FC2ブログ

無芸 新潟へ行く

昨日は家族を連れて、久しぶりに日帰りプチ旅行。 その行き先は、お隣新潟県は新潟市。 このところ荒れ気味の天気が続いている新潟市ですが、比較的マシな天気と言う事で、意を決して出立することにしました。

雪道・渋滞

県境を越えて新潟県内に入りますと、降り続く雪の量も一際多くなり、さすが雪国と自分を納得させますww 何せカーナビなんて利器を積まない車ですので、アテに出来るのは“妻ナビ”だけww (幸いにしてナカナカの高性能ww)

目的にしていたのは猫撮り写真家としてその名を馳せる、岩合光昭先生の写真展「ねこ」が開催されている、「新潟県立万代島美術館」です(^^) 岩合先生の30年間に亘る、猫撮り作品250点が一堂に展示されるという、猫好き感涙モノのイベントです。

新潟県には、酒蔵さん以外にはあまり足を運んだ事のない無芸。 特に街中のことは全く分りません(^▽^;) 万代島にあるというくらいしか知らなかったのですが、それは日本海側で最も高いビル「万代島ビル」 [地上140m・31階建て]の5Fにあったんですね。 これまた有名なコンベンションホール「朱鷺メッセ」も同一施設内にあったとは知る由もなくww

もしかしたら成人式の式典の開催日に当たっていたら大変だぁ~、と思ったら、カレンダー通りに本日の開催と言う事でこちらはセーフ(^^;) 佐渡汽船のターミナル近くの駐車場に車をデポして、朱鷺メッセの屋内通路から進んで行きます。 翌日の成人式式典の為に、ホールは準備が着々と進められていて、広大なホールにも沢山の椅子が配されておりました。

さて、ビルのエレベーターで美術館のフロアーに到着しますと、猫の足跡マーカーで進む順路が示されています(^^) こんな演出は嬉しいところ。

岩合光昭写真展「ねこ」

お子様連れが圧倒しているかと思ったら、意外にも私達と同世代の方々が中心で、シニア層は勿論カップル様方もそこそこ。 かなりの人出を覚悟していたのですが、そこそこ落ち着いて鑑賞出来るくらいで助かりました。

展示されている作品は、今更言うまでもなく、どの作品を観てもほのぼのと見入ってしまうばかり(^^) 随所に岩合先生のメッセージがしたためられており、著名な写真家としての見解と言うよりも、一人の猫好きさんとしてのメッセージが心の琴線に届きます。

プロの作品ですから、かなりの大判作品が並んでおりましたが、正直なところ民生用の1,000万画素クラスのデジタル一眼レフで、あそこまで引き延ばしてても鑑賞に耐えられる画質である事は衝撃的でした(〇o〇;) プロ・スペックのプリント技術の底力を見せつけられましたね。 唯一その違いが露見してしまうのは、レンズの光学性能の限界点です。 それでも私が使っているレンズなんかは軽く凌駕する素晴らしい性能のレンズなんです(- .-)ヾ

ともあれ、そんな限界点とかは抜きにして、作品としての価値にレ点を附すようなものでは無く、心底楽しませて頂けたばかりか、アマチュアカメラマンにも希望の光をチラ見せして頂けたって感じです(笑) 何度でも最初から見直ししてくなる、素晴らしい作品の数々でしたよ(^^)

さて、ホールには来場者から寄せられた「ウチのニャンコ」の写真が展示してありました(^^) 会場に直接持って行くも良し、また郵送でお送りするも良しとされています。 Lサイズ限定で1点限りと言う事ですが、私も持っていけば良かったなぁ~

ウチのニャンコ

海の幸シリーズのニャンコにはワロタww みんな家族として大切にされているんだなぁ~と、一点残らず楽しく拝見して参りました(^^)

人波

その後“新潟の名物”を頂いて、家族とは一度別行動をとります。 実は福島県で活躍なさっているセミプロ級のカメラマン「YOUR EYES」 (URL) のAuther・あみぃさんが、お仲間のカメラマン様方と新潟市内で写真展を開催しておられました(^^)

彼女の作品は、どれも素晴らしく心に留まるものばかり。 いつも新作が発表されるのを楽しみにしていた無芸です(^^) Webで見るのと、紙焼きされた作品を見るのでは、全く違った印象になりますので、虎視眈々とチャンスを伺っていたところでした。

第6回 三人展 Feelings Good

やはり彼女の作品は凄い!(^◇^;) とても真似さえ出来ないセンスの良さと高い技術に裏打ちされていましたww 残念ながらあみぃさんはこの荒天に阻まれて、この日予定していた会場入りを断念なさられたそうですが、共に主催なさっているカメラマン様と少々お話をさせて頂く機会を頂きました(^^) 私もいつかは、仲間達と一緒に、写真展を開催してみたいものです。

地下駐

それにしても雪国新潟。 さすがに私も知らなかった事が沢山ありました。 大通りの地下に市営駐車場が仕込まれていたり、駅と直結していない地下のショッピングモールがあったり(^^;) 一般的に私達が見る市街地地図は、地上の建物しか記されていませんので、地下層にもう一つの街が存在するってだけでカルチャーショックww

雪降る街

この日はデジイチも積んで行きましたが、始終雪が舞っておりましたので、結局一度も出番無し。 全てコンデジでの撮影になっちゃいました。 雪の降り方は夕刻には更に強くなってきましたので、17時くらいには新潟市を後にして、常磐自動車道で帰路を急ぎました。

降り続く雪で視界は悪く、路面にも雪の轍が出来ていまして、とてもピッチを上げる事は出来ません。 ってか、そんなことで命を賭けてはイケません(^^;) 大型トラックにとっては、高いキャビンから見下ろしていると、さほど視界は悪くないのでしょうけど、50km/hの速度規制が掛けられている道路を、100km/hで疾走するのはどんなものかと・・・( ̄~ ̄;) ハッキリ言って、横を通られただけでも脅威なんですよ! 万一コイツがコントロールを失ったら、コッチが巻き添えになる訳です(`m´#)

一般的な乗用車でしたら、いくら後ろからせっつかれても精々80km/hまでしか出せません。 道を譲りたくても、路肩には雪が積もっていて、下手に車輪を入れたらスピンしてしまいます。 速度制限云々は申しませんが、前走車にプレッシャーを与えるような走り方は、プロ・ドライバーの自意識が薄すぎるのでは無いかと思います。