FC2ブログ

2010年桜巡り 『中島の地蔵桜』 ~福島県二本松市針道~

中島の地蔵桜

今年華々しくデビューを飾った、新名所の桜が『中島の地蔵桜』です。 旧・東和町のエリアになりますが、以前は松や雑木林に囲まれていて、地元の方々さえ気付かない桜だったそうです。

この桜をもっと多くの方々に知って欲しい。 その一念で地元有志の方々が、雑木を切り払い、ガードレールを一部撤去したり、NTTに掛け合って、電話線の移設を行うなど、環境整備に一年を費やしました。

中島の地蔵桜
[2010/4/25 中島の地蔵桜]  <↑ Clickで拡大>

その甲斐あって、以前とは比べものにならぬほどのロケーションが出来上がり、晴れて今年がデビュー・イヤーとなりました。 主にお仕事の一線から退いた方々が中心となって活動をされたと言いますが、そのバイタリティーたるや見事と言うほかありません(^^;)

中島の地蔵桜
[2010/4/25 中島の地蔵桜]  <↑ Clickで拡大>

新聞記事にもなった事で、デビュー・イヤーとしては上々の人気。 私達が訪問した折にも、遠くは山陽地方からの来訪者の姿もあったほどで、プロ・カメラマンと覚しき方の姿もあったりで、なかなかの盛況です。

中島の地蔵桜
[2010/4/25 中島の地蔵桜]  <↑ Clickで拡大>

かなりしっかりとしたプランニングを立てられる方がおられるようで、初年度にして水田に水を張って、夜間のライトアップまで行うという徹底ぶり(^^;) お休み処に集っておられた地元の方々とお話をしてみると、予想以上の反響に驚くやら嬉しいやらといった感じでした。

また、皆様方にとっては、環境整備費のビタ一文さえ求めておられず、全ては私財を打っての事業だった訳ですが、まだそこに何の見返りも求めておられないように感じました。 それどころか、この景観をより良くする為に必要なことは何であるかを問われる始末(笑)

中島の地蔵桜
[2010/4/25 中島の地蔵桜]  <↑ Clickで拡大>

桜の背景に雪を頂いた安達太良連峰が見通せると言うのは、写真撮りにとっては嬉しい限り♪ でも撮影現場には自由な雰囲気があると同時に、集まる人達の行動が若干カオス化していたようにも思えます。

この辺の混乱をある程度コントロールして行かないと、善意で始めたハズの事業なのに、行く行くは人によっては迷惑に感じる方が出てくるかも知れません。 そうなっては地域の不協和音のもとになりかねませんね。 私達は方々を撮影していて、同様の住民の皆様方の温度差を肌で感じること度々です。

今年の来訪者の5倍の人が押し寄せる事を前提に、主催者側がルールを策定しておいた方が良いと思いました。 共に素晴らしき景観を、より良い環境で楽しみ続ける為に。

中島の地蔵桜
[2010/4/25 中島の地蔵桜]  <↑ Clickで拡大>

※お休み処で地元の方々が販売されていた玉コンがメチャ旨!( ^o^)( ^-^)(^~^) 環境整備費への協力と思って、一本頂いてみましょう♪ マヂ旨いっス(^^) 

麺処 中華惣菜 若武者 ~福島県二本松市本町~

麺処 中華惣菜 若武者

今年1月以来の二回目の訪問となる、二本松市の麺処 中華惣菜 若武者』さんです(^^) 確か今年2月にリリースされていた“月替わりラ~”だったハズの“超濃厚味噌ラ~”が、人気に応えて目出度く定番メニュー化したとの事。

冬場はずっと裏磐梯通いを続けていた無芸は、このラ~に後ろ髪を引かれつつも訪問機会を逸しておりましたので、思いも因らぬ朗報でした。 晴れて今月は桜巡りの月(笑) ようやく再訪の機会を得ました(^^)

開店間もなく暖簾を潜りましたが、既にフロアー席は満席。 相変わらずの盛況のようで何よりです(^^) 大将が奥座敷席に案内して下さり、ひとまず安心ww 何せ同行の三氏は超腹ぺこ状態で、「とにかく喰わせろ」ってくらい飢えています(^▽^;) そりゃあ3時から撮影行脚に出立して、軽食も摂らずにお昼まで撮影ですもんねww

早速前回も大好評の「大将餃子 (3個/250円)」がやって来た♪

若武者 大将餃子

大将の体格を映したかのような、ちょっと大振りでボリュームのある餃子ですが、まるで小籠包のように皮の中にはジューシーなスープで満たされています♪ シッカリ下味が施されていますので、漬けダレ無しでそのまま美味しく楽しめます。 私と旧友C君は、既に食べたことがありましたので既知でしたが、初対面のお二方にも存分にお楽しみ頂けたようです(^^)

そしてお楽しみの「武者味辛みそラーメン (850円)」の登場(^o^)

武者味辛みそラーメン

「ゲッ?! スープが泡立っているw(*゚o゚*)w」

噂に違わぬ“超濃厚”を予感させるビジュアルに期待値MAXですぅ~♪

武者味辛みそラーメン

もはやチャーシューと言うよりも、ポークステーキの域に近い肉塊ww 先に訪問した、福島市の「自家製麺 えなみ」さん(過去記事)のチャーシューに匹敵するボリュームです♪ しかもだぁ~~い好きな脂身がたぷぅ~~りとww

武者味辛みそラーメン

この彩りの豊かさも大将のセンスの良さが光ります(^^) 辛味噌だけをちょっと舐めてみましたが、ニンニクの風味は柔らかく広がり、辛さのレベルは決してサディスティックではありません。 どこかしらほんのりとした甘ささえ感じさせる仕立てです。

武者味辛みそラーメン

麺は三種類用意されていたそうですが、きしめんタイプの平打ち極太麺が欠品しており、ちょっと残念(^^;) つけ麺にも使用されている胚芽太麺で頂いてみます。 適度に角の立った歯応えの強靱な極太麺は、噛み切る度にブツッとした食感を伝えて来ます♪

粉の風味がストレートに伝わり、それでいてソースのような濃厚極まりないスープが絡みまくり(^o^) しかも予想外なことに、水菜やネギ、カイワレなどの歯応えシャキシャキのお野菜が大量に潜んでいて、これがまた超濃厚なスープに諄さを感じさせません。

肝心の味噌テイストですが、しっかりとした味噌の旨味感を醸し出しながら、相当に良く練られたのでありましょう、とてもマイルドなもの。 ベーススープの濃厚さに輪を掛けた旨味の多重湊を楽しませてくれる、濃厚味噌マニア感涙の一杯です(^^)

大将の信条で大盛対応はありませんけど、三人のお連れさん達には、存分なボリュームだったみたいです(笑) 無芸は前回同様に半ライスを頂こうかと思ったのですが、つい魔が差して廉価で提供されている「ランチ」も頼んでしまった(^▽^;)

「ランチ (550円)」

若武者 550円ランチ

店内でテイクアウトも出来るように大皿盛りにされている中華惣菜(各100g)2点と、スープ、お漬け物、ライス(お代わり自由)がセットされています。 思いの外ラ~のボリュームがあったもので、

「また、やっちまったか? オレ・・・ノ( ̄0 ̄;)\」 と、一瞬後悔してしまったww

若武者 180円/100g惣菜 豚肉と芋のカレー風味炒め

カレー風味の炒め物と・・・

若武者 180円/100g惣菜 黒酢酢豚

黒酢酢豚をセレクトしていた訳で・・・

でも食べてみたら、やっぱり美味しいのネ(^^;) どうやら秘匿兵器の「Eater's High」が発動したらしくて、難無く胃袋に納まってしまった自分が恐い・・・orz

一通り食事が進んだところで、大将がやって来て

「スープの濃度が高いですから、宜しければ鶏出汁スープで割りましょうか?(^o^)」 とのお申し入れ(^^)

連れ様はありがたくお言葉に甘えさせて頂きましたが、無芸には全く無問題ww そこでまた小技を見せられてしまって感心しちゃった。 スープ割りって事で、単純に鶏出汁スープを加えるだけかと思ったら、小鍋に移し替えてもう一度温め直してくれたようですw( ̄△ ̄;)w

一番忙しい時間帯のハズなのに、手抜き無しでお客さんと向き合うその姿には、心から感服致しましたよ。 って事で、5月の月替わりラ~は「ジャージャー麺」だそうです♪ これまた楽しみ楽しみ(^o^)




麺処 中華惣菜 若武者 (Blog)
福島県二本松市本町2-86-1
電話;0243-22-7107
営業時間;月~土【昼の部】 11:00~15:00 【夜の部】 17:45~19:30
      日曜日 11:00~18:30 ※通し営業
     ※スープが無くなり次第閉店
定休日;木曜日
駐車場;店舗横に12台分ほど