FC2ブログ

無芸の朝スパ&つけ麺

そろそろ挙げておかないと、何を作ったかさえ自分で分からなくなりそうなので、「シリーズ 無芸の朝スパ」です(^^) 東日本大震災から10日ほど経って、ようやくキッチンに立つキモチになれたんです。

徐々に主要な食品は手に入るようになった頃ですかね? それでも燃料が足りなくて、そこここで給油渋滞が起きていた頃です。 今では何不自由なく給油させて貰えるようになりましたが、あの頃はタンクローリー車の姿を見ると、それは何とも頼りがいのある素晴らしい生き物が如くに感じたものです(^^) その感謝と感動のキモチは、決して忘れてはイケませんね。

「無芸作 タラコのマスカルポーネチーズのスパゲッティ」

無芸作 タラコのマスカルポーネチーズスパゲッティ

冷凍流通が可能なタラコは、比較的早い段階で落手出来る食材でした。 生クリームはなかなか見つけられませんでしたが、ダイアリーの長めな国産マスカルポーネ・チーズは安定供給されていたような気がします。 単にユーザーが少なかっただけかも知れませんけどww

最近お気に入りの2.2mmの極太スパで作りましたよ(*^_^*) 歯応えもブッチン!って感じで、スパの存在感が極大です(笑) タラコをほぐして、マスカルポーネチーズと練り合わせておき、茹で上げたスパに3/4ほど和えて、少しだけめんつゆを忍び込ませます(^^) 盛り付けた後に、残りのペーストを小口ネギと共にトッピングして完成です。

「無芸作 エビとモッツァレラ・チーズのリングィーネ トマトソース」

無芸作 エビとモッツァレラ・チーズのリングィーネ トマトソース

たまたま無芸の実妹が、「モツァレラ・チーズを半額ゲットン♪」って貢いで行ってくれましたもので、あり合わせで作りました(^^) モツァレラ・チーズは久しぶりでしたけど、たまに頂くと美味しいネ(^o^) まだ流通事情が復旧半ばだったので、魚介類の調達が難しくて、冷凍庫にとっておきの4Lサイズのエビを使いました。 取っておいて良かった♪

「無芸作 ジューシー・ナポリタン」

無芸作 ジューシー・ナポリタン

ダックダクの赤スパが食べたくて、市販のナポソースに更にケチャップ増量なナポを作りました(^^) スパは勿論2.2mmのお気に入り極太スパですヨ(*^_^*) このスパに慣れてくると、本当にヤミツキになります。

「無芸作 エリンギのスパゲッティーニ トマトソースとメルティング・チーズ」

無芸作 エリンギのスパゲッティーニ トマトソースとメルティング・チーズ

サクサクっ軽いスパが食べたくて、細めの1.4mmスパゲッティーニで作った、トマトソース仕立てのナチュラルな甘味と酸味の効いたスパです。 と、途中で試食したら、あまりにもサッパリし過ぎていたので、急遽「レンジでチンするカップチーズフォンデュ」なるものを思い出しまして、チンして溶けたところを掛けてみました(^^)

これは望外にイケました♪ 一個50円と破格の安値だったので買っておいたのですが、再び放出品があったら、迷わずゲトね(^o^)

「無芸作 新筍と鶏肉の和風スパゲッティ」

無芸作 新筍と鶏肉の和風スパゲッティ

関東圏で地価のうぅ~~んと高いところの大地主さんが送って下さった、自家菜園(?)で取れたての新筍。 東北よりも一歩早く春野菜が採れるんですね(^^) 早速あく抜きの下処理を施して、あれやこれやとお料理を楽しませて頂きました。

その中の一品が朝スパにもなって登場。 穂先の柔らかい部位は、土佐醤油を塗ってオーブントースターで4分ほど焼きます。 下部の部位は鶏肉と炒め合わせて、別鍋で作っておいたテリヤキ風ソースで味付け、茹で上げたスパと炒め合わせて、仕上げにゴマ油を少々振って香りを取り込みます。

盛り付けたスパに、土佐醤油焼きの穂先筍、小口ネギ、白ゴマを載せて出来上がり(^^) こりゃあかなり美味しかった、と自画自賛しておきますww

「無芸作 スパゲッティー・ミートソース」

無芸作 スパゲッティー・ミートソース

何となく牛豚挽肉を買っちゃったもので、トマトピュレをメインにしてミートソースを作り置きしていました。 平日のアヒルごはんとして賄いスパです。

「無芸作 エビのカレークリームスパゲッティ」

無芸作 エビのカレークリームスパゲッティ

これは昨日作った作。 今では普通に生クリームも流通しています。 一時は流通を見合わせていた一部の県産の源乳も安全性が認められて、消費者サイドで県産の源乳商品を選択出来るようになりました(^^) この出来事は、大多数の県民にとって大変喜んで受け入れられていたように思います。 実際に店頭での売れ行きを見ますと、県産ブランドの牛乳が、最も支持されているように思えます(^^)

さて、カレークリームのスパは、定期的に食べたくなる一皿でして、今回は例のお気に入り2.2mm極太スパゲッティで仕立てました。 お気に入りですので、当然ながらより美味しくww

スパ以外も作っている無芸ですが、今回はたまたま鳩スーパーで、セブン&アイ・ブランドのつけ麺が低廉になっていたのを、つい落手してしまいまして、無芸大食倅のリクで、“フル・アーマー仕様”のつけ麺作りをする事となりました(^▽^;)

「無芸作 豚バラ肉の煮豚」


無芸作 豚バラ肉の煮豚

正月に使ったきりになっていた圧力鍋で炊いた豚バラ肉!o(^^)o 二回目のトライアルなので、前回よりもスマートに完成しましたヨ(^^)

そしてもう一つ「無芸作 半熟味玉」です♪

無芸作 半熟味玉

某ラーメン店主に、味玉のレシップを聞き出そうとしたのですが、途中で思惑がバレまして「秘伝ぢゃ!o(^^;)o」と拒まれてしまいました(爆)

「チェッ!バレたか!(-。 -; )」 と返したら、それとなくヒントは教えてくれましたww  結局の処、煮豚のタレに漬け込むのが一番美味いって事で、その通りにww

て、フル・アーマー仕様の漬けダレがこちら(^o^)

既製品つけ麺の改造スープ

器の底には角切りの煮豚と、一度水に晒したネギが仕込んであり、さすがにメンマまでは自作する暇はありませんでしたが、それ相応にゴージャスに♪

セブン&アイのつけ麺

うぅ~~ん、侮り難し! セブン&アイのつけ麺!ww 結構美味しいんだわ(^^;) 

2011年桜巡り 『小沢の桜』 ~福島県田村市船引町~

通い始めて5年目になる「小沢の桜」です(^^) 今年は昨年ほどではないにせよ、やはりこの桜の咲く時期は、ソメイヨシノとしてはかなり遅いです。 昨年の満開は5月4日頃、恐ろしく早咲きとなった一昨年は4月19日頃が満開でした。 今年は自分のスケジュールの関係で、5月1日の昼下がりからしか活動開始が出来ませんでしたが、お天気は残念でしたけど、ご覧の通りの満開です(^o^)

小沢の桜
[2011/5/1 小沢の桜] <↑ Clickで拡大>

船引町の商工会さんの出店は今年は無し。 例年ならカメラマンは勿論の事、観桜客も少なくない桜なのですが、信じられないくらいに人気が少なくて、何とも微妙なところです。

でも他にカメラマンが居ない事を良い事に、普段だったらたちまちシュプレヒコールを浴びそうな場所だって、何憚られることなくズイズイと入っていけます♪

お陰で、こぉ~~~んな写真だったり(〃∀〃)

小沢の桜
[2011/5/1 小沢の桜] <↑ Clickで拡大>

こぉ~~~んな近くだったりo(^▽^)o

小沢の桜
[2011/5/1 小沢の桜] <↑ Clickで拡大>

こぉ~~~んな、アングルだったり♪

小沢の桜
[2011/5/1 小沢の桜] <↑ Clickで拡大>

もう、好き勝手にし放題って感じですぅ~(=´∇`=)

小沢の桜
[2011/5/1 小沢の桜] <↑ Clickで拡大>

まぁ、お天気も優れなかったって事もあるでしょうけど、ここでこんなに自由に歩き回ったのは初めてかもww 曇り空で背景が“真っチロ”になってしまったのは仕方ないけど、今まで遠慮して立ち入らなかったが故に知らなかった“見え方”を知ったのは価値ありでした(^^)

小沢の桜
[2011/5/4 小沢の桜]

こちらは4日後に通りかかった際の様子です。 コンデジでサクッと撮っただけですが、ご覧の通りすっかり花も散ってしまいました。 やっぱり好天で撮れたらうれしかったかなww

ここ数年は地元有志のカメラマン様によるライトアップが行われており、私も昨年はイイのを撮らせて頂きました。 今年は例の懸案事項もありまして、田んぼには水が引かれておらず、商工会の皆様のテントと同じく、自粛の方向となったのかと思いきや、都合三日間だけライトアップが行われたようです。

特に震災から49日目に行ったというライトアップは、言うまでもなくこの震災・津波でお亡くなりになった方々への、追悼の意を込めての事。 この桜を楽しみにしていながら、帰らぬ人となってしまった方々もおられた事でしょう。 合掌。




小沢の桜
福島県田村市船引町船引字堂前58-2


より大きな地図で 小沢の桜 を表示