FC2ブログ

2010年冬景色 小野川湖の朝景

昨日は今年初の写真撮影行脚に出掛けました。 Blog仲間の「行雲流水~サインポールの向こう側2~」(URL)のAuther・maruさんが、某リゾートホテルでご家族と過ごされており、早朝撮影を目論んでいるとの事。 普段はお休みの合わない私達ですので、こんなチャンスは滅多に無かろうと言うことで、裏磐梯・桧原湖エリアへと撮影行脚をご一緒させて頂きました。

大晦日から元旦に掛けて、日本海側は言うに及ばず、県内の会津地方や山沿いでは大雪に見舞われており、この日も降雪確率は60%とされていましたので、日の出の撮影は難しいであろうと踏んで、現着を7時前くらいに設定して、無芸は旧友C君と、帰省中の旧友S君を拉致って、maruさんの宿泊先で合流します。 この先はmaruさんのパジェロ号に便乗させて頂きました。

予想通り裏磐梯・桧原湖エリアへと続く道は、完全な圧雪&氷結路(^^;) 無芸のHONDA FIT号では4WDとは言え若干の不安もアリでしたが、さすが悪路の王者・パジェロ号(笑) 何の不安もなく現地へ到着です。

最初から諦めていた朝日でしたが、何と東の空が赤く染まりだしています。 厚い雪雲も所々切れてくるではありませんか! 急遽、小野川湖を見下ろせるお立ち台に向かうことにします。

小野川湖の朝景
[2010/1/2 小野川湖の朝景] <↑ Clickで拡大表示します>

道路際からお立ち台を見上げてみると、誰一人人影がありません(^^;) みんな最初から諦めていたのでしょうか?? まっ、我々も半分以上諦めていたのですがね(笑)

お立ち台への山道は、既にカメラマンが踏み入った痕跡が残っておりましたが、ナゼか日の出前に下山してくるカメラマンが二人(?△?) もたもたしていると、もしかすると山腹を登っている途中に日の出を迎えてしまうかも知れませんので、ちょっと判断に迷いましたが、四人並んで同じ風景を撮影していても仕方ないので、急ぎな長靴に履き替えて雪深い山道を登り始めました。

結局彼らも意を決して後に続きますが、やはり山頂部には誰一人カメラマンの姿はありませんでした。 こんな事があるんですねぇ~(^^;)

と、東の空に朝日の光芒が走りました。

小野川湖の朝景
[2010/1/2 小野川湖の朝景] <↑ Clickで拡大表示します>

「びゅ~てぃほぉ~~♪ヽ(*^。^*)ノ」

やっぱり雪を掻き分けてでも、お立ち台まで登った甲斐がありました♪ フツーに考えたら、日の出は望めないような天気だったハズですが、やはり希望を捨てずに進んでみる価値はあるものですね(^o^) こりゃあ、さい先の良い撮影行脚になりそうです。

小野川湖の朝景
[2010/1/2 小野川湖の朝景] <↑ Clickで拡大表示します>

氷結の進んだ小野川湖への朝日の映り込みは、残念ながら雲に阻まれて叶いませんでしたが、朝陽の直上に伸びる光芒はお駄賃(笑)

朝日を浴びる裏磐梯
[2010/1/2 朝日を浴びる裏磐梯] <↑ Clickで拡大表示します>

裏磐梯に差し込んだ朝陽は、ほのかに山を赤く彩りました。 ちょっと雲が切れなかったのが残念でしたけど、望外の絵が楽しめました(^^)