FC2ブログ

2011年桜巡り 『逢瀬川の桜並木』 ~福島県郡山市桜木町地内~

もうとっくに葉桜になってしまいましたが、無芸の仕事場からほど近い『逢瀬川の桜並木』の様子を挙げておきます(^^) 撮影は4月22日ですので、随分と遅くなってしまいましたが、どうしても挙げておきたかった理由があります。

実は遠くドイツからご覧下さっている“ずきちゃんさん”とお約束していたんです(^^) お仕事で長い事ドイツにお住まいになっておられるのですが、実はご実家は無芸の仕事場の直ぐ近く。 と、言う事は、無芸にとってもずきちゃんさんにとっても、この桜並木は故郷の心象風景そのものなんですね。

今年の桜は、遠くドイツに暮らす“ずきちゃんさん”にとって、とても切ないものとなりました。 ご実家にはご両親様は勿論、ご兄弟や姪御さんもお住まいです。 震災と原発事故の二重苦に、心の底からどんなに心を寄せても、実際に手の届かないやるせなさ。 そんな“ずきちゃんさん”に、現地の同僚の皆様は、深く心配して下さっていたのは想像に難くありません。

そんな“ずきちゃんさん”は、特に原発事故に際して、『絶対に負けないふくしま』を仲間達に強くアピールしたかったそうです。 そんな訳で、今年も変わらず咲き誇る『逢瀬川の桜並木』の写真を見せて欲しいとご所望頂いておりました。

逢瀬川の桜並木
[2011/4/22 逢瀬川の桜並木] <↑ ClicKで拡大>

生憎な事に、今年は目前に満開の桜並木を目にしていながら、デジイチを携えて撮影に行く暇がございませんでした。 何とかギリギリ、ラ~撮り用のコンデジでの緊急撮影でした(^^;)

逢瀬川の桜並木
[2011/4/22 逢瀬川の桜並木] <↑ ClicKで拡大>

撮影中に挨拶を交わしたシニア男性は、どうやらお近くに住まわれているようで、この桜並木にまつわる話にとても詳しゅうございました。 大正時代に植えられたソメイヨシノで、この桜並木に現存しているのはそう多くないとか、枯れてしまったソメイヨシノに変わって、ご近所の方々が枝垂れ桜や山桜を植えられたとか(笑)

逢瀬川の桜並木
[2011/4/22 逢瀬川の桜並木] <↑ ClicKで拡大>

かなり滋味深い話が沢山ありまして、しばし聞き入ってしまいましたww

「この桜も、いつまでこのまま楽しめるのだろうかね?」 ちょっと遠い目をするシニア男性に、何の裏付けがある訳では無いのですが、つい「いや、きっと大丈夫ですよ」と言ってしまう無芸(^^;)ゞ

逢瀬川の桜並木
[2011/4/22 逢瀬川の桜並木] <↑ ClicKで拡大>

私がその昔、この川で泳いでいたように、この男性もまた、この桜の樹で木登りをしていたそうです(^^) 伝えねばならない事は山ほど。 さて、誰にどう伝えますかね?

逢瀬川の桜並木
[2011/4/22 逢瀬川の桜並木] <↑ ClicKで拡大>

自然にこの場所に足を運んでおられる皆様には、何一つ前置きなんて必要ないでしょう。 ただそこで目に映る風景だけが、きっと心の中に染み渡っている事でしょうね。

逢瀬川の桜並木
[2011/4/22 逢瀬川の桜並木] <↑ ClicKで拡大>

今回、シニア男性からお話を伺った事で初めて知った、この桜並木で最も古い樹の一本。 幸運な事に、川沿いの土手道にあって、その樹の辺りは最も自動車の通らない場所でした(^^)

ドイツ在住の“ずきちゃんさん”も、晴れて海外任務を解かれて、間もなく帰国出来るそうです。 真っ先に故郷へと帰ってこられる事でしょう(^^) お目に掛かれる日を楽しみにしている無芸です。 

2011年桜巡り 『合戦場のしだれ桜』 ~福島県二本松市~

今頃は既に葉っぱが見えるようになっているかと思いますが、一週間前の「合戦場のしだれ桜」です(^^;)
 当日はほぼ満開に近い状態でした♪ 来訪者も前週とは打って変わって、なかなかの賑わいを見せておりまして、多くの方々がこの名桜を見上げつつ楽しんでおられる姿は、ある意味日常を取り戻したかのような安堵を感じました。

合戦場のしだれ桜
[2011/4/24 合戦場のしだれ桜] <↑ ClicKで拡大>

前週にロケハンしておいた通り、新に菜の花が植えられた桜の袂から振り上げての撮影。 既存の菜の花スポットも今年も花を咲かせておりましたが、桜の袂で近接撮影する分には、どうやら後方のカメラマンさん達の邪魔にはならないようです。

合戦場の桜
[2011/4/24 合戦場のしだれ桜] <↑ ClicKで拡大>

で、こちらが、以前から親しまれている振り上げ撮影のスポットです(^^) 昨年は雲一つない紺碧の青空でしたが、今年は適度に雲が流れてきてくれまして、色彩の緊張感から開放された、ちょっと安心出来るような色合いとなりました。

合戦場の桜
[2011/4/24 合戦場のしだれ桜] <↑ ClicKで拡大>

集まっていたカメラマンの数は、例年よりはやはりかなり少ないです。 県外からのお客様が少ないんでしょうね。 撮影をしているカメラマンさん達を見ると、ほぼ間違いなくリピーターさん達ですね。 最初から何の迷いも無く撮影ポジションを決めておられます(笑)

合戦場の桜
[2011/4/24 合戦場のしだれ桜] <↑ ClicKで拡大>

丘を下って、こちらもお決まりの撮影ポジションです。 この頃には流れていた雲が遠退いてしまいまして、空は紺碧ベタ塗りぃ~ww

合戦場の桜
[2011/4/24 合戦場のしだれ桜] <↑ ClicKで拡大>

菜の花の丘の斜面の上は、来訪者向けの広場になっておりまして、来訪者で賑わっておりました。 まっ、そんなものでして、丁度菜の花と桜の切り分けラインの辺りには、人影がチラホラww 下から見上げながら、人影が見えなくなったと思った瞬間にシャッターを切っているハズなのですが、後でPCのモニターでチェックしますと、結構人が写っています(^▽^;)ゞ

まぁ、こればかりは仕方ないですね。 どうしても避けたいなら、一般観桜客のまばらな早朝の時間帯に訪問するしかありません。 でも、今年も素晴らしい咲きっぷりを楽しませて頂きましたヨ♪




合戦場の枝垂れ桜
福島県二本松市東新殿大林145


より大きな地図で 合戦場の枝垂れ桜 を表示