FC2ブログ

ふうふう亭 ~栃木県那須塩原市~

隣県、栃木県の県境に近いエリアにも、沢山の美味しそうなラーメン店さんがひしめいていますね(^^) いつかはザックリと攻略したいところですが、無芸大食妻を連れ立って、“禁断のラーメン連食の旅”と言う訳には参りませんので、根気良く一軒ずつ訪問してみる事に致しましょう(^^) 手始めに訪問したのは、那須塩原市の「ふうふう亭」さんです(^^)

こちらは「にくきゅうの楽園」 (URL) Authorのにくきゅうさん、「今日もどこかで・・・きっとどこかで」 (URL) Authorのmaxmaxさんが、度々レポ挙げされておりましてね(^^) その度に、ヨダレがドバッと分泌されていた訳でしてww まぁ、無芸的には当然の第1選択だった訳です(^^)

ふうふう亭

お店の周辺は閑静な住宅地です。 ここにお昼時なんぞは、リピーター様方が毎日のように大挙押し掛ける訳ですから、ちょっとしたカーニバル状態でしょうねww カーナビで電話番号検索をしてもピンポイントで当たらず、住所入力でもピンポイントまで案内されませんでした。 それくらい商業地では無く住宅地って事でしょう。

大体の場所までは設定出来たので、あとは初めて通る道ではありますが、勘を働かせながら(^_^;) と、真っ先に発見したのは無芸大食妻!(^o^;) 本当に女性離れした地図勘の良い女性ですww 本当に頼りになる“妻ナビ”です(^o^)v

訪問したのは木曜日でしたが、この日はラーメンをオーダーすると、サービスで唐揚げが提供されるそうでして・・・

ふうふう亭 サービス唐揚げ

全く持って望外な事だったのですが、こんなサプライズを嫌がるお客様は居ないでしょうね(^^) メニューはとにかく豊富の一言(^◇^;) 何をオーダーして良いものか、思わずメニューとにらめっこをする事となったくらいですww で、ようやく意を決しまして、

「つけ坦々 (820円)」

ふうふう亭 つけ坦々

久方、担々麺を食べていなかったもので、思わず誘われてしまいましたww 麺は冷水で洗い締められた上、香味油がまぶされておりました。 清涼感と共にシャキシャキとした歯応えを楽しませてくれる水菜や、海苔が3枚も載っていたりして、なかなか賑やかです。

ふうふう亭 つけ坦々

厚切りにされたチャーシューは、提供前に脂身が食べ手の舌の体温に同期する程度に炙られています。

ふうふう亭 つけ坦々

またトッピングには再び鶏の唐揚げが登場しまして、鶏好きならば悶絶モノの喜びでしょう(^^) 勿論、カリッと揚げ立てですので、その歯触り自体も心地佳いモノです。

麺が届けられて間もなく、鉄鍋でガンガン炊かれた漬けダレが登場!Σ( ̄△ ̄∥)

ふうふう亭 つけ坦々

鍋蓋の左側に見える白い筋のような写り込みは、沸騰する漬けダレの湯気が勢い良く噴き出しているからです(゚ロ゚屮)屮 下手に蓋を開けようものなら、沸騰している漬けダレが、四方八方に飛び散るってほどのプレゼンテーションです(汗)

ふうふう亭 つけ坦々

その熱源は、鍋の中に鎮座している黒い物体。。。 実はギンギンに熱せられた鉄製の熱媒です(^^;) ここまでする必要があるのだろうか?と考えながら、とにかく頂いてみる事にします。

ふうふう亭 つけ坦々

麺はやや幅広タイプの平打ち縮れ太麺。 強靱な歯応えでは無く、あくまでも滑らかな舌触りと、スープの持ち上げの良さが身上です(^^) 麺量的には200gくらいでしょうかね? 今の私には充分に楽しめる量です(^^)(←ホントですからww)

坦々の名からすると、スパイシーさやホットさはかなり控え目でして、万人受けする落とし所です。 白ゴマ系の濃厚さも、胃袋を直撃するほどでも無く、全体としてはバランスで食べさせるタイプですかね?

大いに感心したのは、あの灼熱の鍋の中で煮られたネギの美味しさですね(^^) 沸騰するほどの高温で一気に火入れされたネギは、シャキシャキとした食感を失わぬままに、熱の糖化作用によって独自のナチュラルな甘味を醸し出していました♪

更に漬けダレの中には、挽肉も仕込まれておりまして、漬けダレ戸同時に提供される割りスープを差して頂きますと、これまた滋味深いお味が堪能出来る次第(^^) “ところ変われば品変わる”と申しますが、県境越えをして訪問した甲斐がありました。

また、無芸大食妻が頂いたのは

「熟成miso 深 <しん> (820円)」

ふうふう亭 熟成miso 深

麺は細麺と太麺から選択出来るようですが、太麺を所望したら、前述の「つけ坦々」と同一の麺でした。 非常に味噌の存在がハッキリしておりまして、味の重なりで分厚い旨味を表現しているように思えました。 ここまで味噌の存在感が大きいと、私にはベーススープの構成は予想出来ませんww

店内にはコーヒーだけでなく、お茶のサーバーもありまして、ジャスミン茶が頂けたのはちょっと嬉しかったです(^^) 濃厚なお味が続きますと、流石に冷水では味覚をリセット出来ません。 プレーンな豚骨ラーメンにも引力を感じました♪




ふうふう亭
栃木県那須塩原市春日町121-140
電話;0287-64-2205
営業時間;【昼の部】11:30~15:00 【夜の部・平日】18:00~21:00 【夜の部・土日】17:00~21:00 終日店内禁煙
定休日;木曜日
駐車場;店舗敷地内と県道入り口角の指定駐車場に合計20台