FC2ブログ

2010年桜巡り 『長沢のサクラ』 ~福島県二本松市太田字長沢~

訪問している桜は、まだまだ紹介し切れません(^◇^;) このままでは5月中旬まで“桜一色Blog”になっちゃいそうなので、このへんからちょっとピッチを上げて行きますね(^^;) 写真中心で、ちょっとラフな文面になってしまうかも知れませんが、“情報は生もの”ですので、出来るだけ素早く(笑)

長沢のサクラ

時系列が前後しますが、4月18日(日)の撮影行脚に戻ります。 『芳水の桜』の撮影後、交通量の少ない県道をひた走り、旧東和町(現・二本松市)へと向かいます。

ここには未訪問の古木の桜がウジャウジャあるんです♪ 同行してくれた旧友C君も気になっていたようで、事前にある程度のサーベイは行っていてくれました。 「二本松市観光協会」さん(URL)がリリース元と思われるパンフレットが車に積んでありました。

かなぁ~~り大雑把な地図なのですが、位置的なイメージだけは分ります(笑) 先ずは『長沢のサクラ』を目指すことにしましょう♪ こんな時にはカーナビってホントに助かりますね(^^) 大体のアタリを付けて、取りあえず目的地の近くまでは行けます。

ここで困ったのが、現地にソレらしい誘導標識が皆無な事(大汗) 地名を頼りに、エリア内には辿り着くのですが、何一つ誘導してくれる道標が無いんですよ(^^;) 折角観光地図を作製しても、現地でのサポートが噛み合っていないみたいです。

散々走り回っても分らないorz しかもかなりの田舎ですので、コンビニはおろか、商店さえも見あたらないようなエリアです。 と、歩道を散歩しているおばあさんを発見。

「しかたねぇ~なぁ~ 久しぶりに熟々女をナンパすっか?!(爆)」 って事で、車を駐めて、無芸のお役回り(^◇^;)

「こんにちは~(^^) ちょっとお尋ねしても宜しいですか?」 (あくまでもジェントルですww)

おばあさんは足を止めて下さり、「知ってるよ」となりました。 ところが、ここからが大変 (^^;)// このおばあさんときたら、無類の話し好きww 「知ってるよ」はいいけど、本題に辿り着くまでに、先ずはご自分のご家族の話からスタート(大笑)

「(うぅっ(^^;) これは通行税みたいなもの??)」

いや、きっととても話し好きで優しい方なんですよ(^^) それは間違いない! でも、聞き役に回っていたら、サクラの話に辿り着くまでに30分くらい掛かりそうだったので、おばあさんが納得するように相づちを打ちながら、ジリジリと桜の場所に話を寄せ付けて行きます(((((っ-_-)っ ソロリ ソロリ

多分3分くらいの立ち話だったと思うのだけど、無芸には20分くらいに感じられるほど、おばあさんのお家の事を理解出来ました(笑) 車に戻ると、旧友C君は必死に笑いを堪えているし・・・(^▽^;) おまえさぁ、おいらのネゴシエーション能力に感謝しろよ!(爆)

おばあさんの言われた通り、「古峯神社」の入り口から山道を登ります。 が、山を越えちゃった(^◇^;) どうやら見落として通り越してしまったようです。 逆戻りして行くと、今度は造園業をされていそうなおじさんを発見。 また車を駐めてお尋ねします。

「こんにちは~(^^) ちょっとお尋ねしても宜しいですか?」 (ここでもジェントルですww)

少し訝しげな表情。 うぅっ、もしかして仕事の邪魔をしたから、怒っている??(^^;) ちょっとブッキラボウな話口調ではありますが、ちゃんと教えて下さりました。

で! ここから又もや「通行税」が始まった (^^;)//

おじさんチの庭にある桜は滝桜の孫株だとか、どこから撮ると良いだとか・・・ ハハハ(^▽^;) 皆さん、本当に世話好きで話し好きな方が多いのですかね? また長話にハマりそうだったので、そこそこで失礼させて頂きましたが、運転席ではアノ男が、又もや笑いを噛み殺していますo(^o^;)o

ようやく辿り着いた「長沢のサクラ」は、民家の畑の一角にありました。 折良く主様が顔を覗かせてくれたので、立ち入り撮影のお許しを請うと、

「滑りやすくなっているから、気をつけてねぇ~♪」 と気遣いまで頂いてしまい、恐縮至極。 あぁ~~、やっぱりこの辺の方々は、みんないい人ばかりなんだぁ~とシミジミ。 前置きが長すぎww でも面白い旅道中のエピソードだったので、実は桜以上に外せないかとww 

長沢のサクラ
[2010/4/18 長沢のサクラ] <↑ Clickで拡大>

「長沢のサクラ」は、樹齢400年のエドヒガン。 残念ながら、まだ満開にはほど遠い咲き具合でしたが、その樹齢を示すかのように、幹周りの太さは迫力ものです。

長沢のサクラ
[2010/4/18 長沢のサクラ] <↑ Clickで拡大>

見る角度によって、ダイナミックに表情が変わります。 この桜は地元では「肥盛り桜」とも呼ばれ、苗代造りの時期とされていたそうです。 往事には「熊野神社」の境内であったと言います。

長沢のサクラ
[2010/4/18 長沢のサクラ] <↑ Clickで拡大>

残念なことに、幹の一部は空洞化が進んでおり、樹勢の衰えが感じられます。 この桜の前面には、三本の桜の若木が並んでいて、まるで露払いが如き風情を醸し出しています。




長沢のサクラ
福島県二本松市太田字長沢224


より大きな地図で 長沢のサクラ を表示 

2010年桜巡り 『逢瀬川の桜並木』 ~福島県郡山市桜木町地内~

逢瀬川の桜並木

今日は朝起きてみたら、又もや雪が降っていて、驚いた驚いた(^^;) 昼くらいまで降り続いた雪で、前日満開を迎えた「逢瀬川の桜並木」は、雪桜と化しておりました。 満開の節に雪が積もったのは、いったい何年ぶりなのでしょうか?? 少なくとも私の記憶にはありませんよ(^^;)

さて、週中は天気が優れないとの予報が出されていましたので、満開を迎えた昨日、少し陽が傾き始めた頃に撮影してきました。 ドイツからご覧の「ずきちゃんさん」、どうぞご覧下さいな♪ 懐かしの風景は今年もご覧の通りです(^^)

逢瀬川の桜並木
[2010/4/21 逢瀬川の桜並木] <↑ Clickで拡大>

毎年無芸は、この桜の樹を基準木として咲き具合を判断しています。 ご覧の通り、5日前にも降った雪の日には二分咲きだった桜は、見事に満開を迎えました(^^) ここ数年では最も遅い満開です。

逢瀬川の桜並木
[2010/4/21 逢瀬川の桜並木] <↑ Clickで拡大>

ソメイヨシノの桜並木は、樹齢の旧いものでは80年を優に超えているようです。 ほんの数日前、ご近所にお住まいの92歳のおばあちゃんとお茶飲み話をした時に、何時からこの土手に桜の樹が植栽されていたのかお尋ねしたら、少なくともおばあちゃんがこの地に住まいだした頃にはあったと言います。

逢瀬川の桜並木
[2010/4/21 逢瀬川の桜並木] <↑ Clickで拡大>

また、今では近代的な堤防になっている、国道4号線から旧国道4号線の間にも、改修前には桜並木があったそうです。 すると過去には、その並木の全長は楽に1km以上続いていた事になりますね(^▽^;) あまりに立派な桜並木だったので、テレビ局の取材が入っていたほどだと教えられました。

そう言われてみれば、私が幼稚園児くらいだった40年以上前は、当然土手道は未舗装で、国道4号線さえようやく舗装が整ったというくらいでした。 あぁ~~、確かにそう言われてみると、あの堤にも桜並木があったという記憶が甦りましたよ(笑)

逢瀬川の桜並木
[2010/4/21 逢瀬川の桜並木] <↑ Clickで拡大>

ほんの最近、長年連れ添ったご主人様が天に召されてしまい、一人暮らしになったおばあちゃん。 「もう生きることはたくさんだぁ~ 早くあの世に召されて楽になりたい」が口癖になっています。 そんなこと言わないで、まだまだ元気で居て下さい。 大阪に嫁がれた娘さんももう還暦。 心配で暫く一緒におられるようです。 そんな事を言ったら、娘さんが悲しみます。

逢瀬川の桜並木
[2010/4/21 逢瀬川の桜並木] <↑ Clickで拡大>

既に堤の改修と道路拡張の計画が決まり、何れはこの土手の桜も姿を消してしまう運命です。 果たしてこのお嬢ちゃんの心の記憶に、今日の桜は残ってくれるでしょうか?

逢瀬川の桜並木
[2010/4/21 逢瀬川の桜並木] <↑ Clickで拡大>

人の暮らしの永続的な利便性と、毎年訪れるたった一週間の美しい思い出。 これを天秤に掛けて重さを量ることは出来ません。 だから「思い出」を毎年撮り続けたいと思います。