FC2ブログ

十文字屋 ~福島県会津若松市川東町~

会津美里町の「生江食堂」さんが暖簾落ちしていましたので、図らずも無芸夫婦は“アヒルごはんジプシー”となりかけましたww まあ、全くの無策と言う訳では無く、会津若松市には訪問してみたいお店(課題店)は山積している訳でして、直感的に行ってみたいと思ったコチラへ(^^)

十文字屋

人気・実力共に「会津の三大ソースカツ丼」と言っても過言ではない、「十文字屋」さんを初訪問です♪(^o^) 押しも押されぬ人気店であり続け、メディア露出も多いお店ですが、実はいつもお店の前を素通りするばかりで、暖簾を潜るチャンスを逸しておりました。

時刻はとっくに夕食時に差し掛かっておりましたが、それでも店内はほぼ満席状態(^^;)ゞ 人気の高さが伺えるものですね。 どうやらお店には奥座敷(?)もあるようでして、ちょうどご近所様方がご満悦で店を後にするところでした。

私達が所望したのは、当然の事ながら名物メニューです♪ ちょっと比較のためにも、並の胃袋の方が楽しめるサイズもご紹介しておきましょう。

「ミニソースカツ丼 (700円)」

十文字屋 ミニカツ丼

今ひとつスケール感が分からないかも知れませんが、この丼は比較的標準的なサイズです。 千切キャベツやごはんが垣間見えておりますが、実はこの豚ロース肉が公称値200gだそうでして・・・

十文字屋 ミニカツ丼

あっ、納得出来ますよね?ヽ(^▽^;) 揚げた後でも2.5cm程度の厚みがある訳です。 何だか無芸もこのサイズで充分に幸せになれそうだったのですが、当然ながら看板メニューはオーダーしている訳でして・・・

十文字屋 磐梯カツ丼 vs ミニカツ丼

こんなになっちゃいますヾ(;´▽`A``

「磐梯カツ丼 (1,100円)」

十文字屋 磐梯カツ丼

ワハハ♪ こりゃあ凄いぞ♪ヽ(*⌒∇⌒*)ノ まるで豚カツが岩盤のようだ!

十文字屋 磐梯カツ丼

丼を覆い尽くすトンカツで、千切りキャベツやごはんは丸っきり見えませんね♪ 豚ロース肉を使うトンカツは、合計400gという公称値。 ミニソースカツ丼の丁度2倍のボリュームにあたりますが、200g相当のトンカツが縦切りにされており、折り重ねてマウントしてあります。

十文字屋 磐梯カツ丼

その結果が、この小山ですww トンカツは定石通りにソースの中に一度潜らせてあるようでして、万遍なくソースが染み渡っています。 店頭でもこのソースは販売されていましたが、中濃タイプの粘度があり、甘めの印象です。 スパイシーさも備えていまして、ちょっと脂身の存在が明瞭なこのトンカツには良く調和していると思います(^^)

十文字屋 磐梯カツ丼

トンカツの厚み自体は、ミニソースカツ丼に軍配ですが、それでも優に2cmはあったと思います。 筋切りの下処理も丁寧に行われているらしく、筋っぽさなんてまるで感じられず、それどころか歯切れの良さと肉質の柔らかさには驚かされたほどです。

衣は薄手に誂えられており、揚げ立てのところでソースを潜らせるせいでしょうか、ソースがカリントウ状態になっている部位が少なくありません。 その善し悪しは何とも判断が付きかねますが、少なくともコゲ臭は皆無でしたし、ある意味サクサク感にも繋がっているととられるかも知れませんネ。

出来ればもう少しソースを掛け回したいという個人的な欲求はありますが、これは特製の甘めのソースを気に入ったからかしらね?ww ともあれ、トンカツのボリュームが豊富過ぎまして、完食する事は出来ると思いましたが、食後の苦しさを予想しまして、半分で打ち止めににしておきました。

持ち帰り用のパックは無料でご提供頂き、ちょっとありがたいww 店内の居心地は、決して優れているとは思いませんし、接客に関しても気になる方にとっては物足りなさを訴えられるかも知れません。 でも、滞店中の様子からすると、別にお客様が嫌いな訳ではなく(笑)、単純なハナシですが、地域性ならではの普通の接し方なのだろうと思われました。

実際にお店の方と言葉を交わしていた限り、乱暴だなぁ~って感じた事はありませんでしたし、笑顔で接すれば笑顔が返って来ました。 少し大らかなキモチで楽しんで頂ける方向きかも知れません(^^)

十文字屋

個人的には、とても気に入りました(^▽^) カレーも気になりますし、当然ラーメンも♪ 事前のサーベイで気に掛けていた「十文字冷し中華」ってのが、現在のメニューからは消滅していたようなのがちょっと残念でした。 多分、“大盛冷や中の全部載せ”みたいなものかと想像していますが、情報があればコッソリとタレコミのほどヨロ♪




== 2015年10月に移転しました == アーカイヴとして残しておきます
 (新住所 福島県会津若松市河東町浅山字堂ヶ入丙1602)
十文字屋 (URL)
福島県会津若松市河東町郡山字村東15-3
電話;0242-75-3129
営業時間;11:00~19:00
      (火曜日)11:00~14:00
定休日;無休
駐車場;店舗敷地内に15台ほど


大きな地図で見る




実は今回の会津若松への道中は、被災者向けの高速道路料金減免措置を初めて使わせて頂きました。 出立が15時だった事もあってか、往路は会津若松ICをすんなりと通過出来ました。 ただ、交通量の多さは目に見えて分かるほど増えていました。

帰路は会津河東ICから乗り入れまして、最初は何と言うことなく走行していたのですが、磐梯熱海ICの先で道路の復旧工事のため、1車線通行区間がありまして、そこを起点として7kmほどの渋滞が発生しておりました。

磐越自動車道の渋滞

実は猪苗代ICで降りてしまおうかと迷ったのですが、少し渋滞を甘く見過ぎておりまして、スッカリとハマってしまいましたヘ(x_x;)ヘ 工事箇所の手前、磐梯熱海ICで降りる事を決めて、ICへ向かう車列の車線へと並びました。 これがまた、信じられないくらいにハケが悪くて、ICの手前1km辺りから伸びていた車列は、ゲートを出るまでに1時間半近くを要しましたorz

インターチェンジの出口渋滞

磐梯河東ICから磐梯熱海ICまで、都合2時間半!!(|||_|||) 普通に国道49号線を走っていれば、45分の道のりでしたorz

運悪く工事渋滞が拍車を掛けたとは言え、この措置を上手に使うためには、利用者サイドがいろいろと考慮しなければなりませんね。 また、実際の処、この措置の本質的な目的を考えますと、「折角タダ乗り出来るんだから」とかって発想は控えるべきかも知れません。 やみくもに時短目的に多くの利用者が集中すれば、今回私も自分で体験したような逆ザヤ現象が発生します。

また、最も足を運んで欲しい他県からの観光客が、混乱を嫌って来なくなってしまったり、バスやトラックなどの運行に大変な支障が発生しているのは事実です。 下手すればマイナス効果が上回ってしまいそうで恐いですね。 やはり私は、使い所をしっかりと考えて行こうと思いました。