FC2ブログ

めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

本日のアヒルごはんは、“青森シャモロック”の鶏ガラ炊きスープで知られる、「めん処 成」さんに今年最初の訪問です。

実は正月休み中に一度訪問するも、ご店主様の仲間内が集って新年会(?)をなさられていたようで、惜しくも今年の初ラ~を逃していたところ。 食べ物への執着心が人一倍強い無芸は、虎視眈々と訪問の機会を狙っておりました(笑)

めん処 成

実はお仲間Bloggerの「続・ナントカ三丁目」(URL)のAuthor・きりんさんが、昨年末のことでしたか、「豚そば」なる限定メニューが提供され始まった事を知らせてくれました。

鶏ガラ出汁の殿堂で、豚骨ラ~?!(゚ロ゚屮)屮

当然、興味アリアリでウズウズだったのですが、年末の混沌に包み込まれて没しておった次第(^^;) どうやら昨年末から年明け辺りに掛けて、営業スタイルからサイドメニューまで、色々とリニューされていた模様です。 お目当ての「豚そば」に加えて、更に謎のメニュー「じゅんそば」なる書き出しが・・・w( ̄△ ̄;)w

ご店主様に伺ってみると、どうやら「豚そば」と「支那そば」のハイパー・コンポジット。 鶏ガラスープと豚骨スープの合わせ技・ダブル・スープで仕立てたそうです。 一瞬迷うも、これは面白そう♪と言う事で、

「じゅんそば 大盛 (700円+50円)」

めん処 成 じゅんそば 大盛

背脂バッチリのビジュアルに圧倒されます(笑) どうにも気になる名前の由来ですが、ご店主様の某先輩が大変なラーメン・フリークらしく、豚骨ラ~の開発にも深く後押しされていた模様です。 その先輩様の提案で誕生したのが「じゅんそば」。 ご店主様が、そのきっかけを下さった先輩様のネームを冠して商品化したと言います。 こりゃあなかなかストーリー性のある話ですね(^^)

めん処 成 じゅんそば 大盛

大好評の大きめな拍子切りメンマ、ナゼかダブルのなるとw そしてロースのロール・チャーシューも、トッピングは全て「支那そば」と共通です。

チャーシュー、美味しいね♪ 適度な厚みで食べ応えを伝えてきます。 味付けもシッカリと染みこんでいて、口に運ぶとリッチな気分ww

めん処 成 じゅんそば 大盛

麺は中細ストレートの低加水タイプで、軽くポキッとした歯応えで、こちらも「支那そば」に準じた仕様。 分厚い背脂の層は、スープと麺を最後まで熱々に保ってくれ、それでいて諄さを感じさせる事はありません(^^)

品良く引かれた豚骨スープは、鶏ガラスープだけの「支那そば」よりも、当然の如くに旨味のボリューム感アップです。 伝家の宝刀と言うべき鶏ガラスープの個性をマスキングする事無く、見事にバランスさせておられます。 こりゃあ完成度が高い!(⌒▽⌒;)

ほのかな甘味を感じさせるカエシも、ちゃんとした極味を伝えて来て、期待を裏切らない美味しさです。 ちょっと濃い目かな?と思いそうですが、大盛ラーメンをお冷やに一切手を付けることなく完食出来たと言う事は、やはり“超絶バランス”が成立していたと言う事でしょう(^o^)

サイドメニューに加わっていた「豚メシ」は、単品設定価格が300円ですが、ラーメンと一緒にオーダー出来るセットメニュー(Cセット)として頼むと、半額の150円♪ こちらは新作と言う事で、所望してみました。

めん処 成 豚メシ

刻みチャーシューとごはんを和えて、生姜を加えています。 小丼に入って参りますが、予想外のボリュームがあり、無芸レベルの大食漢でも、大盛ラ~にADD ONすれば、確実に幸せになれます(笑)

本日無芸が頂いた限りでは、折角の極上チャーシューの味と風味が、生姜テイストと辛味でマスキングされてしまっていたと感じました。 まだ調整を試行錯誤中と言う事で、味のバランスはこれから更にファイニングされる事請け合いですので、今後に大いに期待したいところです。

極味で食べさせる、鶏ガラスープの支那そばが売り物だったのに、ここまで一気に攻め込むとは・・・ そのアグレッシブに美味しさを追い求める姿勢には感服致しました(^^)

※次は「豚そば」攻略だな♪




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;11:00~19:00 (LO;18:30) 【木・土・日・祝】11:00~15:00
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日 (祝日の場合翌日)


大きな地図で見る