FC2ブログ

緊急修繕

一昨日の夜、23時くらいになって、ようやく無芸の仕事場もシャッターを降ろそうとしたところ、外水道蛇口付近で、水の噴き出しているような音が耳に届きました。 もしや、外水道が出しっぱなしだったかと、蛇口を確認するとちゃんと閉まっています。

「んん~~~?何でかなぁ~?( ̄~ ̄;)」

と思いつつも、いい加減夜も遅かったので、後回しにして一時帰宅。(^^;) その後どうにも気になったので、25時になってから懐中電灯を持ち出して、水流計の点検口を開けてみると…

水道管損傷

あ゛ぁ゛~~~~!!Σ( ̄ロ ̄lll)

思い切り漏水しているぢゃん! ど、ど、ど、どうすべ?!(^◇^;) 冷静になれオレ。。。 今は夜中の1時。 このままにしておくのも寝起きが悪い。

水道局の電話番号を調べてみたら、夜間は守衛室だけが電話口になっているようだ。 取りあえずCALLしてみる。

いかにもお歳を召したと感じられる守衛さんが応対してくれる。 事情を話すと、

「これから工事業者に連絡を取って、直ちに向かわせます!」

おぉ~~♪ 当たり前の対応かも知れないけれど、「神」のように思えましたヨ(笑) て、事は、指定業者になっている会社は、24時間体制で待機しているのね…(^▽^;) 多分、複数の業者さんが、当番制になっているとは思うけど、大変ですね。

小一時間ほどで、水道工事の業者さんが到着。 早速現状把握と診断をしてくれました。 どうやら家宅の水道管に繋がる前の部位にクラックが出来ているようです。

「無芸さん、これから工事を開始するのもやぶさかでは無いのですが、重機を入れて掘ったりしなければいけませんので、騒音や振動も少なからず発生します。 これくらいの漏水でしたら、それほど深刻ではありませんので、明朝以降に修繕させて貰って良いですか?」

そっか… たいしたことない方なんだ(^^;) ちょっとホッとしたよ。 で、結局翌日は、無芸家よりも深刻な漏水に見舞われている事案があったようで、ようやく本日朝からの施工となりました。

水道管付け替え工事

朝8時から工事が始まり、完了したのは午後3時過ぎ。 丸半日の仕事でした。 重機を入れて、プロが6人掛かり。 これが宅内配管で発生していたらと思うと、ちょっとゾッとするほどの工賃でしょうね…(^^;) あぁ~~~、良かった♪




実は無芸大食倅にも「緊急修繕」が必要な案件が… 足の親指の爪が「巻き爪」になっていたのですが、それが指の肉に食い込んでしまい、腫れ上がってしまいました。

こればかりは、素人の生兵法で解決出来る問題ではないので、さっさと皮膚科のご厄介になりました。 一人で行けよと言ったのですが、何せビビリィ~な男の子ですもので、無芸大食妻が連れて行くことに。

小一時間ほどで帰宅して参りましたが、笑えないくらい痛かったらしいです(笑)

治療用ベッドに仰向けで寝るように即されて、患部を見た先生曰く。

「何か爪先に負荷が掛かるスポーツをやっているでしょ?」

「あっ、はい… ブタミントンを少々…(^^;)」

「あ~~、やっぱりねぇ~♪ 結構多いんだよね、こんな症状。 あ、ほれ♪」


「(うぎゃ~~~!!! ☆▲◆▼★□▲○◎☆!!!)Σ( ̄ロ ̄lll)」

表面麻酔も無しに、医療ハサミで爪をチョキチョキ… |||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||  話を聞いている方が、思わず悶絶しそうなシーンです(^^;)

「オレ、今まで生きてきた中で、一番痛かったかも… 本当に泣きそうになった…o(;△;)o」

爆笑しそうになりながら、絶叫しなかったのか聞いたら、どうやら絶叫をグッと飲み込んだそうです(^^;) ほぉ~~~(^o^) いつの間にそんなに強くなったかねぇ♪(*^_^*)

翌朝、その医師を良く知る方がお出でになったので、それとなく聞いてみた。

「その先生って、もしかしてドSですか?(^^;)」

「うぅ~~ん…(^^;) そうですねぇ、自分がリードしている時は、確かにドSでしたけど、逆にリードされている時はドMですね♪」


なるほど… 表裏一体か…