FC2ブログ

氷点下12℃だとぉ~?!ノ( ̄0 ̄;)\

お題目の通りのお話です。 昨日の日の出の頃[2012/01/25 06:52]に記録した、郡山市の測候始まって以来の最低気温です。 寒い朝だと思いましたがアメダスの記録値を見て我が目を疑いましたw( ̄Д ̄;)w 福島県中通り地方の中では、堂々たるグランドスラムww それどころか、会津地方の多くの測候ポイントよりも低い気温でした。

-10℃どころか、-12℃になったなんて記憶にないなぁ~と思ったら、やはり郡山市での最低気温記録を塗り替えたそうですww 日中はそこそこの日差しもあったのですが、日本海側の山陰から北陸地方にかけては、大豪雪になっているとか。 いや、他人事ではございません。 当県でも一昨年のクリスマス寒波の折は、ソレに匹敵する豪雪に見舞われた記憶もまだ残っています。

一夜明けて今朝もまた強烈に冷え込みまして、-11.6℃[2012/01/26 04:04]を記録しておりまして、市内には日差しこそありますが、最高気温は-1.4℃と言う事で、堂々たる真冬日です(⌒▽⌒;) 無芸の仕事場は当然暖房フル回転なのですが、ヒーターの室内温度表示は13℃だすorz 寒くて凍えそうです∑(゚∇゚|||)

寒さの盛りである大寒を迎えたばかりですから、これから暫くはこんな調子なのでしょうかね? 寒さ序でに寒いところの写真を挙げちゃいましょうww

猪苗代湖畔長浜

お仲間新年会の最終稿です(^^) 「十文字屋」さんで遅めの昼食を楽しんで頂き、チャーターバスでJR郡山駅までお送りする予定でしたが、予定よりも時間的な余裕がありましたので、更なる福島県らしさをお楽しみ頂こうと思いまして、ドライバーさんのご厚意に助けて頂き、猪苗代湖畔「長浜」へと立ち寄りました。

猪苗代湖畔長浜

ボクらにとっては白鳥や雁・鴨などの渡り鳥は、決してそんなに珍しくはありませんが、首都圏からお出での皆様にとっては、正に目を疑うような光景だったようです(^^) メンバーの中の紅一点、Mrs.おしとやかさんがお向かいのコンビニに走りまして、鳥達のエサになりそうな食パンを買い求めて参りました。

猪苗代湖畔長浜

多勢を締める雁達の中にパンを千切って放ってやりますと、空中キャッチを目指してまさに“雁首”を揃えて、落下地点に向きます。 その様子はまるでバリ島のケチャダンスさながらですわヽ(゚ロ゚;) やはり大きく美しい白鳥にエサをあげたいと思うのは人の常なのですが、なかなか届かないのねww

猪苗代湖畔長浜

老若男女に関わらず、メンバーは童心に返って楽しんだようです(^^) Mrs.おしとやかさんが一番喜んでいたかな?(^o^)

「これだけでも福島県に来た甲斐があった♪ヾ(*⌒∇⌒)八(⌒∇⌒*)ツ」

とまで喜んで頂きますと、コンシェルジュ無芸。 結構複雑なんですけど( *・_・)( *..)( *_ _)イジケテヤル・・・

一泊二日の時間の中、福島県のポテンシャルを存分に堪能して頂けたのではないかと自負はあります。 けど、まだまだほんの一部だけです。 私達の郷土の引き出しは、とてもこんなものではありません(^^) また機会を作って当県を訪問して頂ける日を楽しみに致しましょう♪ そんでもって、メンバーの皆様方が、福島県を推して下さるアンバーサダーになって下さる事を期待したいものです。

猪苗代湖畔長浜

長浜から飛び立つ白鳥達。 残念ながら後ろ姿しか捉える事が出来ませんでした(´・ω・`) カメラマン失格orz




今朝、駐車場から軽トラを出そうとエンジンを始動し、荷台の粉雪を払ったところで、おもむろに発進しようとしました。 するとアクセルを踏んだはずなのに、何故か鉄板を踏んでいるかのようにビクとも動きません?(・◇・ )

「おんやぁ~?」と思いつつも、自分がボケて妙な場所を踏んでいるのかと足許を見やりましたが、間違いなく右足はアクセルペダルの上に掛かっています(゚ー゚*?)

もう一回踏んでみますが、やっぱりビクとも動かないΣ(・ω・ノ)ノ まさか・・・と思ってシートから降り、手でアクセルペダルを押してみると、やっぱりビクとも動かない(;´Д`A ```

もうこの時点で、大体の察しは付いたのですが、とにかく一度は動いてくれなきゃハナシにならないので、再び今度はエイっ!o(`^´)θ蹴リッ!とばかりに踏み込むと、アクセルペダルはズコッ!と奥へ。

ギャァァァ~~~~~~~ン!!!エンジン全開(゚ロ゚屮)屮

慌ててメインスイッチを切ります。 やっぱりアクセル・ケーブルが凍り付いていましたw( ̄▽ ̄;)w ドアのウェザー・ストリップが凍り付くって事はありましたけど、自動車のアクセル・ケーブルが凍り付いたのは初体験ですo(*'o'*)o

仕方ないのでエンジンベイを開けて、キャブのスロットケーブルを確認しつつ、何度かケーブルを動かしてみますと、ようやく凍結部分がスムーズに動くようになったみたいです(^▽^;)

今時の乗用車ならフライ・バイ・ワイヤー化されているので、アクセル・ケーブルなんてものはありませんけど、軽自動車ではまだまだ主流はコチラですかね? と言いつつ、こんな事はそう滅多に起こるものでは無いですよねww
 

十文字屋 ~福島県会津若松市川東町~

さてお仲間新年会も、いよいよ終盤。 会津まで御案内したからには、会津らしい食べ物をご堪能頂きたいと言う事で、今回は“会津ソースかつ丼”をお楽しみ頂く段取りです。 当初の参加予定人数が、ちょっとしたものでしたので、美味しいのは当然として、収容人数が多く、客捌きが良くて仕事の早いお店から選んだのがこちら「十文字屋」さんです(^^)

十文字屋

事前にお店にアポ入れしておいたので、受け入れ体勢も問題無しです。 「会津三大ソースかつ丼」と呼ばれて久しい名店です。 旅の思いでとしても、味の思いでとしても申し分無いでしょう(^^)

当然、名物の爆盛りソースかつ丼をご堪能頂きたかったのですが、大半のメンバーが恐れを成してしまいまして、皆さん慎ましくセットメニューに流れてしまったのは痛恨の極みですo(´д`)o  ほんの30分前に、三春軒で昼食前のオヤツを一緒に食べたK君だけが乗ってくれたのは幸いですww

「磐梯かつ丼 (1,100円)」 (味噌汁、お新香付き)

十文字屋 磐梯かつ丼

一同騒然 (((( ;゚д゚)))

普段、こんな山盛りごはんを目に馴染ませていないお仲間にとっては、まさに“人の食いものぢゃねぇ~ぞ状態(l|゚Д゚l|l)”です。゚(゚^Д^゚)゚。

200gの豚ローストンカツが2枚分で計400g相当のソースカツが載ってきます。 早速丼の撮影会になっていたのが何とも・・・(゚▽゚;) (ホントはみんな興味アリアリぢゃねぇ~か?!)

十文字屋 磐梯かつ丼

たっぷりと潜らせてある甘めの特製ソースが、脂身の美味しさをより一層引き立てます♪ 肉の厚みは2cmを若干下回る程度ですが、それでも初見の皆さんにはインパクト極大ww 筋切りがしっかりと施されているようで、歯切れの良さは勿論、肉質も以前と変わらず良好です。

十文字屋 磐梯かつ丼

衣は厚すぎず薄すぎず。 肉厚に見合ったバランスだと思います。 ちなみにお仲間はK君を除いて全員「喜多方ラーメン&ミニヒレカツ丼」のセットでした。 件の自家製ソースは共通ですが、大好評でした(*´▽`*) 約半年ぶりに再訪致しましたが、確かな美味しさは変わりなし。 相変わらずの繁盛振りは何よりでした。




== 2015年10月に移転しました == アーカイヴとして残しておきます
 (新住所 福島県会津若松市河東町浅山字堂ヶ入丙1602)
十文字屋 (URL)
福島県会津若松市河東町郡山字村東15-3
電話;0242-75-3129
営業時間;11:00~19:00
      (火曜日)11:00~14:00
定休日;無休
駐車場;店舗敷地内に15台ほど


大きな地図で見る