FC2ブログ

中華そば 春木屋 郡山分店 ~福島県郡山市桑野~

ここにも冷や中があるぞ!って事で暖簾を潜ったのは、押しも押されぬ地元の名店「中華そば 春木屋 郡山分店」さんです(^^) 日曜日のお昼の部も閉店間際だったのですが、快く迎え入れて頂き感謝感謝です♪ 以前から接客姿勢には、大変定評のあるお店ですが、確かにこの気持ち良さってのは大きな加点ポイントですね。

この日は日曜のランチと言う事で無芸大食妻と一緒でしたが、二人揃って「冷やし中華 (900円)」(^▽^) フツーならネタ的に違う品を選ぶってのが定石なのですが、夫婦二人のランチにそんな下世話もあるまじきww

春木屋 冷やし中華

皿おっきぃ~~♪w( ̄▽ ̄;)w

“劇場版冷やし中華”ですかね?

春木屋 冷やし中華

麺の上に多種多様な大量の具があしらわれているのが本島。

春木屋 冷やし中華

隣の大根サラダの小山は隣島になっていて・・・

春木屋 冷やし中華

入り江にはタレが満ちているって感じ??ヽ(*゚O゚)ノ 正に三次元盛りと言うべきビジュアルですね。 なかなかの遊び心かと思います(*^_^*)

本店の先代・今村五男さんが、常連客に振る舞っていた伝統の冷や中って事ですが、多分そのままに復刻した訳では無く、かなり現代的にソフィスティケイトされているのでは無いかと思われます。

揚げたワンタンの皮がコリッコリッと歯触りの変化を演出していたり、素揚げの海老があしらわれていたり、大根サラダの麓にはマヨネーズさえ控えていますからね(^^)

タレには酢が加えられていないらしく、卓上の酢で好みに味を調整して楽しむようにとレクチャーされます。 なるほど、酢の効き方も人それぞれに好みってものがありますからね。 後から少しずつ酢を加えながら、積極的に味変を楽しむってのもアリですね。

春木屋 冷やし中華

溶きカラシでは無かったけれど、妙なウネウネがアレですネww 

春木屋 冷やし中華

麺の歯応えがしっかりしていまして、流石に強靱とまでは言いませんが、ツルツルッと啜り込んで舌触りを楽しむ系ではありませんww しっかりと噛み噛みしながら、麺自体の味わいも楽しみましょって感じです。

ギリッとシャープな醤油味が効いていますので、酢を注してもそう簡単にバランス崩壊は起こりません(^^;) ってか、塩味と酸味だけではちょっと辛いなぁ~と思ったら、実は錦糸卵が甘口に仕立てられている事が分かりまして、この一点で全てが丸く収まったという、巧妙な計算が見え隠れする一品ですww

麺量は並盛りでも充分でして、しかも噛み噛みしている内に、徐々に満腹中枢が刺激されてくるという仕掛けも働きます。 ひたすら計算され尽くしたこの一皿には驚くばかりでした(^^)

春木屋 冷やし中華のサービススープ

また〆の一杯ってヤツですかね? 最後に中華そばの温かいスープが振る舞われます。 量的には大した事がありませんが、この一杯の余韻で暖簾を後にするお客さんは、口の中に広がる“アノ味”を再び噛み締めることとなります。 緻密な演出ですね。




中華そば 春木屋 郡山分店
福島県郡山市桑野2-16-13
電話;024-922-0141
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗前他に指定駐車場あり