FC2ブログ

本格とんこつラーメン専門店 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

Blog仲間のIcemanさん (URL) の最近のレポによると、“ボクらの花カツミ”が女子高生で賑わっているとの情報があり、そんなバカな事が?!w( ̄▽ ̄;)wとその真偽を確かめるべく暖簾を潜りました(←大ウソww)

本格とんこつらーめん花カツミ

高校生、居ましたヨ w( ̄△ ̄;)w

男子三名ですけど(´▽`)
 モリモリ大盛をお行儀良く食事をして行きました。

なんだ、フツーじゃんww と思ったら、たまぁ~~に女子高生DAYが本当にある・ら・し・い“ボクらの花カツミ”ですo(〃^▽^〃)o

さて、今日のアヒルごはんは、二年ぶりの登場となるつけ麺ですぅ~♪

「二色つけ麺 (800円)」

花カツミ 二色つけ麺

「二色つけ麺」は、お店自慢の二種類の麺が一度に楽しめる趣向でして、きっちり二玉分が盛られていますので、事実上「二食つけ麺」と言っても良さ気な掛詞ww

花カツミ 二色つけ麺

ユキチカラから作られた細麺、デフォの中華麺、そしてモリモリなモヤシの三点盛りとなっていて、自慢の自家製チャーシューは、脂身の部位の無いところが選ばれて、薄切り短冊仕様で麺の上にON。

花カツミ 二色つけ麺

漬けダレは伝家の宝刀・無化調とんこつスープを極めて自然に濃い味調整したもの。 デフォでゴマ風味仕様となるのはお約束でして、ゴマ油+白ゴマが香ばしさのアクセントとなっています。 大勝軒系統の甘酸っぱい系では無く、シャープな塩味とスープの旨味で食べさせるタイプです。

花カツミ 二色つけ麺 ユキチカラ

こなた、ユキチララの細麺(^o^) 加水率やや低めで、熟成は浅くしてあります。 色合いは美白なホッソリとした風合いです。

花カツミ 二色つけ麺 ユキチカラ

細麺仕様ですので、麺と麺の間にも漬けダレが纏わりまして、まるでジャブジャブといった感じで持ち上げます。 冷水で締められているので、独特のポキッとした食感がより鮮明に伝わってきますが、キッチリと麺には火が通っていまして、妙な歯触りや未熟な風味は感じられません。

花カツミ 二色つけ麺 中華麺

かたや中華麺。 軽くウェーヴの掛けられた中麺タイプで、やや加水率は高めで適度に熟成が施されています。

花カツミ 二色つけ麺 中華麺

太麺などとは違った食感ですが、モチッととまでは言いませんが、プッツンとした歯切れでして、こうして二種類を並べて食べ比べが出来る事の楽しさは大アリです(^o^) ウェーヴに纏わり付いた漬けダレは、ちゃんと口の中まで届けてくれますし、歯応えばかりか食感の複雑さも楽しめます。

花カツミ 摺りカラシ

頃合いで卓上調味料から摺りカラシを漬けダレに投入。 塩味中心だった漬けダレに、辛味成分が加わる事で、味の重なり方に幅が出てきます。 二種類の麺を交互に楽しみながら、二玉の麺はあっけなく完食ww

ここでお初のトライで、「スープ割りってアリっスか?(* ̄∇ ̄*)」と尋ねてみたら、フツーにアリらしい。 濃い味仕様の漬けダレですので、少しスープで伸ばして頂きましょう。

花カツミ 二色つけ麺 スープ割り

マイッタ(⌒▽⌒;) ヤバい! マジうめぇ~~♪ (///∇//)

なんでこんなにウマいんだ?! すんげぇ~~スープの凝縮度だワww 乳化こそしていないけど、クリーミーさって次元は越えているぞ!! 軽くザラッとするほどの舌触りがあったりして、一体何事なのかと思案して気付きました。

「マスター、もしかして寸胴の底からスープを取ったでしょ? 髄の味が出ているんだけど o(@^◇^@)o」

「そうそう、濃ゆ~~いところだよ(^^)」


コレですよ♪ この部位だけでラーメン食べたい!(o ><)o




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 「花カツミ」
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る

【業務連絡】


「本格とんこつラーメン専門店 花カツミ」は、2011年 8月 12日(金)から15日(月)の間、お盆休業となります。