FC2ブログ

赤木小学校通学路除染クリーン統一行動

今朝は地元の小学校学区内の通学路の一斉除染作戦が行われました。 先の台風15号による水害は、この学区内にも影響がありまして、福島第1原発の放射性物質が、汚水と共に再び広がった可能性も否めません。 事前に行われたエリア内の線量計測によると、水害前後での数値変化と水害の因果関係を立証するのは難しそうに思えました。

実際の処、無芸の仕事場の前の歩道では、水害後の方が線量が減少していたのも事実です。 しかしながら、良く知られる通り放射性物質は僅か10cm計測位置が変わっただけで、かなりの違いが出ますので、本当に減少したのかを証明する論拠にはならないでしょう。

ともあれ、ここ郡山市の人口は住民票ベースで、震災の前後で約4万人減少しています。 乳幼児から中学生くらいまでのお子様を持つ家庭が、県外避難している例はとても身近にいくらでもあることです。 遅々として進まない行政主導の除染作業を、ただ指をくわえて待っている訳にはいかないのが子を持つ親御さんの心情でしょう。

赤木小学校通学路除染クリーン統一行動

もう待ちきれない心情は皆同じですが、地元小学校学区内の町内会と小学校のPTA、消防団や地元の企業と行政サイドの支援を得て、「赤木小学校通学路除染クリーン統一行動」が行われました。

7時~9時までの2時間ですが、500人での一斉活動を目論む告知文書が配布されました。 正直なところ、果たしてそんなに多くの力が結集出来るだろうか?と思っていたのですが、今回の除染活動にはその目論見に近い人数が集まったようです。

赤木小学校通学路除染クリーン統一行動

小学校児童の保護者さん方は、全体の1/5くらいに思えました。 意外と言っては何ですが、シニア住民の底力を見せつけられましたね(^^) また無芸のように、子供達が小学校でお世話になっていたPTAのOB、そして卒業生住民も少なくありませんでした。 PTA会長さんの挨拶、ご立派でしたよ(^^) 校長先生もまた、人品の素晴らしさが垣間見えました。

赤木小学校通学路除染クリーン統一行動

児童の保護者さん達は、主に最も児童の通学が多いルートを徹底的に除染。 私達町内会の住民は、主に地元エリアの通学路の除染と清掃を行いました。 さすがに消防車を擁する消防団のポンプ車放水は強烈ww ブラシでこするよりも余程確実に洗い流せます。

赤木小学校通学路除染クリーン統一行動

ただこの流水と共にデッキブラシこするというのが、本当に除染効果が期待出来るのかは未だに分かりません( ̄-  ̄ ) とにかく出来そうな手立ては何でもやってみて、それで少しでも好転するのならヨシとする風潮に満ちています。 今回の除染活動1回切りで終了という訳では無さそうです。 また招集があるやも知れません。 それでも粘り強く頑張るしかありませんね。

赤木小学校通学路除染クリーン統一行動

ちょっとタルいかなぁ~と思いつつ参加したのですが、お手伝いが出来て良かったと言うのが今の本心です。 ご近所のシニア様方は勿論承知しておりますが、ともするとご縁の薄い児童の保護者さん達の懸命さがヒシヒシと伝わって参りました。 シニア住民の皆様の元気が地元を支えているというのも良く分かります。

ただこれだけの参加者が集まったというのは、単に住民の興味が高いと言うだけでは無さそうです。 校長さんは手が空けば、学校周辺の除染をたった一人でも黙々と続けておられたそうです。 近隣住民の方々は、そんな校長さんの懸命な努力と児童達を思う心を決して見逃さなかったのだと思います。

ちなみに無芸の仕事場の前の歩道ですが、歩道脇に堆積していた落葉や汚泥を集めて線量計をかざしてみますと、4μSv/hもありました。 ただ、これは掻き集めて計った例です。 手付かずのままの堆積物は、平均で2μSv/hを下回っていました。 歩道の真ん中あたりで1.7μSv/hでしたが、これは多少の高低差によっても影響を受けるのが分かりました。

無芸の仕事場の真ん前では、水害前は1.38μSv/hでしたが、現在は0.8μSv/h台に下がっています。 ちなみに仕事場の中は0.13μSv/h。 ちょっと困ったことは、これらの計測に使用された線量計は、キャリブレーションがとられているか不明な点です。 単なる目安に過ぎないかも知れませんが、やはり目で確かめられるデータは一番の頼りです。 

蕎麦家 ~福島県郡山市逢瀬町多田野~

市内某所の無芸の行き付けで、バッタリと蕎麦家さんご家族に会いました(^^) 食のプロ中のプロと敬愛する、蕎麦家さんのご店主・小沢さんがご家族連れで足繁く通われていると知り、何故か自分のことのように嬉しかった無芸です(^_^)

そんな小沢さんから、新蕎麦が用意出来ていると聞きまして、今期最初の新蕎麦は何が何でも「蕎麦家」さんでと決めていた無芸。 ようやく先週、無芸大食妻と共に訪問して参りました。

蕎麦家 そばがき

出掛けにお電話してみると、もう蕎麦の残りも僅かだったらしく、私達の食べ縁を確保して頂きました(^▽^;)ゞ さすがに地元の人気店さんですね。 と、お店に到着してみると既に暖簾は仕舞われていました。

揚げ出し蕎麦掻きを頂きながら、女将さんと四方山話を愉しみます。 程なくこれも名物の一皿。

「いなり寿司・二個付け (150円)」

蕎麦家 いなり寿司

これがねぇ~、ンマいんですヨ♪ 塩梅良く味付けされた油揚げは、とても品の良いお味。 繊細な蕎麦の味香を考えると、強すぎるお味はNGなのですが、不思議と邪魔になる事は無いんです(^^) しかもとても良心的なお値段ですので、お薦めの一皿です。

「もりそば (750円)」

蕎麦家 もりそば

お約束のノリタケの洋皿で供される十割蕎麦。 他で新蕎麦を食べずに我慢していた甲斐がありました(*^_^*) 芯白の部位を贅沢に使った蕎麦は、香ばしさよりもほのかな甘い香り立ちが持ち味です。

蕎麦家 もりそば

角の立った細打ち蕎麦は、ちゃんと透明感が見て取れます。 キレイに整えられた麺線もお見事です。 滑るような舌触りと、軽い歯応えを伝えながら、鼻腔へと抜けてくる含み香には、穏やかな蕎麦の実の甘い香りがあります。

蕎麦家 もりそば

おろしワサビはナチュラルな甘味を纏っていまして、蕎麦の上にチョンと載せて漬けダレを軽く潜らせます。 出汁のしっかりとした風味と、アタリの円やかなカエシは、最初は少し甘めに感じますが、二度三度と蕎麦を手繰る内に、ソレとは気付かないほどに馴染んできます。 蕎麦と漬けダレのバランスの良さも、ここ「蕎麦家」さんの卓越した良さです(^^) いやぁ~、口福口福♪

「天ぷら盛り合せ (600円)」

蕎麦家 天ぷら盛り合せ

やはり天ぷらも頂かなくっちゃ! 海辺でもないのにエビは要りませんww もともと野菜天が大好きな無芸、秋豊饒の実りを堪能させて頂きました(^o^)




蕎麦家
福島県郡山市逢瀬町多田野字上山田原1-317
電話;024-957-2668
営業時間.;11:00~15:00
定休日; 火曜日
      ※2月中は長期休暇


大きな地図で見る