日の日の出は、小野川湖を見下ろす通称・お立ち台で迎える事に決めました。 まだ車はヘッドライトを点けねば走れない暗さの中、お立ち台の辺りにはポツポツとLEDライトの灯りが見えます。 早いお出ましですことヽ(^▽^;) 車を安全な場所にデポして、お立ち台への昇り口に向かいます。 うぅ~~ん、確かに今まで見た事が無いくらいの深雪です(⌒▽⌒;)

道は付いていますし、先に登頂されているカメラマンさん達はおられるのですが、降ったばかりの雪で足許がユルいww ちょいとばかり手こずりながらもお立ち台の仲間に混ぜて頂きました(^^) 先客様方は全員CANON、こちら無芸軍団は全員NIKON(^^) やはり仲間内で揃ってくるのは自然なようです。

夜明け前 お立ち台から望む小野川湖
[2012/02/05 お立ち台から望む小野川湖] <↑ Clickで拡大>

東の空にちょっと雲がありますが、この雲たちが美しい朝陽の演出をしてくれる事を期待しましょう(^^) 幸いにしてこの日の朝はほとんど風が無く、気温も-8℃くらいでした。 厳冬期の写真撮影では、極めて恵まれていると言えますww

小野川湖は完全結氷していません。 湖面に残されている水面に、今日はどのように朝陽が輝くのかも期待処です♪ この頃になると、降着のカメラマンさん達もやって来始めます。 ボクらもそうでしたが、既に先着のカメラマンさん達が特等席に陣取っておられますので、そこに割り込む事はもう無理ですww

日の出位置は毎年通っていれば、今の時期はココと分かりますから、取れるポジションの中から、どのような「絵」を手にするかをイメージしながら場所定めです。

日の出のプレリュード
[2012/02/05 日の出のプレリュード] <↑ Clickで拡大>

そろそろ日の出の兆しと共に、すっかり明るくなって来ました。 この日の日の出時刻は6:40ですが、ここでは約15分ほど遅くなります。 とは言え、完全に朝陽が差す前のドラマティックな変容が楽しみなのです♪

旭光
[2012/02/05 旭光] <↑ Clickで拡大>

久しぶりの写真撮影はワクワクの連続(//∇//) ドラマティックな変化を続ける景色を前にして、ついついシャッターを切る回数が増えてきます。 所謂“撮らされている”状態ですね(*v.v)。

朝陽のストライプ
[2012/02/05 朝陽のストライプ] <↑ Clickで拡大>

残念ながら、山陰から現れたお日様は、さしたるドラマを与えてはくれませんでしたが、陽の光を躰に受けると「あっ、温かい♪(〃'∇'〃)」と感じられますよ。

湖面に朝の日差しが映り始めます。 この頃になると雪雲は無いのに、極めて細かい雪が静かに天空から降りてきました。 気温からしてダイヤモンドダスト現象では無いハズです。 それが朝日の反射して、キラキラと輝きながら漂い落ちていました。

朝陽に輝く小雪の輪舞曲(ロンド)
[2012/02/05 朝陽に輝く小雪の輪舞曲(ロンド)] <↑ Clickで拡大>

もしかすると、この日の一番のお駄賃は、この朝日を受けて煌めく小雪だったのかも知れません(● ̄▽ ̄●;)ゞ 懸命にハレ切りをしてはみたものの、あまり上手に撮れなかったのが残念ですc(>ω<)ゞ ここでナノクリスタルコートの長玉があったならなぁ~と、思うだけが華のマアチュア・カメラマン無芸ですww

小野川湖のシンボル
[2012/02/05 小野川湖のシンボル] <↑ Clickで拡大>

小野川湖のシンボル「踊る木」も健在です(^^) 周りの木々育ちすぎちゃって、何だか可哀相になってきましたww
 

麺家はなまる ~福島県郡山市堤~

お仲間Blogger様方のレポから、粛々と進化し続けている様子が伺い知れていた「麺家はなまる」さんを久しぶりに訪問致しました。 以前は夜の部を17:00からスタートしておられたのですが、もしかすると17:30スタートに変更されているかも知れません。 実はソレでもって涙を呑んだことが数回ww

麺家はなまる

さて、この日はどうやら夜の部の一番釜を頂く事が出来たようです(^^) いつの間にか定番メニューの他にも、限定メニューが織り交ぜられているようです。 また客の好みの多様性を重視してか、油の加減により「こってり」と「さっぱり」も調整して貰えるようになっていました。

果たしてどのような進化を遂げられているのか確かめたくて、前回と同じ品に味の調整を入れて頂いてみました。

「ラーメン 大盛 (650円+0円)」 ※こってり仕様

麺家はなまる ラーメン大盛 こってり

思い切りゴージャスになっていて驚いた!(*´▽`*)

トッピングのボリュームに驚かされるばかりか、開店当初から引き続き、麺の大盛は無料で提供されています。 ちなみに、開店当初のビジュアルは↓でした。

麺家はなまる ラーメン大盛

驚愕の進化(?)を遂げていますよね? (((*≧艸≦)

麺家はなまる ラーメン大盛 こってり

「こってり仕様」を所望したので、丼の表面は油膜で蓋がされている如しです。

麺家はなまる ラーメン大盛 こってり

チャーシューはバラ肉とモモ肉で3枚載せです。 バラ肉2枚とモモ肉1枚ですが、バラ肉は脂質にまで良い感じの味が染み渡っていますし、モモ肉も妙な固さとは無縁で、当然筋っぽさを感じる事はありません。

特徴的だった細切りメンマは、スタンダードな厚みと幅に変更されました。 甘じょっぱい味付けが施されていまして、これがまた良い塩梅に納まっています。 醤油タレの塩味は極めて良いバランスに納まっていますので、このチャーシューやメンマの一段強い味付けが良く活きています。

麺家はなまる ラーメン大盛 こってり

若干加水率の低めな中細麺は、油分マシも効いているのでしょうが、以前よりもスープの持ち上げが良くなっている気がします。 頃合いに茹で上げられた麺は、軽くプツッとした歯触りを伝えて来ます。 麺量も大盛ならではのボリュームがありまして、平均的な胃袋の成人男性には丁度フィットすると思います。

スープの旨味は、そんなに強烈に押して来ませんが、品の良いしたたかな旨味が、ジワッと広がって来ます。 以前は鶏出汁っぽさが前面に出ていたと記憶していましたが、油膜の蓋のせいか、香り立ちよりも含みの旨味を感じました。 何かが突出していないと言う事は、バランスが卓越しているとも考えられます。 驚くべき進化を遂げられた作品に拍手を送ります(^o^)

さて、カウンター席に陣取らせて頂いた時から、小さなPOPが気になりまして、何の躊躇もなくオーダーしていたのがこちら。

「ミニ豚バラ丼 (キャンペーン特価 150円)」
※通常300円のところ、期間限定で麺類をオーダーされたお客様限定

麺家はなまる ミニ豚バラ丼

凄くお手頃な価格に惹かれたと言ってもウソではありませんww 自家製バラ肉シャーシューの美味しさを、白飯と共に堪能出来る幸せ♪( *´艸`) 肉質の確かさや、仕立ての良さがストレートに楽しめるサイドメニューです。 ただし、サービス精神満点に、結構なモリモリごはんが仕込まれていましたので、無芸的には麺は並盛りに抑えるべきであったと後から気付きました(^▽^;)ゞ まっ、勿論完食しましたけどww




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
麺家はなまる
福島県郡山市堤3-171-2
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;火曜日
駐車場;店舗前に3台分


より大きな地図で 麺家はなまる を表示
 

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

ようやく今年初のFu-Ro-Ya詣でを致しました(^▽^) お昼の営業は月曜日~金曜日までに限られますので、ちょっとハードルが高くなっちゃったなぁ~と感じておられる方々もおられるでしょうが、やはり通りすがりでは無くて、ここを訪問する事を目当てに足を運ぶ甲斐のあるお店です。

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya

珍しくお昼時に立ち回る事が出来て幸運♪ 先客様もおられましたし、後からお出でのお客様もおられたりで、確固たる常連客に支えられているのが分かります(^^) 皆さん迷うことなくオーダーが発せられていますので、きっと暖簾を潜る前から

「今日はFu-Ro-Yaでアレを食べよう♪」

と、美味しい支那そばで幸せになれるイメージを浮かべながらやって来るのでしょうね(´ー `) と言いつつ、実はボク自身がそうなんですけどww

この日は店主・木村さんから、来週からリリース予定の新作がある旨を知らされまして、最終プロトタイプを披露して頂きました( *´艸`)

Fu-Ro-Ya 肉支那

「肉支那」と名称は決定しています。 今回頂いた最終プロトタイプでは、薄切りバラチャーシューがあしらわれておりますが、下味を付けた厚めの煮豚にするか、最終決定はこれからだそうです。 提供価格もそれに応じて変わりますので、一応900円までといったところで予定しています。

Fu-Ro-Ya 肉支那

既存の「支那そば」や「黒支那」にチャーシューを載せただけに非ず、スープ自体のブレンド比率も大きく変更されていました。 また背脂が振られている事もあってか、豚系の風味がより一層強調されています。 チャーシューは豚バラ肉で、脂身がトロけそうな感じが堪りません♪

Fu-Ro-Ya 肉支那

油膜の層が生成されており、魚粉はかなり控え目になっています。 ほのかにフッと漂ってくる程度に抑えたのは、かなり意図的なものと思われます。 鶏と魚粉の押し味のあった既存の支那そばとは対極と言うくらいの仕立てですが、こんな表現が出来るって事に感心するばかりです(^^)

Fu-Ro-Ya 肉支那

麺は中細麺と太麺から選択出来るようです。 今回は中細麺で所望致しましたが、パーフェクトな茹で上がりで、軽くウェーヴの掛けられた多加水系中細麺ならではの舌触りの楽しさやスープの持ち上げの良さ、軽快なプツッとした歯切れの良さなどが表現されていました。

ビジュアル的には、かなり脂ギッシュに思えます。 うぅ~~ん(´▽`;)ゝ 確かに脂ギッシュなのですが、白ネギと小口ネギが効果的に作用してか、諄さは感じることはありませんでした。 現在主流のメニューと類似性の高い新作では、新鮮味もありませんから、これくらい思い切った采配は大いにアリだと思います。

醤油タレの塩味は、前述の油分にも関係してか、あまり強い印象は感じられません。 でもこれ以上醤油タレを効かせすぎると、後半にキツく感じられるかも知れませんので、その落とし所が重要になりそうです。

少なくともボクが頂いた最終プロトタイプの味目から言えば、中細麺では無く太麺を選択して、心持ち味を強めにして頂くと、自分的な好みをグッと引き寄せられる気がしましたo(*´∇`*)o 2月6日より正式リリースと言う事ですので、フルボディ・タイプのラ~を楽しみに出来る方々には、是非ともチャレンジして頂きたいとご紹介致します。




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部・月~金】11:30~13:30 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30) ※金・土、祝祭日前夜のラーメンオーダーは10:30以降となります
     ※都合により暫く夜の部でのラーメン提供は見合わせとなっています
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る
 

石井食堂 三春店 ~福島県三春町貝山~

昨日[2012/02/01]の郡山市の最低気温は、又もや記録更新の最低気温-12.5℃でしたΣ(゚口゚; いったいどこまで記録が更新されるのか、楽しみにすらなってきた今日この頃です(´Д`|||)

今朝仕事を始めるために、駐車場に軽トラを取りに歩いて行くと、通りすがりのお宅の玄関先に、キレイな虹が架かっていましたo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)o

って、何で虹が?!=( ・_・;)⇒ アレ?

と、思ったら、エコキュートの貯湯タンクの継ぎ手から水が噴き出しているし(゚ロ゚屮)屮

どうやら配管が凍結して、パイプが破裂してしまっているようですΣ(・ω・ノ)ノ ご近所様ですので、早速お声を掛けて事の次第をお知らせ致しましたよ。 寒さ極まるこの時期、例年になく水道管の凍結が発生しているようです。 中には電熱式の凍結防止ジャケットを巻いていたのに凍結を阻止出来なかったという方もおられましたw( ̄△ ̄;)w 未だかつて、そんな怪奇現象は聞いた事もありませんでした。

さて、いつも鋭い突っ込みコメントをお寄せ頂いているメンジャミンさんから、葛尾村の「石井食堂」さんのネタが振り込まれました。 思い起こせば、震災前に無芸の仕事場の近くに、葛尾村の産品販売所が開店しておりました。 震災を契機に撤退を余儀なくされていたのですが、そこの店舗責任者だった方からも「石井食堂」のお話は取材済みだった無芸、すっかりスイッチが入ってしまいました(^▽^;)ゞ

石井食堂 三春店

原発事故による放射性物質汚染で避難を余儀なくされている葛尾村の皆様は、お隣の三春町に仮設住宅があります。 「石井食堂」さんは、村役場も移転している仮設貝山団地に暖簾を掛けられているとの事。 郡山市からですと、三春ダムのさくら湖に近い「三春の里」を越えて道なりに三春町方面へと進んでいけば、道路沿いの右側にあります。

石井食堂 三春店

プレハブ店舗に入居しておられますが、限られたスペースながら、日配品の販売店舗、食堂の店舗、厨房と三つに区切って運用されていました。

石井食堂 三春店

極限られたスペースではありますが、ご店主家族の明るい声が弾み、漏れ聞こえてくる訪れておられる団地住民の方々との四方山話は、処変わっても村に居住していた時と変わりないように思えます。 きっと心掛けて明るく立ち振る舞っておられるのだろうと思います。

普段はこの団地に住まわれる方々や、三春町民の方々が暖簾を潜っておられるのでしょう。 私のような部外者が訪問して良いものなのかともチラッと考えましたが、明るく迎え入れて下さった女将さんの笑顔を見たら、全部吹っ飛びました(笑)

石井食堂 三春店

きっと村に居を置いていた時からそのままと思われる値付けです(^^;) 言うまでもなくリーズナボォ~ですw( ̄▽ ̄;)w メンジャミンさんからは「豚汁定食」が何気にプッシュされていたのですが、ここは食堂の帝王を頂いておこうかと♪

「かつ丼 (650円)」 (味噌汁、お漬け物付き)

石井食堂 三春店 かつ丼

ねぇねぇ、どうして蓋が閉まっていないの?( ・◇・)?(・◇・ )

それはねぇ~、オマエのような大食漢を悶絶させる為だよ(ノ´▽`)ノ ⌒(呪)

アハハ、なんだそうだったのかぁ~♪o(@^◇^@)o

と、言う事で、オープン・ザ・蓋ぁ~~!“o(* ̄o ̄)o”

石井食堂 三春店 かつ丼

ほぉ~~~♪ 予想を裏切らない色つやではありませんかo(*^▽^*)o この手の丼物は、濃ゆい味付け&たっぷりツユダクが定石ってモノですよ。 イイ感じに色付いた玉ネギや、シッカリと火の通った卵など、半世紀の歴史を誇る「石井食堂」ならではの一杯です。

石井食堂 三春店 かつ丼

自家製と覚しきキムチは浅めの漬かり方。 白菜のナチュラルな甘味がフワッと広がり、塩味と辛味はグッと抑えられています。 ちょっとヘルシーなライトテイストでした(*'ー'*)

石井食堂 三春店 かつ丼

お味噌汁がまた秀逸でして、良く出汁の効いたお味で、とても品の良い感じだったのは、ある意味ちょっと意外なくらいでした。 手前味噌チックな、熟成味噌を勝手に期待していたんですよww

石井食堂 三春店 かつ丼

ロース肉は取り立てて柔らかい訳でも無ければ、人を驚かせるような厚みもありません(^^;) そこにあるのは、“濃ゆい味付け&たっぷりツユダク”に尽きるww そして思いの外キッチリと詰め込まれた丼飯が問答無用の迫力を醸し出していますヽ(=´▽`=)ノ

前述の浅漬けキムチと品の良いお味噌汁が、この迫力一手押しのかつ丼を見事にフォローしてくれまして、思いの外にモリモリ具合だったハズなのに、優々と完食です♪ お噂に聞くところによると、何を頂いてもモリモリ具合がステキとの事ですので、是非とも他のメニューのフォローを宜しく♪と振っておくww

葛尾村 貝山団地

最後に・・・ この現実を皆さんはどのように感じ取られる事でしょうか・・・




石井食堂 三春店
福島県三春町貝山井堀田「貝山応急仮設住宅」内
電話;0247-73-8890
営業時間;11:00~18:30
定休日;日曜日


大きな地図で見る