FC2ブログ

2010年冬景色 長瀬川 その2

小野川湖を見下ろす“お立ち台”からは至近距離となる、長瀬川に立ち寄ります。 前回の訪問から二週間ぶり、今回は撮るべき写真を意識して(笑)

前回同様に、写真撮影のサポーター様が切り開かれたと覚しき雪原の道筋を辿ります。 段差のある場所は、階段状に整えられていて、こんなに楽に入らせて頂いて良いものか?と思っちゃうほどです(^^)

朝陽差す長瀬川
[2010/1/31 朝陽差す長瀬川] <↑ Clickで拡大表示します>

川沿いの撮影ポイントは、これまた雪面が固められてピット状になっていて、三脚を配しても脚が沈む事さえありません(^^;) 定点のようなこのカットも、朝の日差しが差し込んできて、ほんのりとオレンジ色のフィルターが掛けられたみたいです。

けもの道
[2010/1/31 けもの道] <↑ Clickで拡大表示します>

長瀬川に渡された配管パイプは、ここに住む小動物には恰好の渡り橋になっているようです(^^) 前回も同様に小動物が渡った形跡がありましたが、その足跡を良く見てみると、イタチかテンのような小動物のようでした。

足跡の付き方を見ると、一切の迷い無くここを渡りきったようですから、これは完全に「けもの道」としてここに住む小動物達の生活圏ですね(^^)

長瀬川 氷の神殿
[2010/1/31 氷の神殿] <↑ Clickで拡大表示します>

川面にせり出した雪の帽子。 その水面との接点には、勢い良く流れる川のしぶきが凍り付き、まるで神殿の柱のようなツララを創り出しています。

長瀬川 氷のカーテン
[2010/1/31 氷のカーテン] <↑ Clickで拡大表示します>

こちら側はツララが成長中。 まるで氷のカーテンのようになっています。

芽吹き
[2010/1/31 芽吹き] <↑ Clickで拡大表示します>

樹木に絡みついた蔦を良く見ると、既に新しい芽吹きの準備は出来ているみたいです(^^) まさに「息吹」を感じさせるようなシーンです。

長瀬川 小さな雪の渓谷
[2010/1/31 小さな渓谷] <↑ Clickで拡大表示します>

雪の狭間を迸るように流れる川。 ぐっと寄って見ると、まるで小さな雪の渓谷の小宇宙のようです。

放射状
[2010/1/31 放射状] <↑ Clickで拡大表示します>

枝が円弧を描いていて、見上げていると目が回りそうでした(笑)