FC2ブログ

食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや) ~福島県郡山市安積町~

市内・長沼街道沿いは、なかなか個性的なラ~を楽しめる道筋です。 「とんこつらーめん HAjiME」「担々麺ショップ シコシコ」「天心」「らーめん厨房 ケラン」などが居並ぶ中、「手打ち中華そば エビスヤ」さんが移転してしまいました。

そんな空白を埋めるかのように、新顔のラ~が楽しめるお店が登場しました。 居酒屋としてジリジリと人気を高めつつある「食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)さんが、自家製のオリジナル・ラーメンを提供し始めました♪

Fu-Ro-Ya

現在はメインである夜の営業のみで提供されておりますが、4月をメドに昼の部の営業を開始する事となります。 ひとまず、看板メニューとなる「支那そば」を頂いてみましたよ(^^)

「支那そば (650円)」

Fu-Ro-Ya 支那そば

見るからにタップリと張られたスープが嬉しい♪ スープの出汁は、カツオ節とサバ節から引いた魚出汁と、鶏ガラをメインとして豚ゲンコツとお野菜で引いた出汁を合わせるダブル・スープ。

カエシはキレイにアタリが付けられていて、インパクトは無いものの、ダブル・スープとのバランスを崩さないように巧妙なバランスで組み立てられています。 ご店主・木村さんは以前、自ら手打ち蕎麦を打ってお店で出していましたので、節系の出汁の引き方には手慣れています。

Fu-Ro-Ya 支那そば

バラ肉チャーシューは、とっても柔らかくて、口に運ぶとフワッと溶けてしまいそう♪ メインがお料理自慢の居酒屋だけに、とても手慣れた仕事ぶりです。

Fu-Ro-Ya 支那そば

トロトロの黄身が堪らない煮卵は、濃厚な黄身の美味しさにヤラれてしまいそう(笑) あまりしょっぱくしていないので、良い箸休めになりそうです(^^)

Fu-Ro-Ya 支那そば

この日の麺は、専用スペックのオーダー品が間に合わなかったので、決定的な判断は避けたいと思いますが、多加水系の熟成を施した中細麺にウェーヴを掛けたものが採用されます。

前述の通り、魚出汁の引き方は、蕎麦の出汁引きに準じていますので、至極上品であると共に、エゴ味は皆無で凝縮された旨味感が甘さを感じさせます。 一方動物系の出汁は、適度な極味が引き出されていて、妙な旨味のデパートみたいにはなっていないもの。

これが合せられる事で、品の良さと適度な旨味がバランスした、専業のラーメン店にも一切劣らない、見事な味わいを醸し出しています。

未食ではありますが、実はもう一品「黒支那」と呼ばれる、漆黒系の支那そばも用意されていて、こちらはどうやらタマリ醤油をカエシに用いていると覚しき、インパクトの期待出来る品もあります。 ちょっと変わったところでは、海老天のトッピングがあったりして、これもまた、蕎麦打ちで培われた技能が活かされるものと期待されます(^^)




食菜酒楽 Fu-Ro-Ya (ふろや)
福島県郡山市安積町荒井字林の越1-7
電話;024-946-2122
営業時間;【昼の部】11:30~14:00 ※夜の部の準備の為、お休みを頂いたり早仕舞いもあります
      【夜の部】18:00~00:00 (L.O.23:30) ※金・土、祝祭日前夜のラーメンオーダーは10:30以降となります
定休日;日曜日
駐車場;店舗前と裏に合計10台 他指定駐車場あり


大きな地図で見る