FC2ブログ

2010年冬景色 小野川湖の朝景 その3

先週の土曜日の夜、私は翌朝の写真撮影行脚を行うかどうかさえ頭に浮かんでおりませんでした。 そんな最中、仕事が一段落しそうなタイミングで、旧友C君から携帯メールが届きます。

「明日の天気は望み薄だから、サクッと気晴らしキブンで出掛けて、ダメだったら朝ラ~でもいかが?(^^)」

確かにあまりお天気には恵まれないような予報ですが、“押え”に朝ラ~を仕組んで来るあたりは、流石に我が友(笑) 二つ返事でオケイ・メールを返信する前に、サッチンさんからも「行くべ・メール」が(笑) これで無芸は、もう大船に乗ったようなもの(^o^) もう、お任せしちゃいますワ♪

4:40にサッチンさんが立ち回って下さり、旧友C君宅へ。 この日のドラはC君が申し出てくれたので、わたしゃ後席で“へそで茶を沸かすような話”に興じて行きましょう(^o^)

当初は白鳥でも撮りましょか?ってなノリだったのですが、何故かR49猪苗代町に差し掛かると、やはり“山っ気”がウズウズと顔を覗かせまして、裏磐梯エリアへとハナを向けていました(笑) これで無芸は1月は4回目、三週連続の裏磐梯。 我ながら良く通っています(笑)

明けやらぬ空には雲が掛かっていて、やっぱり厳しかったかなぁ~と思いつつ、小野川湖を見下ろすお立ち台へ。 先客様は一人だけ。 やっぱり今日は、カメラマンも諦めているかな? 先客様は以前いわき市に在住されていた方で、現在は関東圏在住だそうで、泊まりがけでの単騎撮影行脚だそうです。 私達みたいなジモティーは、その日のキブンで出掛けられますけど、遠方から泊まりがけで出向いて来る皆様は、まさに“出たとこ勝負”のリスクを顧みずに来て下さるんですよね。

このお立ち台で、こんなに自由に撮影ポジションを取れたのは初めて(笑) そりゃあそうだ。 定員約20名の撮影ポイントに立っているのは4名だけですもん(笑) カメラをセットして試写したら、コンビニで仕入れてきた“早朝食”と温かいお茶で燃料補給。

お立ち台で恵方巻き

何故か「恵方巻き」ww 今年の「恵方」は西南西だそうですけど、日の出の方角を向いてガブリと頂きます(^^) 朝ラ~の予定だから、グッとこらえて1本だけね(笑)

お立ち台の下道で、単騎のカメラマンがアッチうろうろ、コッチうろうろしています。 どうやらこのお立ち台に登りたいようですが、どこから入って良いのか分らずに彷徨っているようです。 先客のカメラマンさんが、この“彷徨える子羊”氏に声を掛けます。

「もっと左側に進んで、雪原を見てごらん。 僕らの足跡があるハズだから、そこから登っておいで!」

なっ、何て思い遣りのある方でしょう(^^;) 普段なら場所取り合戦が熾烈なこのお立ち台ですから、見ず知らずのカメラマンを呼び寄せる方は皆無です。 あり得ないほどマッタリとした現場の雰囲気がそうさせたのか、それとも彼は普段からそう言う方なのでしょうか?(^^;) その後も、やはり下道で“彷徨う子羊”を発見したので、今度は私達が声を掛けて誘導しました(笑)

彷徨っていたカメラマンは、共に単騎行脚の関東圏からの来訪者。 その後は、写真撮りツアーの団体さんが加わったりで、いつの間にかお立ち台は満員御礼となりました(笑)

諦めていた日の出も、いつの間にか雲が切れてきて、先週のリベンジが果たせそう(*^_^*) 諦めて下山しようとしたカメラマンさんを、もう少し粘りましょう!と押し留めておいて大正解♪

小野川湖の朝景
[2010/1/31 小野川湖の朝景] <↑ Clickで拡大表示します>

先週の雲焼けとは違いますが、なかなか見応えのある朝陽が小野川湖に差し込んできました(@^∇^@)

小野川湖の朝景
[2010/1/31 小野川湖の朝景] <↑ Clickで拡大表示します>

もうここからは、シャッターの連切りネ(笑) おいしい時間は精々10分ですからね(^^)

小野川湖の朝景
[2010/1/31 小野川湖の朝景] <↑ Clickで拡大表示します>

朝陽と共に、朝霧が山あいから湧いてきました。 その朝霧は、徐々に低くなっている湖面へと流れて来ます。 差し込む朝陽の光芒が、朝霧をオレンジ色に染めて行きます。

小野川湖の朝景
[2010/1/31 小野川湖の朝景] <↑ Clickで拡大表示します>

まるで薄い真綿のような朝霧が、音もなく静かに湖面を覆い始めます。 去年から何度もここへは足を運びましたけど、こんな光景に出会ったのは初めてでした(^o^)

小野川湖の朝景
[2010/1/31 小野川湖の朝景] <↑ Clickで拡大表示します>

先週までは、湖面は氷に覆い尽くされていたのですが、先週の“寒の弛み”で、結氷の一部が氷解していました。 お陰で朝陽や景色が写り込んでくれて、とても多様性のある表情を楽しませてくれます。

小野川湖の朝景
[2010/1/31 小野川湖の朝景] <↑ Clickで拡大表示します>

コントラストの鮮烈な風景も印象的ですが、朝霧のフィルターが醸し出してくれる、ソフトな印象も良いものですね(^^) しかもこの日はほぼ無風。 気温も高め(多分-3℃くらい)で、手袋無しでも全然寒さを感じません。

朝霧をまとう山なみ
[2010/1/31 朝霧を纏う山なみ] <↑ Clickで拡大表示します>

朝霧に朝陽の光芒が差し込んで、その光の筋がオレンジ色に反射していました(^^) モノクロームな世界と思われがちな真冬の景色にも、こんな表情を見せる時があるんですね。 極めて幸運な体験でした。

小野川湖の朝景
[2010/1/31 小野川湖の朝景] <↑ Clickで拡大表示します>