FC2ブログ

2011年桜巡り 『福聚寺の枝垂れ桜』 ~福島県田村郡三春町~

「三春滝桜」から別行動となったサッチンさんからのメールで、「福聚寺の枝垂れ桜」の様子が送られてきました。 見事に満開を迎えた桜の様子が、携帯電話のカメラで撮影されて添えられていました(^^)

いやいや“弘法筆を選ばず”とは良く言ったもので、思わず心中では「(ウソぉ~~~~ン (∩_∩;))」って叫びたくなるほど、綺麗に撮れているんですワww 構図もアングルも、そして色彩からバランスまで、どれをとっても携帯電話のカメラの域では無いんですヨ(^◇^;) さすが写真コンテストの常勝者ですワww

そんな訳で、とっても悔しいので、僕たちも福聚寺さんに行きましょう!o(@^◇^@)oワクワク

駐車場はほぼ満車でしたが、運良く空きスペースを見つけて車をデポ出来ました(^^) 例年の如くに、駐車場の一角では、三春郵便局の局員さんと覚しき方々が、ご当地切手の販売を行っていました。 昨日、地元の特定郵便局に行ったら、局内で同じご当地切手の販売をしておりました。 これは「ふるさとフレーム切手」と呼ばれているらしいです。

「三春滝桜」(画像)を始めとして、「あだたら桜回廊」(画像1 画像2)、郡山市のイメージ・キャラクター「がくとくん 誕生一周年」(画像)等々。 ちょっと眺めている内に萌え萌えになりそうでしたww

あっ、さて話を戻して「福聚寺の枝垂れ桜」です(^^;) ここを絶好のタイミングで訪問したのは初めてかも知れません。 ライトアップされる桜と言う事もあり、日中の撮影は混み合いも懸念されるので、避けていたってのが事実でしょうか。

福聚寺の枝垂れ桜
[2011/4/24 福聚寺の枝垂れ桜]  <↑ Clickで拡大>

ご覧の通り、色鮮やかなエドヒガンベニシダレサクラです。 その樹齢は400年と言われておりますが、手厚い保護もあって樹勢に衰えは感じられません。 確か一昨年でしたか、桜の背後に生い茂っていた竹を思い切り伐採しました。 お陰で陽当たりも良くなったのでしょう、桜の背後には切り通された青空が垣間見えています。

福聚寺の小径
[2011/4/24 福聚寺の小径]  <↑ Clickで拡大>

境内の桜達も、時期を同じくして満開を迎えており、一部に見られる椿、桃、梅なども一気に咲き揃っておりました。 そこそこに来訪者の姿はありますが、まだ午前中だったと言う事もあってか、来訪者の多くがカメラマンのようです。

福聚寺の枝垂れ桜
[2011/4/24 福聚寺の枝垂れ桜]  <↑ Clickで拡大>

カメラマンの絶対的な人数も限られていますので、場所取りやら立ち位置の事で殺伐とした雰囲気になる事はありませんでした(^^) 一部には、勝手に墓所に立ち入ってしまうシニアカメラマンもあり、旧友C君が自制を求めて諭している姿があったりしました(^^;) 少しでも良い場所で撮りたい気持ちは誰しも同じなのですが、私有地は論外として、やはり墓所だってご先祖様の眠る大切な場所です。

ただ立ち入るばかりか、墓石を土足で踏み登る輩もおります。 自分の一族の墓所が同じ目に遭ったならどんな気持ちでその姿を見るのか、よく考えて行動して欲しいですね。 昨年だったかは、とある墓所であまりにもマナーが酷すぎると言う事で、関係者以外の立ち入りを禁止するといった立て看板が出されたところがありました。 当たり前の事を忘れちゃいけませんね(^^)

福聚寺の枝垂れ桜
[2011/4/24 福聚寺の枝垂れ桜]  <↑ Clickで拡大>

夜桜撮影の時なら、ちょっと足を進めにくい(実はビビってしまうww)高台の通路からも撮影(^^) 全然見え方が変わっちゃうんですねぇ~(^◇^;)

福聚寺の春
[2011/4/24 福聚寺の春]  <↑ Clickで拡大>

中には“お師匠様”に連れられて来た、写真撮影ツアーの方もおられましたよ(^^) 事細かに、この場所からの構図が良いとか、絞りはこうしてとか、指示が飛んでいましたww それって、撮っていて楽しいんですかね?(^^;)

表参道
[2011/4/24 表参道]  <↑ Clickで拡大>

こうして写真に納まっていますと、このお寺は春爛漫にしか見えませんが、実は表参道入り口の石灯籠が崩れてしまい、余震の対応としてか積み直しはされておりません。 パッと見た目には本堂を始めとして、特に損壊しているようには見えませんでしたが、聞くところに因ると宮大工の仕事は、地震にもとても強いとの事です。

福聚寺の春
[2011/4/24 福聚寺の春]  <↑ Clickで拡大>

いや、今年は本当にイイところを見せて貰いました♪




福聚寺
福島県田村郡三春町字御免町194


より大きな地図で 福聚寺の枝垂れ桜 を表示 

ばんとうプラザ ~福島県田村郡三春町~

ここはJR三春駅です(^^) 普段、自動車を足にしている私には、なかなか足を向ける機会の無い場所ですもので、実は三春町内のどこに駅があるのかさえ知りませんでした(^▽^;)ゞ なかなか小綺麗な駅舎ですが、きっと建て替えられてそう経っていないのではないかと思います。

JR三春駅

さて、何故にコチラに立ち寄ったかと言えば、駅舎内に売店&御食事処『ばんとうプラザ』という施設が併設されているとの事で、三春名物の大きな油揚げ“三角揚げ”がドカンと載ったうどん・そばが供されているからです(^^)

写真撮影行脚に出ますと、大抵の朝食はコンビニ食を摂るか、食べないままにアヒルごはんまで我慢するかの二択です。 今回はコンビニ食では無く、出来たてのおいしい朝食を頂くべく初訪問です(^^) 事前に営業時間は調べておりませんでしたが、“駅そば”と言えば大抵は朝の出勤・通学タイムには開店しているであろうと読みまして、「芹ヶ沢桜」を撮影した後に立ち回ってみました。

「ばんとうプラザ」自体は既に開店しておりましたが、ナントお目当ての御食事処は9:00開店と言う事で、あと1時間もありますヨ(^◇^;) 仕方ないので、再びご縁があれば再訪しましょと、「雪村桜」に行きました。

撮影後にコンビニを探したのですが、見つけ出す事が出来ず、ふっと気付いたら再びJR三春駅の前という、不思議な巡り合わせがございまして、結局1時間の時間潰しをして再訪してしまったという事実だけが残りましたww

ばんとうプラザ

イート・インのスペースは決して広いものではありませんが、私達が食料調達に困った通り、近隣には手軽に買い物が出来る場所も少ないようでして、このイート・インは近くの高校の生徒さん達にとっても、重要な栄養補給所となっているようですww

ばんとうプラザ

それが証拠に「学生ラーメン (300円)」なるお品がありましたよ(^^) 小中高校生が対象と言う事で、ウィーク・ディはチャーシュー抜きの簡易スペックですが、“土・日はチャーシュー・サービス”と誇らしげに主張されておりましたo(^◇^;)o

ともあれ、お目当ては郷土色を前面に出したこの一品。

「三春三角揚げうどん (450円)」

ばんとうプラザ 三春三角揚げうどん

オーダーしたら、やにわ袋詰めの玉うどんを温め始めます( ̄ー ̄; まぁ、駅そばなんてそんなモノですから・・・ 三角揚げはなかなかのボリュームでして、しっかりと味付けもされていたそうです。

いや何せ無芸、メニューボードを見たとたんに気変わりしまして、こちらは旧友C君の所望品でしたww キホンは、まぁフツーってところらしいですが、三角揚げは“食った”という実感はあるそうです(^^) いやいや、それは良かった(* ̄∇ ̄*)

で、無芸はと言えば、「天ぷらそばセット (550円)」でつ♪

ばんとうプラザ 天ぷらそばセット

ごはんがジップロックに詰めてあったのをチンしていたのはご愛敬(*'-'*) まっ、駅そばですからww

うどんと同じく、ビニール袋をビリビリと破いて茹でそばを取り出して湯煎するのもご愛敬(*'-'*) まっ、駅そばですからww

ばんとうプラザ 天ぷらそば

いつ揚げたのか不明な、妙にしっとりとした冷たい野菜かき揚げもご愛敬(*'-'*) そばは当然ナイデンテですが、昆布系の漆黒出汁汁との相性は、妙に郷愁を誘うものアリです♪ モリモリと口に運べば、そんな前置きなんてどうでも良くなるってものですヨ(^^)

ばんとうプラザ 半カレー

半カレーはちょっとしょっぱいけれど、これまた面白気な粉っぽいスパイシーさがあったりしまして、煮込まれたじゃが芋に染みこんだ味と、ルーの味にギャップがあるのが不思議ですww スパイシーな風味がありながら、万人向けの辛さに抑えられているあたりは、まさに駅そばの面目略如ですナ(* ̄∇ ̄*)

丁度、町内の名桜達も見頃を迎えて、駅にも地元民にあらぬ方々の姿がチラホラ。 私達の後からも、この御食事処を利用される方がおいでになっていました。 郡山駅から最も近い「駅そば」が食べられる駅ではないかと思います(^^)




ばんとうプラザ
福島県田村郡三春町字担橋165-2 三春駅構内
電話; 0247-62-8080
営業時間;9:00~17:45
定休日;12/31~1/3


大きな地図で見る