FC2ブログ

めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

無性に鶏出汁スープのラ~が食べたくなりまして、「めん処 成」さんを訪問しました。 何やら過去ログを調べてみたら、約3ヶ月近くのご無沙汰でした(^^;) きっと体内時計に呼ばれたのでしょう(笑)

めん処 成

と、言う訳で脇目も振らずに一直線に所望したるは「支那そば 大盛 (650円+50円)」

めん処 成 支那そば 大盛

青森シャモロックから取られた出汁の旨味に首ったけです(^o^) 黄金色を通り越して、少々漆黒系との境目に近いお色。

めん処 成 支那そば 大盛

拍子切りに切り揃えられるメンマは、いつもよりも心なしか細め? 上質の油分がスープの表面を覆っていて、さりとて油膜と言うほどの厚みがある訳ではありません。 この“塩梅”ってのが絶妙のバランスを生み出す原動力の一つなのでしょう。

めん処 成 支那そば 大盛

モモ肉とロースのチャーシューは、いつもの通りしっかりと味が染みこんでい、とっても丁寧な仕事ぶりを感じさせるもの。 まさに正統派の支那そばと言えるような、上質なお手本のようであります。

めん処 成 支那そば 大盛

多加水系ストレート中麺は、頃合いに茹で上げられていて、軽くプツッとした歯応えを楽しませつつ、小麦粉の風味がフワッと鼻腔に届いてきます(^^) 粗挽き黒胡椒が良く合うなぁ~(*^_^*)

出汁の極味が以前よりも抑え目に感じられたのですが、これは5月に訪問した際にも感じたところ。 この頃に豚骨ベースの「じゅんそば」や「豚そば」がリリースされておりますので、もしかすると若干チューニングを変えてきたのでしょうか?

もう一つの可能性としては、今年の酷暑で原料となっている青森シャモロックの生育具合に影響が出ている事も考えられますね。 ともあれ、人によってはやや荒削りでパワーがあり過ぎと感じられたかも知れない極味は、上品な効き方の方向にシフトしているように思えました。

その甲斐あってか、実はスープまで完食してしまったのも事実だったりします(笑)




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;11:00~19:00 (LO;18:30) 【木・土・日・祝】11:00~15:00
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日 (祝日の場合翌日)


大きな地図で見る