FC2ブログ

支那そば 幸雲(こううん) ~福島県須賀川市大袋町~

日曜日の夕刻近くに、須賀川市のJA須賀川・岩瀬支所前に植栽された16haの向日葵畑に行ってみました。 植密度が高く、凄い凝縮感のある絵に出会えましたが、運悪く夕立に遭ってしまいまして、結局たった一枚も撮影することなく撤収Σ(T□T)

「ピーチタルト」(閉鎖済み)のAuthor・シフォンさんの情報によると、2011年8月28日(日)には、岩瀬支所の駐車場内で「いわせ悠久まつり」というのが開催されるそうです。

実は先の震災で藤沼湖のダムが決壊したことで、悲しい犠牲者がでてしまったばかりか、農業用水の調達にも大変深刻なダメージがありました。 今期の耕作を断念せざるを得なかった水耕田に、希望の光を求めて向日葵の種が撒かれたそうです。 そのスケールたるや、国内でも最大規模にあたるそうでして、私が訪問した時にも、かなりのものに思えましたが、実はまだ1/5ほどしか咲いていないそうです∑( ̄[] ̄;)!

このお祭りの頃には、もっと沢山の向日葵が咲き競っているかも知れませんね(^^) あっ、そうそう。 このお祭りのゲストには、ナント“伊藤咲子”さんがお出でになるそうですw( ̄▽ ̄;)w

って事はアレだ・・・ 「ヒ・マ・ワ・リ・□・□・□」 (←□の中は連想してネww)

さて、そんな訳で駄賃も無しの手ぶらで帰路に就く事になった訳ですが、遅いアヒルごはんを頂こうと思いまして、久しぶりに「手打ち中華 伏龍」さんに立ち回ってみたら、開店していないんですよ┐( ̄ヘ ̄)┌ もしかすると昼の部だけで完売しちゃったんですかね?

って事は、まだ訪問していなかったアノお店に行ってみようと言う事となり、カーナビで探ってみたらちゃんと業種別の項目に掲載されていた♪ ヨシヨシ、それではソッチに行っちゃうゾo(@^◇^@)o

と、言う事で「支那そば 幸雲 (こううん)さんです(^^)

支那そば 幸雲

夜の部は17:30からでしたので、夕立の雷鳴の響く駐車場で少しばかり待ち合わせww 一番暖簾を潜りまして、まずはお店の看板メニューを頂いてみることにしました。

「特製ワンタン麺 (850円)」 醤油味と塩味から選べるので、私は醤油味を所望してみます。

幸雲 特製ワンタン麺(醤油)

随分と丁寧な仕事なのでしょうか、調理時間はちょっと長めです。

幸雲 特製ワンタン麺(醤油)

特製ワンタン麺は、伝家の宝刀・自家製ワンタンの肉餡詰めとエビ餡詰めがそれぞれ3個・合計6個が載せられてくる豪華版。 海苔がフニャになってしまっているのは、撮影のタイムラグと言う事でご勘弁をww

幸雲 特製ワンタン麺(醤油)

チャーシューは二種類。 豚バラ肉と言うよりもロース肉に近いロールチャーシューと、白河とら系に見られる、燻製仕立てのカブリ肉チャーシューです。

実を言いますと私は、この日まで「支那そば 幸雲」さんを白河系の流れを汲んだお店だとばかり思い込んでおりました(汗) それはとんでもない思い違いであることは、丼を目の当たりにした瞬間に悟ることとなりました(^^;)ゞ 多分このカブリ肉とワンタンって組合せで、頭の中で勝手にパズルを組み合わせちゃっていたんでしょうね。

幸雲 特製ワンタン麺(醤油) 肉ワンタン

肉餡詰めのワンタンは、ギシッとした肉の存在感を伝えてきます。 ワンタンの皮は、とら系の“天の羽衣”とも称される極薄で軽やかかつ滑らかな舌触りとは正反対です。 やや厚手でスープの中で置き去られていても、スープを吸い込んで自己崩壊しないタイプのシッカリ系です(^^)

幸雲 特製ワンタン麺(醤油) エビワンタン

エビ餡のワンタンも同じ仕様の皮で包まれており、エビ自体のプリッとした食感を伝えて来ますヨ(^^)

幸雲 特製ワンタン麺(醤油)

麺は角断面の中細ストレートでして、若干加水率が低めでしょうかね? プツッとした歯応えを伝えて来ます。 スープの絡みはそんなに感じられません。 個人的にはちょっと熟成させた方がもっと美味しく楽しめるのではないかと想像します。

スープ自体は旨味調味料を用いない“自然派”仕立てとなっています。 確かに味の不協和音は感じられませんが、チー油などで補強して醤油タレの加減をモチッと強くしたら、自分の好みにグッと近づくような気がしました。

今回は初めての訪問と言う事で、ALLデフォで楽しませて頂きましたが、もしチューニングを受け入れて頂けるようでしたら、何かと楽しみの幅は広がる気がします。

幸雲 特製ワンタン麺(新塩)

尚、こちらは塩味仕立ての「新塩」です。 ビジュアル的にもこちらの方が、より幸雲さんらしい気がします(^^) とてもサッパリとした軽快な味わいですので、スープまで完飲したい方には丁度良いかも知れません。




支那そば 幸雲
福島県須賀川市大袋町182-1
電話;0248-72-1628
営業時間;【平日・昼の部】11:30~14:30 【平日・夜の部】17:30~19:15
     【土日祝・昼の部】11:30~15:00 【土日祝・夜の部】17:30~19:45
     【水曜日】11:30~14:30
     ※スープが無くなり次第閉店
定休日;木曜日
駐車場;店舗敷地内に12台ほど