FC2ブログ

中国飯店 なるき ~福島県郡山市富久山町~

関東甲信越地方まで梅雨入りしちゃったんですよね(^^;) 台風2号に押し上げられるように、梅雨前線が北上していますが、まさか東北地方も梅雨入りしちゃうんですかね? 5月に梅雨入りするなんて、未だかつて記憶が無いんですけど、一体どうなっちゃうのでしょうか・・・

逢瀬川の夕景

こちらは無芸の仕事場にほど近い、地元の桜の名所「逢瀬川の桜並木」の辺りです(^^) 数日前の夕刻に、たまたま配達の帰り足に通りかかりまして、ちょっとイイ感じの色になっていたので、ラ~撮り用のコンデジでイタズラ撮影です。

さて先週中頃のこと、無芸の仕事場にお友達が訪問して下さりまして、何のかんのと楽しきひととき。 帰りしなに

「何か食べて行きたいんだけど・・・」 (←2食目の昼食・ら・し・い)

ってリクが入りましたので、無芸も遅いアヒルごはんをご一緒する事にしました。

休み無しの通し営業って事で、「中国飯店 なるき」さんにお誘いしましたよ(^^) 彼は名物の自家製極太麺で人気の「タンメン」をご所望。 無芸は久しぶりにこちらを♪

「ジャジャー麺 (950円)」

なるき ジャジャー麺

キュウリの盛りつけがラフなのは、マスターではなくてご子息が仕上げたから。 この辺はやはり、まだまだ代替わりにはほど遠いなぁ~と思わせられるところ。 結果的に味に変化が出る訳ではありませんが、美しく見せる事も重要な商売の基礎である事に気付くのはいつでしょうかね?(^^;)

なるき ジャジャー麺

自家製の中華麺は、軽くウェーヴの掛かった多加水系中麺。 しっかりと水洗いされて、この番目とは思えないほどの弾力性のある歯応えがありまして、自家製麺の面目略如です(^^)

濃厚な旨味と甘味に満ちた熟成味噌ソースには、挽肉、筍、椎茸、の他に、生姜とニンニクも皆同じサイズの小さなダイス状に切り揃えられており、様々な食感と共に楽しめます。

なるき ジャジャー麺

仕上げに振られたゴマ油の風味も程良く香ばしさを感じさせ、冷水で洗い締めされた麺に、温かいソースが絶妙にマッチします(^^) 卓上調味料の中に辛味系はラー油しか無いのが残念ですが、「花カツミ」さんの「摺り辛子」なんぞを合せられたら、かなぁ~~り中毒性は高まるものと思います。

お付け様にも味見して頂きましたが、

「おぉ~~?! こりゃあ旨い! 次回は迷わず、コッチを頂こうかなぁ~♪」

と、いたくお気に召して頂けたようです(^^)




中国飯店 なるき
福島県郡山市富久山町久保田愛宕86
電話;024(932)9642
営業時間;11:30~21:30
定休日;月曜日・第1火曜日


大きな地図で見る