FC2ブログ

2010年秋 浄土平撮影行 鎌沼

「姥ヶ原」の道標から木道を歩くこと200m。 なだらかに道は下り勾配となっていて、視界の先には「鎌沼」の美しい湖水の色が映ります(^^)

鎌沼への道
[2010/09/26 鎌沼への道] <↑ Clickで拡大表示します>

徐々に近づいて来る「鎌沼」の碧い湖水の色合いは、一歩踏みしめる度にワクワクするものがあります。 これはやはり初顔合わせならではの感動ですかね?(笑)

バッテン筋雲
[2010/09/26 バッテン筋雲] <↑ Clickで拡大表示します>

相変わらず強めの風が吹いておりまして、空に引かれた筋雲が妙なスタイルww 上空ではコロコロと風向きが変わっているのでしょうか? 筋雲がクロスしていて、まるでバッテン模様になっていました。 何だか珍しいですね(^^)

キラキラ
[2010/09/26 キラキラ] <↑ Clickで拡大表示します>

「鎌沼」は三日月型の沼でして、その外側に沿って自然道が整備されています。 湖畔路の半分ほどまで進みますと、交差路に行き当たります。

道標

そのまま湖畔路を進めば「酸ヶ平 (すがだいら)」へ、左に折れれば「東吾妻山」へと向かいます。 私達はそのまま湖畔路を進み「酸ヶ平」方面へと進んで行きます。 エリア地図が転倒寸前に傾いているのはご愛敬(^^;)

鎌沼の向こうは東吾妻
[2010/09/26 鎌沼の向こうは東吾妻] <↑ Clickで拡大表示します>

東吾妻の上空も綺麗な雲の紋様が楽しめました(^^) 実のところ、ここ「鎌沼」あたりから見やりますと、そんなに険しそうには見えないのですが、片道50分も掛かる上に、木道は途中までで、その先には“登山”と言うに相応しい道行きが待っているそうです(汗) わたしゃ下から眺めているだけで充分に幸せだよんww

スクリーン
[2010/09/26 スクリーン] <↑ Clickで拡大表示します>

道標から酸ヶ平の中間点あたりは、一際景色に表情があって楽しかった♪ 時刻も9時を過ぎ、ハイカーの姿も急に多くなって来ました。

赤・碧・緑っ!
[2010/09/26 赤・碧・緑っ!] <↑ Clickで拡大表示します>

相変わらず風が吹いていて、湖面が水鏡になってくれなかったのが残念! 三色ストライプだったんだけどなぁ~

秋の小径
[2010/09/26 秋の小径] <↑ Clickで拡大表示します>

もっと色付いて来たら、とても印象的な絵になりそうな木道小径。

ヨーロピアンチックな鎌沼
[2010/09/26 ヨーロピアンチックな鎌沼] <↑ Clickで拡大表示します>

「酸ヶ平」の方角を撮るとこんな感じ。 これで牛や羊が放牧されていたら、何だかヨーロッパのどこぞの自然環境に似ているような・・・

湖畔の情景
[2010/09/26 湖畔の情景] <↑ Clickで拡大表示します>

少しずつ風が収まってきて、ようやく湖面の一部が水鏡になり始めました(^^)

さて、湖畔路も残すところもう少し。 木道を歩き続けていると、突如として傍らの笹原でガサッ!と音が(◎_◎;)

まるでアニメのように熊笹から一直線にこちらへ向かって何かがやって来ますヨ。 旧友C君と共に足を止めて、ソレが何であるのか見つめていました。 まあ熊笹の下に隠れてしまうくらいの動物ですから、よもや熊さんって事は無いでしょうし(笑)

期待を込めてレンズを向けていると・・・

珍客

なんと鴨がやって来たww 標高1,770mの高地の沼に鴨ですと?ヽ(;^o^ヽ))) (((/^o^;)/

しかも・・・

珍客

1羽ぢゃねぇ~し!o(^◇^;)o

信じられないくらいに警戒心が無い(^▽^;) ってか、寄ってくるんですよww

戸惑いww

どうしたことか、無芸よりも旧友C君の方が妙に好かれているみたいww

鳥は卵から孵化してして最初に見たものを親鳥と認識すると言いますが、

おねだり

んな訳無いか!(≧∇≦)/

きっとハイカーが可愛さに負けて、食物でも与えてしまったのでしょうか? 彼らはきっと楽にお腹が満たされる事を覚えてしまったのでしょう。 結局、鴨達はどんどん増えるばかりで、いつの間にか6羽が集合(・_・;)_・;)・;);))

さて、いよいよ「鎌沼」にも別れを告げて、“草紅葉”を迎えた「酸ヶ平」へと進みますよ(^^)

つづく