FC2ブログ

本格とんこつらーめん 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

とても珍しい事に、久しぶりに人並のランチタイムにお昼ご飯にありつけた日。 “僕らの花カツミ”は相変わらずテッパン・ローテーションなのですが、写真を撮り忘れて箸を付けてしまったり、ラ~撮りカメラを持たぬまま暖簾を潜ったりで、記事挙げは久しぶりとなりました(^^)

本格とんこつラーメン 花カツミ

そんな訳で、久々のアップを祝して(←何のこっちゃ?ww)何でもアリ仕様で。

「とんこつ海苔ラーメン+ラーメンセット (850円)」

花カツミ とんこつ海苔ラーメン

ホントは「海苔チャーシュー」こそがKingなのですが、とても完食し切れそうにないのでww だって朝食摂ってから、まだ4時間も経っていませんしヾ(;´▽`A``

花カツミ とんこつ海苔ラーメン

“海苔の防風林”とも評された、クォーター・カットの海苔の生け垣に囲まれて、軽い油膜の水鏡をたたえたスープは、ゴマ風味仕様です。 

花カツミ とんこつ海苔ラーメン

最近は細麺仕様一本槍ですが、結局の処、今はこの麺の方が好みってだけです。 程良い歯切れの良さを伝えてくる歯触りと、細麺ならではのビーロードのような舌触り♪ また最近は“アブラマシマシ”とか“アジコイメ”といったチューニングを所望しなくなりました。

原点帰りと言いますか、まあ、色々とイタズラしてみたかったというキモチもアリだった訳でしてww とどのつまり、ご店主様の思うバランスってものを、単純に受け入れるだけでは楽しみ尽くせないという唐変木です(^^;) でもいつかはまた、アレコレと、願い事をするかも知れませんww

花カツミ ライス・セット

ラーメン・セットは、たった150円でごはんとお漬け物、生卵が提供される“食べ盛りの君達に”仕様。

勿論私が望んでいるのは・・・

花カツミ とんこつ海苔ラーメン

スープに海苔をヒタヒタに浸しまして、スープの旨味を余すところ無く海苔に乗り移らせます。 そして大技をo(@^◇^@)o

海苔・ロール・ライスぅ~~!♪(^o^)

花カツミ 海苔ロール・ライス

Excellent !! O(≧▽≦)O




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 「花カツミ」
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る

 

2011年 錦秋巡り『福満虚空蔵尊圓蔵寺』

10月最後の日曜日、この日もスカッとしない天気。 前日土曜日はまだマシだったのですが、当然ながら無芸は仕事を抜け出す訳も無く、仲間達から届く明帯メールの写真を恨めしく眺めるばかりでした(*´ο`*)=3

明けてこの日曜日は、最初から天気に期待が持てなかったので、仲間達に写真撮影行脚の御触書を出すことなく朝を迎えました。 曇り空。。。 でも雨は降っていない。 やっぱり行ってみますか? って事で、おっとり刀で支度を始めて、6時頃に出立しました。

途中で何故か某牛丼チェーン店にピットイン致しまして、並盛りを所望しつつ仲間達にイタズラ携帯メールをバラ撒いてみますww すると超速返信でお返事が(〃∇〃)♪ みんな前日に撮影を楽しんで来たハズなので、天気が優れないこんな日に付き合ってくれるとは思いも因らずww

って事で、急遽旧友C君とサッチンさんが同行してくれる事になりました♪ 丁度関東圏から帰省していた旧友S君は、泥のように寝ているのか、全く応答無し(^◇^;) 一度寝たら起きない子なんだよナ 仕方ないのでソッとしておくことに(笑)

郡山ICから磐越自動車道に乗り継ぎ、会津坂下ICまで一気に走ります。 インター出口のコンビニに寄って、お二方の朝食を確保します。 まぁ、思うところがありましたので、彼らには軽めに済ませて頂くように則しておきます。 ここから目的地までは車で10分程度です。 「福満虚空蔵尊圓蔵寺」の駐車場に到着したのは8時ちょっと前でしたが、先客はたった1台だけ?!w( ̄△ ̄;)w

もしかして紅葉には早過ぎたかなぁ~?と不安が過ぎります。 また2年前から境内での三脚の使用は禁止されておりましたが、今年もその御触書は相変わらずです。 ってか、それどころか、もう一つの条項が追加されていました。

「カメラバッグの持ち込み禁止」 よほどカメラマンの心象が悪いのでしょうね。 私達も重々気をつけなければならないのですが、このようなルールは京都の観光客で賑わう古刹では珍しく無いそうです。 カメラマンのマナー低下は、全国区なんですかね? それとも昔からマナーなんて出来ていなかったのに、写真愛好家が一気に増えたからでしょうか? 気になるなぁ~(;´ρ`)

霞む山の端
[2011/10/30 霞む山の端] <↑ Clickで拡大>

さて、肝心の撮影ポイントですが、やはりちょっと紅葉には早かったみたいです。 ってか、色付かない葉を見て見ると、既にダメージが見て取れます。 もしかするとこの先も美しい色合いは望めないかも知れません。

秋の紅
[2011/10/30 秋の紅] <↑ Clickで拡大>

とにかく三脚は使えないので、手振れ補正レンズ無しでは撮影自体が厳しくなります。 私達のようなコンシューマ・モデルならまだ佳として、中判・大判カメラはほぼお手上げでしょう。 手立てがあるかは分かりませんが、正面突破でちゃんと使用許可のお墨付きを頂く他無さそうです。

浅き色映え
[2011/10/30 浅き色映え] <↑ Clickで拡大>

いつもの紅葉小径。 私達三人で貸し切り状態なのは良いとして、ご覧の通り色付きはまだ浅く、陽の光も差し込まずorz これ幸いと小径沿いをつぶさに検証してみるくらいですね(^^;)

福満虚空蔵尊圓蔵寺の石灯籠

小径から本堂に向かって階段を下ってみますと、石灯籠にガード(?)が施されていました。 まず間違いなく地震対策ですね。 観光客で賑わっている最中に、この石灯籠が倒れるような事が起きたら大変です。 ただ実際の処、竹で組まれたガードで転倒が阻止出来るかは不明です(^^;)

福満虚空蔵尊圓蔵寺のモミジ
[2011/10/30 福満虚空蔵尊圓蔵寺のモミジ] <↑ Clickで拡大>

本堂の屋根に覆い被さるような立派なモミジの枝は、まだ色付きが進んでいませんでした。 そろそろ良い色付きになっている事が期待されます。

黄金公孫樹
[2011/10/30 黄金公孫樹] <↑ Clickで拡大>

公孫樹の葉は良い感じに色付いておりました。 思えばこの公孫樹の樹と紅葉の色付きは、同時に見頃になる事は無いのでした(^^;) 紅葉が良い色合いになる頃には、公孫樹の葉は落ちてしまい、黄金絨毯になっています。

公孫樹に宿借
[2011/10/30 公孫樹に宿借] <↑ Clickで拡大>

この日始めて気付いたのですが、この公孫樹の樹の枝又の辺りに、全く異種の広葉樹の枝が生えています。 更に良く見てみると、松の枝まで寄生しています。 鳥が運んだのでしょうか? このようなケースは、他でも稀に見つけることがあります。

さて、明日の日曜日は又もや雨模様の予報です。 これ4週連続で日曜日はグダグダです(ノ_-;) まだ望みは棄てていませんが、スカッとしたお天気Please!!