FC2ブログ

感謝の気持ちで締めくくりたい2011年

拙のBlogをご訪問下さる皆様方に、心より感謝申し上げます。 2011年は3.11を境目として、私達の生活や価値観を大きく変化させました。 この年末にテレビ局では総力を挙げて、この3.11以降の出来事をクローズアップして、記憶を記録に留める総括番組をオン・エアしておりました。

仕事の都合でほとんど見る事は出来ませんでしたが、きっと被災三県の方々は、もうそんなものは見たくもないという心情の方も少なくなかったのでは無いでしょうか。

今日の午前中、無芸が家業に就く前にお世話になっていた、県外の酒販店様ご夫妻にお電話をさせて頂きました。 私にとっては育ての親であり、実の親と何の違いもなくとても大切な人であり、畏敬と尊敬の念を持ち続けている恩人です。

電話の向こうには70歳代半ばも越えた里親ご夫妻の声。 奥様は私の声を聞くなり、昔と変わらぬ張りのある明るい声で喜んで下さります。 震災のみならず原発事故のなりゆきにずっと心を痛めていて下さり、こちらが恐縮してしまうほどです。 前述の年末番組をご覧になっていたようでして、再び心配の種が大きく膨らんでしまったようです。

私達はここで以前と変わらぬ素振りで生活を続けています。 でも、以前の場所に住まう事も叶わなくなった皆様もおられれば、震災・津波で命を落とされた方もおられます。 表向きはあまり知られていませんが、移住を余儀なくされたり、過酷な生活環境に身を置かざるを得なくなり、心労の余りお亡くなりになってしまった方々は少なくありません。

こういった同郷の仲間達に比べたら、私達は以前と同じく住まう事も出来ていますし、外的な影響は少なからず受けているとは言え、経済活動も何とか以前と同じく続けられています。 比較論だけで幸福度を語る訳には参りませんが、やはりそれでも私達は恵まれていた方なのだと思います。

里親母さんは電話の向こうで懸命に明るさを保とうとしてくれているようですが、きっと電話口では涙ぐんでおられたに違いありません。 その涙の重さは、ちゃんとこちらに伝わっています。 心から心配してくれてありがとう。 そのお心が私達の勇気の源です。

「もう仕事からは足を洗ったから、機会を作って郡山に尋ねていくからね!」

その日が来る事を、心から待ち侘びている“あなたの息子”です(^^)

さて話は戻って、マスコミがことある毎に声高に言い続けてきた「絆」って言葉。 カッコイイんだけど、ボクにはどうしても馴染まないんです。 屁理屈かも知れないのですが、被災地の惨状をクローズアップして、被災された方の涙を是が非でもカメラに納める。 画面の向こうではコメンテーターが瞼を濡らし、司会者は行政サイドの不備を糾弾し、東電の責任を強く指摘する。

で・・・ あなたがたは、そこまで熱く番組を編成して、具体的に何をどのように進める行動を起こしているのか?

「絆」ってものは、人と人の信頼関係ってものの上に成り立つものでは無いのか?

マスコミは本当に被災者から信頼されているとでも? 視聴率至上主義が見え見えの番組なんて、被災三県の県民が見通せないとでも? 根本的に番組の作り方ってものを、被災三県のローカル局を見習い直すべきではないでしょうか? ただ涙を誘うなんてレベルの番組に、軽々しく「絆」なんて言葉は使って欲しくないなぁ~

民間レベルで誰にアピールする事もなく、粛々と被災三県に足を運んでおられる方々が沢山おられます。 それは被災地復旧の労働ボランティアさんだったり、被災者の心のケアに力を尽くす方、医療従事の支援にあたってくれている方、行き場を失ってしまったペットの保護に尽力している方、直接被災地の経済を刺激しなけりゃダメだと、観光という大義名分で消費に一役買ってくださっている皆様。 あなた方にこそ「絆」というテーマは相応しいと思います。

陽の出間近の波立海岸

ありがとう。 みなさん、ありがとうございました。 語り尽くせない感謝の気持ちがあります。 言葉では言い表せない不安だってあります。 でも、こうしてあっけらかんとユルユルBlogを続けて来られたのは、皆様の温かいお気持ちのお陰です。

きっと2012年は、もっと良い年になるハズです。 もっと笑顔が広がってくれることを、心から祈っています。 幾多の困難も笑顔というエネルギーがどこかにあれば、自ずと良い方向へと導かれて行くハズだと信じつつ、2011年最後のエントリーを閉じることと致します。

皆様の2012年が実り多き年となりますように。

 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

今年最後のラ~になっちゃうかも知れません。 昨日で無芸の仕事場は今年の営業を終了させて頂きました。 最後の配達を終えた後に、とっぷりと陽の落ちた中、吸い込まれるように暖簾を潜ったのは「郡山大勝軒」でした(^^)

さすがに年の瀬と言う事でしょうか、いつもならしっとりと落ち着いている店内は、そこそこお客様が入っています。

「つけ麺 中盛 (700円+0円)」


郡山大勝軒 つけ麺 中盛

やはり今年最後の大勝軒は、看板メニューであるつけ麺で〆ですね(^^)

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

自家製の太麺は、茹で上げ後に冷水で洗われますが、敢えて水切り甘くして、麺の表面に水膜を張らせるのが大勝軒流です。 この日の麺の水膜は、まさに絶妙と言えるほどでして、漬けダレを通さずにそのまま美味しく頂けてしまうレベルでした。 こりゃあまるで奥会津の“水蕎麦”に匹敵する新鮮体験でしたよ('∇'*)

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

加えてこの日のスープと来たら・・・ 客入りの良さのお陰もあって、何と“ナベゾコ”の部位にアタリましたぁ~♪O(≧▽≦)O

スープ自体の濃度が一際高く、動物系の出汁の旨味がグッと押して来ます♪ あぁ~~、こういうのも好きだぁ~∩(´∀`)∩

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

つまりはパーフェクトな麺と、稀少部位の好みのスープって訳で、これで満足しない訳が無い(笑) いつものように卓上の酢とラー油で自分好みにセルフ・チューンして楽しませて頂きました。 勿論、スープ割りも楽しませて頂き、大勝軒のウマいところをたっぷりと堪能しましたよヽ(=´▽`=)ノ

【業務連絡】


美味しいものをお腹一杯食べる幸せ・郡山大勝軒 =年末年始営業情報=
1月1日 休業
※1月2日より通常営業






郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る