FC2ブログ

三春軒 ~福島県会津若松市西七日町~

お仲間BloggerのIcemanさんのBlog「Revers Iceman Ramen Blog」 (URL) で紹介されていた、会津若松市の「三春軒」さんを初訪問致しました(^^) 場所は観光地として頭角を顕している、「七日町通り」に接した場所でして、難無く辿り着く事が出来ました(^^)

三春軒

威風堂々 o(^^o) (o^^o) (o^^)o キャアキャア♪
お噂によると、おばあちゃん二人で切り盛りしているお店だと言います。 止まっていますね、時の流れ(笑) デート向きでは無いのは一目瞭然ですね(^o^)

暖簾を潜って「こんにちは~(^^)」 常連様と覚しき先客様とすっかり話し込んでいたおばあちゃん達が、こちらを一瞥するなりお仕事モードが起動したようです(^^) 折角まったりと過ごしていたところにゴメンナサイねぇ~

最初から頂く品は決まっていましたので、オーダーしてからはじっくりと昭和中期で止まっている店内を楽しみますww ちゃんとエアコンも実装されておりますので、夏場でも快適に過ごせそうですね(^^) 無芸大食妻は、ほとんど固まっているような状況ですけどww

おばあちゃん二人掛かりで作ってくれたので、結構早々と出来上がりましたよ。

「ベビーラーメン (300円)」

三春軒 ベビーラーメン

フルサイズは「中華そば (400円)」ですが、事実上の小盛りとなるのは何故か「ベビーラーメン」と呼称されていますww 実際の処は、小盛りと言えども、麺量的には半量以上あります。 その反面、“大盛”となるであろう「ジャンボラーメン」が存在しないのはご愛敬です。

三春軒 ベビーラーメン

脂浮きの少ない黄金色のスープは、煮干しフレーヴァーが豊かに香ります。 主に鶏ガラ出汁かと思われますが、見た目の通りライトタイプの軽快なお味。 醤油タレは淡口醤油をベースにしているのでしょうね。 煮豚はサイズこそ小さめではありますが、適度な脂身が残されており、しっかりと味が染み渡っていて美味しゅうございます(^^) 淡白な味の中に、アクセントとなるような存在感をしっかりと放っています。

三春軒 ベビーラーメン

ネットで拾った情報では、“麺は自家製”とのハナシも流れておりましたが、なんと「三春軒」さんの実子様より確定情報を頂きまして、間違いなく自家製麺である事が確認されました(^o^)

麺はご覧の通り“伝統的な会津中華麺”の装いです。 中太平打ち縮れ麺でして、一部は半透明にそえ見えるほどですね(^^)

オーバーボイルと言うよりも、この柔らかな食感こそが、原点的な会津若松のスタイルなのでは?と思えるほど違和感無く楽しめます(^^) シンプルで軽快なスープと、滑らかでソフトな麺は、ちゃんとマッチしているように思えます。 何故に大食らいの無芸が、とても控え目に小盛りをオーダーしたかと言いますと、

「親子丼 (550円)」 も食べたかったから♪

三春軒 親子丼

こちらもまた、クラシックな仕立てですねぇ~ww おばあちゃんの親子丼って事で、きっと濃ゆい味だろうと予想していたのですが、真逆でしたぁ~(^◇^;)ゞ 意外にもあっさりとした味付けでして、

「濃ければ濃いほど体に悪いけど、抗し難い魅力に満ちている」

と、いう丼の定義(無芸基準ww)からすると、「健康第一よ」と言わんばかりって感じですww

三春軒 親子丼

しっかりと火入れされているのも特徴でして、「半熟卵なんてキモチ悪りぃ~!」って方には、きっと感涙モノでは無いかと思われます(^o^) ともあれ、こちらは小さめの丼とは言え、ちゃんと一人前の量ですので、半分ほど食べ進んだところで、かなりお腹いっぱいになってきたと言うのはナイショのハナシww

さて、一通り食事を済ませたところで、おばあちゃん達との楽しい会話のスタートです(^o^) 何せこの「三春軒」には、是非とも会いたかったスーパースターがおわします♪ 

「スーパースターにも会いたくて来ましたぁ~!

と、言ったら、

「まあまあ(^^;) なんて人気の高い子だろうねぇ~」

と、母屋から連れてきてくれましたヨ(*^_^*)

三春軒 プリンちゃん

看板猫のプリンちゃんですぅ~ o(^-^ )o( ^-^)o 14歳の♀のスコティッシュフォールドですよ(^^) まさかここにスコが居るなんて、ちょっと想像出来ませんよね(汗)

コタツの中でお昼寝をしていたところを連れ出されまして、暫く放心状態だったプ~ちゃんですww そんなもので、無芸にナデナデされても本能的に喉を鳴らしてしまいました(笑)

三春軒 プリンちゃん

初見参の無芸夫妻にナデナデされて、健気にも逃げ出すことなくジッと堪えていたプ~ちゃん。 やっぱり目で追い掛けるのはご主人様たるおばあちゃん達の姿です。

三春軒 プリンちゃん

プ~ちゃんはとても毛艶も良くて、健康状態も良さそうです(^^) 前に飼っていたニャンコも23年連れ添ったと言いますから、プ~ちゃんもずっと長く共に暮らせると良いですね。 プ~ちゃんの写真はほとんど手許に持っていないみたいですので、紙焼きしてお届けしようと思います(^^)




== 2013年5月末をもって閉店しました == (アーカイヴとして残しておきます)

三春軒
福島県会津若松市西七日町9-7
営業時間;11:00-18:00
定休日;13日・27日 ※他、所用により休店あり
駐車場;側近セブンイレブンさんの近くにありました


大きな地図で見る




昨日、その昔に無芸の仕事場で大学生アルバイトをしていた子が、久しぶりに顔見せしに寄ってくれました(^^) もう20年も前の事だったのですが、未だに中元・歳暮を欠かさない義理堅い子です。 親御さんの事業を継いで、今や仙台市で何人もの従業員を擁する社長さんでもあるのですが、義理堅い性格が人望を集めるのか、今では当地にもクライアントさんを持つ、立派な事業主さんになられています(^^)

東日本大震災では、彼の自宅マンションも大変な被害があり、赤紙・危険建物の御札を貼られまして、ご実家に家族共々身を寄せているそうです。 そんな逆境の中でも、決して笑顔を忘れる事のない彼の逞しさには、私も勇気付けられるモノがありました。

さて、そんな彼が手土産にとマドレーヌを持ってきてくれました(^^) なかなか美味しゅうございます(*^_^*) 無芸大食娘に勧めてみると、

「マドレーヌってどんなだったっけ?( ̄~ ̄;)」

 (えっ?! おいおい、マドレーヌだヨ!(^^;))

無芸「うぅ~~ん そうだなぁ~(- .-)ヾ カステラを丸く整形したような感じ?」

「あっ、そうかぁ~♪」(←妙に納得している)

「えっ?( ・◇・)」

無芸「えっ? えぇ~~~?(〇o〇;))))」

 (ちっ、違うんかい??)

無芸「うぅ~~んとね。。 マドレーヌは紅茶に合うけど、カステラは渋茶だよな?ヽ(^▽^;)」

娘・妻「・・・」

ちっ、ちがいましたか??(大汗)