FC2ブログ

ラーメン・焼鶏 闘魂 ~福島県郡山市朝日~

昨夜未明から降り始めた雪は、郡山市の街場では今季初の積雪となりました。 積雪量は大したことはありませんでしたが、いよいよ冬本番を実感しましたね(^▽^;) 軽トラと無芸大食妻の下駄車のタイヤを、スタッドレスに交換しましたよ。 油断大敵の冬の道です(^^)

木立の雪

街場は忘年会シーズンもピークを迎え、昨日は20時過ぎまで何度も追加配送をしておりましたが、さすがに道路も混雑していましたので、寒風の中スクーターで走り回り。 もう、寒いのなんのって(^▽^;) 幸いにしてまだ道路は凍結していなかったので助かりました。

さて、オープン間もないお店、郡山市朝日の「ラーメン・焼鶏 闘魂」さんをようやく訪問しました。 営業時間が17時~27時という、完全夜型店舗でしたので、超遅いアヒルごはんを強いられる今の時期にはピッタリ(笑)

ラーメン・焼鶏 闘魂

お店はヨークベニマル本部の並びにあり、お隣は「立ち食い生蕎麦 天玉や」さん、豚骨ラーメンの「博多人情屋台」と、共に夜型営業の建ち並ぶエリアに成長しました。 「会津地鶏」の看板は、てっきり鶏出汁スープを意味するものかと思い込んでいましたが、二毛作名物の焼鶏を意味していました(^◇^;) これはラ~目当てのお客様には勘違いを呼び起こしそうですね。(私もハマった…w)

まずは看板メニューであろう、お店の名を冠した「闘魂ら~めん (500円)」を頂いてみます。

ラーメン・焼鶏 闘魂 闘魂ら~めん

らーめん丼が独創的で驚く(^◇^;) これじゃあ、丼を抱えてスープが飲めませんw まぁ、今時そんな食べ方をする人は皆無でしょうけどね。 黄金色のスープは、脂浮きの少ない、軽快でスッキリとした味。 この時点で無芸は鶏出汁スープだと思い込んでおりましたw

お店の場所は飲食店エリアですので、飲み上げの一杯として考えれば、これはこれでアリでしょうね。

ラーメン・焼鶏 闘魂 闘魂ら~めん

麺は軽くウェーブの掛かった、多加水系中細麺。 滑らかな舌触りが印象的ですが、スープの持ち上げは今ひとつ。 麺自体の味も、特筆する印象派感じられませんでした。 もう少し個性を主張する麺でも良さそうな気がします。

スープは前述の通り、軽快スッキリタイプですが、最初の一口に甘さが先立ちます。 野菜系のナチュラルな甘味とは少し違うような気もします。 スープにもう少し極味が感じられれば、印象もかなり違いそうです。

珍しく「大盛」無しというのが腑に落ちないでしょうけど… 実は秘策ありでしてw

「肉味噌そぼろめし (350円)」

ラーメン・焼鶏 闘魂 肉味噌そぼろめし

メニューを眺めていたら、どうやらご店主様は“中華の人”らしい事を察しました。 てな訳で、本当は「陳麻婆豆腐」に未練アリアリだったのですが、ラ~の友と言う事でコチラ(笑)

油の使い方がやっぱり“中華の人”ね(^^) しっかりと炒めきった挽肉からは、肉汁が完全に引き出せています。 甜麺醤と豆板醤が味のベースのようで、期待通りに甘辛いそぼろになっていました(^^)

期待を込めて言えば、もちっと辛さがあったら引き締まるでしょうし、ご飯も炊きたてのようでしたけど、ちょっと柔らかすぎだったかも。

本日仕入れた情報によると、ご主人は以前、並木で「遊龍(ユーロン)」を営業していた方です。 確か辛し味噌玉を配した味噌ラ~が名物だったハズ。 その系譜のトッピングは今も受け継がれていましたヨ(^^)




== 閉店しました == アーカイブとして残しておきます
ラーメン・焼鶏 闘魂
福島県郡山市朝日2-17-23
営業時間;17:00~27:00
定休日;日曜日