インター食堂 富田店 ~福島県郡山市富田町~

ちょっとお腹が空いてきたでしょうww 前記事に少し被りますが、台風15号の風雨の最中訪問したのは「インター食堂 富田店」です(^^) 何となくトンカツな気分でしたもので、あまりにも巨大化してしまった「ジャンボチキンカツ定食」はパスして、比較的安全と記憶のある「ソースカツ丼」を所望しました♪

「出来上がりまで20分ほど頂きますが、お時間は大丈夫ですか?(^^)」 と問われまして、

「そんなに掛かりますか?(^▽^;)」 (←仕事の途中だからちょっと困惑)

「すみません・・・ トンカツが厚いので、揚げ時間が掛かるものでして 人( ̄ω ̄;)」

(そっ、そんなに分厚かったっけ・・・ ( ̄ー ̄;) ) と思いつつ、そこまで言われたら、是が非でも食べたくなるってものでしょうww

「ソースカツ丼 (950円)」

インター食堂 富田店 ソースカツ丼

あっ・・・ 安全牌だったハズなのに ノ( ̄0 ̄;)\

思わず「何でこうなった?!w( ̄△ ̄;)w」と問うてみたいww 以前のソースカツ丼とは、その風情は一変していますヨ。

インター食堂 富田店 ソースカツ丼

トンカツのボリュームが凄すぎて、丼蓋か載っかっているだけってのは、これまでもそこここで目にしてきたものですが、ここは載っているのでは無く“トンカツに立てかけてある”ってボリュームに進化しています(⌒▽⌒;)

そんでもって、その蓋を取り去ってみれば・・・

インター食堂 富田店 ソースカツ丼

誰がこんな冗談を仕掛けろと言ったww 小食な人は、この店の暖簾を潜る事は少ないと思うけど、ここまでヤルか?!ってな盛り具合ですワ。

インター食堂 富田店 ソースカツ丼

そんでもって、薄衣を纏った豚ロース肉は、優に2.5cmほどありまして、トータルで300g近くあるかも知れません(ノ´▽`)ノ 私の記憶では、180gから200gくらいだった気がしていたのですが、帰宅後に過去ログを引いてみたら、やはりその記憶は間違いではありませんでした。

インター食堂 富田店 ソースカツ丼

言うまでもなく“トンカツに立てかけられた蓋”は、トンカツの一時避難所になる為に添えられていますww

ボリュームたっぷりのこのトンカツ。 前述の通りの薄衣でして、当然ながら揚げ立てサクサクでありますが、肉質もまずまずで筋っぽさのカケラもありません。 唯一残念なポイントは、ソースが既製品のまま供されている事です。 根本的なポテンシャルの高さは言うまでもありませんが、この一点だけが残念感漂っている訳です。




インター食堂富田店
福島県郡山市富田町字権現林4-2
電話;024-961-1605
営業時間;【平日】11:00~23:30、【日曜祭日】11:00~23:00
       ※11:00~15:00は店内禁煙
定休日;無休
駐車場;充分に確保


 

台風15号被害総括

無芸の仕事場は、まだ完全に清掃が終わっていません。 9割方清掃は進んだのですが、最後の詰めまでもう一歩。 各種インフラの復旧と、普段の仕事をこなしながら、仕事場を整えるのは意外と時間の割り付けが難しい事を知りました(ー’`ー;)

とても助かったことに、親兄弟が清掃の支援をしてくれました。 家内と二人きりでは、到底事は進まなかったであろうと思います。 9月22日早朝、ようやく仕事場の前の水が引きましたので、恐る恐るシャッターを開けてみる事にします。

9.21水害

川の水が溢れたもので、水没したエリア全体に汚泥が堆積していた訳ですが・・・

9.21水害

あぁ、やっぱり・・・llllll(-_-;)llllll 水位の痕跡を見ると、膝下辺りまで浸水していたようです。 仕事場の床一面には取り残された汚泥。 水で浮き上がった床置きされていた物品は、浮き上がって倒れてしまったものもあります。

9.21水害

包装紙はほぼ全滅。 ペーパーベースの資料類も当然。 コンセントも浸水していますので、下手に電源ブレーカーを上げる訳には行かず、間違いなく安全な上層階のブレーカーだけ通電させまして、素直に東北電力さんをお呼び立て致しまして、漏電のチェックをお願いします。

電話はモジュラーユニットが水没した為、最初は受発信も出来ませんでしたが、NTTさんが多忙を極めているのは明白ですので、自分でモジュラーユニットを清掃・乾燥させてみますと、何とか息を吹き返しました。 インターネット回線は、光終端機のACアダプターが水没し、こちらはようとして息を吹き返さなかったので、リース物件ということで復旧作業はNTTさんにお任せしました。

AC100Vの電源ソケットは、ほぼ水没していましたので、東北電力さんから指摘された漏電の疑われるソケットは、自力で分解&新調しました。 PC用の2.1CHスピーカー2セットが水没で昇天( ̄_ ̄|||) 無芸用のPCのCRTモニターもどうやら水を被ったようで、こちらもアウト! 冷凍庫、石油ファンヒーター共にアウト!

調達したばかりだった、無芸大食妻のノートPCのACアダプターもお亡くなり。 大切なデータをプールしておいたデータ・ディスクはセーフでしたが、DVDやCDのコレクションはほぼ水没で見切り。 ショックだったのは、無芸の残された唯一の趣味・写真撮影の機材が、デジイチ、レンズ共に、全て水没してしまった事。・°°・(*>_<*)・°°・。 これはメゲました・・・

その他にも、店内に仕舞っていたスクーターもエンジンまで浸水してしまい、要修理状態になりました。 仕事用の軽トラは、よりによって被災した当日の朝方、タイミングベルトが逝ってしまいまして、その時点で修復を諦め掛けるような大惨事となっていました。

結局は駐車場に止まったまま水没する事となり、すっかり復旧は諦めておりました。 が!何とスバルの軽は、タイミングベルトが逝っても、ピストンとバルブがぶつからない設計になっている事が分かりまして、無芸大食弟の尽力で不死鳥の如くに甦りましたヾ(>▽<)ゞ 序でにスクーターも、シリンダーに溜まった水を抜いて、見事に復活! おいおい、良い腕してるぢゃねぇ~かww

と、まあ、被害状況の確認のようなもの(^▽^;)ゞ 書き上げてみても、きりがないと言いますか、小さなトラブルは省いて書き上げてもこれくらいは現出しています。 PCのモニターは、妹のご主人様が取り置いていた液晶モニターを頂戴し、無芸大食妻のノートPCのACアダプターは、サードパーティーの互換品を落手して解決。 PC用のスピーカーが全滅してしまったので、仕事場に音楽が流れていないのですが、これだけでも空気が殺伐としてくるものですね。 只今、ロジクールの重低音発生装置付き2.1CHスピーカーを狙っております。

被災直後は相当に堪えていたのですが、皆様方からの励ましに勇気付けられ、ようやく笑い話への足掛かりを見つけつつあります。 心から感謝致します。 

ご厚情感謝! インターネット回線復旧しました。

本日[2011/09/26]昼前、ようやくインターネット回線が復旧しました。 その間、当Blogを通じて、かくも沢山の励ましをお寄せ頂き、誠に感謝に堪えません。 また、直接お電話を下さった方、携帯メールにご発信下さった方、超遠方より「お手伝いに来ました!」と支援に駆けつけて下さった方、本当に本当にありがとうございました(。>_<。)

この地に生まれ育って半世紀。 かくも甚大なる水害に見舞われたのは初めてのことです。 同じく、市内各所でも同様の、否、これ以上の被害を被ったエリアもございます。 被災なさられた皆様方には、心より御見舞申し上げますとともに、互いに一日も早い復旧を目指しましょう!

9.21水害
[翌朝22日5:45 うねめ通りの通行規制解除 ピーク時は路肩の泥の後がある辺りまで冠水していました]

拙宅が水に飲まれたのは21日の23時頃のこと。 台風の雨も峠を越して、20時頃には無芸の仕事場の前を通る通称・うねめ通りの冠水も、徐々に引いていたハズでした。 22時頃だったでしょうか、やたらと消防車が近くに集結し始めまして、消防情報のテレフォンサービスで確かめてみますと、道路向かいの“若葉町で水害が発生”とのこと。 

まだこの時点では、私達の住まうエリアでは、まさか近くを流れる逢瀬川が、オーバーフローしているとは知る由も無し。 普段の無芸でしたら、この時点で現場の確認に足を運ぶところだったのですが、夕刻の段階で駐車場にデポしてある愛車が、通り道の冠水で出せなくなりそうと言う事で、救出を図っておりました。 道路は既に膝辺りまで冠水しており、果たして巧く救出出来るか?ってくらいスリリングだったのですが、運良く脱出させる事が出来ました。

9.21水害
[翌朝22日5:50 車を救出した時は、丁度電信柱の辺りまで水に覆われていました]

ところが微妙にヤバそうな場所に、女性ドライバーの車が駐まっていまして、危険だから移動をとそくしますと、エンジンが掛からないと言います。 まだ台風の雨が降りしきる中、御所近所様の手を借りて、この車を手押しで高い場所まで押し上げて安全を確保。 そんなこんなで、ずぶ濡れになった無芸、道路の水も引いていたのに、わざわざ現場を確認に行くキモチになれなかったというのが事実です。

9.21水害

23時頃になって、うねめ通りが再び浸水しまして、その勢いが一気に増水ってくらいで、ここにきて初めて事の重大さに気付いた次第。 この時点で既に無芸の仕事場のシッターまで浸水しており、下手に開放すればどうなるか分からない。 しかもその水位はこれから上がるのか下がるのかさえ予想出来ない状況でした。

台風の雨風は既に過ぎ去っているのに、どうして今頃?? 若葉町の水害発生地点とは、建物に遮られていて目視出来なかったのですが、無芸家からは直線で200mも無いくらいの場所でした。 消防署、消防団の皆さんが懸命にオーバーフローしている川の水を土嚢で止めようとしますが、肝心の土嚢が全然足りません。

阿武隈川沿いの郡山市南東部エリアが、大規模水害に見舞われていたとは、この時点ではまた知る由もありませんでした。 そうこうしているうちに、無芸家の電源が落ちます。 どうやら浸水で漏電ブレーカーが作動したようです。 程なく消防署から、近隣一帯に「避難指示」が発せられました。

かなり危険な状態と言いますから、最悪の場合、逢瀬川の堤防が決壊する事にあり得たのかも知れません。 無芸家よりも低地になっている宅地では、床上浸水が続発しておりまして、脱出に際してもボートが必要なほどだったそうです。

9.21水害
[翌朝22日5:50 お向かいのマンションは、地下駐車場が完全水没]

初めて避難経験を致しましたが、役所と消防団のメンバーさんが避難所となった高校の体育館で待機していてくれまして、毛布と飲料水を提供してくれました。 そこに避難した住民は決して多くはありませんでしたが、実際に体育館の床に一枚の毛布というのが、どんなものであるのかを体験させて貰いました。

緊急時のことですから、それをどうこうって話ではありません。 知っての通り、先の震災と原発事故により、棲み家を失ったり脱出を余儀なくされた方々は、こんな環境下で数ヶ月過ごされたんですね。 辛い話ですが、体験してみないとその立場は理解出来ないって事を改めて知りました。
 

記事更新停止について

しばらく記事の更新が停止しております。 折角ご訪問頂いたのに、申し訳ございません。


実は21日に襲来した台風15号による洪水で、無芸の仕事場が被災致しました。 早速なる復旧を試みているところですが、インターネット回線も落ちたままです。


何とか来週中頃までには、平常のインフラを取り戻し、仕事場の清掃も完了させまして、皆様の「お茶飲みズズごっこ」に耐えられるようになりたいと思いますww


何かとお心遣いと励ましをお送り頂いた皆様、ありがとうございました。 お陰様で折れそう心が支えられました。 詳細はのちほど、ストーリー仕立てで(笑) 

台風直撃コース

台風15号の進路が、モロに郡山市直撃コースです((((/*0*;)/ 今し方、無芸家の駐車場へ続く道路が冠水してしまいました。 車は何とかピックアップして高台に移動して来ましたが、もう全身ずぶ濡れ(/--)/ 冠水路での速度のコントロールを誤った車が、無芸の進路を塞いでくれたもので、その移動に手を貸さざるを得なくなって、要らぬ水浴びを重ねる事となる始末でしたorz

悪い事って重なるもので、今朝から台風の雨が降っていたのですが、よりによってこんな日に相棒の軽トラのエンジンがお亡くなり(TOT) どうやらタイミングベルトが切れてしまったようです(x_x) 参りましたよ・・・ そんな訳で今日はキューブ号で配達をするハメになってしまいましたが、果たして相棒の軽トラは復活の道を辿るのか、それともお役御免にするしか無いのか、明日以降に判断する事とします。

お亡くなりと言えば、家電品をはじめとして耐久消費財の寿命と言うのは、どうしたことか同時進行で複数のモノやられるものです。 無芸大食妻が使っていたPCも、相当に旧いシロモノでして、メンテナンスを重ねつつ何とか今まで使用に耐えてくれたのですが、いよいよ辛くなって参りました。 パッタリと逝ってしまう前に、データもセーヴしておかねばなりませんし、覚悟を決めつつあった矢先、明日移転新装オープンする、僕らのヨドバシが急遽閉店セールを掛けてくれました。

無芸大食倅と偵察に行ってみたら、今年の夏モデルのNOTE PCに出モノを見つけました。 かなり魅力的なコスパでしたので、覚悟を決めていた無芸大食妻に報告して落手したのがこちら。

赤パソ

Windows 7 の64bit OSに、Core-i5 2410MのCPU、8GBのRAM、750GBのHDDにブルーレイ・ディスクドライブも装備した上、MS OFFICE2010まで積み込まれている訳で、いきなり当家で最強のPCが降臨ですww まあコチラは無芸大食妻専用PCなのですが、遂に当家のPCも無芸の愛機が最も低スペックで唯一のWin XPとなりました(^▽^;)ゞ

今夜は台風に翻弄されましたので、中身の無い更新でごめんなさい(^^;) 明日はもちっと書ければと思います。
 

本格中国料理 竜宮城 西ノ内店 ~福島県郡山市西ノ内~

無芸の仕事場の前道の路線上にある、宴席料理にも対応出来る大きめのお店「中国料理 竜宮城 西ノ内店」さんを初めて訪問しました。 決して遠い場所ではありませんが、実は通し営業をされている事を知らなかったと言うオチですww

送迎用のマイクロバスまで擁するお店ですので、フロアー面積も十二分です。 外商の仕事に就いている友人は、この店舗の広さや潤沢な駐車スペース、そしてランチ営業のお手頃さに惹かれて、結構な頻度で足を運んでいるということでしたので、ちょいと覗いてみたくなったのも事実です(^^)

本格中国料理 竜宮城 西ノ内店

無芸が訪問したのは、既にデイナー・タイムに突入しそうな時間帯。 これから来店客で賑わうであろうほんの少し前ってところです。 特にセットメニュー等は提供されない時間帯でしたので、とても素直に一食完結タイプの品を選んでみる事にします。

「炸醤麺 (ザージャンメン) (820円)」

本格中国料理 竜宮城 西ノ内店 炸醤麺 (ザージャンメン)

訪問した日も残暑の厳しい陽気でしたので、食中・食後が楽なこの品を所望してみました(^^) 本体の他に中華スープがセットされていたのは嬉しいところ。 また店内にはセルフサービスで楽しめる、冷たい中国茶やコーヒーも用意されています。

本格中国料理 竜宮城 西ノ内店 炸醤麺 (ザージャンメン)

甘口のジャージャー麺に対して、炸醤麺はピリ辛テイストが加えられているって差で正しい認識でしょうか?(^^;) 見た目だけでは、ちょっと区別がつきかねますね。 たっぷりと掛け回された肉味噌餡は、濃度控え目に抑えられていて、軽い辛味がありますが、甘味も控え目ですので、コテコテなバランスにはなっておりません。 どちらかと言えば、軽快タイプと言っても差し支えがないくらいです。

本格中国料理 竜宮城 西ノ内店 炸醤麺 (ザージャンメン)

麺は少々オーバーボイルなのかな? 歯触りらしいものは楽しめなかったのは残念です。 また、洗い〆された際に、水切りも甘く、丼の中に水気が溜まっていたのは驚きでした(^_^;) 麺がくっつかないように、敢えて水膜を残したのでしょうかね? でもこの料理の場合は、キッチリと水分は絞りきって、ゴマ油をまぶしてコーティングするのが定石だと思っていました。 味の方向性は、誰にでも馴染み易いものでしたので、この調理のポイントだけが残念に思えました。

本格中国料理 竜宮城 西ノ内店




中国料理 竜宮城 (URL)
福島県郡山市西ノ内1-13-9
電話;024-939-4649
営業時間;11:30~21:30
定休日;無休
駐車場;50台


より大きな地図で 中国料理「龍宮城」西ノ内店 を表示
 

LIVE福島 風とロックSUPER野馬追

地元出身のクリエイティヴディレクター・箭内道彦さんが呼びかに応じて、沢山のミュージシャンやクリエイターさん達が、東日本大震災で傷ついた本県と県民を支援すべく、「猪苗代湖ズ」をして、チャリティーソングとしてリリースされた「I love you & I need you ふくしま」は、隣県の皆様方も羨ましがるような素晴らしい応援ソングとなりました。

彼らが次に取り組んだのは、以前から開催していた「風とロック」というライヴ・イベントを更に膨らませて、「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」へと昇華させました。

LIVE福島 風とロックSUPER野馬追

9月14日から19日までの連日ステージを、奥会津を皮切りに会津若松、猪苗代町、郡山市、相馬市、そして昨夜のファイナルはいわき市で締めくくりとなりました。 当然ながら、無芸夫婦も出来る事なら会場へと足を運びたかったのは山々ですが、どうにも叶えることが出来ずに残念に思っていたら、何とYOU TUBEで無料ライヴ配信するという大判振る舞いです。

お陰で連日SUPER野馬追漬けでしたww いや、本当に嬉しかったですよ(^^) 何よりも毎回サンボマスター・山口君の「I love you & I need you ふくしま」の泣きに、まんまともらい泣きしちゃいました(^▽^;)ゞ  またMCも心に迫る言葉ばかりなんですよね。 多分、拙のBlogをご覧下さっている皆様も、沢山の方々が視聴されたり、また実際に会場まで足を運ばれたりした事でしょう。 この歌といい、山口君や箭内さんのMCは、地元民なら尚のこと心の芯まで染み入るように届いてきます。

震災・津波被害に止まらず、原発事故がもたらした被害は、あまりにも大きすぎます。 記述したいことは山ほどあります。 6ヶ月が経過して、既に関西以西は勿論のこと、中京地方・北陸地方のあたりまで、既にあの悲劇は過去のモノとして忘れかけられているのが事実です。

福島県というだけで、耳を疑いたくなるような突拍子もない疑念が掛けられたりするのは、既に日常化しつつあり、そんな話を耳にしても「あぁ、またですか・・・」と諦めと失望のキモチが過ぎります。 ネットでは自らの立場は秘匿したままで、ごく一部の心ない人が、見たくもないような記述をいくらでも垂れ流しています。

自分でも思い直してみれば、こんな事に慣れっこになっている訳でして、少なくとも地元に居続ける限りは、同胞達から迫害される事も無ければ、糾弾されることもないと思い始めています。 単なるチャリティー活動の一端だと思っていた「LIVE福島」は、日を追う毎にその本質の違いが明らかになって来ました。

地元の復興支援になるようにと、収益金を地元に還元する方策に何も違いはありませんが、私達のように会場まで足を運べなかった人達にも、インターネット視聴というドアを開けてくれたお陰で理解出来たのです。 郡山会場に出演してくれた福山雅治さんの存在意義は、このイベントを日本中のファンのみならず、アジアにまで裾野を広げてくれました。

YOU TUBE LIVEでは、視聴者がコメントを送ることが出来るシステムでしたが、彼が出演したこの日だけは、異常と言えるほどの中国語コメントにコメ欄が埋め尽くされました(^^;) どうやらその多くは、被災支援でも大変な義援金を送ってくれた台湾からだったようです。 それと気付いてからは、その日のコメ欄を埋め尽くす中国語に違和感が薄れました。

この日以外のコメ欄では、こんな事は起きていませんから、やはり福山雅治効果ってのは凄まじいものであるのが分かります。 ともあれ、結果的には客寄せ役にもなって下さった福山雅治さんですが、初の野外会場への出演だったそうで、その価値の高さというのは、より一層高まったのかも知れません。

まぁ、無芸大食妻は福山雅治さんのファンですから、めったやたらなことは口を慎むべきですが、先だってステージに上がったサンボマスター。 やっぱり彼らは凄い! 視聴しながらやはりこの日も涙ぐんでしまった無芸ですww ワンステージでこの日のイベントに集まった聴衆を、一発で纏めてしまった感がありまして、ライヴ・パフォーマンスの桁外れの実力を改めて知らされました。

いわき市のファイナルステージでサンボマスター・山口君のMCでは、この催しを総括する素晴らしいお話がありました。 日本中が他人事ではない! これからもきっと彼らは、福島県民の代弁者となって行く先々で尽力してくれる事でしょうけど、やっぱり一番チカラを出さねばならないのは、私達県民自身であるのは明白です。 人一人で出来る事は微々たるモノかも知れませんが、一歩踏み出すことを躊躇していては、いつまでも先へは進めませんもんね。

この福島県に住み続けるって事に、強烈な拘りを持ち続ける事だって、確かな一歩なんじゃないかな? もっと良い写真を撮れるようになって、豊かな自然の魅力を発信し続ける事だって、決して無駄ではないと思いたいです。 あぁ、勿論美味しい食べ物もねww

お仲間Blogger・horikoshiさんの写真作品で綴った「I love you & I need you ふくしま」 良かったらもう一度見て下さい。 私達の郷土の美しさは、筆舌に尽くしがたい! 再び全国、いや世界中から、多くの人々が訪問してくれる事を願って。。。



 

小野川湖の朝景

台風がまとめて二つやって来るみたいで、ここ郡山では間もなく雨が降り出すとの予報です。 雨はあまり好きではありませんが、昨日までの残暑が全くウソのように、すっかり秋の空気に入れ替わったのは心地佳いところです(^^) 土曜日の夜、日曜日は好天であると知りまして、久しぶりに写真撮り仲間のサッチンさんと旧友C君に携帯メールを同報発信します。 えぇ、勿論お二方共に釣れましたww

そんな訳で、約一ヶ月ぶりに三人揃って写真撮影行脚に出発ですぅ~♪o(^▽^)o サッチンさんが3:30に迎えに来て下さり、その足で旧友C君宅を廻り、R49で北塩原方面へと出立です。 道々、雄国沼での朝景撮影というプランも湧いたのですが、まだまだ闇夜の猪苗代町辺りで夜空を見上げてみると、雄国山方面に掛かる低い雲が気になります(^^;)

正直なところ、雄国沼で朝景撮影は未体験でしたので、かなり強烈に惹かれるモノはあったのですが、趣味の写真撮影なのに、どこかでリスク回避のリミッターが入ってしまいまして、当初の目的地を目指すことにしますww 北塩原へと向かう国道は、ヒッチに釣り船を牽引した釣り客の車が多いです。 まだ夜明け前ですが、国道はピッチの遅い車に阻まれて、時ならぬ長蛇の列になる事も珍しくありません。

北塩原交差点のコンビニは、夜明け前の時間帯が最も混み合うという極めて稀なお店ですが、やはり昨年に比べると来店客数はずっと少なく、精々半分も居ない気がします。 私達のようなアマチュアカメラマンも、こんなに好天が約束されたような朝だと言うのに、本当に減ってしまいましたo(T△T)o 地元のカメラマンや余程の猛者ばかりって事なのでしょうかね? 撮影ポジションがとりやすいのは良しとしても、やはりとても寂しく思っています。

さて、この日のメインディッシュは、小野川湖の朝景です(^^) 実は冬場に通称“お立ち台”から撮る事は多いのですが、湖畔で待ち受け撮影は行った事がありませんでした。

Blog仲間の「行雲流水~サインポールの向こう側2」 (URL) のAuthor・horikoshiさん(改称前はmaruさん)が、先週小野川湖畔でイイのを撮っていまして、すんげぇ~羨ましかったってのが事実です(大笑) 彼は仕事柄、私達と休日が合わないもので、精々年に2回くらいしか示し合わせて撮影行脚をご一緒出来ないんです。 あぁ~~、勿体ないなぁ~(^▽^;) どたなかhorikoshiさんとお休みが合わせられる方、強引にでも同行させて頂いてみませんか? ホントにイイのを撮りますヨ、彼は♪(^▽^)

と、ちょっと前置きが長くなりましたが、実は小野川湖畔は降雪期がメインの訪問だったので、今の時期の良い撮影ポイントが分かりません(^▽^;)ゞ 何せ撮影行脚を決意したのは、前日深夜でしたから、horikoshiさんに直電入れるのも躊躇われ、尚かつここに到着したのは夜の帳も明けない早朝ですww そんな訳でいつものアプローチルート、長瀬川河口沿いのルートでは無く、どこかに道筋があるハズだと踏んで探します。

で、一筋カラマツ林の中を突っ切るルートが開かれているのを見つけて突入! 用心のために長靴を履いてきて正解♪ まだまだ薄暗い中を、道筋を辿っていったら途中に浅いとは言え小川があったりしまして、まあサッチンさんが先行して下さっていたので、彼がドボッ!と人身御供にww 湖畔まで突っ切れたところで、良さそうな撮影ポイントを求めて湖畔を歩きます。

日の出位置を確認しつつ、構図の良さそうな場所をサーベイして、ようやく準備が整います。 この日の日の出時刻は5:21です。

夜明け間近の小野川湖
[2011/09/18 夜明け間近の小野川湖] <↑ Clickで拡大>

適度に雲が出ていましたし、残暑の余波で湿度も高め。 巧く朝焼けしてくれる事を願いつつ撮影開始ですo( ̄▽ ̄o)

染まる湖面
[2011/09/18 染まる湖面] <↑ Clickで拡大>

しかしアレです・・・ 夜明け前から蒸し暑さを実感する日でしたので、安易に半袖のポロシャツで入ってしまったもので、数箇所蚊に刺されまして痒いの何のって(`ε´) 同行していた旧友C君は、一際蚊を寄せ付ける体質らしいので、虫対策に薄手のパーカーを羽織っています。 そんな彼を頼れば、虫除けスプレー&痒み止めの薬は常時携帯している訳でしてww 早速ご厄介になる事に。 いや、助かりました(´~`ヾ)

期待の雲焼け
[2011/09/18 期待の雲焼け] <↑ Clickで拡大>

日の出時刻が近づいて来るに従い、周囲は明るくなって来ると共に、期待していた朝焼けはその確率が下がるばかり。 日の出位置辺りに掛かる雲の色合いは、なかなかダイナミックでイイ感じです。

あの山の向こう
[2011/09/18 あの山の向こう] <↑ Clickで拡大>

でも雲焼けも広範に広がることなく、次第に青空の色が冴え始めました。 まっ、それでも色んな表情が楽しめたので、満足していますよ(^^) その上、日の出間際には、こんな写真も撮れました♪

日の出間際の小野川湖
[2011/09/18 日の出間際の小野川湖] <↑ Clickで拡大>

まるでHDR画像のようにダイナミックで色の濃い風景写真です(^^) 私にすれば、ちょっと珍しい体験です。 気に入りましたので、これは引き延ばし紙焼きにして飾ってみようと思います(* ̄∇ ̄*)

旭光
[2011/09/18 旭光] <↑ Clickで拡大>

陽が昇って来たところを撮ったら、レンズの馬脚が顕れてしましました(*v.v)。 フレアとゴーストが出ちゃいましたけど、強烈な朝陽にレンズを向けても、こういった現象に苛まれないお道具ってのは、法外なお値段だったりしますww その辺は趣味と言う事で、行く行くは落手出来る日が来ることを楽しみにしましょうかね(^^)

ざわめく湖面
[2011/09/18 ざわめく湖面] <↑ Clickで拡大>

実は日の出と共に、湖面から高周波のノイズが耳に届いていました。 いや、変な電波ではありませんヨ(^^;) 小魚が湖面をハネる水音がシャ---という連続音になって聞こえるほど、大量の小魚の大運動会ですww

湖面に白い縦棒のように写っているのが小魚のジャンプです。 朝陽を反射して銀鱗が白く輝いているのです。 湖面がざわつくほどの凄さだったのですが、如何せんそのジャンプはほんの一瞬ですので、写真撮影するのは容易ではありません(^^;) 取りあえず、トリミングして切り出した写真がこちらです。

わかさぎの朝食?

まるでムーミンに出ていたニョロニョロが水棲生物になっちまったかのようですが、巧く横っ飛びしている個体が写っていました。 これは、どうやら冬の名物“穴釣り”の獲物・ワカサギみたいです。 夜明けの時間帯は、湖面を羽虫が沢山飛んでいましたので、これを捕食する為のジャンプだったのかも知れませんね。 今まで他の湖沼群では見た事のない光景だったので、ちょっと驚くと共に自然の営みを実感しました。

合図待ち
[2011/09/18 合図待ち] <↑ Clickで拡大>

湖畔にある「庄助キャンプ場」には沢山の釣り船が準備を整えており、なかなか岸を離れないところを見ると、もしかするとフィッシングのコンペティションでも開催されていたのかも知れません。 開始時間を決めて、ヨ~イドン!で釣り始めってやつですかね?

背後に鎮座している磐梯山には、ガッチリと雲が掛かってしまいまして、絶好のアングルなのにソレを活かせず( ̄_ ̄|||)

釣り船
[2011/09/18 釣り船] <↑ Clickで拡大>

フィッシング・コンペティションに関わらない釣り人は、既に湖上で朝釣りを満喫中ww 朝陽の日差しが差し込んで来ますと、グイグイと気温も上昇してきまして、とても9月半ばとは思えぬ暑さです。 

FRUIT RESTAURANT Aika (アイカ) ~福島県郡山市駅前~

移転新装開店から10ヶ月を迎えた「FRUIT RESTAURANT Aika」さんに立ち回りまして、久しぶりに美味しいフルーツカクテルを頂きました(^^) 巧いことカウンター席に陣取りまして、バック・バーに整然と列んだシングルモルトを眺めつつ、まずはお目当ての甘い系を(*^_^*)

Aika フルーツカクテル「ゴルビー」

ご同行頂いたNさんがメニューブックの中から「ゴルビー」という葡萄品種を見つけまして、迷わずオーダーされました。 糖度18以上、極めて凝縮した甘さのある葡萄だそうです。 Nさんは生食用を何度か召し上がっていたそうで、目敏くもこの一品を見逃しませんでした。

マスターの話では、極めて稀少な葡萄だそうでして、必ずしも落手出来るとは限らないそうです。 私も味見をさせて頂きましたが、大変上品な甘味がありまして、酸味も適度に残されているもの。 勿論、搾りたて果汁ですので、50°のウォッカを配してあるハズなのに、恐ろしい事にソレとは気づかせない仕上がりでした(^^;)

Aika フルーツカクテル「夕張メロン」

まるでクワガタの角のようにグラスに立てられたメロンは、天下一品と言われる「夕張メロン」ですよぉ~(^O^) いつかは頂いてみたいと思っていたんです♪ なんて豪勢な一杯でしょう。

Aika フルーツカクテル「夕張メロン」

フローズン・スタイルで仕上げられており、ウォッカと果汁は氷と共にバーミキサーでシャーベット状にされます。 キンキンに冷えていて、残暑の余韻が残るこんな夜にはもってこいの一杯。

Aika フルーツカクテル「夕張メロン」

夕張メロンの待避所となるお皿に移して、シャーベット状のカクテルはスプーンで楽しみます(^^) 意外と濃厚さよりもサッパリとしたテイストでした。 ナチュラルな甘味は、これまた強烈なウォッカの存在をマスキングしてしまいますから、どれくらい仕込まれているかを探りつつスプーンを進めねばww

Aika フルーツカクテル「シークヮーサー」

沖縄の今帰仁村で栽培された「シークヮーサー」のリッキースタイル。 マスターのお薦めって事で、内容も聞かずに頷いたら出てきたww

すんげぇ~酸味と清々しい果実味なんですが、ソーダ割りにされている奥底には、何やら強烈なアルコールのインパクトが・・・(^^;) 恐る恐る聞いてみたら、やっぱりジンがダブルで入っているってww 危ねぇ~ヨ(^o^)

モルトウイスキー好みのNさんに差し出されたシングルモルトは「グレンフィディック 44年」だわ(汗) よくこんなシロモノを・・・

Aika グレンフィディック44年

琥珀色を通り越して、既に飴色っぽくなっていました。 バニラ香と言うよりも、より強烈なバニリン香。 樫樽由来と思われるタンニン分までしっかりと感じられます。 アルコール度は55°になっていたようですが、久しぶりにスゲぇ~シングルモルトを口にしましたww

さて、昨年は無芸の仕事場が主催で、ここ「FRUIT RESTAURANT Aika」さんで「第18回 ボージョレ・ヌーヴォの樽を飲み倒す会」を開催させて頂き、60名近くのご参加を頂きました。

今年は「FRUIT RESTAURANT Aika」さんの移転新装開店1周年を兼ねて、お店の自主開催という運びとなりました(^^) 開催日は2011年11月17日(木)のボージョレ・ヌーヴォの解禁日です。

程なく概要が決まると思いますので、改めて御案内させて頂きますね(^^) 今回は無芸はオーガナイザーとしてではなく、皆様と同じくパーティーを楽しむ参加者としてご一緒致します。 是非とも今から日程の調整を宜しくお願いします♪ って事で、楽しみにしている無芸です(^^)
 

ホルモン大豊 本店 ~福島県郡山市大町~

原発事故で当地に避難生活をされている20年来のお客様であり友人でもあるNさんが、久しぶりに無芸の仕事場に立ち寄って下さったので、残暑払いと言う事で、ちょいと一席お誘い致しました(^^)

ここ暫くご無沙汰していた「ホルモン大豊 本店」さんで、全身燻され放題って事でww オサレなお店もイイけれど、脂ハネまくり~の、匂いが躰に染みつきぃ~のってのもまた格別なお付き合いと言う事で、Nさんもこのお店は既に訪問した事があるそうで、二つ返事でオケイ!

平日の21時でしたが、予約無しでも運良くカウンター脇のテーブル席に陣取れました(^^) 早速生ビールでカンパ~~イ!(=^O^=)o□ テキトーに見繕ってヨロシと言うもので、

「キムチ (350円)」

ホルモン大豊本店 キムチ

大豊さんの自家製ね♪ フワッとした甘味を感じさせる、やみつきキムチです(^^) こいつをつつきながら生ビールを飲み、ロースターの火でグリルがチンチンに暑くなった頃、

「ホルモン三点セット (980円)」

ホルモン大豊本店 ホルモン三点セット

塩ホルなのですが、正直に何が盛られていたのか分かりませんww ごたくは良しとして、とにかく焼く!

焼き焼き♪

ン・マ・イ ♪(●^o^●) さすがプロのお仕事(^^) 隠し包丁の入れ方といい、切り分け方と言い、そして何よりも鮮度の良さは宝ですね。

「トロナンコツ三点セット (980円)」

ホルモン大豊本店 トロナンコツ三点セット

「ヤッ!ヤバイ!(///∇///) トロナンコツ、マジで美味すぎ!」

美食の限りを尽くしてきたNさんも思わず仰け反る美味しさですww 豚ナンコツが焼いただけでここまでトロトロになるとは知りませんでした(^^;) もしかすると、特別な部位なのでしょうか? 無芸もこのトロナンコツには驚きました。

「大豊スープ (380円)」 ※辛口タイプ

ホルモン大豊本店 大豊スープ(辛口)

「ホルモン大豊」の暖簾を潜ったら、是が非でも楽しみたいのがこのスープ♪ 甘口タイプもありますが、辛口タイプでも、某中華料理店の麻辣マシみたいな修羅場になる事はありませんからご安心をww

自家製の出汁がたっぷりと張られていて、これまたモリモリお野菜からのナチュラルな甘味が相乗効果となって、程良い辛さと良く調和しています。 普通に3人前くらいの量がありますので、こんなにお得で美味しいスープを逃す手はありますまい(^^)

「上テッチャン (シマチョウ) (850円)」

ホルモン大豊本店 上テッチャン(シマチョウ)

上等な脂質が行き渡る、トロトロ舌触りとタップリのコラーゲンが、おいしいモミダレで更にドレスアップされています(*^▽^*)

「牛ハラミ (740円)」

ホルモン大豊本店 牛ハラミ

脂っこさの無いスッキリとした味わい。 薄切りタイプですが、さり気なく佳い歯応えなどもありまして、ついついオーダーしてしまう一皿です。

〆にビビン麺を頂こうと思ったら、リスト落ちしていましたorz その他にも刺身系は提供停止。 その他諸々の品が、一時リスト落ちとなっているようです。 現在の事情を考慮すれば致し方無いかと・・・ きっと素直に真面目な取り組みをしておられるからこその出来事かと思います。

ともあれ、思い立ったらまた行きたくなってしまう魔力溢れるお店です。 折角だから、もう一軒行っちゃいましょう(^o^)




ホルモン大豊 本店 (URL)
福島県郡山市大町1丁目2-9
電話; 024-933-8650
定休日;年中無休(正月除く)
営業時間;【月~土曜日】17:30~24:00 【日・祝日】17:30~23:00


大きな地図で見る




9月14日のことですが、うすい百貨店前で行われていた、鉄筋ビルの震災取り壊し現場で事故がありました。 午前中に発生した事故だったらしいですが、作業手順はちゃんと踏んでいるプロの腕前をしても、ダメージを受けていた建物は、思いも因らぬ崩落を起こしたようです。

外壁共々、建物の足場が倒れてしまいました。 足場におられた作業員さんが負傷したそうですが、幸いにして軽傷で済んだとの事。 またうすい百貨店では横濱中華街物産展が開催されており、来訪客も多かったハズなのですが、まさに幸いなことに事故に巻き込まれた方はいませんでした。

足場の崩落した工事現場

所用で夕刻近くに街中に出掛けていた無芸。 たまたまここを通りかかる事になりまして、思わず足を止めて見入ってしまいました。 既にかなりガレキの撤去作業は進んでいたハズですが、それでもその混乱を思わせる痕跡が沢山残っていました。

足場の崩落した工事現場

ガレキの下敷きになって押し潰されたワゴン車もそのまま。 事故の規模を考えると、軽傷者2名で済んだのが、まるで奇跡のような現場でした。 当地だけではありませんが、今も被災家屋の取り壊し作業がそこここで進められています。 そこにあった建物が取り壊されて、ほんの一週間もしないうちに

「あれれ? 以前はここにどんな建物があったっけな?(; ̄ー ̄)」

って事になるのもしばしばです(^o^;)ゞ 人の記憶なんて、とても不確かなものなんですね。

あぁ、そうそう。 今月は軽トラとスクーターのタイヤに、木ネジが刺さりました。 お陰で要らぬ出費を負う事となったのですが、一月に2回パンクするなんて、今まで無かったことです。 やはりそこここで行われている復旧工事と無関係では無いような気がします。 故意にクギや木ネジをバラ撒いているとは思いませんが、危険を招く可能性のある落とし物です。 どうか細心の注意をお願いしたいものです。

 

麺屋 信成 ~福島県郡山市富田町~

イラッ!(ー'`ー;) っとするような残暑の日々が続いておりますが、皆様お変わりございませんか? 方々で未だに熱中症に罹る方が少なくありません。 充分な水分補給と休養をとりながら、上手に残暑を乗り切りましょう(^^)

さて、毎度のローテーション「麺屋 信成 (しんせい)さんですが、以前から試してみたかった特注仕様のお願いをしてみました。

麺屋 信成

最も素に近いらーめんこそ、そのポテンシャルが露わになるであろうとの期待で、いつもの彩りも鮮やかで豊富なトッピングを、潔く抜いて頂こうという寸法です(^^) 女将さんがその意を介して下さりまして、快く応じてくれました。

「具材は何を乗せましょうかね?(^^)」

「バラロールチャーシューと小口ネギだけでお願いします(〃∀〃)」

「そっ、それだけ?(^◇^;)」

「そう、そ・れ・だ・け!o(^o^)o」

「どシンプル仕様の濃厚豚骨しょうゆらーめん、入りまぁ~す(^o^)」


って事で、海野マスターに仕様が伝わります(^^) ごめんねぇ~ww

「濃厚豚骨しょうゆらーめん (700円)」 ※特注シンプル仕様&細麺

麺屋 信成 濃厚豚骨しょうゆらーめん シンプル仕様

おぉ~~~?! イイわぁ~♪(@^∇^@)

思い切りシンプルだけど、スープと麺を楽しむには、充分と言うよりも、一番良いのでは無いかと。

麺屋 信成 濃厚豚骨しょうゆらーめん シンプル仕様

いつもにも増して、より油膜&背脂ツブツブがリッチなようなww 小口ネギもスープの風味を壊すことなく、後口をサッパリとさせてくれます。 “伝家の宝刀”たるバラロールチャーシューだけは頂きましたが、いつも通りに染み渡った味わいと言い、ホロッと崩れる柔らかな食感むと言い、申し分無しです。

麺屋 信成 濃厚豚骨しょうゆらーめん シンプル仕様

低加水タイプのストレート細麺が活きるってものでして、香味野菜や水分の多いモヤシが排されたスープは、本来の濃厚さを遺憾なく発揮していて、とにかくパワフルそのものヾ(>▽<)ゞ 頃合いに茹でられた麺は、独特なポキッとした歯応えが心地佳し。

スープは乳化は強くありませんが、コラーゲン成分の豊富さは特筆モノでして、豚骨の髄の旨味がドバッと口中に広がるインパクトのある味わい。 醤油タレも薄まることなく、グッと押し味がありまして、濃ゆぅ~い味が好みの方には感涙モノの好印象かと思います。

やはり以前から思っていた通り、否、思っていた以上に、ベーススープのしっかりとした味わいを楽しませて頂きました。 妙な臭みが無かったのも流石ですけど、この先もちょっとハマりそうな気がします(^▽^;)ゞ




麺屋 信成 (しんせい)
福島県郡山市富田町坦ノ腰-72-2
電話;024-951-2876
営業時間;11:30~最長20:00
     ※売り切れ次第閉店
定休日;水曜日
駐車場;店舗前に10台程度


より大きな地図で 麺屋 信成 を表示
 

雄国山麓の蕎麦畑

喜多方からの帰り道は、雄国山の山麓に広がる農耕地を貫く道路を通りました。 と、言うのも、往路でこの山麓のそこここに蕎麦畑の白い花が咲いている様子が分かったから(^^) この日は朝の天気が今ひとつで、またもや撮影行脚を断念しておりましたので、ちょっとお駄賃が欲しかったところww

夕暮れ迫る時間帯を迎え、夕陽の赤が白い蕎麦の花に色を移し始めていました。 道すがらに良さ気な景色の場所を見つけまして、路肩にあった農耕用のスペースに車をデポします。

雄国峠を望む夕暮れの蕎麦畑
[2011/09/11 雄国峠を望む夕暮れの蕎麦畑] <↑ Clickで拡大>

背景に望むは雄国山。 その山麓に広がる農耕地で栽培される蕎麦は「雄国そば」と名付けられており、秋蕎麦の他にも早蒔きの夏蕎麦の栽培も行われています。

雄国峠を望む夕暮れの蕎麦畑
[2011/09/11 雄国峠を望む夕暮れの蕎麦畑] <↑ Clickで拡大>

喜多方市で毎年開催されている「蕎麦博」にも出展していましたので、何度が口にしたことがありますが、なかなか風味の良い蕎麦が栽培されているようです(^^)

夕暮れ迫る雄国そば畑
[2011/09/11 夕暮れ迫るの雄国そば畑] <↑ Clickで拡大>

美しいアンジュレーションの掛かった蕎麦畑に、夕陽の赤みを帯びた光が差し込み、とても長閑な時間が流れています。 遠くでは農夫達が、そろそろ仕事を仕舞いにする準備をしているのが伝え聞こえて来ます。

夕暮れ迫る雄国そば畑
[2011/09/11 夕暮れ迫るの雄国そば畑] <↑ Clickで拡大>

今年もこの「雄国そば」を楽しむ事は出来るでしょうか(^^) 紅葉が終わって、冬支度が進む頃、甘く香り高い新そばの季節となります。 

ラーメンこうへい ~福島県喜多方市字沼田~

日曜日の遅いランチを摂ろうと、無芸大食妻と共に心当たりを方々立ち回りましたが、何故かお目当てのお店はみんな、閉店時間を前に暖簾落ちorz

えぇ~~い! こうなったら、何が何でも食べたいごはんを食べてやるぅ~!ヾ(。`Д´。)ノ彡☆

って事で、いきなり高速道路に乗りまして、磐越自動車道を西進しますww 無芸大食妻をまだ連れて行った事のないお店に誘います(^^)

ラーメンこうへい

辿り着いたのは喜多方市の「ラーメン こうへい」さん。 喜多方スタイルのラーメンもアリですが、こちらには驚くような個性派ラーメンも用意されており、ラ~好きのハートをしっかりと射止めている名店です(^^) お店の外観には、家内も少々ヒキ気味でしたけど、味は確かですし、大女将と若女将が優しく、そして闊達な接客で迎えてくれますので、すぐに違和感は払拭されたようです(笑)

昨年末に初めて暖簾を潜り、その後2度立ち回りましたが、その都度開店時間前というボーダーに阻まれまして、ようやく今回二度目の訪問が叶いました(^^) 例によって店内では常連のヲジさんがビールの飲みながらプロ野球放送を楽しみ、〆に軽くラ~を頂いて帰途に就くっていうような風景もww とても地元の皆様に愛されているのが分かります(^^)

さて、この日頂いたのは“秋からの新メニュー”として加わった「黒節らーめん」ですo( ̄▽ ̄o) 折良くBlog仲間の「Reverse Iceman Ramen Blog」 (URL) のAuthor・Icemanさんから、この新作の“レポ挙げヨロ”と誘われていた訳でして(* ̄∇ ̄*)ゞ 期待していたのは他ならぬ無芸自身ですもん♪ しっかりと楽しませて頂きますヨ(〃^▽^〃)

「黒節らーめん (700円)」 ※じぇんとる麺仕様

ラーメンこうへい 黒節らーめん じぇんとるめん仕様

「黒節らーめん」は、お店の看板メニュー「漆黒ラーメン」節テイストをインポーズした新作です。 加えて脂er号泣の背脂バージョン“じぇんとる麺仕様”です(^^)

細麺仕様も対応しているので、喜多方の代表的な縮れ中太麺が苦手な方や、ちょっと違うテイストをお求めの向きにはアリかと思います(^^) 無芸もいつか機会を見て、細麺バーションを頂きたいと狙っております。

さて、丼の表面を覆い尽くした背脂と油膜ですが、今更言うまでもなく、意外と諄さは感じません(^^) と言うよりも、残暑厳しき折、空調が入っている店内とは言え、油膜で蓋をされた熱々ラ~で瞬く間に汗が吹き出しました(>▽<;;

ラーメンこうへい 黒節らーめん じぇんとるめん仕様

背脂&油膜の下に地底湖の如くに広がっている漆黒スープは、贅沢にも再仕込み醤油を使った醤油タレの仕業ww しっかりと味の染みこんだホロホロの豚バラチャーシューや、ビジュアルの要ともなっている櫛切りの固茹で卵は、この“白い悪魔”に覆い隠されて見えませんww

ラーメンこうへい 黒節らーめん じぇんとるめん仕様

「ラーメン こうへい」最強のダクダク仕様であろうこのラーメンを、優しく労ってくれるのはこの山盛り刻みネギ(^^) 妙な辛味は無くて、スープの風味を台無しにしない辛味抜きは絶妙です。

ラーメンこうへい 黒節らーめん じぇんとるめん仕様

喜多方を象徴する多加水系平打ち中太縮れ麺は、瞬く間に漆黒のスープに色を移されまして、カナカナの迫力あるビジュアルにww しっかりとグルテンが活性したモチッとした歯応えと共に、縮れ麺がスープを持ち上げてくれます。 節系の味わいは、実を言いますとそんなに強く主張はして来ません。 もともと昆布、煮干しなど海のモノが加えられていましたので、巧妙なバランスをとりながら、何かが突出する事のないスマートな味わいを引き出しています。

心持ち醤油タレの塩味が強く感じられましたが、これも背脂と油膜に押し負けないようにとの手加減が加えられているのかも知れません(^^) 個人的には、折角「漆黒ラーメン」があるのですから、「黒節らーめん」はもっと思いきり良く節テイストを効かせても楽しいのでは無いかと思います。 ってか、それは自分が食べてみたいだけかもネww

折角久しぶりの訪問ですから、サイドメニューも忘れずに♪

「半カレー (150円)」 ※サービス・プライス

ラーメンこうへい 半カレー

ラーメン用の出汁スープが惜しげもなく加えられているであろう、自家製カレーがたったの150円!w( ̄▽ ̄;)w

男なら喰うべし!

ただし器は平皿に非ず。 底の深い小丼である事はお忘れなく♪o(>▽<)o

ラーメンこうへい 半カレー

そんなにスパイシーでは無いけれど、ラーメンのサイドメニューならこれくらいマイルドで丁度でしょう。 これで思い切りHOTでSpicyなヤツが来ちゃったら、ラーメンの味が分からなくなっちゃいますもんね(^▽^;) 所謂小麦粉でルーを立てたタイプですかね? 軽く塩味の角が残されておりまして、充分に一品料理として通用します。

そして更に「特製餃子 (400円)」は、大振りサイズでコスパ抜群Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

ラーメンこうへい 特製餃子

メニューの写真が何時撮影されたのか分かりませんが、アノ写真に騙されてはイケませんヨ♪ ちょっと厚めの皮はモチッとした食感。 ギッチギチに詰められた餡には、挽肉がタップリと詰められていまして、大きさだけの基準ではなく、ボリュームの見地からも大満足の一皿です( ´艸`)

ラーメンこうへい 特製餃子

前回の経験が全く活かされなかったのは、とにかく量大杉ww 後半は結構厳しい戦いとなりましたが、何とか完食致しまして、汗だくだくでお店を後に致しました(;´▽`A`` 冷や中もあったのに、黒節らーめんに引き寄せられてしまった・・・ 冷や中も興味津々なんだけどなぁ~




ラーメンこうへい
福島県喜多方市字沼田6981
電話;0241-22-4328
営業時間;11:00~20:00
定休日;水曜日


大きな地図で見る




 往路も復路も、高速道路では県外の警察から支援車両を何度目にしたことか・・・ 岐阜県警のコンボイ走行に遇いましたが、彼らはどうやら本県の警備支援に来てくれたようで、途中のPAでも見かけました。 また車両20台以上のコンボイ走行していた警察車両は、磐越自動車道を西進して行きましたので、交代で帰途に就いたのかも知れません。

普段私達が実感しないような縁の下で、警察職員の皆さんをはじめ、インフラ関連の支援、民間レベルでの支援活動は弛まずに行われている事を実感します。 郡山市内で見かける警察車両も、遠く九州や四国の県警からの支援というのも珍しくありません。 本当はお仕事ではなく、ご家族連れで観光に来て頂きたいものですが、遠からぬ未来に

「ここ福島県は思い出深い大好きな場所」

と言って、ご家族共々楽しく再訪して下さる事を、心から願っております。 職務とは言え、遠く故郷を離れてのご尽力、地元民として深く感謝と敬意をお送りしたいと思います。
 

無芸の朝スパ

画像用ストレージ残量が残り20%を切っていた拙筆のBlogですが、FC2さんへの容量アップ申請を行った翌日、めでたく増量が完了致しました。(^^) デフォの容量は1GBでして、以前も書きました通り、今までのペースで写真データを扱い続けますと、あと1年ほどでオーバーフローしてしまうところでしたが・・・

5GBに拡張されている?! w( ̄▽ ̄;)w

って事は、今までのペースのままでお世話になり続けると、あと20年ほど使えるだけの容量を得た事になります(⌒▽⌒;) まあ、単純計算すれば、運良く健康に生き存えていれば、その頃には無芸は70歳になっている訳でしてww 要は残量を心配することなく、Blog生活を続けてヨロシという事ですかね?(^o^)

Blogファイル容量アップ完了

さて、残暑がどうのこうのって言っている間にも、秋の足音は確実に近づきつつありまして、スーパーの店頭にも秋の味わい、松茸や鮭のイクラなどが列び始めました(^^) 早速北海道産の新イクラを某料理店様から頂戴致しましたもので、無芸家の食卓はフェスティバル&カーニバルww

鮮度の良さは言うまでもありませんが、さすがにお料理屋さんのお仕事らしく、極甘塩仕立てに誂えられておりまして、お陰で“魚卵と言うよりも卵黄”の味わいをシッカリと楽しませて頂きました♪

甘塩仕立てですので、日持ちするハズも無く、一番美味しいうちに頂くのが吉と言う事で、翌日の朝スパに贅沢に使わせて頂く事にしましたヨ(^^)

「無芸作 はらこクリーム・スパゲッティ 雲丹添え」

無芸作 はらこクリーム・スパゲッティ 雲丹添え

塩コショウをした生鮭の切り身をバターでソテーして、白ワインを加えて蒸し焼きに。 身を適度にほぐして、残り骨をキレイに取り去り出汁と共に取り分けておきます。 みじん切りの玉ネギをオリーブオイルで炒めて塩コショウ。 半透明になって来たら、キノコを加えて更に炒めます。 白ワインを加えてアルコールが飛んだら、生クリームを加えて、スパゲッティーの煮汁で濃度を整えつつ、炒め煮しておいた鮭の身を加えてドライハーブのスパイスなどと共に塩で味を調えます。

やや固めに茹で上がったスパゲッティーを加えて、少し煮るような感じでソースと合わせて行きます。 味が落ち着いたところでお皿に盛り付け。 茹でエビ、イクラ、ウニを乗せたら出来上がり(^^)

無芸作 はらこクリーム・スパゲッティ 雲丹添え

ちょっと贅沢仕立てですけど、自宅調理ですから外食に比べたら全然お手頃です(^^) 娘の喜ぶ様子を見られるのは、オヤジとしては単純に嬉しい訳でしてww 組合せ的に合わない理由はない鉄板スパでした。

以下8月以降の過去作です。

「無芸作 スパゲッティー・ミートソース」

無芸作 スパゲッティー・ミートソース

川越シェフ監修のフィットチーネっていう生パスタがスーパーの店頭で良く目にします。 あれって美味しくて当たり前なんだろうなぁ~と思いつつ、買い物カゴに入れたことは一度もない無芸ですww で、価格が災いしてか、当地のスーパーではダイアリーの残りが少なくなりますと、お手頃な値引き価格のシールなんぞが貼られています。

イケ面シェフに心酔するご婦人方も多いかとは思いますが、世のオトーサン達は、御値引きシールの貼られた商品を横目に見つつ(ザマァ~♪)と心の中で囁いているのでは無いかと思う小市民無芸ですww

「無芸作 和風たらこスパゲッティーニ」

無芸作 和風たらこスパゲッティーニ

残暑の厳しき折に作ったスパ。 1.4mmのスパゲッティーニを和風テイストにしたくて、椎茸、小口ネギ、カイワレダイコンなどを配して、少量のゴマ油の風味を頂きつつ、出汁醤油で軽めの味を纏わせて、タラコトッピングに致しました。

「無芸作 エビナポリタン」

無芸作 エビナポリタン

冷凍庫に囲っておいた冷凍エビを成仏させるべく、ジューシーナポリタンの具に致しました。 グリーン・アスパラが最盛期を迎えまして、手ごろな価格でナカナカの品質なのが嬉しいところ(^^)

「無芸作 ゴロッとベーコンのカレークリームスパゲッティ」

無芸作 ゴロッとベーコンのカレークリームスパゲッティ

カレー味が食べたくなって、ステーキベーコン、エリンギ、ぶなしめじなんぞをドサッと炒めて、生クリーム&SBカレー粉で作ったスパです(^^) 丁度、台風12号の過ぎ去った後で、幾分秋の空気に入れ替わっていたもので、ひときわ美味しかったかも♪
 

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

一時は涼風が吹いて、すっかり秋の風になって来たとばかり思っていたら、ここに来て再び残暑が続いています。 連日30℃越えヽ(^◇^;) いい加減躰は秋スイッチが入っていますので、かえってキツイものがあります。

残暑が盛り返す前の隙間の一日。 爽やかな秋風に誘われて、老舗中華料理店「中国飯店 なるき」さんでシーズン初の味噌ラ~を頂いて参りましたよ(^^)

「味噌ラーメン (740円)」

中国飯店 なるき 味噌ラーメン

カウンター越しに店主様から「大盛?(^^)」と問われましたが、健気にも首を横に振ります。 だってここの大盛は麺ダブルですから(^^;) よほど躰が受け入れ体制が整っていないと、後半で地獄を見る事となりますww

中国飯店 なるき 味噌ラーメン

ちょっと甘めに味付けされたメンマは、程良い柔らかさに仕立てられた細切り。 筋っぽさとは無縁ですが、さりとてクタクタな風合いにはなっておりません。 この辺は流石は永年暖簾を繋ぐ老舗の底力ですね。

中国飯店 なるき 味噌ラーメン

仙台味噌と信州味噌を独自にブレンドして、程良く熟成をさせた甲斐あって、野菜由来の甘味を存分に活かしつつ、大変品の良い味噌テイストを楽しませてくれるスープ。 調理の最後に香味付けに使われるゴマ油は、ほのかに香ばしさを感じさせまして、食欲スイッチの導火線に火を点けてくれます。

中国飯店 なるき 味噌ラーメン

自家製の中細ストレート麺も大好きなポイント♪ 極太仕立てのタンメンの麺が大人気のお店ではありますが、個人的には品の良い味噌スープをタップリと持ち上げてくれる、この中細麺の繊細な舌触りがお気に入りです(^^)




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る
 

諏訪峠下の蕎麦畑

時系列は一週間遡ります。 紀伊半島に多大な災害をもたらした台風12号が四国に上陸した頃、遠くここ東北にもその余波は届いておりました。 天候が良ければ南会津まで開花期を迎えていた蕎麦畑の写真撮影へと出掛ける予定でしたが、とても無理である事は事前に判明しておりました。

朝の起き抜けに空を見上げてみますと、郡山市の上空だけが雲が切れています。 周囲の山々には厚い雲が掛かっておりまして、多大な期待は出来ないまでも、近場の蕎麦畑に出掛けてみる事にします(^^)

諏訪峠下の蕎麦畑
[2011/09/04 諏訪峠下の蕎麦畑] <↑ Clickで拡大>

ここは郡山市から三森峠を越えて湖南町へと向かう途中に須賀川市から合流する、県道・中野須賀川線に向かって直ぐの平地に広がる蕎麦畑です。 この先には諏訪峠と呼ばれる難所がありまして、冬季通行止めとなるルートです。

天気に恵まれれば、両翼の山の稜線の向こう側には磐梯山か望めるロケーション。 以前からその存在は知らされておりましたが、今回初めて訪問してみました。

諏訪峠下の蕎麦畑
[2011/09/04 諏訪峠下の蕎麦畑] <↑ Clickで拡大>

蕎麦の花はほぼ満開を迎えており、なかなか良い眺めです(^^) お天気に恵まれなかった事もあり、写真撮影をしていたのは無芸ただひとりww 時折峠から吹き下ろしてくる強風に耐えながらの撮影です(^▽^;)

諏訪峠下の蕎麦畑
[2011/09/04 諏訪峠下の蕎麦畑] <↑ Clickで拡大>

路肩に自然に繁殖してきたコスモスは、確かな秋の訪れを知らせているかのようです。

諏訪峠下の蕎麦畑
[2011/09/04 諏訪峠下の蕎麦畑] <↑ Clickで拡大>

今度はスカッと晴れ渡った青空の下で撮影してみたいですね(^^)
 

本格中華料理 華苑 (かえん) ~福島県郡山市堤~

すっかり黄金ローテーション入りとなってしまった「本格中華料理 華苑 (かえん)さんですが、足を運ぶ頻度が高いもので、今日はまとめて3回戦分のアップですww

豊富なメニュー故に、フルコンプを目指すのは大変そうですが、足を運び初めて3ヶ月ほどが経ち、自分の好きなものを段々理解してきました。 主に定食系を所望しますが、そのコスパの良さと味の確かさは折り紙付きです。 ぼちぼち二巡目の実食ですので、場合によっては味付けに手心を加えて頂きながら楽しんでおりますヨ(^^)

「酢豚定食 (780円)」

華苑 酢豚定食

思わず仕事を放り投げて、生ビールをグビッとやりたくなるような一皿ww えぇ勿論、理性で抑え込みましたけどね(^^;) この色鮮やかな仕上がりは、目にも美味しい素晴らしきプレゼンテーションです。

華苑 酢豚定食

豚肉はバラ肉では無くロース肉が振る舞われております。 過分な脂質はカットして、甘酢仕立ての極味たっぷり餡を心置きなく楽しんでしまえば、カロリー数なんてモノはどこかへと消し飛んでしまうってものですよ(笑)

華苑 酢豚定食

お約束の“マンガ盛り”はこの日も豪快ww 酢豚の餡だけでご飯一膳頂けそうなんですけど(^^) あぁ、勿論そのような大人気ない事はしませんヨ。 この一膳ごはんだけでお腹一杯です(^^;)

そう言えばこの日のお茶は、ローズヒップ・ティーだった(*^_^*) ハーブ・ティーなんて久しぶりぃ~♪

「麻婆豆腐定食 (680円)」

華苑 麻婆豆腐定食 (麻辣レベル2)

下手に“麻辣マシ”なんてリクエストしてしまうと、翌朝のトイレも辛くなるのは自白の明でございまして、今回はとっても控え目に“臨死しない程度の麻辣マシ”とお願いしてみますww

華苑 麻婆豆腐定食 (麻辣レベル2)

どうやら工藤シェフには、ちゃんとその意志は届いたようでして、極めて端正な日本人好みする麻婆豆腐となりましたヨ♪ 豆豉(トウチ)と花椒が押し上げてくる奥ゆかしくも華やかな辛味は、不得手な方にでもこれをキッカケに好きになって頂けるのでは無いかという期待も(^^)

この手の辛味の勘所って主観のやりとりだから面倒臭い訳です。 工藤シェフ的には、概ね5段階にランク分けしているっぽいです。 デフォがランク1ですが、これはお子様をはじめどなたにも楽しんで頂けるレベル。 安易に麻辣マシとお願いしますと、レベル3クラスが供されます。 こちらは無芸的には充分にHOTなレベルでして、翌朝後悔するかもってレベルですww

今回所望してみたのはレベル2クラスでしたが、どうやらこの辺がフツーの大人が誰でも楽しめて、麻辣Worldの入り口に立つあたりっぽいです(^^) こんなリクエストの仕方が正しいかは分かりませんが、何度か足を運んで味の手心をやり取りすれば、自ずと見えてくるものかと思われます。

で、話は戻ってこの日の麻婆豆腐定食のごはんが・・・

華苑 麻婆豆腐定食 (麻辣レベル2)

誰がウケを狙えと・・・Σ(|||▽||| )

マダムのイタズラ心っスかね? 既に“マンガ盛り”のレベルを越えつつあるような ∑(*。*;ノ)ノ
ごはんのお代わり自由って宣言しておいて、何故にここまで一気に盛ろうとするのか? もしかするとアタシのリアクションが毎回楽しみになりつつあるのだろうか(>▽<;;

とか何とか脳内思考しているうちに、いきなり手付かずのごはんがお茶碗からこぼれ落ちてきた(゚ロ゚屮)屮 致し方無いので、てっぺんのあたりをザクザクと先に食べまして、ようやくのことで

華苑 麻婆豆腐定食 (麻辣レベル2)

オン・ザ・ライスゥ~~! O(≧▽≦)Oイェ~~イ!

山盛りごはんが崩れないように、ザックザクと麻婆カケホで食べまくり||| \( ̄▽ ̄;)/ |||

あぁ、絶対に食べ過ぎε=( ̄。 ̄;A

「鶏肉と辛子味噌炒め定食 (780円)」

華苑 鶏肉と辛子味噌炒め定食

コチラはお初の定食。 工藤シェフが何かしらとても楽しそうに「ねぇねぇ♪ 辛さはフツーにしておいたから♪ヾ(@⌒▽⌒@)ノ」と言われると、どこまでがフツーなのかと軽くビビった無芸でした(^▽^;)

華苑 鶏肉と辛子味噌炒め定食

まあ実際の処、“ちゃんとフツー”の味付けがされていて、妙にホッとしたりしてww 彩り豊かに盛り込まれてた野菜は、とても良い塩梅に火が入っておりまして、さすが手練れの料理人です。

辛味噌には妙な甘味が付加されておらず、割とストレートな味付けですが、それが故にしょっぱくならないようにしっかりと抑制の効いた調味料の使い方です。

華苑 鶏肉と辛子味噌炒め定食

とても柔らかな鶏肉でして、筋っぽさは全く看取されず。 実は予想していた味とは違っておりましたが、一口食べて「あぁ、なるほど(*´∇`*)」と安心出来るお味でしたヨ。




=2014年初旬に閉店しました= アーカイブとして残しておきます。
本格中華料理 華苑 (かえん)
福島県郡山市堤2-233-1 堤一番館 1F
電話;024-951-0080
営業時間;【昼の部】11:30~14:30 【夜の部】17:00~22:00
定休日;不定休
駐車場;店舗前に4台分+店舗横に4台分


大きな地図で見る
 

そば処 堂坂 ~福島県郡山市冨久山町~

地元の白鳥飛来地、阿武隈川河畔の「白鳥の里」の直ぐ近く開店した「そば処 堂坂」さんを訪問してみました(^^) 確か昨年の夏に開店していたハズですが、何故か今頃まで足を運ばなかったのか不思議です(笑)

そば処 堂坂

ご覧の通り、一般家屋で営業しているお蕎麦屋さんなのですが、一般家庭離れした立派なお庭がありまして、とても良く手入れが行き届いております。 網戸越しに吹き渡ってくる風が心地よくて、芝生の緑も活き活きと輝いております。 お店の方は、あまりプロっぽくは無いので、オーダーから少々時間を要するかも知れませんが、この景色を眺めながら待つのも、また一興かも知れません(^^)

「堂坂そば (1,000円)」

そば処 堂坂 堂坂そば

お店の名を冠したメニューと言う事で、きっとお店の自信作だろうと(^^) ちょっとした組み膳になっておりまして、煮物の他にも、

そば処 堂坂 堂坂そば

海苔巻き?( ̄▽ ̄;) フツーの白米を海苔で巻いただけぇ~♪

そば処 堂坂 堂坂そば

新鮮お野菜のサラダ。 二種類のドレッシングが供されます。

でもって、肝心の蕎麦は言いますと・・・

そば処 堂坂 堂坂そば

これが意外と言っては失礼かも知れませんが、透明感のある見事な細打ち十割蕎麦なんですねw( ̄▽ ̄)w 新蕎麦はまのだですので、風味こそ楽しむのはちょっと先になるでしょうけど、程良く角の立った蕎麦は歯触りも良くて、頃合いの茹で加減でしたヨ♪

これだれハイレベルの蕎麦が出てくるとは望外の喜びだったのですが、その反面ワサビがチューブ絞りだったりしたのは興醒めでした。 これだけの蕎麦を仕上げて来るのに、何故にそこで手を抜くのかがイミフです。 漬けダレはシャープな辛口タイプです。 これは好き好みがあると思うのですが、決して方向性は間違っていないと思います。

ただ、本当に自分の好みを基準に言ってしまいますと、宗田節の旨味をもっと豊富に取り込んでも良いのでは無いかと。 カエシの角もちょっと立ちすぎのような気がします。 これらの勿体ない要素は全て、この立派な蕎麦が飛び抜けて秀でているから目立ってしまうのです(〃´o`)=3 もちっと詰めれば、格段にバランスが良くなると思われるだけに、今後に大いに期待しておきたいです。

また、このお蕎麦屋さんは、どうやら庭石事業を行っている会社が興しているようです。 道理で立派な石組みな訳です(^^)




そば処 堂坂
福島県郡山市冨久山町堂坂字夢田219
電話;024-941-1901
営業時間;11:00~15:00
定休日;火曜日
駐車場;敷地内と敷地向かい側に合計20台ほど


大きな地図で見る

 

CATS in THE PARK 21

先週に続き、「ニャンコ公園」に行って来ました。 と言うのも、既報の通り、ここに3匹の仔猫が置き去りにされたとの情報が寄せられており、その様子が気になっていたからです。 Blog仲間の「写真でも撮ってみようか!」 (URL) のAuthor・きゅうじさんが、程なく現場を確認してくれました。

置き去りにされた茶トラ三兄弟は、親猫から引き離されていきなり公園に置き去りにされた訳です。 普通に考えてとうてい生き抜いて行く事は出来ません。 ここで考えもしなかった事に、ナント5匹の仔猫の三毛猫母さんのところに合流しちゃったみたいなんですヽ(^◇^;)ノ

この仔猫達にとっては、正に不幸中の幸い。 三毛猫母さんの仔猫達の方が、若干早く誕生していたようですが、混じり合ってしまったら、仔猫同士も三毛猫母さんも、もう分からない状態みたいですww 自然界に活きる動物には、稀にあり得る事らしいです。

CATS in THE PARK

こちらの姿を見つけた三毛猫母さん、今まであり得なかった事ですが、自分から駆け寄ってきましたよ。 懸命に自分の窮状を訴えているかのようです(T△T) すっかり消耗しきっているのが分かります。

この三毛猫母さん、もともと小柄な躰で5匹の仔猫達を育てていたのに、ある日突然8匹に増えちゃったのですから大変です。 乳が足りなければ仔猫は自然淘汰されて、育ちうる子供だけが残るのが摂理です。 この一週間、自分の身を削って懸命に仔猫達の命を繋いでいたんですね。

CATS in THE PARK

置き去りにされた仔猫の中の1匹。 見るからに栄養状態が悪く、ギリギリに命を支えているのがやっとです。 しかも感染症に罹っているらしく、目元が大変な事になっています。

CATS in THE PARK

まだ乳飲み子レベルの仔猫達は、三毛猫母さんが身を横たえればあっと言う間に乳を求めて集まって来ます。 三毛猫母さんはただ体を横たえながら、本能的にそれに応えようとするんですね。

CATS in THE PARK

以前からこの三毛猫母さん目力には、ドキッとさせられる事が度々でしたが、この日の眼差しには一種鬼気迫るものを感じました。 命を賭して子を守る母の決意が溢れ出ているかのようで・・・

CATS in THE PARK

7月下旬に確認していた、ボス猫茶トラの三匹の仔猫達は、暫く姿が見えなかったのですが、この日は成長した姿を現してくれました。

CATS in THE PARK

3匹揃って元気そうなのが救いです。 ただ、母さん猫が怪我を負ってしまいましたので、その回復具合が気になります。 公園に棲む猫達は、日々厳しい生存競争の中を生き抜いている事が分かります。 傍らでその様子を見ている自分は、安易に手を差し伸べる事も出来ず、愛らしい姿に癒されているくせに、常に深いジレンマを持ち帰っております。

さて、ここでもう一つ新たな展開がございました。 無芸に3匹の茶トラが置き去りにされた事を知らせて下さった「おかたん」さんが、無芸が「ニャンコ公園」を訪問した同日、この衰弱していた仔猫の中から、何とか捕獲出来た3匹を保護されました。

日曜日ではありましたが、何とか動物病院を探し出して受診させました。 かなり衰弱していたと言う事で、高価な栄養食を摂らせ、「猫ウイルス性鼻気管炎」との診断から、目薬や抗生剤の処方を受けました。 結果、仔猫達は見る見る元気を取り戻しつつあります。 獣医さんの診断によると、今週中くらいには、すっかり全快するであろうとの事です。

保護猫

「おかたん」さんご夫妻宅には、18歳になる先住猫がおり、一時的に保護はしたものの、現状ではとてもこの仔猫達を飼う事は出来ません。 先住猫にとっても、この仔猫達が同衾しているだけで、かなりのストレスを受けているのは明らかです。 この一時保護に関しましても、一夜考えた上で見殺しには出来ないという判断から踏み切ったそうです。

そこでこの記事をご覧頂いている皆様方にお願いです。 この保護猫を家族として受けて入れて下さる方を探しています。 もしお力添えを頂けるようでしたら、ありがたい限りですが、もし叶わないとしても、里親探しにご協力を頂けたら幸いです。

この仔猫達が温かい家庭に招き入れられて、新しい家族として喜びを分かち合えるなら最高です。 保護されている「おかたん」さんは、これを機にBlogを開設されました。 どうかお目通りを頂きまして、里親探しのお手伝いを頂ければ幸いです。

「にゃかんぼ日記」 (URL)

まだBlogの扱いに慣れておられませんので、画像のリサイズなどが出来ておりません。 程なく解決致しますので、最初はプレビューが重い事をどうかご了承下さい。

この仔猫達へのお問い合せは、上記「にゃかんぼ日記」のコメ欄か、場合によっては無芸のメールフォームからお送り頂いても結構です。 また里親探しのご支援は大歓迎です! 必要な画像やリンクなど、何なりとお申し付け下さい。 

郡山大勝軒 ~福島県郡山市富田町~

毎度お馴染みの「郡山大勝軒」です(^^) 吹く風にも秋らしさが増して来て、いよいよラ~日和となってきた今日この頃です。

お店まで辿り着いたら、既に夕刻になっておりましたもので、夕刻からの限定メニューにもついつい手を出してしまいましたが(^▽^;)

「つけ麺 中盛 (700円+0円)」

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

かなりハラペコ状態でしたもので、久しぶりに中盛を所望致しました(^^) 並盛用の丼と違い、中盛と大盛は共通の白丼です。 久しぶりに白丼を見ましたワ(^^)

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

何やら最近小麦粉の配合を小変更したそうですが、私が如き味覚ではその差を認識することは出来ませんでした。 と言うよりも、いつもと変わらぬ小麦の香りとしなやかな舌触り、そして程良い歯応えと共にブツッと歯切れる麺はもはや盤石です。

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

夕刻のスープは、やはり一段と濃厚さが増すようです。 実はこれより先のこと、珍しく早めの時間に訪問しましたら、

「スープのスペックを変えたの?!w( ̄△ ̄;)w」

ってくらいの違いよう。 思わず店長に味を確かめて貰ったくらいです。 するとあっさりと、

「今の時間ですと、これくらいの濃度ですよ(^^) 無芸さんはいつも夕刻の濃ゆ~い時間帯にお出でだから、きっとそれが基準になっておられるのでしょう。」 とのこと。

はっ!そうだったのかノ( ̄0 ̄;)\ 訪問時間帯によって、ここまで味わいが違うとは、少しばかり自分の認識が甘かったようです(^▽^;)ゞ

この日は夕刻タイムゾーンでしたので、自分的に慣れ親しんだ味のゾーンに納まっていましたよww

郡山大勝軒 つけ麺 中盛

例によって甘酸っぱ系の漬けダレには、自分の好みによりレンゲで2/3の酢と小さじ2杯のラー油を追加。 味のディテールがグッと引き締まるのでお薦めですよ♪

「チャーシュー丼 (300円)」

郡山大勝軒 チャーシュー丼

この日はいつもの“チャーシュー職人”君では無く、次代を担う若手の作(^^) 若手の養成とモチベーションの向上の為にも、頃合いを見計らって積極的に色んな持ち場を修得させると言うのは、とても良い事ですね。

実は常に進化を続けているこのチャーシュー丼は、今回はかなり大きく手が入っておりました。 より食べ応えのあるようにと、更に大判サイズにされた他、粗挽き黒胡椒をまぶしてから焼きを掛けるなど、積極的に変化を掛けています。

郡山大勝軒 チャーシュー丼

確かに過去記事の写真と見比べてみても、チャーシューのサイズアップは顕著です(^^;) 粗挽き黒胡椒によるスパイシーさの演出は、今ひとつ効かせ方に工夫が必要に思えました。 あまりイジリ過ぎると、最初に見いだしていたバランスから掛け離れてしまいますので、もしかすると足し算の味造りだけでは巧く行かないかも知れませんね。




郡山大勝軒
福島県郡山市富田町乙路後18-1
電話:024-935-4262
営業時間:11:00~21:00(スープが無くなるまで)
定休日:毎週水曜日
駐車場:店舗前に4 台分 店舗横の指定駐車場に12台分くらい


大きな地図で見る

 

こだわりの大衆食堂 とんと ~福島県郡山市昭和~

郡山市の東部幹線道路沿いにある「こだわりの大衆食堂 とんと」さんを、ようやく訪問してきました。 以前はトンカツと支那そばのお店として、永年に亘って暖簾を掲げておられたのですが、昨年あたりでしょうか、突然のリニューアルが行われまして、夜の居酒屋営業の強化が図られた模様です。

こだわりの大衆食堂 とんと

トンカツ&支那そばの専門店時代に訪問した事がありましたが、かなり昔のお話でして、さすがにその記憶も曖昧になりつつあります(^▽^;)ゞ 一つだけ鮮明に覚えているのは、最後に訪れた日は食事中に北海道を震源とする大地震が起こったこと(^^;) 多分郡山は震度3くらいだったと朧気ながら記憶しておりますが、今の感覚で言えば「ちびっと揺れた(*´ー`)」って程度ですけどねww

さて、本題に戻りまして“新生とんと”の暖簾を潜ってみます。 店内はすっかり“飲ませる気マンマン”な居酒屋風情に変貌しておりまして、キッチンも客席から素通しで丸見えになっていました( ̄∇ ̄ ;) ほとんど、以前の雰囲気は払拭されており、壁面には所狭しと紙に書き出された品書きの短冊が貼り付けられていますww

何を食べるべきか迷ってしまうほどのこだわりの見えない幅広い品書きww 何でもアリの弊害を身を以て知らされるハメになりますが、メニューに小さく書かれた「お薦め」のアイコンを信じて「五目あんかけ焼きそば (880円)」を頂いてみる事にします♪

とんと 五目あんかけ焼きそば

素通しのキッチンから盛大な炒め音が聞こえてきて、期待を押し上げてくれたのですが、ご覧の通りお野菜はタップリと盛られていまして、餡もダックダクと大サービスww

とんと 五目あんかけ焼きそば

お約束の練りカラシが添えられている訳ですが、未だに何故にあんかけ焼きそばに練りカラシを組み合わせるのかは納得出来ません(- .-)ヾ ボクの味覚ではマッチするとは思えないのですがね・・・ これは単なる彩りだと自分に言い聞かせるのが常でございます。

とんと 五目あんかけ焼きそば

麺はちょい細麺タイプでして、適度な焼き色が付けられています。 あんかけ焼きそば用としては、少々細すぎであるような気もしますが、ツボにハマればそれ自体が個性派として喜ばれる事でしょう。

とんと 五目あんかけ焼きそば

この細麺タイプを意識してでしょうか、餡のトロミは弱めに抑えてありまして、程良く麺に絡みついてくれます(^^) 旨味は強すぎることなく、塩味もバランスの取れたもの。 野菜の火の通り加減が上々でして、シャキシャキ感を残していたのは流石手練れの腕の良さです。

出来たては熱々の油が一緒に盛り込まれておりまして、油断しようモノなら容赦なく口の中に火傷を負うかもww 並盛りでお願いしましたので、ボリューム的には極々フツーでして、とりたててサプライズはございません。 そんな訳で、一般的な胃袋の女性でも難無く完食できるものと思います。

果たしてメニューの筆頭を飾っている「醤油ラーメン (480円)」は、以前のあの「支那そば」のソレであるのかがとっても気になりますo(*^^*)o




こだわりの大衆食堂 とんと
福島県郡山市昭和2-18-23
電話;24-943-1845
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~21:00
      ※日祝祭は通し営業
定休日;金曜日
駐車場;店舗前に20台以上


大きな地図で見る
 

デセール カワウチ ~福島県耶麻郡猪苗代町~

先週の日曜日のお散歩ドライブです。 この日は秋雨の影響もあり、好天に恵まれる保証がなかったので、早朝の写真撮影は控えておりました。 まぁ、実際の処、蓋を開けてみれば、出掛けなかったことが少々悔やまれる結果ではありましたが、そんな日もあるってものです。

午後から無芸大食妻と二人、猪苗代町の方へと出掛けてみました。 無芸とCafeって組合せは、どう考えても無理がありすぎるのは自白の明ですが、たまには家内が歓迎しそうなお店に足を運ぶってのもアリかと思い立ちまして、あの近隣ではNo1と誰もが認めるであろう「TARO CAFE」へと行ってみた。

満員なんてものでは無い 空き待ちのお客様が何組もおられるでは無いか (゚ロ゚屮)屮

サッとお待ちかねのお客様の人数を見て、「こりゃあ暫く待たされるわい(・Θ・;)」ってのが明白だったので、家内の承諾を得て、他のお店へと行き先を変更する事にします。

白鳥ヶ浜の蕎麦畑

ただお店を後にするだけでは悔しいので、「TARO CAFE」の駐車場から猪苗代湖の方を眺めると、蕎麦畑に白い花が咲き始めていました。 駄賃に1枚撮っておいて、一応「TARO CAFE」にも来訪しようとしたんだヨ、と言う足跡を残しておきます(笑)

近場で遅いアヒルごはんを摂るのなら、猪苗代駅前の「かくだい食堂」さんにも大いに食指が動くと言うものですが、味の確かさ佳としても如何せん女性連れ向きとは言い難い(^^;) 確か今年になってから開業したCAFEがあったハズだと、猪苗代駅前の観光案内所を訪ねてみると、ちゃんとお店を紹介するMAPが用意されていまして、

「あぁ!なんだあそこだったのか!( ̄∇ ̄*)ゞ」って事で車を走らせます。

comaya猪苗代店

「comaya猪苗代店」さんです(^^) 意気揚々と店内に進みますと、ホール係の男性がお相手してくれます。

「お客様、お持ち帰りですか?それとも店内でお召し上がりですか?」

テイク・アウトって事は、多分スィーツか何かの持ち帰りの事かね? わたしゃ軽食を頂きたかったので、イート・インを所望しました。

「誠に恐れ入りますが、本日は売り切れにつき、終了させて頂きました(=´Д`=)ゞ」

(だったら最初からそう言って!┐(-。ー;)┌)

どうも齢50にもなりますと、どうにもセッカチになってくるものです。 況してや小腹が空いていたから、尚のことってものです(恥) さて困ったなぁ~

観光案内所で頂いたMAPを広げてみたら、

「あっ? あぁ~~?! このお店、行ってみたかったんだぁ~!o(@^◇^@)o」ってお店を見つけました。 当然直ぐに転進です♪

デセールカワウチ

「デセール カワウチ」 このお店の名前は、何度となく耳に届いておりました。 洋食レストランとケーキや洋菓子の小売部を備えたお店です。 お店の名前からして「デセール(デザート)」ですから、きっと極上なスィーツが自慢なのは明白です(^^)

先客様がスパゲッティを召し上がっておられましたが、私達は別な目論見を次に控えておりましたので、敢えて食事では無くおやつを頂くとします。 自家製のショートケーキに飲み物を合わせた「ケーキ飲み物セット (630円)」と言うのがありましたのでこちらを所望してみましょう(^^)

店内に展示してあるショートケーキ数々から、好みの一点を選べます。 丁度ご店主様が、お店の顔と言うべきモンブランが仕上がったとお薦め下さったので、迷わずコチラを頂いてみます。

デセールカワウチ モンブラン

文句なしに美味いです♪(* ̄∇ ̄*) クラシカルなレシップを忠実に再現していますね。 今やこういったタイプのモンブランはちょっと稀少になっているかも知れません。 

ダーク・ラムの芳醇な樽香が甘いバニラっぽい風味をしっかりと底支えしています。 結構ガチで使われていますので、お子様にはちょっとばかり刺激的かもww 多分、洋栗のペーストを使っていると思いますが、濃醇さがしっかりと伝わって来まして、食べ応えのあるテイストに大満足でした♪

デセールカワウチ

こちらは無芸大食妻の所望品。 うっかり商品名を忘れてしまいました( ̄∇ ̄*)ゞ でも特に意表を突くようなタイプではありません。 そのビジュアルから想像されるかのように、苺の酸味と清々しい新鮮味が活かされた、サッパリとした味わいでしたよ。

クラシックな味筋をしっかりと楽しませてくれるお店がこんなところにあったとは♪ これは今更ながらですが、無芸的にはちょっとした発見となりました(*^_^*) また機会を作って訪問してみたいお店です。

さて、締めくくりは食べ損ねてしまっていたアヒルごはんを摂らねばなりません。 無芸大食妻を連れ立って訪問した事の無かった「くいものや ラ・ネージュ」さんへとハシゴですww 既に広く知られている通り、手打ちそばの美味しさと共に、ソースカツ丼の美味しさも刮目すべきレベルのお店です。

休日のお昼時は、開店30分前には行列が出来はじめる人気店です。 日曜日の夜の部営業なら、そう待たされることなく楽しめるであろうと踏んでの訪問でした。

くいものや ラ・ネージュ

夜の部は17:30からのハズですので、15分前には駐車場に乗り付けまして一番釜を狙います。 店内では開店に向けて準備が進められているようですo(^^o)(o^^)oワクワク 定刻には店内の照明に火が灯り、いよいよ開店か?と思ったのですが、待てど暮らせどロックは解除されません・・・(〃´o`)=3

もしかすると、日曜日の夜の部は営業していないのか?ってくらいの妄想が始まるほど待ち続けましたが、とうとう日暮れも近づいて来て、これでは私達夫婦の方がタイム・アップですorz 仕方なく今回は諦めて帰途に就く事にしました。

私達が諦めた頃に、別のお客様も到着されましたが、照明に灯が入っているのにいつまでも開店する気配のないお店に、かなり当惑されていたようです。 きっと仕込みの遅れなど、やんごとなき理由はあるのでしょうが、自ら決めた開店時間に客が合わせて来訪しているのです。 店内に招き入れることが出来ないにしても、せめて顔出しして「もう少しお時間を下さい」とか、何かしら開店の手掛かりになる案内が頂けたら嬉しかったですねo(´д`)o 客商売って、そんな小さな事で印象が大きく変わってしまうものです。
 

ふじみ食堂 ~福島県郡山市細沼町~

近くを通りかかる度に再訪したかった「ふじみ食堂」さんを、半年ぶりにようやく伺いました。 先の震災にもつまずくことなく、こうして暖簾が掛けられ続けていたのは本当に幸いなことです。

ふじみ食堂

昔ながらのお屋敷町の風情を少しばかり残している場所ですが、この道の先には大型ショッピングセンターもありまして、人の出入りのギャップが凄いところでもあります。 ありがたいことに通し営業をしてくれていますし、ちゃんと駐車場も用意されていますので、本当のところは私にとっては良いことずくめなお店です。

ふじみ食堂 手打冷し中華 大盛

見るからにプリプリな「生卵」!! 見て下さい、この美しい色合いと、箸で押したらプリッ!と弾力のありそうな出で立ち♪

グッとカメラを引いてみますと・・・

ふじみ食堂 手打冷し中華 大盛

って事で、夏の名残がまだ楽しめる冷や中でした♪ ↑のフレーズは使い回しネww 以前レポ挙げした「サッポロラーメン コタン」さん (過去記事) の冷や中にも、この缶詰黄桃が鎮座しておりましたヨ(*^▽^*)

ご承知の方もおられると思いますが、ここ「ふじみ食堂」さんは、市内中町R4沿いの名店「サッポロラーメン コタン」さんの姉弟店です(^^)

コタンさんのご主人様の実姉様が、ふじみ食堂のさんの女将さんです(^^) でもって、自家製麺の手打ち麺で知られるコタンさんの個性的な麺は、こちらにも提供されております。

ふじみ食堂

相変わらず店内の壁面は、頂き物のカレンダーが所狭しと張り付けられておりますが、手描きのメニューを見て見ますと、冷や中は麺のスペック別で2種類あるではないですか!w( ̄▽ ̄;)w 手打ち麺の提供元たる「コタン」さんでは、自家製手打ち麺は選べなかったハズですから、これはもしかすると望外の面白さが楽しめるかも♪

「手打冷し中華 大盛 (600円+50円)」

ふじみ食堂 手打冷し中華 大盛

やはり姉弟店と言う事からか、「コタン」さんの冷や中と類似性の高いトッピング類です。 “大盛CALL”をしましたら、お皿のサイズが一つだけだったようで、とっても窮屈そうに盛られてきましたヨww

ふじみ食堂 手打冷し中華 大盛

錦糸卵ではなくて、固茹でのゆで卵が彩りを添えているのも特徴です。 実際には意外と相性は悪くなくて、フツーにマッチしていましたよ(笑) 脂質が固まるのが当然たるチャーシューを敢えて使わずに、ハムを使っているのも「コタン」さんと同じです。

ふじみ食堂 手打冷し中華 大盛

「ふじみ食堂」さんにあって「コタン」さんに無いものと言えば、先のゆで卵とナルトの細切りです。 あぁ、それからキュウリの細切りがイカダになっていたのはご愛敬と言う事でww

ふじみ食堂 手打冷し中華 大盛

こうして再び見てみますと、この手打ち麺は、まるでフィットチーネのようでさえありますネ(⌒▽⌒;) しかも下手な生麺タイプのフットチーネよりも、よほどしっかりとした歯応えがあり、舌触りの良さも突き抜けているかも知れません。

タレのお味は、しっかりとした甘酸っぱさを伝えてくるタイプでして、個人的にはとても好きな方向性です。 ゴマ油による風味付けは行われておらず、この辺は食べ手の好み次第でしょう。 極めてメリハリのあるお味なのですが、麺がご覧の通りの平打ち極太麺で、タレは良く纏うものの、決して麺には染み入らないタイプですもので不当に味の濃さに苛まれる心配は全くありません(^^)

マヨの必要性も全く感じなかったと言うよりも、ストックの状態で上々に美味しさに満足してしまったと言うのが事実かも知れません(^▽^;)ゞ コスパの良さも立派なものですし、これは知っている人だけが得をするってものかも(^o^)




ふじみ食堂
福島県郡山市細沼町7-11
電話;024-923-6870
営業時間;11:00~18:00
定休日;日曜祝祭日
駐車場;店舗南側の一軒隣に5台分


大きな地図で見る
 

あじよし食堂 ~福島県郡山市小原田~

初めて暖簾を潜ったきり、既に1年以上が経ってしまった「あじよし食堂」さんなのですが、このところ度々脳裏に甦っていた、あの忘れがたきカレーライスの味を求めて再訪致しました(^^) 先の震災の爪痕は、少しばかり建物の外壁に残されてはおりましたが、おばちゃんは相変わらず元気そうでした。 まだまだ現役続行が期待出来そうですねo(@^◇^@)o

あじよし食堂

本当はストイックにカレーライスを大盛でガツガツと頂くつもりだったのですが、暖簾を潜ればカウンター席の先客様が、これまた決意を鈍らせるらーめんセットをお楽しみになっていますo( ̄ー ̄;)ゞ

って事で、最初の決意はどこへやらww 結局は「らーめん+半カレー (800円)」を所望してしまいました( ̄∇ ̄*)ゞ

あじよし食堂 らーめん

丼が変わっていましたw( ̄△ ̄;)w 以前は模様入りの白丼だったのですが、今は薄い藍色の無地丼です。 先の震災の爪痕が、こんな処にも残っていたんですね。 過去記事をチェックしていたら、スープの色合いがあまりにも違って写っていたので気が付いた次第です。

でもイカダになっているネギもお約束通りですし、モモ肉チャーシューや少し大きめなメンマといい、以前と何ら変わらぬ風情が待っています(^^)

あじよし食堂 らーめん

豚ゲンコツや鶏ガラからとられたと思われるベーススープは、派手さこそありませんが、しっとりとした旨味が感じられます。 今風の旨味で押し通すような感じでもなければ、昭和中期の“出汁の旨味が所在不明”みたいなテイストでもありません。 永年培われたバランスの良さを堪能させてくれる極めて稀な昭和の残像を思わせるものです。

醤油タレは程良く効いており、キレの良さがありながら、余韻の良さが故に箸が止まらなくなりそうな魔力がシッカリと折り込んでありますね(^^) この味を求めて、永らく足を運び続ける常連様方が沢山いるのも至極当然でしょう。

あじよし食堂 半カレー

そしてコチラが見事にハマった懐かし系カレー(*^_^*) 決してスパイシーではありませんが、きっとラーメン用のスープが効きまくっているであろう事は想像に難くありません。 玉ネギのナチュラルな甘味が見事に引き出されていて、小麦粉炒めのカレールーが、トロッとした舌触りも演出しています♪

あじよし食堂 半カレー

豚肉も結構タップリと入っておりまして、スプーン一杯ごとに口に運ばれるのは、幸せの一杯とも言える至福の昭和テイストです(^^) ごはんの盛り込みの様子を何気に眺めておりましたが、半カレーと言うには随分とモリモリだったような気がしますww きっとまた味の記憶が甦ったとたんに、その魔力に引き寄せられてしまう予感(笑)




あじよし食堂
福島県郡山市小原田3丁目10-21
営業時間;11:00~15:30
定休日;日曜日
駐車場;店舗の向かい側に8台分ほど


大きな地図で見る

 

本格とんこつラーメン専門店 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

昼食を摂る時間がますます遅くなり、夕刻にようやくありつくってのがパターン化してきた無芸です(^▽^;) そんな訳で“我が心の花カツミ”の暖簾を潜るのも、もはや「昼カツミ」では無く「夜カツミ」と化している今日この頃です。

そんな背景もあって、一時は“大盛禁”を健気にも貫いていた無芸ですが、もうエンプティーな空腹感に耐えきれず、再び“大盛World”へと戻って来ちゃいました(^^;)ゞ と、先に自己保身を掛けておきつつ、

「とんこつらーめん 大盛 (580円+20円)」

花カツミ とんこつらーめん 大盛

おぉ~~~♪ 麺量2倍の大盛は流石に手応え満点ですよぉ~♪(^o^) 味はデフォに抑えて、原点回帰を楽しみます。

花カツミ とんこつらーめん 大盛

細かなサシの入ったチャーシューは、サシに沿ってホロッと崩れます。 温和しめ味付けに抑えられているらーめんにマッチするように、しっかりと味の染み入るように誂えられています。

花カツミ とんこつらーめん 大盛

たっぷりモヤシの量も、実はちゃんと見届けてみますと、大人の手に余るほどのボリュームがありまして、普段の食卓でこれだけの野菜を一気に摂食する男性はほとんど居ないのではないでしょうか? 炭水化物をしこたま食したつもりなのに、いつの間にか負けず劣らぬ野菜を摂っているってのもマジックですね。

花カツミ とんこつらーめん 大盛

この日は細麺仕様で頂きましたが、例によって心地佳いプッチプチな食感が楽しめまして、クリーミーで上品なとんこつスープを存分に持ち上げてくれます。 自然派らーめんで、これだけの滋味を感じさせるスープは、そう滅多にお目に掛かれないでしょう。




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 「花カツミ」
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る




拙のBlogでお世話になっているFC2は、丁度私が筆を取ろうと思った時分には、ユーザー数の規模では国内第3位のサプライヤーさんでした。 海外サーバーと言う事で、1IDあたりの画像使用容量が1GBとその頃としては破格の大判振る舞いでした。

私はその頃からデジタル一眼レフカメラで写真撮影を楽しむようになりまして、その作品の発表の場としてBlogを楽しみたいと思っておりましたので、このキャパシティーの余裕は代え難い魅力でした(^^) また国内のサプライヤーさんは、主にIPSが興していたのですが、度々サーバーの不調で公開停止が続いたり、せっかく挙げた記事がサーバーから消滅してしまったりと、結構トラブル続きだったものです。

そんな経緯もありFC2でスタートを切って既に5年半ww 年間の写真画像の容量からして、10年ほどは不自由しない・だ・ろ・う と思っていたのですが・・・

ファイル容量増加申請

いつの間にか写真点数は1万点を大きく超えまして、使用容量は80%を越えてしまいました(^▽^;)ゞ この分で行きますと、あと一年ほどでファイル容量が足りなくなりそうなのですが、数ヶ月前に使用量が80%を越えているUSERは、ファイル容量の追加申請を受け付けてくれる事になっておりました(^o^)

申請するのは勿論USERですが、容量の追加の決定は、あくまでもFC2さんの一意で決するとの事。 万一認められなかったとしても、その理由は開示しませんって・・・(^^;) うぅ~~ん・・・ ボクのBlogはセーフなのかなぁ~ まだまだ残量に余裕はあるけど、ボタンをポチして追加申請したら、どんなプロセスが待っているのか興味津々ww 
 

CATS in THE PARK 20

約1ヶ月ぶりに「ニャンコ公園」を訪問してみました。 早速姿を現したのは和猫三毛(=^. .^=) ご近所様宅の庭から悠然とやって来ました(^^)

CATS in THE PARK

相変わらずキッチリと距離を取る子でして、そう易々とは触らせてくれそうもありません(^^;) それでも半年前くらいから比べると、自分から寄ってくるようになっただけでも大いなる進歩かなww

CATS in THE PARK

子宝母さん猫は、サクサク近寄ってきますが、三匹の仔猫の姿は見えません。 まだ親離れするのには早過ぎると思いますので、どこかに身を隠しているのかな?

CATS in THE PARK

公園内のもう一つの生息エリアに行ってみると、ナント仔猫がデビューしていました♪ そぉ~~~っと近寄って、かわいいお尻をパシャッ!

あひゃ~~~♪ 仔猫萌ぇ~~~~~! O(≧∇≦)O

CATS in THE PARK

昨年も懐妊していたハズなのに、ついぞ仔猫が確認出来なかった三毛ニャンでしたが、今回はこうしてお披露目して貰えましたヨ(^^) 数えてみたら5匹の仔猫。 ベロ出しが父猫のハズですが、そっちに似ている子は一匹もいなかったww

CATS in THE PARK

「ウチの子だから」とでも言いたげな三毛ニャン。 うん、分かった分かったヽ(^▽^;)

昨日寄せられた情報によると、更に三匹の仔猫が増えたそうです。 ただし、大変腹立たしいことに、公園に置き去りにされたらしいです。 生後三週間ほどと言う事ですが、人手で飼われていた仔猫が、親猫の庇護も無しに生き抜くことは困難です。 発見して情報を送って下さった方も、どうして良いか困り果て、深く心を痛めておられます。

酷過ぎる。。。 家飼いの猫には、妊娠を望まないなら、避妊・去勢処置を施すってのは最低限のルールでしょ! しかも「ここなら誰かが拾うだろう」なんて、身勝手極まりない無責任さ。 こんなハナシを聞くのも書くのも、辛いものです。