FC2ブログ

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya」さんを暫くご無沙汰していたら、ウーロンさんから何気に「新作登場に付きサーベイしてみたら?」ってな電波を感じ取りまして、暖簾を潜りにやって参りました(^^)

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya

入り口のボードにも書き出されている“こってり”というのが新しい仲間ですね。 店主・木村さんからチューニング中との情報は耳にしておりましたが、いつの間にかリリースされていました(^^;)

燕三条系の背脂ラ~にインスパイアされて、可能性を探っていたそうですが、単なるコピーやオマージュではなく、Fu-Ro-Yaの看板メニューたる支那そばのスタイルから逸脱することなく、フィットさせつつ新しい味を導き出そうと模索していました。

基本的にはお店のスタンダードメニューたる、支那そばをはじめ、黒支那、味噌支那などに、アド・オン出来るオプションです。 今回は店主・木村さんのお薦めで、黒支那ベースでお願いしてみました(^^)


「こってり黒支那・中脂 (750円+100円)」

Fu-Ro-Ya こってり黒支那

一瞬、「黒たぬき」と見紛うばかりに、漆黒スープの表面に振られた背脂。 タマリ醤油ベースのタレが醸し出す、吸い込まれるような漆黒カラーもさることながら、風味豊かな魚粉フレーヴァーも良く立っています。

Fu-Ro-Ya こってり黒支那

今回の背脂の量は、「中脂(100円)」ですが、さらに増量で「大脂(150円)」も選択出来ます。 言うまでもありませんが、スープの熱で溶け出した背脂が厚い油膜を形成していますが、見た目のインパクトほどは脂っこさは感じません(^^)

Fu-Ro-Ya こってり黒支那

燕三条系の定石を踏んで、玉ネギのみじん切りがトッピングされております。 こってり仕様の黒支那は、甘いニュアンスとなる背脂を考えて、レギュラーよりも一段と醤油タレを増量しているそうです。 当然味は押し押しとなりまして、なかなかの迫力ですが、決してバランスを崩していなかったところは、さすがに研究熱心な店主らしいです。

Fu-Ro-Ya こってり黒支那

まだリリースしたてのメニューと言う事もあり、日々改善を繰り返しているのは想像に難くありません。 実は麺も新スペックが用意されており、奇しくもその一番客を私が引き当てましたww

楕円断面のストレート太麺は、噛むとしっとりとした歯応えを伝えて来て、前述の通り全体的に押し押しのパワフルな味わいへと進化したスープをしっかりと支えていました(^^) 瞬く間に漆黒スープの色を移す麺は、決して盛大にグルテンが活性しているタイプではありませんが、最後までダレる事無く、太麺なれども滑らかな舌触りを楽しませてくれます(^^)

この先も弛まず改良が続けられると思いますが、現状でもかなりの高得点の美味しさでした(^o^)




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30) ※金・土、祝祭日前夜のラーメンオーダーは10:30以降となります
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る 

七日町ぶらぶら

会津若松市の老舗「三春軒」さんへの初訪問の後は、ちょっと腹ごなしに七日町通りの散歩です(^^) GW最終日となったこの日は、東日本大震災直前に訪問して以来ですが、さすがに夕刻近くになっていた為か、日中の賑わいも少し遠退いた感じでした。

昨日、無芸の仕事場を訪問してくれた会津若松市の清酒醸造元さんのお話によると、今年のGWの会津若松市への観光客は、望外と言うほど多かったそうです。 特にリニューアルの完了した鶴ヶ城に、やや咲き遅れ気味となった桜が華を添える事となり、終始大渋滞が続いていたと言いますから、本当に良かったですね(^^)

会津若松市七日町 満田屋

会津天宝味噌醸造元の直営店「満田屋 (みつたや)さん。 店内には焼きたての味噌田楽を楽しめるブースがあり、七日町を代表する観光スポットとなっています。

自社製の味噌関連商品はもとより、地元の民芸品や個性的な食品なども取り揃えられています。 このお店一軒だけで、会津土産が揃っちゃうっくらいの品揃えですね。 土蔵造りのどっしりとした重厚な建物も、会津の城下町風情を目一杯発している感じです。

今まではメインストリートしか歩いた事がなかったので、ちょっと一本裏通りに入ってみます。 と、早速色んな目新しい風景が見えてきますよ(^^)

会津若松市七日町

知っての通り「三菱」のカンパニー・マークですが、ペイントが剥げ落ちて下地が露出しています(^^;) これってトタンですよね? どれだけ昔の広告看板なのでしょうww 建物からすると、以前は文房具店さんだったのかな? それとも設備機器を商っていたのでしょうか。 今ではそのヒントさえも分からなくなっているだけに、イマジネーションを刺激するものがあります。

また珍しい業種も発見しました。 竹の卸問屋さんですって! それって竹細工の原料だったり、建築用の装飾とかに使うのでしょうかね?

会津若松市七日町 竹卸問屋

私の祖母宅の近所には、今にして思うと本当に様々な商いをしている方がいました。 その中の一軒は釣り竿やさんってのがありまして、こちらには釣り竿用の竹が沢山ありましたよ。 勿論子供が遊び半分に出入りするようなお店ではありませんので、いつも竹竿を炙っては竿の歪みを見極めているおじさんの姿を不思議な気持ちで見ていました。

会津若松市七日町 末廣酒造嘉永蔵

こちらは無芸の仕事にも通ずるところなのですが、清酒醸造元「末廣酒造」さんの「嘉永蔵」です。 今では観光蔵としての顔も持っていますが、歴とした仕込み蔵です(^^) もう一箇所新蔵がありますので、そちらで生産量の大半を造っています。

この「嘉永蔵」は主に手仕事の酒造りが中心です。 来訪者向けに、蔵内の案内も行われており、カフェや博物館も併設されています。 製品の直販は勿論、試飲コーナーもありますので、事情が許す方は味を確かめてから買い求める事が出来ます。

会津若松市七日町 末廣酒造嘉永蔵

今回の震災で、蔵の漆喰が落ちるなどの被害が発生していたそうですが、中通りエリアに比べればまだまだ軽微です。 一見平穏そうに見えた七日町ですが、歩き回っている内に損壊している土蔵を発見したり、漆喰の塗り直しを行っている建物もあったりで、どうも同じエリア内とは言え、一筋縄ではいかないようです。