FC2ブログ

2010年秋 浄土平撮影行 姥ヶ原

蓬莱山に沿って、ようやく平坦な道に出ると、笹原に覆われた「姥ヶ原」に至ります。 相変わらず風は強めに吹いてはいるものの、綺麗な青空に筋雲が引いたような美しさ。 これで登り坂からは開放だぁ~♪ヽ(*^。^*)ノ

色付き始めた姥ヶ原
[2010/09/26 色付き始めた姥ヶ原] <↑ Clickで拡大表示します>

ここは標高1,780mですので、流石に紅葉が始まりかけていました。 とは言え、ここ「姥ヶ原」は一年中強い風が吹き付けるので、背の低い木々しか育たないそうです。

姥ヶ原の川辺
[2010/09/26 姥ヶ原の川辺] <↑ Clickで拡大表示します>

この平原の木道を進んで行きますと、一箇所だけ小川がありまして、その橋のたもとには色鮮やかに色付いた木々がありました。

姥ヶ原の川辺
[2010/09/26 姥ヶ原の川辺] <↑ Clickで拡大表示します>

まだ陽の光が斜めに入っていましたので、川の流れがスッポリと日陰に入ってしまい、ちょっと残念(^^;)

実はここまで登る間に、そう多くのハイカーに出会いませんでした。 出立の時間が早かったからでしょうね。 お陰で写真撮影はとても楽に出来ましたが、幅の狭い木道の上で三脚を設置する事は憚られましたので、脚は折りたたんだままで一脚代わりにしか使えません。

木道は私達が歩き易くする為だけにある訳では無く、周辺の高山植物の保護の為に仕方なく設けられたものなのです。 実際の処、人が踏み入れたが故に、踏み荒らされて自然復旧の困難な場所も見受けられました。

姥ヶ原の紅葉
[2010/09/26 姥ヶ原の紅葉] <↑ Clickで拡大表示します>

何とか環境を取り戻すためにと、人為的に植物の再生を図っている場所が見受けられました。 とてもじゃありませんが、そんな大地に三脚の脚を下ろす何て事は出来ません。

姥ヶ原の木道
[2010/09/26 姥ヶ原の木道] <↑ Clickで拡大表示します>

ここで出会ったハイカーの皆様は、シニア層の方々が一番多かったのですが、中にはリーダーさんに連れられたうら若き女性の姿も少なくありませんでした。 それから男女のペアも意外に多くて、その多様性にはちょっと驚かされるものがありました。

姥ヶ原

「姥ヶ原」の平原は、実は結構な広さがあることは後から知りました。 私達はその端っこを通っただけだったんですね(^^;)

姥ヶ原

さて、「鎌沼」まではあと僅かのようです(^o^) なだらかな下り道となっている木道に足を進めます。

一面笹原
[2010/09/26 一面笹原] <↑ Clickで拡大表示します>

笹原の広がる平原を左手に見ながら、足取りも益々軽くなってきました(笑)

鎌沼への道
[2010/09/26 鎌沼への道] <↑ Clickで拡大表示します>

さあ、いよいよ「鎌沼」が見えてきましたよ(*^_^*)

つづく