FC2ブログ

無芸の朝スパ

画像用ストレージ残量が残り20%を切っていた拙筆のBlogですが、FC2さんへの容量アップ申請を行った翌日、めでたく増量が完了致しました。(^^) デフォの容量は1GBでして、以前も書きました通り、今までのペースで写真データを扱い続けますと、あと1年ほどでオーバーフローしてしまうところでしたが・・・

5GBに拡張されている?! w( ̄▽ ̄;)w

って事は、今までのペースのままでお世話になり続けると、あと20年ほど使えるだけの容量を得た事になります(⌒▽⌒;) まあ、単純計算すれば、運良く健康に生き存えていれば、その頃には無芸は70歳になっている訳でしてww 要は残量を心配することなく、Blog生活を続けてヨロシという事ですかね?(^o^)

Blogファイル容量アップ完了

さて、残暑がどうのこうのって言っている間にも、秋の足音は確実に近づきつつありまして、スーパーの店頭にも秋の味わい、松茸や鮭のイクラなどが列び始めました(^^) 早速北海道産の新イクラを某料理店様から頂戴致しましたもので、無芸家の食卓はフェスティバル&カーニバルww

鮮度の良さは言うまでもありませんが、さすがにお料理屋さんのお仕事らしく、極甘塩仕立てに誂えられておりまして、お陰で“魚卵と言うよりも卵黄”の味わいをシッカリと楽しませて頂きました♪

甘塩仕立てですので、日持ちするハズも無く、一番美味しいうちに頂くのが吉と言う事で、翌日の朝スパに贅沢に使わせて頂く事にしましたヨ(^^)

「無芸作 はらこクリーム・スパゲッティ 雲丹添え」

無芸作 はらこクリーム・スパゲッティ 雲丹添え

塩コショウをした生鮭の切り身をバターでソテーして、白ワインを加えて蒸し焼きに。 身を適度にほぐして、残り骨をキレイに取り去り出汁と共に取り分けておきます。 みじん切りの玉ネギをオリーブオイルで炒めて塩コショウ。 半透明になって来たら、キノコを加えて更に炒めます。 白ワインを加えてアルコールが飛んだら、生クリームを加えて、スパゲッティーの煮汁で濃度を整えつつ、炒め煮しておいた鮭の身を加えてドライハーブのスパイスなどと共に塩で味を調えます。

やや固めに茹で上がったスパゲッティーを加えて、少し煮るような感じでソースと合わせて行きます。 味が落ち着いたところでお皿に盛り付け。 茹でエビ、イクラ、ウニを乗せたら出来上がり(^^)

無芸作 はらこクリーム・スパゲッティ 雲丹添え

ちょっと贅沢仕立てですけど、自宅調理ですから外食に比べたら全然お手頃です(^^) 娘の喜ぶ様子を見られるのは、オヤジとしては単純に嬉しい訳でしてww 組合せ的に合わない理由はない鉄板スパでした。

以下8月以降の過去作です。

「無芸作 スパゲッティー・ミートソース」

無芸作 スパゲッティー・ミートソース

川越シェフ監修のフィットチーネっていう生パスタがスーパーの店頭で良く目にします。 あれって美味しくて当たり前なんだろうなぁ~と思いつつ、買い物カゴに入れたことは一度もない無芸ですww で、価格が災いしてか、当地のスーパーではダイアリーの残りが少なくなりますと、お手頃な値引き価格のシールなんぞが貼られています。

イケ面シェフに心酔するご婦人方も多いかとは思いますが、世のオトーサン達は、御値引きシールの貼られた商品を横目に見つつ(ザマァ~♪)と心の中で囁いているのでは無いかと思う小市民無芸ですww

「無芸作 和風たらこスパゲッティーニ」

無芸作 和風たらこスパゲッティーニ

残暑の厳しき折に作ったスパ。 1.4mmのスパゲッティーニを和風テイストにしたくて、椎茸、小口ネギ、カイワレダイコンなどを配して、少量のゴマ油の風味を頂きつつ、出汁醤油で軽めの味を纏わせて、タラコトッピングに致しました。

「無芸作 エビナポリタン」

無芸作 エビナポリタン

冷凍庫に囲っておいた冷凍エビを成仏させるべく、ジューシーナポリタンの具に致しました。 グリーン・アスパラが最盛期を迎えまして、手ごろな価格でナカナカの品質なのが嬉しいところ(^^)

「無芸作 ゴロッとベーコンのカレークリームスパゲッティ」

無芸作 ゴロッとベーコンのカレークリームスパゲッティ

カレー味が食べたくなって、ステーキベーコン、エリンギ、ぶなしめじなんぞをドサッと炒めて、生クリーム&SBカレー粉で作ったスパです(^^) 丁度、台風12号の過ぎ去った後で、幾分秋の空気に入れ替わっていたもので、ひときわ美味しかったかも♪