FC2ブログ

オールド・ヴィオラ

昨日の午後から降り始まった雪は、夜半まで降り続きました。 昨夜は4回除雪しましたが、見る見るうちに積もってくる雪に、「こりゃあ明朝が大変だ(^^;)」と思いつつも、ちょいとしっとり目の雪質だったので、地元の名桜にも着雪するかしら?なんて、朝駆け撮影に色気を見せていた無芸です。

まっ、実際のところは、除雪作業で腰に違和感を感じましたので、無理せずに早朝の撮影行脚は見送りましたが、きっと良い塩梅に着雪していたのでは?と軽く後悔も(笑)

そんなストレスを払拭してくれるかのように、今日はご懇意頂いている、地元の市民オケのメンバーさん(♀)が、昨年落手したというオールド・ヴィオラを携えてきてくれました(^o^) 前から是非とも見せて頂きたいと懇願していたのですが、思いもよらず願いが叶いました。

Antonius Stradivarius Cremonensis Faciebat Anno 1721

って事は、当然撮影する訳で(笑) これは「糸巻き」の造型。 約290年前に製造された楽器ですので、渋いですねぇ~(^^)

Antonius Stradivarius Cremonensis Faciebat Anno 1721

弦を押える「指板(しばん)」。 意外と言っては何ですが、かなりキレイな状態ですので、きっと定期的にリペアされているのでしょうね。

Antonius Stradivarius Cremonensis Faciebat Anno 1721

弦楽器の特徴的な造型である「F字孔」。 ボディで共鳴して増幅された音を放つ、重要な部位です。 歴戦の傷跡が、その楽器の歴史を物語っています。

Antonius Stradivarius Cremonensis Faciebat Anno 1721

弦は金属製になって久しいそうです。 バロック期にはガットをベースにして、金属を巻き線にしていたそうです。 金属弦になって、より大きな音が出せるようになったと言います。

Antonius Stradivarius Cremonensis Faciebat Anno 1721

実はこのヴィオラ、「Antonius Stradivarius Cremonensis Faciebat Anno 1721」 (←ラテン語表記ww)の銘が入っています。 名機・ストラディバリウスの一門です(^^)

残念ながら、伝説の名工・アントニオ・ストラディバリの作品ではありませんが、実は同時期に彼の工房で弦楽器を作製していた一門は、その銘を刻むことが許されていたそうです。 お弟子さんはもとより、実子も作製していたと言いますから、その数は相当なものだったと思われます。

が、多分半数以上楽器は既に失われているハズですから、やはり稀少であることに変りはありません。 後年、模倣作も数多く造られたようですが、このヴィオラの主(♀)が落手した楽器店さんは、クラシック音楽界で知らぬ者はいないというほどのお店です。 正真正銘の同工房作の1721年製ですね(^^)

1721年と言うと、日本では「暴れん坊将軍」でお馴染みの、8代将軍・徳川吉宗の治世(1716~1745)の頃ですって(^◇^;)

Antonius Stradivarius Cremonensis Faciebat Anno 1721

写真撮りの意地に掛けて、その銘を撮りましたヨ。 対角のF字孔の隙間からLEDライトを照射(笑) 普段、見る事の出来ない、工芸品の域を楽しませて頂きました(^^)