FC2ブログ

2009年 錦秋巡り ~つむじくら滝~

「そば処 杉元屋」さんで、思わぬ楽しい時を過ごし… いや、ちょっと過ごし過ぎ(笑) 時刻は3:30を回ってしまいました(^^;) まあ、それも写真撮り行脚の楽しみかな(笑)

次なるターゲットは「つむじくら滝」 無芸はその存在を認識していなかったのですが、旧友C君が情報をキャッチしていました。 どうやら最もステキな見頃を迎えていると。

林道漆峠線

杉元屋さんからほんの2kmほど進み前田集落に差し掛かると、「つむじくら滝」への誘導標識が見えてきます。 タイト・ターンを左折して「林道漆峠線」へと入って行く事となります。 途中で一箇所だけ、Y字路がありますが、ここは写真の通り右方向に向かい、舗装されている林道を進んで行きます。

県道から3kmほどとの事ですが、前述の通り舗装されてはいるものの、道の曲率は厳しく、道幅自体も決して広くはありません。 時折、先の見通せないコーナーもありますので、必要に応じてクラクションを鳴らすなど、自己防衛策を執りましょう(^^;)

何せ険しい山道でありながら、所々ガードレールが敷設されておりません。 まかり間違って転落したら、ただ事では済まされないような千仞の谷が口を開けているのですから(大汗)

で、ズンズン進んで行ったら、いつまで経っても「つむじくら滝」の標識が出てきません(^^;) 距離的にもとっくに3kmは進んだハズなのに…

「なぁ、おかしくねぇ? もう3kmは進んだと思うんだけど…(^^;)」

「いや、結構な山道だから、思ったよりも距離は走ってないんじゃない?」


そんな会話をしている内に、あれれ??(^▽^;) 何だか別な道との交差点に出ちゃったヨ(笑) しかもその交差点には、我々が通ってきた方向に矢印が示してあり「つむじくら滝」と…Σ( ̄ロ ̄lll)

あ゛ぁ~~~、やっぱり通り越したんだぁ~ *o_ _) Uターンして引き返しです(^^;)

道々今度はペースを落として、しっかり入り口を探します ( ̄д ̄*)))(((* ̄д ̄) 途中で良さ気な景色を見つけて小休止。 やっぱり道を間違って、手ぶらでは帰れないでしょ(笑)

嶽の山
[2009/10/25 嶽の山] <↑ Clickで拡大表示します>

ここの木々は、既に落葉してしまったようですが、木に絡まった蔦が彩りを添えています(^^) 既に山影に日は落ちて、コントラストが出なくなり始めました。 あぅぅぅぅ、ヤバい! 早くターゲットを!

更に道を戻り続けると、

「あれっ?( ̄△ ̄;)」

つむじくら滝展望台

みぃ~つぅ~けぇ~たぁ~~ ┐('~`;)┌

集落から向かってくると、丁度上りの右コーナー外側にあるもので、ちょっとした路側帯があるとしか思わなかった。。。 しかも「つむじくら滝」の看板は、路肩では無く、展望台の敷地内にあるし… こりゃあ、初めて訪問したら、私達のように見落とす人が続出でしょうな(ーー;)

ともあれ、ようやくターゲットを捕捉しました。 「つむじらく滝」は、展望台からは谷を挟んで向かい側に見えます。

つむじくら滝
[2009/10/25 つむじくら滝] <↑ Clickで拡大表示します>

上段25m、下段60mの直瀑の滝で、博士山山系では最大の滝だそうです。 確かに木々の色付きは、この日が最高だったでしょうね(^^) 既に日が陰ってしまったので、鮮やかな色合いが望めないのは残念です。

滝壺まで見下ろせるものの、手前の崖にススキが茂っていて、写真撮りとしてはなかなか厳しい(>_<) 雑木の生えている関係上、撮り下ろしの効くポイントは非常に限られます。

つむじくら滝
[2009/10/25 つむじくら滝] <↑ Clickで拡大表示します>

滝の高さを考えると、展望台の下は100mほどの崖になっている訳でして、ここを降りて撮るのは無理ですね(^^;) だからここの写真は、ほとんどアングルが同じになっちゃうんですね。

山頂から滝口まではさほど高低差がありませんから、この滝の水量は限られた条件下にも関わらず、かなり豊富と言えるでしょう。 また、14時くらいを狙えば、滝壺付近に虹も架かるそうですヨ(^^)

これにて日は落ちて来ましたので、この日の撮影は終了。 でも何とかこの滝への別なアプローチは無いモノかと考え、沢を登るルートをサーベイしてみました。 一番最初に挙げた写真の交差点に戻り、「漆峠」へと車を進めてみました。

意外と言っては失礼ですが、このY字路を左折して、山奥へと進んで行くと、小さな集落がありました。 正直言って驚きです(^^;) きっと農耕地を開拓して住み着かれた方々の末裔なのでしょうね。 ほんの十軒ほどの集落ではありますが、力強さを感じずにはいられませんでした(^^)

さて、漆峠ですが、急な坂道はタイト・ターンの連続です。 多分林野業の為に整備してあるのでしょう。 とにかく行けるところまで行ってみます。

漆峠終点

で、突然終了!orz 人気はある訳も無く、何だか熊さんが出そうでした(笑) 200mほど車をバックで下げて、巧いこと転回して下山… 不毛だ…(^▽^;)

後に地図を見て分りましたが、この集落への道すがら、一箇所橋が架かっています。 この橋の架かる小川を登って行けば(行ければ…ww)、「つむじくら滝」へと近づけるようです。 あまりお薦めは出来ません。 もし入山するようでしたら、自己責任と言う事で(笑)