FC2ブログ

第1回 会津のかおり そばフェスタ ~福島県喜多方市~

昨日は出掛けに記事挙げをして、帰宅したのは夜になりましたので、一日遅れての現場レポです(^^) 時節は既に12月。 いつ雪が降り始めてもおかしくありませんので、日曜日は日の出頃に起き出して、先ずは車のタイヤをスタッドレスに換装です。

朝ゴハン抜きではチカラが入りませんので、途中のコンビニでアメリカンドックを2本ゲトして、車内でモリモリ食べながら運転です。 JR安子ヶ島駅のちっと先で、国道脇の田んぼを、犬を連れた男性が歩いてします。 お散歩にしては珍しいなぁ~と思ったら、その両手には散弾銃が…!Σ( ̄ロ ̄lll)

禁漁区になっていない場所なのでしょうけど、交通量の多い国道沿いで、ハンターを目の当たりにするのは初めてでした。 当然ワンコは猟犬だった訳ですね。 あんな場所に、どんな獲物がいるのだろうか…(^▽^;)

「会津のかおり そばフェスタ」 

さて、若干出遅れた事もあり、会場に到着したのは、既にお客様が入場した後になってしまいましたが、この日ご厄介になるのは、川内村の蕎麦栽培も手掛けている「かわうち夢工房」さんです。

15年来のお客様であり、またお友達でもある、歯科医のN先生のご両親が、共に同村のキー・パースンでして、川内村の発展に多大な力を注いでおられます。 同村内の蕎麦畑の開墾から、運営ばかりではなく、私財を打ってのそば道場の設立など、枚挙に切りがないほどなのです。

無芸も蕎麦畑の開墾の頃にお招きを頂き、現場を視察させて頂いたり、蕎麦打ち体験をさせて頂いたりと、単なる食べ手に留まらないキッカケを頂いた次第。 N先生からこのイベントへの出展のお知らせを頂いた時に、会場で食べるばかりでは無く、より生産車の皆様に近い場所から体験させて頂いてみたいと思い、事実上の押しかけアシスタントを申し入れました。

「会津のかおり そばフェスタ」 ブースの中から

N先生は蕎麦茹でにかかり切り。 さて、無芸はどこに身を置くべきか…(^^;) クルーの皆様は、既に実店舗でお仕事をなさられてる手練れですから、下手に割り込んだら調和を崩してしまいかねません。 10分ほど皆さんの仕事ぶりを拝見していて、素人・無芸でもお手伝いが出来そうなポジを見つけました。

温かい蕎麦の汁張り、茹で釜のお湯の管理、蕎麦湯出し。 この辺なら皆様の邪魔にならずに、お手伝いの真似事くらいは出来そうです(^^)

「会津のかおり そばフェスタ」 ブースの中

「かわうち夢工房」の蕎麦は、つなぎ無しの十割蕎麦。 茹で時間は35~40秒くらいです。 大きな茹で鍋に投じた蕎麦は、平ザルで麺揚げするのですが、N先生に

「先ずは川内の蕎麦を食べてみましょう(^^) さ、自分で茹でてごらんなさい♪」

と、言う事で、無芸平ザル初体験(笑) いや、この平ザルってのは、慣れないと扱えないものですね(^^;) 大きな茹で鍋から、綺麗に蕎麦をすくい上げるのさえ難儀します。 茹で時間の塩梅は、絶対的な感覚が必要ですから、無芸には絶対無理(笑)

「会津のかおり そばフェスタ」 ブースの中

それでも平ザル初体験で、自分で茹でた蕎麦は、加減も良好で巧い具合に仕上がりました。 濁りの無い透明感を感じさせる蕎麦は、ややもするとまるで緑色か?と見紛うばかりの“青冴え”するもの。 勿論、キッチリと角が立っていて、「会津のかおり」らしく、甘い蕎麦の香りが鼻腔に広がります。

私、蕎麦の香りには、そんなに敏感な方ではありませんが、この日は“蕎麦の香り”のキーを覚える事が出来た気がします(^^) また、喜多方の水の良さは印象的。 さすが飯豊山系の水! とっても綺麗で柔らかみがあり、この水の良さが蕎麦の美味しさをより一層際立たせていたと思えました。

時刻もお昼近くになってくると、お客様の数も益々増えてきました。 茹で釜は二機用意していますが、茹で湯の管理も相当マメにしなくては、美味しい蕎麦を提供出来ません。 二機ともバーナーはフルパワー。 それでも時たまお湯が充分に沸騰するまでの待ち時間が発生しちゃうものです。 もう10人くらい並んじゃうと、申し訳ないって感じですね(^^;)

るるぷぅさん(URL)、すばるさん(URL)ご夫妻がお立ち寄り下さり、

「とりわけ美味しかったですよぉ~♪」

と言って下さったのには、やはり嬉しかったですね(^^) お立ち寄り、ありがとうございました。

「会津のかおり そばフェスタ」 かわうち努工房

14時を過ぎると、さすがに会場の客足自体が少々遠退いて来ました。 この辺で少し余裕も出てきます。 「かわうち夢工房」の店頭デモをなさっている、渡邉さんの妙技を少々拝見(^^) 渡邉さんは蕎麦打ち二段の手練れ。 切り揃えられた蕎麦が、しっかりと均一の幅であるのが分るでしょう。

駒板の下に控える、折りたたまれた蕎麦も、全く厚さの揃ったミルフィーユ状態ですね(^^) 他のブースの手練れの蕎麦打ち名人達も、時折その妙技に見入っていたほどの腕前です。

蕎麦打ち師 渡邉さん

「ほら、これが蕎麦の花だよ!」

と、打ち立ての蕎麦を差し出してくれた渡邉さん。 うはぁ~~~!Σ( ̄ロ ̄lll) こんなの目の当たりに見たのは初めてです。 グッと寄って見て頂きますと、こんな感じ。

そばの花

うっ(^^;) 被写体として成立しとる…(笑) 蕎麦の切り幅がしっかりと均一でなければ、そうは行きませんね。 しかも十割蕎麦でこのしなやかさ(笑) 何か凄い場所に入り込んでいたな、おれ…




この後は、他の出展ブース様をN先生と一緒に食べ歩いてみました。 ただし今回は、自分も紛いなりにも出展者の一員という立場を考え、実食コメントは差し控えます(^^;)

「笙の幻流蕎麦道場 (福島市)」

笙の幻流蕎麦道場 (福島市)

福島市の象徴たる、信夫山の麓にある蕎麦道場さん。 玄蕎麦は飯舘町。 金臼挽き、ふるい目80目の十割蕎麦。

「会津磐梯そばの会 (磐梯町)」

会津磐梯そばの会 (磐梯町)

標高400mの高原で栽培。 日本で最初認定を受けた有機農法蕎麦でも知られる。 ロール挽き、ふるい目80目の十割蕎麦。

「塩川そば友の会 (喜多方市)」

塩川そば友の会 (喜多方市)

そば愛好家が中心となって設立。 地元喜多方のエコ栽培方式。 ロール惹き、ふるい目120目の十割蕎麦。

「おぐにの郷 (喜多方市)」

おぐにの郷 (喜多方市)

雄国山麓の標高400mの高地で栽培。 石臼挽き・ロール惹きのブレンド ふるい目60目の十割蕎麦。

※肝心の「かわうち夢工房」の蕎麦の写真を取り忘れ q(・・;q) ))) ((( (p;・・)p オロオロ