FC2ブログ

めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

腹ペコ状態で夕刻の配達中、無性に極上の鶏出汁ラーメンが食べたくなりまして、立ち回り先のご近所だった「めん処 成」さんに吸い寄せられました( ̄∇ ̄*)ゞ

「支那そば 大盛 (650円+50円)」

めん処 成 支那そば 大盛

何の迷いもなくコチラです♪ 青森シャモロックの鶏ガラからひいたスープは、ちょっと複雑味のあるテイストが楽しめます。 醤油タレは濃口醤油の色合いを色濃く反映しており、漆黒とは言わないまでも、醤油タレの存在感をちゃんと伝えてくるタイプです。

めん処 成 支那そば 大盛

豚チャーシューはモモ肉とロースの二種類載せ♪ どちらもしっかりと味の染みこんでいて、筋っぽさのカケラも無い、良質な部位が使われています。 適度な油膜のお陰で、スープが冷めにくく、そのうえ味として伝わって来る旨味の増幅効果も上々です。

めん処 成 支那そば 大盛

中細ストレート麺は、ちゃんと茹で上げがされており、湯切りも申し分無く、スープにしっとりとフッィトしています(^^) 大盛の麺量も、決して過剰な量にはなりませんので、バランス良く誂えられた支那そばをじっくりと堪能出来ますよ(*^_^*)

以前印象的だった“極味”が、随分とマイルドになった気がしましたので、もしかすると鶏ガラの調子でも変わったのかとお尋ねしてみますと、どうやらその点は無関係だったようです。

続けて教えて頂いた話によると、件の“極味”は諸刃の刃だったようでして、お客様によって賛否両論だったようです。 そこで醤油タレを徐々にチューニングして、現在のスタイルに落ち着いたとの事です。 結果的には支持者が増えているようですので、お客様の立ち場に立った改良と言う事が言えると思います。

個人的には以前のキュッ!とシャープに効いていた醤油テイストに未練があります(^^;) 件の“極味”は、醤油タレに由来する事が分かったのは収穫でしたけど・・・ 現在の支那そばと2年ほど前の支那そばでは、実は全く別モノと言うくらいに変化していると思われます。 食べられなくなるとやたらと恋しい(*´ο`*)=3 得てしてそんな勝手な客のワガママですヾ(;´▽`A``




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;11:00~19:00 (LO;18:30) 【木・土・日・祝】11:00~15:00
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日 (祝日の場合翌日)


大きな地図で見る