FC2ブログ

梅雨明けまで、もう少し…

子供達が終業式を終えて来ました。 いよいよ明日から夏休みです(^^) 凡才だった無芸にとっては、この終業式の日=通信簿(成績表)配布ってのが、“審判の日”だった訳で、正直良い気分でこの日を迎えたという記憶はありません(滝汗) だって毎回、じいさんに頭を殴られていたし(^^;)

まあ夏休みに入ってしまえば、もう子供達のものですが、今思い起こしても、嫌な一日だった記憶だけが甦ります(笑) まだ、うちの子達の成績表は見ていませんけど、今までさすがにゲンコツをくれた事はありません。 それで何かが変わるならまだしも、子供達に嫌な思い出しか残せませんからね。

高校受験を控えた無芸大食倅は、学校からタップリと宿題を持たされてきて(イイぞぉ~~♪ww)更に夏期講習会への参加も待ち受けています。 そろそろ自覚して貰わねば…(^^;)

さて、ここ三日ほどは、梅雨明けを思わせるような日差しと蒸し暑さが感じられるようになりました。 昨日あたりなどは、「どうして右腕が痒いのだろうか?」と気になっていたのですが、入浴の際にソレが日焼けによるモノだと気づきました(^^;) 軽トラで常時窓全開の無芸の右腕は、キッチリと今年も段焼けになりましたワ(笑)

安積国造神社

日差しの強さと共に、午後になると入道雲が見られるようになりました。 今日も夕立が来るか?と予感させられるような雰囲気だったのですが、ギリギリでセーフね(^^;) お陰で今夜は蒸し暑いナ。




無芸の仕事場の特約先、群馬県の「永井酒造」さんで、新しい試みの清酒がリリースされました。 ソレはシャンパンのように泡立つ発泡性清酒。

県内の酒造元でも、同様の製品は既にリリースされておりましたが、「永井酒造」の新作は、後から出てきただけあって、より個性的なものでした。

サンプルを落手していたので、早々にチェックしたいと思いつつ、とある飲食店さんに持ち込んで、ご店主様をはじめ、スタッフ様方や、たまたま居合わせた常連のお客様方にも見て頂きました。

MIZUBASHO PURE

「MIZUBASHO PURE」

最高の酒造用の米・山田錦を、大吟醸スペックまで磨き上げ、シャンパーニュと同じく、瓶内二次発酵方式で炭酸ガスを生成させています。 しかも既存の発泡性清酒を大きく上回る、約5気圧のガス圧を自然生成させ、瓶内に発生する澱をしっかりと抜き去っています。

清酒がお好きな方なら、イメージできると思いますが、日本酒度は+10という大辛口仕立てとされており、シャンパーニュならさしずめBrut(ブリュット=辛口)と言われるものです。 フルーティーで甘酸っぱい発泡性清酒が大勢を占める中で、ワインのような酸味には乏しい清酒で、ここまで辛口仕立てにすると言うのは、並大抵の覚悟では出来ません。

製品として造り上げるまでには、3年間の試行錯誤が繰り返されたそうです。 さて、実際に口にしてみると、まずは抜栓の儀式はシャンパーニュと同じです。 シャンパーニュと変わらぬ5気圧のガス圧が掛かっていますので、慎重に開けないと栓が飛び出してポン!と景気の良い音を発してしまいます(^^;)

栓を抜いて、まず鼻孔に届くのは、新鮮なイチゴの香り♪ おぉ~~~♪何だか良い感じだなぁ~(^o^) きめ細かな泡立ちは、シャンパーニュに引けを取っていません。 一口含むと、意外にガスのインパクトは感じられず、クリーミーな舌触りって感じです。

葡萄をベースとしているシャンパーニュとは違い、酸味はあくまでも大吟醸レベルの清酒に類するレベルですので、口の中が収斂する事はありません。 清酒として見れば、やはりかなりの辛口ですね。 これは口開けの一本には最適でしょう(^^) ちょいと酒肴をつまみながら楽しんだら、幸せになれそうです♪

ご店主様からは早速の定番扱いのご注文を頂きましたヨ(^^) ありがたい事です。 更にちょっと嬉しいことに、この「MIZUBASHO PURE」が、なんと世界最高のレストランと言われる、スペインのミシュラン三つ星「エル・ブリ」から、直々のオッファーがあり、正式にお取り扱いの申し入れとなったそうです(^o^)

これは快挙ですね! 一年に6ヶ月しか営業しない。 席数は僅か45席。 年間僅か8,000席分しか用意されないレストランに、毎年のべ50万人の予約が殺到するという、まさにプラチナ・シートのレストランなのです。

現在のところ、どのように商品供給を行うか、永井社長が考慮中と言うことです。 今年の残り営業日数を考えると、もしかすると「エル・ブリ・デビュー」は、来年の5月になるかも知れません。 世界中のガストロノミの注目を集めること必至の名酒誕生です(^^)