FC2ブログ

五浦海岸 六角堂 ~茨城県北茨城市~

昨日も午後から小雨が降り出し、何ともスッキリとしない日曜日が続いています。 高校受験を控え、毎日夏季講習に足を運んでいる無芸大食倅も、日曜日の講義はお休みのようで、どこかへ連れ出して欲しそうです。

天気もすぐれませんから、遠出も気が進まず、取りあえずいわき方面へと向かってみる事にします。 郡山東ICから磐越自動車道を東進しますが、雨は一向に止む気配はありません(^^;) 無芸大食倅が覗いてみたかった「箱物」に行くには、まだ時間が早すぎますので、ちょっとだけ先の方へと進んでみる事にします。

ICを降りると、ようやく無芸大食倅が、動画を見ていたPSPから目を上げて、この風景をジッと見据えます。

北茨城IC出口

「ねぇ、何で北茨城なの?!Σ( ̄ロ ̄lll)」

はっ? ずっと車に乗っていて、どこを走っているか気付かなかったのか?(^◇^;) アンタの思惑だけを叶えるために来た訳ぢゃねぇ~んだけど(笑)

「ウソだろ?! 何で茨城なんだヨ!(^▽^;)」

まっ、ごもっともと言えばごもっともですナ(笑) だって、ただいわきに行くだけでは、スパイスが足りないべ? わたしゃ、いろんな処を見て歩きたい訳ヨ。 以前から気になっていた場所があるんだわ。

それは「五浦(いづうら)海岸」「六角堂」ね♪

取りあえず小腹が空いたので、漁港に行けば、何かは食べられるだろうと、標識を頼りに「大津漁港」に行ってみる。 漁協さんが運営する、レストランと産品直売所があったものの、レストランは中休みとなっており入場さえ出来ず… また「産品直売所」も歩いては見たものの、主立った品々は売り尽くしとなっていて、「いわき ら・ら・ミュウ」のように、気軽に食べ歩きが出来る状況ではありませんでした(-_-;)

仕方なくここはパスして、「六角堂」に移動開始。 で… 移動先の「六角堂」界隈でも、やはり胃袋を満たしてくれそうな処は一軒もありませんorz 子供達も徐々に不機嫌になって来たよ…(^^;)

「六角堂」は現代美術の父と言われる、「岡倉天心」が瞑想にふける場所として、自ら設計して作ったそうです。 お恥ずかしい事ですが、「岡倉天心」さんは、ここに来るまで知りませんでした(^^;) ともあれ、内部見学はパスして、景色の良さで知られる「五浦岬公園」に移動です。

五浦岬公園

あまり標識等は整っておりませんが、「大津岬灯台」を目印にして行けば辿り着けます。 15台分ほどの無料駐車場が備わっておりますので、そこに車はデポしましょう。 ここの遊歩道を200mほど進んで行きますと、件の「六角堂」が見下ろせるビュー・ポイントとなります。

五浦海岸 六角堂

「日本の渚 100撰」に選ばれている景勝地です。 岬の突端に建つ朱色の建物が「六角堂」です。 とにかく天気が悪く、しかも引き潮の時間帯だったので、あんまりピリツとした「絵」にはなりませんでした(^^;)

また、このエリアは「五浦温泉」がありますので、立ち寄り湯から観光ホテルまで、種々の民間施設が沢山あります。 ここ「五浦岬公園」は、初日の出のビュー・スポットとしても有名だそうですし、灯台の近辺には桜も植えられているということです。

うぅ~~~(^^;) ちょっと不完全燃焼気味だったなぁ…


大きな地図で見る