FC2ブログ

麺菜房 櫻喜 (おうき) ~福島県郡山市大槻町~

何度か足は運んでいたのですが、何故か間が悪い事に、臨休に当たってしまったり、微妙に営業時間に間に合わなかったりで、気付けば震災後初の訪問となってしまった「麺菜房 櫻喜 (おうき)さんです。

もう既にご承知の皆様も少なくないと思いますが、無芸のてっぱんローテーション「華苑」の工藤シェフの実家であり、ご両親だけで切り盛りされている人気のお店です(^^)

数ある人気メニューの中でも、殊の外気に入っているのは、麻婆豆腐とラーメンが楽しめるこの一品です。

「まーぼーめん (750円)」

麺菜房 櫻喜 まーぼーめん

キタキタ♪ 久しぶりの真っ赤っかですよぉ~(*^_^*) 一緒にセット・オーダーする半ライスが必須アイテムなのはお約束。

麻婆・オン・ザ・ライスゥ~~!ヾ(>▽<)ゞ ♪

麺菜房 櫻喜 麻婆 on The Rice

御飯を足したら、二度美味しいどころか、三度美味しいって訳でして、これを楽しまない手はありません(^^) 結構ホットなのですが、さりとてゲホゲホになるほどでもありません(←無芸基準ww) ってか、以前よりもマイルドに感じてしまうのは、工藤シェフに何気に飼い慣らされた証でしょうか??(〃∇〃)ゞ

「麻婆ライス」と「まーぼーめん」を交互に口に運ぶ悦楽と来たらもう♪ ハマる事請け合いですので、強くお薦め致しますよ(^o^)

麺菜房 櫻喜 まーぼーめん

さて「まーぼーめん」に戻りまして、もう一度観察し直しww ご覧の通りタップリと油膜化しているラー油の赤い海。 これが香味油の要素となって、芳しい香りが立ち登ります。

麺菜房 櫻喜 まーぼーめん

頃合いに茹で上げられた中華麺は、トロミのある麻婆豆腐とラー油を一緒に絡め取ってくれます(^^) ともするとちょっとしょっぱい感じになりますが、前述のご飯はそれを中和してくれる役目も担います。

意外と麺量がありますので、完食する頃には心地佳い汗と共に、胃袋も程良く満たされますヨ。 これから秋の深まり、そして冬にかけて、この一杯を欲する日が益々増えそうです(⌒・⌒)ゞ




=閉店しました=
2016年11月27日をもって閉店しましたが、アーカイブとして残しておきます


麺菜房 櫻喜 (おうき)
福島県郡山市大槻町字反田5-1
営業時間;(昼の部) 11:00~14:00、(夜の部) 17:30~21:00 (LO=20:30)
定休日;月曜・火曜 (月曜祝祭日の場合は翌日)
駐車場;お店の前に2台分、店舗南側の月極駐車場に2枠(1,5番)