FC2ブログ

郡山布引風の高原

昨日は午前中は、見事に晴れ渡っておりましたが、午後になると徐々に雲行きが怪しくなって来ました(^^;) 暫くデジイチを持ち出していなかったもので、撮る気マンマンな訳で(笑) どこへ出掛けるか思案しているウチに、街は黒い雨雲に覆われてしまいました。

もうままよと車を走らせて、雨雲から逃れるように西へと走ります。 「蕎麦家」さんに後ろ髪を引かれつつ、三森峠峠を越えて、湖南町へ。 そして福良の町中を名店「大阪屋」さんを横目に見ながら、「郡山布引風の高原」へとやって参りました。

日本最大級の風力発電所として知られるここには、33基の風力発電用の風車が鎮座しております。 標高1,000mと言われるこの高原は、昔は「布引大根」と呼ばれる高原大根の名産地として知られておりました。

今では週末ともなると、この風車の壮観さを楽しむ為に、県外からも来訪者がやって来る、新名所となりつつあります。 如何せん、標高1,000mの高所であり、屎尿処理施設などは据え付けが難しいですので、簡易トイレくらいしか準備されておりません。 自然環境との共生を考えると、なかなか難しいところでもありますが、徐々にではありますが、受け入れ環境が整備されつつあります。

郡山布引風の高原

到着した頃は、丁度雨の上がりっぱなでした。 布引山から眼下に見下ろす猪苗代湖と、遠く霞の掛かった先には磐梯山が見えていました。 急いで三脚をセットして、準備を進めている内に、あっと言う間に磐梯山を包み込んでしまった…(^^;)

布引風の高原

風車は間近に見ると、かなり大型でして、発電機はシェルを含めると、マイクロバスくらいの大きさがあります。 全高100mもあるそうで、対岸の国道49号線からもハッキリと見えるほどです。

布引風の高原

高原では沢山のトンボが飛び交ってました。 今が盛りなのでしょうか? そう言えば、今日も町中で「繋がりトンボ」を沢山見かけました(^^)

布引風の高原 雛芥子の花

実は遅きに失した感があるのですが、この高原で雛芥子が咲き競っていると聞いておりました。 やはりとっくにピークは越えてしまったようで、一面の雛芥子畑を楽しむ事は出来ませんでした。

「丘の上の雛芥子の花で…」で知られる雛芥子ですが、実はちゃんと見たことが無かったんですヨ(笑) 遠目に見ると、一瞬コスモスかと思いましたけど、咲き残りの雛芥子に出会うことが出来ました(^^)

布引風の高原

単なる草原になってるナ…(^▽^;) 下界の紫陽花の時期と、ほぼ同じ頃、郡山布引風の高原では、雛芥子の花が楽しめます(^^) 9月の向日葵まで、楽しみはお取り置きです。