FC2ブログ

2010年冬景色 猪苗代湖の夕景

しぶき氷の撮影に見切りを付けて、湖岸沿いを天神浜に向かって歩き出します。 当然、とっぷりと日は暮れたのですが、西の空には未だ夕日の残照が残っています。

足許の暗さのみならず、分け入る林には小枝トラップが沢山。 うっかり見落としたら、顔面に小枝パンチが飛んできます(^^;) こればかりは難儀なことなので、LED懐中電灯を灯しながらの道すがら。

時折西の空に目を遣ると、未だに残照が美しいグラデーションを見せつけています。 maruさんに読まれた通り、写真撮りが言うところの「マジック・アワー」がやって来たみたいです。

単騎で行動していたら、心細さが勝ってしまい、後ろ髪を引かれる思いで立ち去ってしまうところでしたが、今回は心強いかな三人行脚(^^) 良さ気なポイントを見つけて、三脚をセットします♪

猪苗代湖の夕景
[2010/1/24 猪苗代湖の夕景] <↑ Clickで拡大表示します>

実は自分達の立っている場所が、湖上に張り出した氷の上である事に軽くビビりながら、なるべく三人が近づき過ぎないように間隔をとります。 だって氷が割れたらドボン!でしょ(^^;) 洒落にならないもんネ(笑)

三脚の位置はそのままに、磐梯山にカメラを向ければこの通り。

猪苗代湖畔から望む、夕暮れの磐梯山
[2010/1/24 猪苗代湖畔から望む、夕暮れの磐梯山] <↑ Clickで拡大表示します>

ほんのり夕日の残照とスキー場のカクテルライトが、薄い雲と湖水に反射していました(^^) スキー場を擁する地域の皆様には、普通に見慣れた光景かも知れませんが、多分こんなに大きな湖が間近にあるスポットは皆無なのでは無いでしょうか?

またもや林の中の小径をテクテク歩き、ようやく天神浜に到着しました。 砂浜なのですが、やはり冬場は雪が覆い被っています。 すっかり夜のとばりが降りた天神浜を歩いて行くと、何やら先の方に小山のシルエット。

近づいてみたら、「かまくら」が造ってありました。 きっとしぶき氷を見に来てくれた子供達が、少しでも楽しく遊んでくれるようにと用意したのでしょう。

西の空には、未だに残照が残っています。 むむむ これはそのまま通り越すのも勿体ないナ(^^;) て、事で無芸はピンと閃いた♪

「かまくらに明かりを灯しましょ♪」

天神浜の夕景
[2010/1/24 天神浜の夕景] <↑ Clickで拡大表示します>

LED懐中電灯をかまくらの中にセットぉ~(^o^) うほっ♪ これはこれで面白いかも(^^) 約20秒のロング・シャッターですので、ほんのかすかに残っていた残照も写し出されました。 多分この写真も、単騎行脚だったら撮らなかっただろうな(^^;)