FC2ブログ

美食酒歌 希綱 (きづな) ~福島県郡山市大町~

無芸が毎日通りかかる、ルーティンの配達ルート沿いの居酒屋さんに、突然こんなノボリが掲げられました。 当然の如く“興味沸騰”モードが入ってしまった無芸、早速初訪問させて頂きましたヨ(^^)

美食酒歌 希綱

こちらのお店は、郡山市の中心市街地の一角、旧4号線(奥羽街道)沿いにあり、以前ライヴ・ハウスの「♯9(シャープ・ナイン)さんのあったビル1階にあります。

以前の業態が故に、お店への入り口は、ナント二重扉ww しかもビル自体のエントランスも無用に広くて、「あたしゃ、どこへ行けば、ラ~にありつけるの?σ(^^;)」ってくらい当惑ww 折良く店員様方が、お店の前におられましたので、難無く御案内頂けましたが、初めて訪問したらチト心細いかも(笑)

店内は思いの外に広くて、一瞬自分の身の置き場に戸惑うww 取りあえず広大なテーブル席に陣取り、メニューを眺めてみると、「しょうゆらぁめん」「しおらぁめん」「まぜそば」「つけめん」といきなり4系統のラインナップが用意されています。 現実には「しおらぁめん」はリリースされていないかも知れません。 ソレに代わってか「秘伝の味噌らぁめん」という品が用意されているようです。

麺は「太麺」「中太麺」「細麺」の三種類があり、好みでチョイス出来るという、まさにフルチョイス・システムが成立しています(^^;) 失礼ながら、「居酒屋二毛作」のラーメンといったレベルでは無さそうです。 そこまで詰めて考えられているのなら、益々期待は膨らむと言うものです(^^)

で、初顔合わせで頂いてみたのは「つけめん 太麺 (800円)」です。 念入りに作られたメニューには、「大盛」の対応については記述されておりませんでしたので、とにかく今回はデフォで試してみます。

美食酒歌 希綱 つけ麺

メニューの写真とは少々ビジュアルが異なって登場。 てか、メニューの写真をアテにしてオーダーしたら、「アレアレ?(^◇^;)」って感じでしたww

美食酒歌 希綱 つけ麺

漬けダレの表面には、泡立つほどの魚粉の層が形成されていて、こちらは逆にテンションが上がる演出です。 ここまで魚粉の表層が形成されている漬けダレには、滅多にお目に掛かれないかも(笑)

美食酒歌 希綱 つけ麺

麺は太麺を指定しましたが、普段に極太麺に馴染んでしまっている私の感覚では、精々中太麺って感覚でした。 平打ち縮れで適度の熟成が施されているようです。

メニュー写真には、ここにチャーシューの短冊切りがトッピングされていたハズですが姿無しww メンマはしっかりと太めの拍子切りになっており、適度に甘じょっぱい味が染みこんでいて、とても柔らかく歯切れも良好♪

美食酒歌 希綱 つけ麺

で、件のチャーシューはと言えば、漬けダレの中に仕込んでありました(笑) しっかりと味の染みこんだ、ちょっと濃口仕立ての味。 それにしても漬けダレの表層は、アップで見たら、まるでエスプレッソのようですね(^^;)

で、最も衝撃的だったのは・・・

美食酒歌 希綱 つけ麺

この麺の量orz まるで「赤ちゃん盛り」ですぅ~(T△T)

無芸的には「ありえねぇ~~!」ってくらいの少なさ(ー’`ー;) せめて丼の中程くらいまでの量は欲しいなぁ~ 丼の深さから、麺量の少なさが強調され過ぎたのでしょうかね? それならビジュアル的には平皿を用いると言う手法もあるのでは無いでしょうか・・・

これでは郡山大勝軒みたいな箸使いでは、3回も手繰ったら完食になっちゃいそうですので、巨体に似つかわしくない繊細な箸使いでチマチマと漬けダレに浸してみます。

美食酒歌 希綱 つけ麺

魚粉の表層膜を突き破って、麺を泳がせて口に運べば、ややや! 漬けダレのビジュアルに名折れしない、濃厚かつ芳醇な節粉のフレーヴァーが口中に広がります(^o^) 節粉由来のナチュラルな甘味、ほんの少し仕込まれた一味唐辛子の辛味、そしてほのかな酸味が見事です!

あまりの節粉テイストにマスキングされて、ベーススープの正体が全く不明ww でもこれだけのインパクトがありながら、エゴ味を全く感じさせない仕立て方はお見事と言うべきでしょう(^^) こりゃあ、なかなかポテンシャルが高いですよぉ~♪

塩味は少し強めですが、つけ麺の漬けダレとしては充分に許容範囲内です。 そうなると恨めしいのは、やはり麺量の少なさですね(^^;) これだけ底力のある漬けダレなら、極太麺でも充分に支えることが出来るでしょう。 あぁ、勿体ない・・・ って事で、僅か5回ほど手繰っただけで完食(悲)

テーブルに配してあるポットには濃度調整用のお湯が入っています。 割りスープでは無く、敢てお湯なのかと思いつつ、漬けダレを割ってみたら、これが思いの外悪くないんですよ(^◇^;) もしすると、スープで割ったら、漬けダレの風味が呼び戻されちゃって、かえって諄くなったかも知れません。 これはちょっとしたお勉強になりました(^^)

まだ提供を開始したばかりと言う事で、もしかすると今後長足の変化があるかも知れませんが、現状で言えばブラッシュ・アップの糸口は多数あるものの、特定のポイントでは「専業ラーメン店」さんを凌駕するほどのキラリと光るポテンシャルが感じられました(^^)

メインは夜の部のご営業ですから、そこで培われた様々な引き出しの多さが、ラーメンの創作にも発揮されているのでしょうね(^^) その引き出しを存分に活かして行こうと考えるなら、模倣のアレンジに止まらず、他に類を見ないような個性的な味の創作の方向に向いて頂けたら、きっと誰もが認めるONLY ONEになれる資質はあると思います。 今後の進化に期待したいものです。

尚、2010年5月1日まで有効の、ラーメン半額クーポンがコチラからDLL出来ます♪ クーポンと勇気を持って、Let's Try!!(^o^)

※ 私の後に訪問なさったお客様が「大盛は出来ます?」って尋ねたら、「ありますよぉ~♪」ってorz 一言メニューに書き出しておいて欲しかった・・・ 案外小心者の無芸。。。




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
美食酒歌 希綱 (きづな)
福島県郡山市大町1-11-11 YK第2ビル1F
定休日;月曜日
営業時間;火曜~木曜 【昼の部】11:45~15:00 【夜の部】18:00~3:00 (18:00~20:00はラーメン可)
     金曜~土曜 【昼の部】11:45~15:00 【夜の部】18:00~5:00 (18:00~20:00はラーメン可)
     日曜昼 【昼の部】11:45~15:00 【夜の部】17:00~21:00 (ラーメン可)


より大きな地図で 美食酒歌 希綱 を表示




当然“おやつ”にしかならなかった無芸は、吸い込まれるように↓↓へ・・・(笑)

吉牛