FC2ブログ

本格とんこつラーメン専門店 花カツミ ~福島県郡山市大槻町~

Blog仲間のIcemanさん (URL) の最近のレポによると、“ボクらの花カツミ”が女子高生で賑わっているとの情報があり、そんなバカな事が?!w( ̄▽ ̄;)wとその真偽を確かめるべく暖簾を潜りました(←大ウソww)

本格とんこつらーめん花カツミ

高校生、居ましたヨ w( ̄△ ̄;)w

男子三名ですけど(´▽`)
 モリモリ大盛をお行儀良く食事をして行きました。

なんだ、フツーじゃんww と思ったら、たまぁ~~に女子高生DAYが本当にある・ら・し・い“ボクらの花カツミ”ですo(〃^▽^〃)o

さて、今日のアヒルごはんは、二年ぶりの登場となるつけ麺ですぅ~♪

「二色つけ麺 (800円)」

花カツミ 二色つけ麺

「二色つけ麺」は、お店自慢の二種類の麺が一度に楽しめる趣向でして、きっちり二玉分が盛られていますので、事実上「二食つけ麺」と言っても良さ気な掛詞ww

花カツミ 二色つけ麺

ユキチカラから作られた細麺、デフォの中華麺、そしてモリモリなモヤシの三点盛りとなっていて、自慢の自家製チャーシューは、脂身の部位の無いところが選ばれて、薄切り短冊仕様で麺の上にON。

花カツミ 二色つけ麺

漬けダレは伝家の宝刀・無化調とんこつスープを極めて自然に濃い味調整したもの。 デフォでゴマ風味仕様となるのはお約束でして、ゴマ油+白ゴマが香ばしさのアクセントとなっています。 大勝軒系統の甘酸っぱい系では無く、シャープな塩味とスープの旨味で食べさせるタイプです。

花カツミ 二色つけ麺 ユキチカラ

こなた、ユキチララの細麺(^o^) 加水率やや低めで、熟成は浅くしてあります。 色合いは美白なホッソリとした風合いです。

花カツミ 二色つけ麺 ユキチカラ

細麺仕様ですので、麺と麺の間にも漬けダレが纏わりまして、まるでジャブジャブといった感じで持ち上げます。 冷水で締められているので、独特のポキッとした食感がより鮮明に伝わってきますが、キッチリと麺には火が通っていまして、妙な歯触りや未熟な風味は感じられません。

花カツミ 二色つけ麺 中華麺

かたや中華麺。 軽くウェーヴの掛けられた中麺タイプで、やや加水率は高めで適度に熟成が施されています。

花カツミ 二色つけ麺 中華麺

太麺などとは違った食感ですが、モチッととまでは言いませんが、プッツンとした歯切れでして、こうして二種類を並べて食べ比べが出来る事の楽しさは大アリです(^o^) ウェーヴに纏わり付いた漬けダレは、ちゃんと口の中まで届けてくれますし、歯応えばかりか食感の複雑さも楽しめます。

花カツミ 摺りカラシ

頃合いで卓上調味料から摺りカラシを漬けダレに投入。 塩味中心だった漬けダレに、辛味成分が加わる事で、味の重なり方に幅が出てきます。 二種類の麺を交互に楽しみながら、二玉の麺はあっけなく完食ww

ここでお初のトライで、「スープ割りってアリっスか?(* ̄∇ ̄*)」と尋ねてみたら、フツーにアリらしい。 濃い味仕様の漬けダレですので、少しスープで伸ばして頂きましょう。

花カツミ 二色つけ麺 スープ割り

マイッタ(⌒▽⌒;) ヤバい! マジうめぇ~~♪ (///∇//)

なんでこんなにウマいんだ?! すんげぇ~~スープの凝縮度だワww 乳化こそしていないけど、クリーミーさって次元は越えているぞ!! 軽くザラッとするほどの舌触りがあったりして、一体何事なのかと思案して気付きました。

「マスター、もしかして寸胴の底からスープを取ったでしょ? 髄の味が出ているんだけど o(@^◇^@)o」

「そうそう、濃ゆ~~いところだよ(^^)」


コレですよ♪ この部位だけでラーメン食べたい!(o ><)o




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 「花カツミ」
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分


大きな地図で見る

【業務連絡】


「本格とんこつラーメン専門店 花カツミ」は、2011年 8月 12日(金)から15日(月)の間、お盆休業となります。 

値引き合戦の夏

郡山市の駅前にあった“ボクらの吉牛”は、どうやら撤退してしまったようです。 震災直後に閉店したままになっていた店舗は、既に店内の什器類も運び出され、このオレンジ看板も三日ほど前に下ろされてしまいました。 テナントビル自体の損傷は外から見る限りそんなに酷そうではありませんが、上層階にあったテナントも全て出て行ったようですので、やはり深刻な被害が出ていたのでしょうね。

吉野屋 郡山駅前店

吉野屋のWebサイトからも「郡山駅前店」の名前は削除されていました。 無芸的には一番リピ率の高いファーストフード店だったんですけどね(^^;) 早朝の東京出張の朝食。 飲み上げの勢いの〆メシ。 速攻の飛び込みアヒルごはん。 このオレンジ看板は、郡山駅から街中に踏み出す時に、一際その存在の目立つものだったのに、ちょっと寂しいものがあります。

その代わりと言いますか、お隣のビルにはちゃっかりと新勢力が・・・(^^;)

松屋 郡山駅前店

オレンジから黄色に変わりましたねww お店の規模は「松屋」と言うよりも「小松屋」って感じで、ちょっとこぢんまりとしておりますが、きっとそう遠からず市民の目に馴染んだ光景になって行くのでしょうね。

個人的には「すき家」さんはあまり得意では無いので、「松屋」さんで良かったと言うのが本心です。 でも無芸大食倅は“すき家派”なんですよww 同じ食卓を囲んでいる家族でさえ、食べ物の嗜好はまちまちなんですよね(^^) この食の好き好みの多様性のお陰で、私達は様々な味わいの幅を楽しめるって訳です。

さて、今日の15時まで吉牛は「牛丼並盛り 270円セール」を打っておりましたが、わざわざ距離を走ってまで吉牛に行こうという気持ちにもならず、今回は食べ損ねちゃいました(^^;) この手のファーストフード店ってのは、近場にあってナンボって事ですね。 吉牛の駅前復活を心から祈っております!

さて、「松屋」ネタの序でに、松屋の牛めしなんぞをひとつ(^^)

松屋 牛めし

「牛めし」と呼ぶだけに、ストイックに牛肉の存在が前面に出ております(嬉) 以前よりも着実にオージービーフを手中に収めているように思えます。

松屋 牛めし

この手のチェーン店にあって、店舗毎のバラつきはやや大きいと思われます。 ごはんの焚き加減が、お店によるものなのか、それともキッチンの担当者の力量の差によるものなのか、結構ガッカリさせられる事があるのも事実です。 今のところ、この「郡山駅前店」ではそのような思いをした事はありません。 やはり駅前一等地と言う事や、新規店舗の立ち上げに際して生え抜きの社員さんがあたっているのかも知れません。

松屋 オリジナルカレー

トマトカレーでは地雷を踏んだ無芸ですが、やはりスタンダードな「オリジナルカレー」は盤石です。 加えて以前は無かった「オリジナルカレースパイス」が用意されたことで、スパイシーさの調整を客の好みで自在に行えるようになったのは朗報です(^^) 派手さは無いけれど、なかなかの実力だと思います。

さて、駅前界隈でもう一軒、大町商店街角にあるのが「なか卯」さんです。 県内では当地、福島市、いわき市に各一軒ずつの展開です。 こちらでは「和風牛丼」と呼ばれているのですが、見ての通り玉ネギとシラタキがあしらわれておりまして、ここが和風なトコロらしいです。

なか卯 和風牛丼

コチラでは8月14日20時までキャンペーン中でして、「今こそ和風牛丼 250円(並)」って事で、プライスリーダーの「すき家」と肩を並べる価格で挑戦中ですww

なか卯 和風牛丼

こちらもオージービーフを使っているのですが、玉ネギ由来の甘さでしょうか、味付けがマイルドで優しい感じが好みです(^^) しかもコッチの都合で言えば、場所が駅の真ん前ではありませんので、あまり混み合っていると言う事もなく、落ち着いて食事が出来るのもイイところです。

うどんのサイドメニューがウリなのですが、個人的にあまり心惹かれません。 そんな訳で、「なか卯」で「和風牛丼」を食べ~の、その足で「そばの神田」で立ちそば連食っていうのがパラダイスです(笑) 

中華そば 春木屋 郡山分店 ~福島県郡山市桑野~

ここにも冷や中があるぞ!って事で暖簾を潜ったのは、押しも押されぬ地元の名店「中華そば 春木屋 郡山分店」さんです(^^) 日曜日のお昼の部も閉店間際だったのですが、快く迎え入れて頂き感謝感謝です♪ 以前から接客姿勢には、大変定評のあるお店ですが、確かにこの気持ち良さってのは大きな加点ポイントですね。

この日は日曜のランチと言う事で無芸大食妻と一緒でしたが、二人揃って「冷やし中華 (900円)」(^▽^) フツーならネタ的に違う品を選ぶってのが定石なのですが、夫婦二人のランチにそんな下世話もあるまじきww

春木屋 冷やし中華

皿おっきぃ~~♪w( ̄▽ ̄;)w

“劇場版冷やし中華”ですかね?

春木屋 冷やし中華

麺の上に多種多様な大量の具があしらわれているのが本島。

春木屋 冷やし中華

隣の大根サラダの小山は隣島になっていて・・・

春木屋 冷やし中華

入り江にはタレが満ちているって感じ??ヽ(*゚O゚)ノ 正に三次元盛りと言うべきビジュアルですね。 なかなかの遊び心かと思います(*^_^*)

本店の先代・今村五男さんが、常連客に振る舞っていた伝統の冷や中って事ですが、多分そのままに復刻した訳では無く、かなり現代的にソフィスティケイトされているのでは無いかと思われます。

揚げたワンタンの皮がコリッコリッと歯触りの変化を演出していたり、素揚げの海老があしらわれていたり、大根サラダの麓にはマヨネーズさえ控えていますからね(^^)

タレには酢が加えられていないらしく、卓上の酢で好みに味を調整して楽しむようにとレクチャーされます。 なるほど、酢の効き方も人それぞれに好みってものがありますからね。 後から少しずつ酢を加えながら、積極的に味変を楽しむってのもアリですね。

春木屋 冷やし中華

溶きカラシでは無かったけれど、妙なウネウネがアレですネww 

春木屋 冷やし中華

麺の歯応えがしっかりしていまして、流石に強靱とまでは言いませんが、ツルツルッと啜り込んで舌触りを楽しむ系ではありませんww しっかりと噛み噛みしながら、麺自体の味わいも楽しみましょって感じです。

ギリッとシャープな醤油味が効いていますので、酢を注してもそう簡単にバランス崩壊は起こりません(^^;) ってか、塩味と酸味だけではちょっと辛いなぁ~と思ったら、実は錦糸卵が甘口に仕立てられている事が分かりまして、この一点で全てが丸く収まったという、巧妙な計算が見え隠れする一品ですww

麺量は並盛りでも充分でして、しかも噛み噛みしている内に、徐々に満腹中枢が刺激されてくるという仕掛けも働きます。 ひたすら計算され尽くしたこの一皿には驚くばかりでした(^^)

春木屋 冷やし中華のサービススープ

また〆の一杯ってヤツですかね? 最後に中華そばの温かいスープが振る舞われます。 量的には大した事がありませんが、この一杯の余韻で暖簾を後にするお客さんは、口の中に広がる“アノ味”を再び噛み締めることとなります。 緻密な演出ですね。




中華そば 春木屋 郡山分店
福島県郡山市桑野2-16-13
電話;024-922-0141
営業時間;【昼の部】11:00~15:00 【夜の部】17:00~20:00
定休日;月曜日
駐車場;店舗前他に指定駐車場あり