郡高卒業生!注目!

訳の分からんタイトルです(笑) ちょいと内輪の話をお許し下さい(^^;)

福島県立郡山高等学校同窓会の総会が、来る8月15日(土)に開催されます。 母校の学祭は3年に一度開催されますが、同窓会総会も同年開催の3年サイクルとなっております。

お住まい情報が確定している、約9,000名の同窓会会員様宛に、開催案内のハガキが発送されております。 同窓生の方で、お手許にハガキが届かない方は、データベースの住所変更届けがされていないため、発送出来なかったか、若しくは宛先不明で返送されて来ております。

お心当たりの会員様は、こちら(8月20日まで公開サイト・携帯電話3キャリア対応SSL)から住所変更届けをお送り下さい。 公開期日以降はこちらから。

開催要項は下記の通りです。


開催日時; 2009年 8月 15日(土) 16:30~20:30 (16:15開場)
開催会場;郡山ビューホテル・アネックス
       3F 雲水峰(うつみね)の間
       福島県郡山市中町10-10 [MAP]
       電話;024(939)1111(代)
会費;(お一人様) 5,000円 (当日徴収)
    ※懇親会費として
申込方法;郡高同窓会の申込ページより (PC) (携帯)
締切り;2009年 8月 12日(水)まで



同窓会創立30周年ということで、母校・生徒様方のご協力を頂き、ちょっとしたアトラクションも用意されております。 同期生の皆様にお声がけを頂き、お誘い合わせの上参加頂ければ幸いです。

と、まぁ、ホント内輪の話でした(笑)




昨日から急に涼しくなりまして、今日も大分過ごしやすい一日となりました。 明日からは8月。 あっと言う間に旧盆がやって来ます。 旧盆が明けたら、一気に秋の気配が感じられるようになりますからね。(^^;) ホント月日の移ろいが早く感じられる年齢となりましたワ。。。

さて、今日のアヒルごはんはぁ~、やっぱり大分遅くなっちゃって、通し営業をしているお店しか選べませんでした。 と、言いながらも、既に胃袋は決まっていたりして(笑)

CoCo壱カレ~ですよぉ~♪(^o^) 土用の丑の日だから、しっかり食べましょう!(何のこっちゃww)

「ポークカレー 500g (630円)」

CoCo壱 ポークカレー500g

「飛び辛スパイス」をパラパラと掛けて、スパイシーさアップですぅ~♪ お手頃でいつも美味しいCoCo壱カレ~♪ 

パン工房 麦畑

無芸は普段は“ごはん派”でして、自ら進んでパンを食べる事は多くありません。 唯一、日曜朝スパの時くらいでしょうか。 先々週、ナゼか無性に美味しいパンを食べたくなって、ネットで近隣のパン屋さんを検索したところ、「パン工房 麦畑」さんを推す記事が多い事を知りました。

開店時間も比較的早めと言うこともあり、無芸の日曜朝スパのお供にはもってこいです。 と、言うわけで、初めて訪問してみた次第。 見るからにパン職人と覚しき男性が一人、あとは全て女性スタッフで運営されているようです。

何種類か試食が供されており、迷わず全て試させて頂きました。 んまい♪(*^_^*) これはアタリですわ♪ ついつい食べきれないほど買い込んで来ましたが、家族の反応も上々でした。

そんな訳で、今週も足を運びました。 「パン工房 麦畑」さん♪

パン工房 麦畑

「パン屋さん≒女性客」と考えていたのですが、これは私の勝手な思い込みですね。 無芸と同年代の男性客の姿もあります。 取材の申込をしようかと思ったのですが、店内には何組かのお客様がおられましたので、自重するとして、買い求めてきたパンは自宅撮影です。

パン工房 麦畑 たらもピザ&マヨコーン

「たらもピザ」「マヨコーン」、共に130円です。 しっかりと美味しい割りには、お値段はスーパーのイン・ショップよりも安いくらいです♪

この手の調理パンは、メインのペースト等がたっぷりであるほどに美味しいもの。(^^) 期待を裏切らない美味しさです。 パン自体の風味が、とても良く出ていて、「パンを食べた感」が楽しめます。

パン工房 麦畑 ソフトバターフランス

「ソフト・バター・フランス」 こちらは120円という価格が信じられないほどのコスパです(^o^) バター+グラニュー糖と来れば、文句なしの黄金律ですもんね。 美味しゅうございました。

暫く通いたくなるお店ですね。 と言うか、多分常連化決定です(笑)




パン工房 麦畑 (URL)
福島県郡山市喜久田町四十坦8-25
電話;024-925-4463
営業時間;7:30~19:30
定休日;毎週月曜日
駐車場;15台


大きな地図で見る 

お好み本舗 ぽぽ ~福島県郡山市大町~

どうしても思い出せなくなってしまったのですが、確か2年半ほど前でしょうか、無芸の仕事場のご近所様「お好み本舗 ぽぽ」さんの訪問記事を拝見した事がありました。

ほんのご近所なのに、訪問機会が得られぬまま時が過ぎておりましたが、ようやく昨日初訪問が叶いました(^^)

お好み本舗 ぽぽ

時刻は既に15時くらいになっておりましたが、通し営業をなさっておられますので無問題。 平日のそんな時間ですもので先客様はおられませんでしたが、ご主人様が快く迎え入れて下さりました(^^)

店内は軽く昭和末期の雰囲気が漂っておりますが、お足の方も、そのまま時が止まっているようです(笑)

お好み本舗 ぽぽ 品書き

お好み焼きが280円~320円( ̄□ ̄;) 焼きそばは280円~300円ですヨ(^◇^ ;) ホカ弁のローエンド並みです…(汗) 子供のおやつではありませんので、取りあえず二品お願いしてみました。

「お好み焼き むきエビ玉 (320円)」

お好み本舗 ぽぽ お好み焼きむきエビ玉

実はウッカリ、写真を撮る前に混ぜ混ぜしちゃった…(笑) 目前の鉄板に火が入ると、ついつい我を忘れるタイプ? 一緒にマヨが別皿で添えられて来ましたヨ。

ご主人様が鉄板に油を引きながら

「1分くらいしたら、焼いても大丈夫ですからね」

と、仰って行きましたが、タネをしっかりコネコネして、充分に鉄板に熱が回ったと思った頃に、焼き方始め!

お好み本舗 ぽぽ お好み焼きむきエビ玉

お一人様だけど、何だか手前焼きって楽しい♪(笑) 厨房に戻られたご主人様は、もう一品のオーダー品「焼きそば」を作成中。 耳に心地好い焼き音が届きます(^^)

難無くお好み焼きを裏返した頃に、焼きそばが完成。

「焼きそば 豚玉 (300円)」

お好み本舗 ぽぽ 焼きそば 豚玉

おやつレベルを越えたボリュームです。 モヤシとキャベツは、シャキシャキ感が残されており、古典的なウスターソース仕上げです。 軽く酸味があって、今時のドロ・ソース系とは一線を画する、シャープな味わいですね(^^)

何やらお味噌汁がサービスして頂けたようですが、これがまた具だくさんなばかりか、出汁の塩梅がヒジョーにヨロシ♪ 美味しゅうございました(^o^)

さて、ようやくお好み焼きもシッカリ火が通ったようですので、仕上げです。

お好み本舗 ぽぽ お好み焼きむきエビ玉

で、又もや写真を撮る前に切れ目を入れてしまいました(笑) どんだけ慌ててるんだ、オレ…(^^;)

生地には長芋が混ぜられているのか、フカフカ&ネットリした食感です。 そんでもって、ソースはやっぱり、辛口系のシャープな味。 これまた古典的ですね(^^)

で、またまた、今度はキュウリの青紫蘇浅漬けをご馳走になっちゃった(笑) 梅肉も添えて頂き、ちょいと油を多用したお料理には、爽やかさを添えてくれます(^^)

で、ここに女将さんが登場なさられて、何だかおしゃべりが盛り上がって来ちゃった(笑) ついつい長居してしまいそうで恐いワ(^^;) 何て思っていたら、今度はお豆腐サラダのサービスが…(^▽^;) いやいや、初訪問でこんなにご馳走になってしまい、恐縮至極の無芸です。




お好み本舗 ぽぽ
福島県郡山市大町1-13-18
電話;024-923-0898
営業時間;12:00~21:00
定休日;年中無休 (※稀にお休みをする事がございます)


大きな地図で見る 

リリーフ・エース「正月屋」

「郡山布引風の高原」で撮影をして、帰路に就きながら、遅めのアヒルごはんをと思いつつも、案の定「大阪屋」さんも「蕎麦家」さんも、既に暖簾が落ちていました。 大好きなラ~屋さん達は、昼の部の営業は終わっているし、夜の部の営業が始まるまでは、ちょいと間があります。 まさに間が悪い(^^;)

ふと、信頼回復中の回転寿司を思い出して、視察がてらに寄ってみました。 日曜日の4時と言えば、さすがにアイドルタイムかも知れませんが、レーンにはほとんど商品が流れておりません。

「お好みの商品をご注文下さい」

とのカードが、レーンを回っています。 まっ、分からない事は無いけどネ。 回転寿司と言えども、出来たてを頂けるのは何よりなのですが、せめて“人気の売れ筋”くらいは回っていてもイイんぢゃない?(^^;) 回転寿司って、お客様の着席から15分が勝負だと思うんですけど。 考える暇もなく、空腹という風を後押しにして、勢いで皿をとらせなきゃ、客単価なんて上がらないさね(笑)

レーンを流れていた皿を二皿取り、二点オーダーしてみます。 両方とも“売れ筋商品”ね。 そしたら、ネタが解凍ギリギリでやって来ちゃったヨ(^^;) ほんのちょっと違えば、未解凍って言われかねないくらいで。 もうその時点で萎えちゃって、たった計4皿で店を後にしました。

さて、どうしたものかと思案していると、週末は通し営業をしている「支那そばKING」を思い出しました。 よしよし♪(^^) これで穴埋めは決定です。 「正月屋」さんに直行です。

「支那そば (650円)」

正月屋 支那そば

親方はお留守でしたけど、しっかり「正月屋クォリティー」を堪能させて頂きました(^^) やっぱり「正月屋」さんの「支那そば」は、バランスで食べさせるタイプですね。 何かしら突出しているものはありませんけど、相変わらず麺とスープが交互に口に運ばれて行きます。

正月屋 支那そば

↑ちょっとアングルを変えてみた(笑) ハハハ、まるでアイポイント・カメラですね(^^;)

やっぱり盤石! 満足度は高いよぉ~♪(^▽^) 困ったときのリリーフ・エース、さすが「正月屋」さんです! 

郡山布引風の高原

昨日は午前中は、見事に晴れ渡っておりましたが、午後になると徐々に雲行きが怪しくなって来ました(^^;) 暫くデジイチを持ち出していなかったもので、撮る気マンマンな訳で(笑) どこへ出掛けるか思案しているウチに、街は黒い雨雲に覆われてしまいました。

もうままよと車を走らせて、雨雲から逃れるように西へと走ります。 「蕎麦家」さんに後ろ髪を引かれつつ、三森峠峠を越えて、湖南町へ。 そして福良の町中を名店「大阪屋」さんを横目に見ながら、「郡山布引風の高原」へとやって参りました。

日本最大級の風力発電所として知られるここには、33基の風力発電用の風車が鎮座しております。 標高1,000mと言われるこの高原は、昔は「布引大根」と呼ばれる高原大根の名産地として知られておりました。

今では週末ともなると、この風車の壮観さを楽しむ為に、県外からも来訪者がやって来る、新名所となりつつあります。 如何せん、標高1,000mの高所であり、屎尿処理施設などは据え付けが難しいですので、簡易トイレくらいしか準備されておりません。 自然環境との共生を考えると、なかなか難しいところでもありますが、徐々にではありますが、受け入れ環境が整備されつつあります。

郡山布引風の高原

到着した頃は、丁度雨の上がりっぱなでした。 布引山から眼下に見下ろす猪苗代湖と、遠く霞の掛かった先には磐梯山が見えていました。 急いで三脚をセットして、準備を進めている内に、あっと言う間に磐梯山を包み込んでしまった…(^^;)

布引風の高原

風車は間近に見ると、かなり大型でして、発電機はシェルを含めると、マイクロバスくらいの大きさがあります。 全高100mもあるそうで、対岸の国道49号線からもハッキリと見えるほどです。

布引風の高原

高原では沢山のトンボが飛び交ってました。 今が盛りなのでしょうか? そう言えば、今日も町中で「繋がりトンボ」を沢山見かけました(^^)

布引風の高原 雛芥子の花

実は遅きに失した感があるのですが、この高原で雛芥子が咲き競っていると聞いておりました。 やはりとっくにピークは越えてしまったようで、一面の雛芥子畑を楽しむ事は出来ませんでした。

「丘の上の雛芥子の花で…」で知られる雛芥子ですが、実はちゃんと見たことが無かったんですヨ(笑) 遠目に見ると、一瞬コスモスかと思いましたけど、咲き残りの雛芥子に出会うことが出来ました(^^)

布引風の高原

単なる草原になってるナ…(^▽^;) 下界の紫陽花の時期と、ほぼ同じ頃、郡山布引風の高原では、雛芥子の花が楽しめます(^^) 9月の向日葵まで、楽しみはお取り置きです。 

お役ご免

今朝は久々に朝から青空が広がり、絶好の写真撮影日和でした。 ここ一ヶ月ぶりくらいでしょうか。 フツーなら夜明け前から写真撮りに出掛けてしまうくらいの好条件でしたが、朝から一仕事が入っていたので、涙を呑んでそちらへ(^^;)

先週の日曜日もこの「一仕事」をして来たのですが、今週はその後片付け。 地元「総産土(うぶすな)神社」の夏の例大祭で巡行した、子供会の山車の解体です。

夏祭り

無芸大食倅の小学校入学から始まり、無芸大食娘が今来春小学校卒業となるまでの9年間・都合18回(組み立て+解体)のお勤め最後の仕事です。 子供会の支援で、男性保護者の手数が必要とされる、数少ない機会なのですが、強い拘束力が無いせいか、これに協力してくれる男性保護者は、いつも決まった顔ぶればかりです。(^^;)

いろいろ事情はある事でしょうけど、これだけ永く携わっていたのに、一度も顔を合わせることの無かった男性保護者が2/3くらいでしょうか… 可愛い我が子が毎年楽しみにしている夏祭りなのに、とても残念な事です。

この手の組み立て・解体はマニュアルがありませんから、お子様が低学年の内から足を運んで頂き、先輩達の作業を見習って覚えて頂くしかありません。 なのに低学年の男性保護者の参加率の少なさには、先々を考えると不安を抱かざるを得ません。

同じ町内会の同世代住民として、このように同じ目的で共に汗を流せる数少ない機会なんですけどね… 年々進む少子化が更に追い打ちを掛けているのかも知れません。

ともあれ、解体作業は約1時間で終了。 頭数が組み立ての時の半分しかいなかったのに、ナカナカのチーム・ワークね(^^) 何気にリードしてくれる先輩がいたりして助かるのですが、自ら参加してくれる保護者様方だけに、自発的にどんどん仕事を進めて下さった成果ですね。

作業が終了したところで、あまり今までご縁の無かった保護者様が

「無芸さん、今回で最後のお勤めでしたね。 お疲れ様でした(^^)」

と労いの言葉を掛けて下さりました(*^_^*)

「あぁ~、無芸さん、そうだよね。 お疲れ様ぁ~(^^) ウチはあと一年だなぁ~」

「アハハ、ウチも今年5年生だから、あと一年だヨ」


何だかすげぇ嬉しかった(^o^) 失礼ながら、無芸がどちら様か覚えてなかった方から、そんな風に認識を頂いていた事が。 きっと、無芸大食妻が、子供会の中でちゃんとお仕事をしてくれていたからですね。

絶好の撮影日和を逃してしまったけれど、全然悔しくない。 そんな風に思える、優しい心遣いに感謝しました。 あとはお任せしましたヨ。 来年も子供達に良い思い出を作って下さいネ(^^)

ニャオ

これだけ蒸し暑い時節なのに、飼い猫・ニャオは、隙を見ては倉庫の中に突入致します(^^;) 倉庫の中は暑いよぉ~ なのにコイツときたら、平然とシエスタを決め込みます。 放っておけば何時間でも(^^;)

さすがに熱中症になるのではないかと心配になって、たまに強制排除致しますけど、ニャンコってそんなに暑さに強いのかな?(笑) 

内科万能

スッキリしない天気が続いていますが、それでも今日は、一時部分的に青空が顔を覗かせました。 湿度の高さは相変わらずで、外回り仕事を終えてくると、冷たい水道水で両腕と顔をジャブジャブ洗うのが快感です(笑)

暑さにヤラレて、今日のアヒルごはんは、「麺屋 助六」さんで冷中大盛りです。 冷水なんてものではなく、氷水でギリッと締めた麺。 そして氷を配したお皿に盛られた冷中は、一時の安らぎだったりします(^^)

麺屋 助六 冷やし中華

さて、今日は月一内科への通院日。 無芸の世代では珍しい事でも無いのですが、お薬のお世話になっています。(^^;) まっ、仕方ないですね。

無芸家のホーム・ドクターである先生は、建築家から転じて医師になったという変わり種。 フツーはあまり聞かない転身ですね(^^;) それだけに話題も豊富ですので、ついつい話し込んでしまうわけで(笑)

多分、無芸が受診している日は、診察室も賑やかですヨ(笑) 悲しい性と言いますか、看護師さんから事務員様まで、一通り笑いを取らないと気が済まないもので…(^^;)

で、今日の受診の際に、丁度気になっていた体調のことをお尋ねしてみました。 いや、おおごとでは無くて、数日前から目の充血と目脂が気になっていたもので、本当は眼科を受診するのが筋とは知りながら、正直言って面倒臭い(笑)

「せんせ? 最近、目が充血して、目脂が出るんですけど、コレって結膜炎っスかね?(^^;)」

「あぁ~~? どれどれ…」


(目をベーとする無芸)

「あぁ~~、こりゃあ立派な結膜炎だ。」

「せんせ、眼科行くのが面倒なんで、直して貰えます?」

「んっ、分かった。 目薬出しておくから、充血が治まったら完治だからね。」


内科で目薬貰ってきました。(^^) てか、昔は専門の開業医なんて少なかったから、フツーに内科で簡単な外科・整形外科の治療なんて行われていましたよね。 杉花粉症の治療もこのせんせ。 ほとんど無芸の健康状態を一元管理して頂いています。

多分、当地くらいの地方都市なら、こんなシーンがどこにでもある事でしょう。 助かります(^^) 

麺家 大須賀 ~福島県郡山市台新~

私、今日の今日まで勘違いしておりました… 大須賀さんの屋号は「麺屋 大須賀(誤)では無く「麺家 大須賀(正)だったんですね(^◇^;) 何たる失態でしょう。 過去記事、全部修正せねばなりませんね(汗)

さて、本日のアヒルごはんはぁ~~~、グッと迫力の「濃厚つけ麺」で虜になっちゃった「麺家 大須賀」さんですぅ~♪

麺家 大須賀

14時近くで、そろそろ昼の部も終了が迫っているにも関わらず、店内には“ガッツリら~”を求めて、多くのリピーター様方で賑わっておりました。 一様に「麺大盛り」とか、「野菜大盛り」とか、フツーにオーダーされていて、ここにあっては無芸レベルは“ごくフツーのファン”に過ぎません(笑)

「濃厚つけ麺 大盛 (850円+80円)」

麺家 大須賀 濃厚つけ麺

本当は朝食が軽めだったので、初の「特盛り」で行こうかとも思ったのですが、やはり「大盛り」で抑えておいて正解でした(笑) 「特盛り」をやっちゃっていたら、午後から仕事にならんかったでしょうな(^^;)
 相変わらず惚れ惚れするような盛りっぷりです♪

麺家 大須賀 濃厚つけ麺

厚切りの自家製バラロールチャーシューが激ウマなのはお約束(^^) ハーフ味玉も旨いの何の♪ ごっつい極太麺は、強靱な歯応えで、ブツッ!とした食感を伝えてきます。

麺家 大須賀 濃厚つけ麺

魚粉タップリの漬けダレも熱々で供されて、ドロドロってくらいの粘性に富んでおります。 こんだけ魚粉が入っていても、全然エゴさが感じられませんから、かなぁ~り良質の魚粉なのでしょうね(^^)

麺家 大須賀 濃厚つけ麺

超濃厚な漬けダレは、旨味の凝縮感が圧倒的で、ほのかな甘味を纏っています。 一味唐辛子や粗挽き黒コショウも入っているようですが、あまりソレとは感じさせないくらい、旨味の方が暴走してるって感じ(笑)

あまりの美味しさに、ついついピッチが上がりすぎて、完食してから気付くのは、シャツに沢山漬けダレが被弾しているって事(^^;) いい歳をしてみっともない… 帰宅後早々に着替えですワ(笑)




麺家 大須賀
郡山市台新一丁目31-10台新ビル101
電話;024-935-3737
営業;(昼の部)11:30~14:30(日曜日は15:00まで)、(夜の部)17:00~22:00
定休日;月曜、第三火曜
駐車場;店頭に1台、店舗裏に5台




関東圏では「梅雨明け宣言」の撤回が検討されているとか… 当地でも例年よりも梅雨明けが遅れています。 今日は突然日差しがあったかと思うと、雨が降り出したりで、とっても蒸し暑かったぁ~(>_<) 確か何年か前には、遂に梅雨明けしないままに旧盆を迎えてしまい、梅雨明け無しで秋を迎えた事がありましたっけ(^^;) 嫌な予感…

さて、今日最後の配達をして来た時の事、とってもマニアで収集癖アリアリの某飲食店主様が、お店の調度品を指さして言います。

「ホラ、無芸さん、アレ見て♪(^o^)」

指さす方を見てみると、全長50cmほどの初代ウルトラマンのフィギュア。 しかも目とカラータイマーに電球が仕込んであって、しっかりと光ってる(笑) これはいったい、何時頃にリリースされたものなんだろう? 何ともレア感がプンプンしています。

で、無芸はほとんど脊椎反射のように言っちゃったのね。

「マスタァ~♪ またお隣のおもちゃ屋さんにそそのかされたなぁ~!(^o^)」

「いや、前から欲しかったんだよ(^^;) ほら、ウルトラマンって、ここが光ってないと、納得出来ないんだよね(汗)」

「へっ! どうせ、おもちゃ屋さんに『これ、マスターの為に仕入れたから』何て言われたんでしょ(^o^)」


ナゼか妙にソワソワと落ち着かないマスター。 んっ? 何を気にしているんだ??


と、一人テーブルに座していた男性が、ケラケラと笑い出した。

あ゛あ゛~~~~!!!!!!!Σ( ̄□ ̄∥)

おもちゃ屋のご主人だった…(滝汗)

やっちまったヨ、オレ…

どどど、どうすべ?!(^◇^;)

でも人間が出来ているご主人、ちゃんと突っ込みだと分かってくれていたようで助かりました(^^;) さすが人望の厚いと言われる方でした。

マジ、ビビったぁ~~~ 言葉には気をつけよう。。。(^_^;) 

めん処 成(せい) ~福島県郡山市朝日~

今日はアヒルごはんは~♪ 久々の新規開拓ぅ~♪ てか、Blog仲間の皆様が、何度か取り上げておられたお店です(^^) ずっと気になっていたのですが、ようやく初訪問ですぅ~(^o^)

「めん処 成(せい)」

郡山市の「内環状線」沿いの、「回転寿司とっぴ~ 郡山朝日店」さんの裏隣にあります。 以前はスナックだったような気がします。

めん処 成

時刻は14時を過ぎていましたので、もう中休みに入っちゃったかなぁ~?と思いつつも、立ち回ってみましたら営業しておられました。 どうやら「中休み」は無しで通し営業されているようです。

スナックチックな店内には、カウンター席とテーブル席、そして個室小上がりが用意されています。 そんなに広いお店ではありませんが、20席くらいはありそうです。

初めての訪問でしたので、先ずは看板メニューを所望してみましょう。

「支那そば 大盛 (650円+50円)」

めん処 成 支那そば

「青森シャモロック」の鶏ガラで引いた出汁がウリですって。 ブランド地鶏ぢゃん♪(←ブランドに弱いww) 漆黒系のスープですが、香りはまさに鶏出汁の香しさ♪

そんでもって、スープが激ウマ!(^▽^) すんげぇ~押し味です♪ しかも品の良さも兼ね備えています。 カエシは良く熟成してあるようで、生醤油のような酸味は感じられず、ほのかに甘さを纏っています。 そして味の方も、敢えて若干の角を立てているように思えます。

無芸にはちょっとしょっぱい感じがしましたけど、鶏出汁の力強さとのバランスは良好です。 このちょいと強めのカエシだからこそ、スープ全体に極味が感じられるのでしょうね。 上質な鶏出汁の支那そばとしては、近隣の「正月屋」さんがバランスで食べさせるタイプだとすると、「めん処 成」さんは、ダイナミックな勢いのあるタイプと言えるかも知れません(^^)

めん処 成 支那そば

トッピングの方も、ちょいと気合いが入ってるよぉ~(^o^) メンマは拍子切りにした大振りなヤツが鎮座していて、軽くコリッとした食感と、繊維方向にはハラリと捌ける丁寧な仕事。 チャーシューは脂ギッシュなバラロールでは無く、上質のロースっぽいです。 ちょいと厚めにカットされていて、しっかり味は入っていました。 んでもって、ナゼかナルトは2枚(笑) フツーは彩りって感じで、薄切りが1枚でしょ? ハハハ、何でかな?(^^;)

めん処 成 支那そば

麺は低下水タイプの中細麺で軽くウェーヴが掛かっています。 「固め」指定も出来るようですが、無芸的にはデフォで丁度良かったです(^^) ちょっとプツッとした食感があって、極味のあるスープには良く合います。

麺量は大盛りでも、そんなに多い感じはありませんでしたので、無芸のような大食らいでなくても難無く召し上がれると思いますヨ(^^) セットメニューもあるようですので、次回はソチラも頂いてみたいですし、黒酢仕立ての冷やし中華にも、興味アリアリです♪




めん処 成 (せい)
福島県郡山市朝日1-7-12
電話;024-935-3306
営業時間;11:00~19:00 (LO;18:30) 【木・土・日・祝】11:00~15:00
      ※スープが無くなり次第終了
定休日;月曜日 (祝日の場合翌日)


大きな地図で見る




昨日は皆既日食の話題と、山口県の集中豪雨被害のニュース、そして衆議院の解散にまつわるニュースで、テレビ報道は大賑わいでした。 多くの犠牲者と被災者の出た山口県の皆様には、お見舞い申し上げます。

さて、当地でも部分日食となりましたけど、生憎の天候で、キレイに太陽の食を観察することは出来ませんでした。 それでも最大食の頃には、そこここで太陽を見上げる人の姿が見受けられました。

無芸は丁度、午前中のルーティーン配送の時間にあたり、写真撮影を試みる事も出来ませんでした。 それでも周囲が薄暗くなるのは実感出来ましたヨ。 丁度夕刻くらいの明るさでしょうかね。 気温も体感で5℃くらいスッと下がった気がします。 涼しくて快適~♪

さて、昨日は更新をおサボりしちゃいましたけど、この先お盆明けくらいまでは、たまに更新に「穴」を空けるかも知れません(^^;) どうか見切らないでお付き合い下さいませ。
 

無芸作 朝スパ

気がついたらここ二ヶ月ほど、日曜の朝スパをあげていませんでした。 早朝から写真撮りに出かけていない日曜日は、相変わらず毎週作ってますヨ(^^)

「無芸作 鶏挽肉と椎茸の和風スパゲッティ」

無芸作 鶏挽肉と椎茸の和風スパゲッティ

お醤油味が大好きな子供達のリク対応(笑) お味の決め手は、やっぱり麺つゆの素♪ 出汁入りで少し甘みがあるから、どんな風に使っても美味しくなりますね(^^)

「無芸作 ゴロッとベーコンのナポリタン」

無芸作 ゴロッとベーコンのナポリタン

朝の買い出しに「鳩スーパー」に行って、厚切りベーコンを見つけちゃうと、ほとんど条件反射のように買い物かごに入れてしまいます(笑) ちょいと汁多めの“ケチャップがシャツに飛ぶ系”仕上げ。 粉チーズをバサバサと掛けて頂きます。

「無芸作 ジャージャー麺」

無芸作 ジャージャー麺

朝スパでは無いイレギュラー作成。 前回の反省点をチェックしつつ、白髪ネギのトッピングを加えてみました。(^^) もうレシップを確認しなくても、ちゃんと段取れるようになりましたヨ。

「無芸作 筍と挽肉のスパゲッティ シノア風」

無芸作 筍と挽肉のスパゲッティ シノア風

ジャージャー麺を作った時に、使い残した筍の水煮があったので、ごま油風味を引き出したスパを創作しました。 甘じっぱ目に味付けをして、刻み長ネギと温玉、カイワレ、糸唐辛子、白ごまをトッピング。 どこが「シノア風」かと言われると言葉に詰まる(笑)

「無芸作 エビのトマトクリーム・スパゲッティ」

無芸作 エビのトマトクリーム・スパゲッティ

確かちょっと肌寒い日に作った気がします。 蒸し暑い日には、あまり食指が動かないかも…(^^;) トマトの酸味と、生クリームのクリーミーさがイイんですよねぇ~(^^) 無芸家では、結構人気メニューです。

「無芸作 セロリと黒胡椒のナポリタン」

無芸作 セロリと黒胡椒のナポリタン

とあるシェフの“裏メニュー”として紹介されていたものをパクりました(笑) ナポはしっかり炒めの“ケチャップがシャツに飛ばない系”。 甘みの強いフレッシュトマトをソースに加え、セロリを白髪切りにして、黒胡椒をたっぷりと♪

これが本当に良く合います! さすが本職シェフのレシップです。 セロリの風味は、そもそもケチャップに使われる香辛料の一つですので、思い切り合うんですねぇ~♪ 粉チ~では無く、黒胡椒ってところが、「ちょっと大人なナポリタン」でした(^o^) このレシップは、お薦めですよぉ~!

「無芸作 モツァレラチーズとスィートバジルのトマト・スパゲッティーニ」

無芸作 モツァレラチーズとスィートバジルのトマト・スパゲッティーニ

蒸し暑かった一昨日の朝スパは、なるべくスッキリと頂きたい。 と、言うわけで、トマトソースの爽やかさと、細めのスパゲッティーニで一皿。 「鳩スーパー」でチーズが2割引で、モツァレラをゲトでした(笑) 

アジアン・マーケット デコレ ~福島県田村市船引町~

度々コメントをお寄せ下さっている「ナントカ3丁目の夕日」(URL)のAuther「キリン」さんが、どうやら船引町の「アジアン・マーケット デコレ」さんにハマった模様(笑)

久しぶりにお写真を拝見したら、既にキモチがデコレ・モードになっていたため、昨日は訪問してみました。

アジアン・マーケット デコレ

この三連休は、店内の雑貨が全て30%OFFでご奉仕中と言う事で、アジアン雑貨に心惹かれるお客様方も随分とご来訪のようです。

アジアン・マーケット デコレ

駐車場もいつもよりも客入りの良さを示すかのように、車の台数が多く、テラス席もほぼ満席になっておりました。 もしかすると、店内も満席かぁ~?と入店してみると、意外にもそんなに混んでいません。 どうやら涼風が感じられる時間帯が故に、敢えてテラス席を取るお客様が多かったようです(^^)

で、早速メニューは拝見してみますと、ナント一時リスト落ちしていた、デコレを“極上のカレー屋さん”(←文字色もカレ~色ぉ~♪)に押し上げた、スーカーや信号機カレーが復活していました!(^o^)

早速、「福島県のカレー大王・すばるさん」(URL)の奥様、「るるぷぅさん」(URL)に垂れ込みメールを打つ(笑)
※すばるさんのメアド知らなかったんで、ゴメンねぇ~(^^;)

こりゃあ参った(^^;) 全部食べたいし(笑) 「スープカレー・パスタ」も何気にイケそうだけど、朝スパしちゃったしな… 今日は援軍・無芸大食倅も同行していない。 限界に挑戦してみっか??(^^;)

「キーマカレー (780円)」

デコレ キーマカレー

辛さは「普通」「辛口」「大辛」から選べて、同一料金です(^^) 当然「大辛」指定。 サラダとヨーグルトが添えられて来ます。

デコレ キーマカレー

複雑なスパイスの風味と、野菜から引き出されたナチュラルな甘みと旨味が口中に広がります。 スパイシーな辛さは、ワンテンポ遅れて、後からジワリとやって来ます。 甘みにマスキングされて、ストレートにガツンと来ないあたりは、日本人好みかも知れません。

ライスの量は標準的なところでしょうが、豊かな濃度のあるデコレのカレーには、ちょいと少なめに感じられます。 カレー・ルーを半分ほど楽しんだところで、ライス切れ(笑) ライスはダブルでもイイね(^^)

で、無芸大食妻はコチラ。

「チキンカレー (780円)」

デコレ チキンカレー

辛さ指定は「普通」でした。 ちょいと横から味見をさせて貰いましたが、基本的なルーは、上記の「キーマカレー」と同じです。 辛さが抑えられた分、お野菜由来の甘みが、より一層感じられます。 スパイシーな風味自体は、変わるところがありませんので、カレー・ルーの辛さ調整は、基本的にカイエンペッパー等で行っているのかも知れません。

また、無芸の大好きな「インドカツカレー」も同じカレー・ルーである事は明白でしたので、どうやら、粘度のある「インドカレー系」と、さらさら「スーカー系」の二種類がベースでは無いかと思われます。

さて、実はもう一皿、と言うか、もう一人前(笑)

「ミーゴレン (680円)」

デコレ ミーゴレン

以前から興味があったもので、カレー尽くしにならぬようにコチラを。 辛さは「甘口」「普通」「辛口」から選べます。 当然「辛口」を所望。 サラダとスープが添えられて参ります。 インドネシアの焼きそばと言う事ですが、味の系列としては「ナシゴレン」に沿っています。

デコレ ミーゴレン

サニーサイドアップな目玉焼きが添えられていて、お野菜たっぷり系な辛口焼きそばと相性良好です(^^) 甘さとコク味が調和していて、辛さの源は小口切りにされている唐辛子に由来するようです。

これまたナカナカ♪ サイドディッシュに鶏唐揚げなどを頂いたら、ビールのお供に最適でしょうね(^^) セットのスープがまた良い仕事です。

デコレ セット・スープ

小エビやトマト、野菜が加えられたスープに、ライムの酸味とパクチーのフレーヴァーがあり、スパイシーで甘酸っぱいお味です(^^) 汁気の無いミーゴレンには、もってこいの組み合わせでした。

結局、まるっと二人前を平らげて、もうこれ以上は食べられません(笑)




アジアン・マーケット デコレ
福島県田村市船引町船引字下扇田52
電話;0247-81-2215
営業時間;11:00~20:00(レストラン)
      ※雑貨部は10:00~20:00
定休日;無休
駐車場;沢山 

ドタバタ土曜日

関東圏に住む旧友が帰省して来るとのメールをチェックしつつ、何故に今週末?? と思いつつ

「あ゛あ゛~~~!Σ( ̄□ ̄∥) そうか!月曜日は祭日だったぁ~~!」

道理で金曜・土曜と街場飲食店が賑わっていた訳だ(^^;) 世の中は昨日から三連休だったんですね。 実は無芸、金曜日の夕刻を迎えるまで、すっかり忘れておりました(^^;) 問屋さんへの商品手配など、月曜日の分がキレイさっぱりと抜け落ちていて、ソレと気づいた時には後の祭り… ちょいヤバ気味の在庫品もチラホラ…

そのタイミングを見ていたかのように、青森県在住の旧友が、陸奥湾で獲れたホタテ貝を送ってくれました(^o^) いつも一緒に写真撮りをしている旧友C君の同級生。 無芸とは違う大学でしたけど、学生時代には年に二回はC君をあてにしてツーリングに出かけていたもので、いつしか彼とも仲良くなり、彼の方から無芸を訪問してくれるようになりました。(^^)

オートバイを乗せたら、仲間内でも際だった速さを誇り、一目置かれる存在だった彼。 今だから笑い話で言えるけど、一緒にツーリング中に無芸の目前で時速160km/hで単独事故を起こした事もありました。(^▽^;)

愛車のナナハンが道路からコースアウトして、ガソリンタンクが外れて、きりもみ状態で宙を舞い、タンクのガソリンがまるで霧のように大気を包み込む。 オートバイは約100mほど路肩を滑りながら粉々になって行く。 彼は宙を舞った後、路肩の草むらへと吸い込まれるように消えて行きました。

この間、僅か5秒くらい。 100mほど後方に付けていた無芸にとっては、それはまるでスローモーションの無限の悪夢を見ているかのようでした。 

急停車して彼を捜してみると、大の字になって天を仰いでいる彼… あぁ…やっちまった<(T◇T)> 正直言って、私は彼が召されてしまったのでは無いかと。。。 いや、転倒シーンを後方から目にした瞬間に、既に八割方覚悟していたと言った方が正しいかも。

が! 突然再起動\(*T▽T*)/

なんと国道の道路のど真ん中に残骸と化した愛車に向かって、小走りに駆け出すではありませんか(^◇^;) 前輪が吹き飛んで、フレームとエンジンだけに変わり果てた愛車を、一人で持ち上げて路肩へと移動させようとしています。

ようやく彼に追いついた無芸。 とんでもなく衝撃を受けているハズですから、当然安静にさせるのが当たり前です。 が、全く聞こえていないかのように、とうとうひとりで愛車を路肩まで引っ張って行ってしまった…(^◇^;)

車輪を失った失ったナナハンの重さと来たら、数字で知る以上の重さです。 それをたった一人で… その上、急停車した対向車線の車に詫びを入れているし… 何てヤツだヨ(^^;) まるきりモンスターそのものです。

不死身のS君。 きれい事で言えばね(笑) だが、仲間内では「パァ~(頭がww)と呼ばれていました(爆)

そんな彼も、今では人の親。 地元では従業員をそこそこ擁する、会社のシャッチョさんですヨ(^^;) 世情のあおりを受けて、「苦しい、大変だ」と言いながらも、毎年のようにこの節になると地元の産品を送ってくれます。

ホタテ貝

ホタテ3kg(笑) 旧友C君と分けっこしても、無芸一家にとっては充分な量です。 保冷箱に詰められて届いたホタテの箱を、ひたすら気にしていたのはコイツ(笑)

ニャオ

もともと甲殻類が大好物の飼い猫・ニャオですが、ホタテも大好き(^^) ホタテの解体と調理は無芸の仕事。 キッチンでホタテの解体作業している間中、足下でキッチンを見上げて、時折立ち上がって前手を掛けて

「早く、くでぇ~~~!」

と、猛アピール(笑) 特別配布。 貝柱2個(笑) どんだけ美味いんだか、猫夢中です(^^;)

刺身、バターソテー、そして貝ヒモの部分は、「寿司割烹 魚紋」の富山さんに教えて頂いた調理法で、余すところ無く完食です。(^^)

この調理法、なかなか楽しめましたので、ちょっと公開致します。 貝ヒモは適度な長さに切っておきます。 日本酒を煮きって薄口醤油と塩を加え、ちょっと薄味に味を調えておきます。 そこへ切りそろえた貝ヒモを投入して、ヌメリが取れる程度に加熱します。 ここで煮すぎは禁物です。 貝ヒモは熱を加えるほどに固くなるのです。

時間にしたら精々2分程度で、ザルを通して汁は捨て去ります。 あとは皿にでも盛って、酢味噌を付けて頂くというもの。 これがナカナカ♪ 良い酒肴として楽しめました(^^) さすがお料理屋さんですね(^^)




昨日のお昼は「昼カツミ」♪ すっかり以前のレベルに味は戻っていますヨ(^^)

昼カツミ

で、今朝は朝6時から、地元の総産土(うぶすな)神社の夏の例大祭を前にして、子供達の山車の組建て作業。 前夜に旧友が遊びに来てくれたもので、さすがに早起きはキツかったけど、無芸大食娘も、今年で山車は卒業。 最後のご奉公ですので、頑張って起きましたヨ(笑)

山車組建て

今朝は男手が充分に足りていたので助かりました(^^;) 子供の小学校卒業と共に、山車のお手伝いも卒業です。 組み立てには設計図なんてものはありませんので、何年も出向いて貰っている内に、徐々に覚えて行くしかありません。

低学年の保護者さん達の姿が少ない事が気がかりですが、何人かのお父さん達がしっかりと継承して下さっていますので、巧くやってくれる事でしょう(^^)

小一時間で組建て終了。 神社の境内で作業していますので、毎年ヤブ蚊に食われちゃうんですよね(^^;) 今年も2ヶ所ヤラれました。 液ムヒ持って行って良かった(笑) 

梅雨明けまで、もう少し…

子供達が終業式を終えて来ました。 いよいよ明日から夏休みです(^^) 凡才だった無芸にとっては、この終業式の日=通信簿(成績表)配布ってのが、“審判の日”だった訳で、正直良い気分でこの日を迎えたという記憶はありません(滝汗) だって毎回、じいさんに頭を殴られていたし(^^;)

まあ夏休みに入ってしまえば、もう子供達のものですが、今思い起こしても、嫌な一日だった記憶だけが甦ります(笑) まだ、うちの子達の成績表は見ていませんけど、今までさすがにゲンコツをくれた事はありません。 それで何かが変わるならまだしも、子供達に嫌な思い出しか残せませんからね。

高校受験を控えた無芸大食倅は、学校からタップリと宿題を持たされてきて(イイぞぉ~~♪ww)更に夏期講習会への参加も待ち受けています。 そろそろ自覚して貰わねば…(^^;)

さて、ここ三日ほどは、梅雨明けを思わせるような日差しと蒸し暑さが感じられるようになりました。 昨日あたりなどは、「どうして右腕が痒いのだろうか?」と気になっていたのですが、入浴の際にソレが日焼けによるモノだと気づきました(^^;) 軽トラで常時窓全開の無芸の右腕は、キッチリと今年も段焼けになりましたワ(笑)

安積国造神社

日差しの強さと共に、午後になると入道雲が見られるようになりました。 今日も夕立が来るか?と予感させられるような雰囲気だったのですが、ギリギリでセーフね(^^;) お陰で今夜は蒸し暑いナ。




無芸の仕事場の特約先、群馬県の「永井酒造」さんで、新しい試みの清酒がリリースされました。 ソレはシャンパンのように泡立つ発泡性清酒。

県内の酒造元でも、同様の製品は既にリリースされておりましたが、「永井酒造」の新作は、後から出てきただけあって、より個性的なものでした。

サンプルを落手していたので、早々にチェックしたいと思いつつ、とある飲食店さんに持ち込んで、ご店主様をはじめ、スタッフ様方や、たまたま居合わせた常連のお客様方にも見て頂きました。

MIZUBASHO PURE

「MIZUBASHO PURE」

最高の酒造用の米・山田錦を、大吟醸スペックまで磨き上げ、シャンパーニュと同じく、瓶内二次発酵方式で炭酸ガスを生成させています。 しかも既存の発泡性清酒を大きく上回る、約5気圧のガス圧を自然生成させ、瓶内に発生する澱をしっかりと抜き去っています。

清酒がお好きな方なら、イメージできると思いますが、日本酒度は+10という大辛口仕立てとされており、シャンパーニュならさしずめBrut(ブリュット=辛口)と言われるものです。 フルーティーで甘酸っぱい発泡性清酒が大勢を占める中で、ワインのような酸味には乏しい清酒で、ここまで辛口仕立てにすると言うのは、並大抵の覚悟では出来ません。

製品として造り上げるまでには、3年間の試行錯誤が繰り返されたそうです。 さて、実際に口にしてみると、まずは抜栓の儀式はシャンパーニュと同じです。 シャンパーニュと変わらぬ5気圧のガス圧が掛かっていますので、慎重に開けないと栓が飛び出してポン!と景気の良い音を発してしまいます(^^;)

栓を抜いて、まず鼻孔に届くのは、新鮮なイチゴの香り♪ おぉ~~~♪何だか良い感じだなぁ~(^o^) きめ細かな泡立ちは、シャンパーニュに引けを取っていません。 一口含むと、意外にガスのインパクトは感じられず、クリーミーな舌触りって感じです。

葡萄をベースとしているシャンパーニュとは違い、酸味はあくまでも大吟醸レベルの清酒に類するレベルですので、口の中が収斂する事はありません。 清酒として見れば、やはりかなりの辛口ですね。 これは口開けの一本には最適でしょう(^^) ちょいと酒肴をつまみながら楽しんだら、幸せになれそうです♪

ご店主様からは早速の定番扱いのご注文を頂きましたヨ(^^) ありがたい事です。 更にちょっと嬉しいことに、この「MIZUBASHO PURE」が、なんと世界最高のレストランと言われる、スペインのミシュラン三つ星「エル・ブリ」から、直々のオッファーがあり、正式にお取り扱いの申し入れとなったそうです(^o^)

これは快挙ですね! 一年に6ヶ月しか営業しない。 席数は僅か45席。 年間僅か8,000席分しか用意されないレストランに、毎年のべ50万人の予約が殺到するという、まさにプラチナ・シートのレストランなのです。

現在のところ、どのように商品供給を行うか、永井社長が考慮中と言うことです。 今年の残り営業日数を考えると、もしかすると「エル・ブリ・デビュー」は、来年の5月になるかも知れません。 世界中のガストロノミの注目を集めること必至の名酒誕生です(^^) 

トラットリア・クッチーナ ~福島県郡山市桑野~

今日はとある洋酒輸入元さんがお見えになり、アヒルごはんをご一緒致しました。 確かまだお連れしていなかったと思い出して「トラットリア・クッチーナ」さんへ。

既に時刻は14時を過ぎていましたけど、相変わらずの盛況ぶりです。 女性のグループ来店が多いのはいつものことですが、シニア夫妻の姿もチラホラ。 ちょっとシックで良い感じです(^^)

トラットリア・クッチーナ サラダ

最初の一皿は、新鮮野菜のサラダがお約束。 松本シェフのご実家あたりで収穫された、取れ取れの野菜は、シャキシャキ歯応えと、自然な甘みや、時にはほのかなエグミが混じり合い、お料理を期待させるプレリュード。

トラットリア・クッチーナ 自家製オニオン・パン

自家製のオニオン・パンとバゲットが先にやってきます。 ほんのりと温められたオニオン・パンは、市販品では味わえないもの。(^^) 噛むほどに味わい深い、自家製グリッシーニも人気アリです。

「フレッシュ・トマトとツナのスパゲッティ」を所望してみました。 しっかりイタリアンなお店で、通称・ツナトマトがどんな風に仕立てられるか気になりましたもので。

トラットリア・クッチーナ フレッシュトマトとツナのスパゲッティ

ごらんの通り、真っ赤なツナトマトではありません(^^;) 軽くいなされた感もありますが、思えばトマトソースでは無く、フレッシュトマトですからね、当たり前でした(笑)

小振りなトマトは、当たると甘さが広がります。 刻みフレッシュバジルが巧妙に配されていて、オリーヴ・オイルがタップリと使われています(^^)

頃合いアルデンテに茹で上げられたスパは、勿論絶妙! グランデ(大盛)にも関わらず、あっという間に完食です(^^;) お皿に残ったソースも、先のオニオン・パンでしっかりと頂きました(^^)

本格イタリアンの「ツナトマト」。 さすがのお仕事でした(^^)




トラットリア・クッチーナ
郡山市桑野3-14-27
電話;024-927-0665
定休日;毎週月曜日(祝祭日が月曜日の場合は火曜日)
営業時間;(昼の部)11:30~15:00、(夜の部)17:30~21:00 (LO=20:30) 

助六冷や中

今日はまるで梅雨明けを思わせるような、強い日差しと青い空でした。 気温もグングンと上昇して、31℃台まで上昇しました。 こんな日のアヒルごはんには、やはり冷たい麺に心惹かれます。

二日続けて、昼食が夕食とゴッチャになるような時間でしたので、今日こそは正しいアヒルごはんの時間に(笑) 14時半くらいに滑り込んだは、「麺屋 助六」さん。

何せ未だに未食メニューが残されており、季節メニューの「冷や中」こそ、まさに本日のような日にはおあつらえ向きと言うことで、

「冷やし中華 大盛 (790円+0円)」

麺屋 助六 冷やし中華

以前、まるで修行のように格闘した「つけ麺 大盛 (3玉)」のような事態になるかと、内心ビビり気味でしたが、どうやら「二玉で許してやる」ってところだったようです(笑)

麺屋 助六 冷やし中華

チャーシューはデフォの薄切りバラ肉チャーシューで、拍子切りにはなっておりません。 薄焼き卵では無く、豪快に自慢の味玉が鎮座しているあたりは、如何にも「麺屋 助六」さんらしさがプンプンしていますネ(笑)

麺屋 助六 冷やし中華

麺は支那そばにも用いられているストレートの中麺。 これがまた、念入りに水洗いされた上、冷水でキリリと締め上げられています。

その上、お皿に氷が添えられていたり、麺を手繰ってみたら、更に麺の下にまで氷が鎮座していました(^^;) 角氷で都合8個くらい。 お陰でお皿をたぐり寄せようとすると、あまりの冷たさで指がかじかんでしまいそうです(笑)

肝心のお味ですが、これまた由緒正しい日本の冷や中って感じの、クラシカルなスープです。 今風に練り辛子とマヨが皿の縁に添えられており、こいつをドッと溶かして頂きます♪

麺屋 助六 冷やし中華

とにかく麺の歯応えがハンパ無い(^^;) まるで鋼のようですワ ここまでキッチリと締められた麺は、未だかつて体験したことが無いくらい。 自慢の味玉が、しっかりマッチしていて、更に美味しゅうございます(^^) 満足度は高いですよぉ~♪

今日も小島さんの姿はありませんでした(^_^;) ここ暫くお目に掛かれず残念ですが、神田うのさん似のショコタン店長(改称)サッチャン店長の美貌と明るさに免じて許す!(笑)




<閉店済み> 2011年3月31日をもって閉店しました。
麺屋 助六
福島県郡山市駅前1-14-3 佐藤書店ビル1F
電話;024-934-0390
営業時間;11:00~20:00
休業日;日曜日
駐車場;無し お店の向かい側にコインパーキング




今日は市内某所に、蛍の写真を撮りに行こうと目論んでおりましたが、いざ出発しようと思ったら、予想外の風の強さで断念しましたorz

実はこの蛍の生息地は、地元の清酒「金寳」の醸造元の「仁井田本家」さんの、無農薬栽培自社田の傍らにあります。 ホントに偶然ってあるもので、今夜は蔵元の副杜氏・菊ちゃんが立ち寄ってくれました。

今は自社田の草取りの時期で、社員総出で毎日田んぼで汗を流しているそうです。 で、蛍の話になったら、菊ちゃん曰く。

「無芸さん、写真撮りに行くなら、長靴は必ず履いて下さいネ」

「えっ?(^^;) いや、流石に田んぼの中までは入りませんヨ(笑)」

「いや、それならまだマシかなぁ~」

「???(^^;)」


「あのね… 田んぼのちょいと奥まで足を踏み入れると、マムシがかなりいますから(^^;)」

「ゲッ!マジっすか?!Σ( ̄□ ̄∥)」


「うん、夜見ると、マムシの目が光るから、蛍と勘違いしたら、痛い目に遭うヨ」

気をつけよう…(^▽^;) 

夜カツミ

今日は初めての「夜カツミ」~~♪ って、言っても、アヒルごはんの食べ損ね(^^;) 昨日は17時頃にアヒルごはんしましたけど、今日は更にタイミングを逃し、20時前になってようやくありつきました。

コンビニごはんで誤魔化そうかとも思いましたけど、そい言えばいつも「昼カツミ」ばかりで、「夜カツミ」を知らない事に気づき、配達先からちょいと足を伸ばして、お邪魔しましたヨ(^^)

マスターの体調回復も著しく、復帰一週間にして、封印していた夜の部の営業も再開しています。 若干早仕舞するかも知れませんので、その辺はよしなに(笑)

「とんこつらーめん 大盛 (580円+20円)」

花カツミ とんこつらーめん

あぁ~~~、コンデジ持ち歩いていなかったから、画像は使い回しでゴメンねぇ~(^^;) もしかすると「夜の部」の方が、スープがより練れているかと大いに期待していたのですが、良い意味で裏切られて、ムラのない盤石安定スープでしたヨ(^^)

今夜はいつもより、心なしか“押し味”が感じられました。 うんめぇ~~~~♪(^o^) 今夜は「当たりスープ」か?と聞けば、マスター的には「まだまだ!」ら・し・い(^▽^;)

かなりイイと思うんだけどなぁ~ それなりに通っているつもりなんだけど、未だかつてマスターの得意満面の顔は見たことがありません。 志の高さを再確認させられると同時に、自分の修行の未熟さを知らされました(^^;)




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 「花カツミ」
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分




今年のお盆に、無芸の母校の同窓会総会が開催されます。 で、微力ながらお手伝いをしている無芸には、同窓生への案内状作成、ホームページの作成管理、名簿管理等々、デスクワークが目白押しです。(^^;;)

今回は案内状にQRコードも入れて、携帯電話から参加申し込みが出来るようにしてみました。 勿論低コスト化とスピーディー化を狙って。 もともと無芸は不経済学部出身で、CGIなんて全く門外漢ですし、ホームページ作成さえも怪しかったりして(^^;)

苦闘一晩、何とか申し込み用の携帯サイトを作りましたヨ。 3キャリア+PCで共有出来るヤツ。 しかもSSL付き(笑) 申し込んだ会員様には、自動で返信メールが入り、申し込み内容は、CSVで自動保存。 結構イケたなぁ~(笑)

で、実は結構困っちゃうのが、会員様のお名前なんですね。 所謂、人名外字と言われるヤツで、PCのフォントでフォローされていない文字ですね。 フォントが組み込まれていなければ、当然正しく印刷する事は出来ませんし、画面表示さえ出来ません。

で、ここで新兵器。

人名・地名外字フォント

「人名・地名外字」 嬉しいことに、Windows PCの標準フォント、MS明朝体とMSゴシック体に対応しており、アドオンでシームレスに表示できると言う優れもの♪

人名・地名外字フォント

普通にインストールしてOKといったものでは無いので、ちょいとばかり能書きを見ながらセッティングしましたけど、かなりのカバー率です。 てか、今まで表示不能だった文字が、全てフォローされておりました。(^^)

これで案内状を受け取った会員様が、自分の氏名が微妙に“当て字”されているという不快感を味わわずに済みます。 あと一週間で、約7,000通の案内状作成。。。 道は遠いorz 

お食事処 たんたん亭 ~福島県郡山市大槻町日向~

久々の訪問。 大槻町の「たんたん亭」さんです(^^) このところ、無性に焼きそばが食べたくなっていたもので…(^^;)

心の片隅で期待していた、「天空の城 ラピュタ」に出てくる、空賊の女頭目・ドーラに似ている、女性店員さんには、お目に掛かる事が出来ず残念!(^^;)

「五目焼きそば (790円)」

たんたん亭 五目焼きそば

直径30cmはあろうかと言う大きな平皿で登場するのはお約束(^^) まさに大盛要らずの盛りっぷりです。 少々“化学のチカラ”は感じますけど、程よい美味しさで充分楽しませてくれます。

たんたん亭 五目焼きそば

この日の麺の“焼き付け”は、少々甘めでしたけど、大量の餡が絡みまくりです(^^) お野菜がタップリと摂れて、お腹も満足な一杯ですね♪

いつの間にか新メニューも加わっておりました。

「たんたんつけ麺 (860円)」

たんたん亭 たんたんつけ麺

看板メニューの「たんたん麺」の正常進化ヴァージョンっすね。 クリーミーなゴマの味わいと、軽い酸味を纏わせた漬けダレは、より一層のスパイシーさを醸し出しています。 濃度も一様に上げられているようで、とてもメリハリのある味わいへと変貌していました。

沢山のお野菜が漬けダレの中に入っていて、野菜好きには嬉しいでしょう(^^) 挽肉も見ての通りで、まさに「たんたんつけ麺」の面目略如ですね(^-^) 辛みレベルが上げられていますので、無芸には嬉しいところですが、辛さが苦手な方は、事前に調整をお願いしておいても宜しいでしょう。

たんたん亭 たんたんつけ麺

まるでサラダ麺が如くに盛られた麺皿。 無芸的には、麺量が少なく思えますけど、無芸大食妻には多すぎだったようです。(^^;) 総じて完成度は高く、新しい人気メニューになり得る可能性は大です(^^)




お食事処 たんたん亭
福島県郡山市大槻町日向56-1
電話;024-952-7050
営業時間;11:00~21:00
定休日;毎週火曜日(祝祭は営業)
駐車場;お店の横に6台分


大きな地図で見る
 

麺屋 助六 ~郡山市駅前~

GW直前でしたでしょうか、「麺屋 助六」さんの新しいレギュラー・メニューに加わった「支那そば」が、ナカナカ塩梅が宜しくて、たまに所望しております。

麺屋 助六

「支那そば 大盛 (650円+0円)」

麺屋 助六 中華そば

決してインパクト系ではありませんが、ほのかに香る生姜フレーヴァーが清々しく感じられます。 鶏出汁メインの滋味のあるスープは、ついつい飲み干してしまいたくなる魔力アリです。

麺屋 助六 中華そば

軽くウェーヴの掛かった中細麺も、良くマッチしていますし、半熟味玉も美味しゅうございます(^^) コスパ抜群で、お腹も幸せになれる、秀逸なラーメン♪

最近、川島さんのお姿が見えませんが、日々忙しく、お弟子さんのお店を巡回なさられているようです。 女性オンリーで仕切られていたお店にも、厨房に男性のメンバーが加わったようですネ(^^)




<閉店済み> 2011年3月31日をもって閉店しました。
麺屋 助六
福島県郡山市駅前1-14-3 佐藤書店ビル1F
電話;024-934-0390
営業時間;11:00~20:00
休業日;日曜日
駐車場;無し お店の向かい側にコインパーキング




昨日の午後から、嘘のように涼しく感じられます。 所謂「梅雨寒」ってヤツでしょうか? 市内某所では、蛍が飛んでいるとの情報があり、是非とも写真に納めてみたいと思います。

残念ながら昨夜、今夜と、気温が低すぎで、多分蛍は飛んでくれなかろうと、虎視眈々とチャンスを伺っております(^^) 蒸し暑さを感じるくらいの夜、20時~22時くらいが、良く観察できるそうです。

思えば最後に蛍を目の当たりにしたのは、30年も前のこと。 蛍の舞い飛ぶ時期が限られる事もさることながら、やはり環境変化に大いなる原因がありそうな… 無芸がキャッチしたスポットは、無農薬栽培を続けている田んぼの一角です。 

ボキッ!とな…

一昨日のことですが、PCで仕事中に、椅子を少し動かしたら

ボキッ!

という乾いた音と共に、無芸愛用の椅子が、グラッ!と傾きました?!Σ( ̄□ ̄∥)

な、な、な、何だぁ~~?(^◇^;)

と、傾いた先を見てみると…

ボキッ!と…

キャスターが折れちゃった…(^^;)

はいはい  言いたいことは分かりますヨ(苦笑) どうせ自重量重すぎるだとか、やれ重量オーバーだとかでしょ(^^;) まっ、そう言われちゃえば、返す言葉もない訳でして…

でも愛用の椅子も、かなり使い込んでいたからね、たかが強化プラスチック製のキャスターでは、遅かれ早かれ、壊れるでしょ? んっ?フツーは壊れない?(^▽^;)

一日だけそのまま使っていたけれど、微妙に傾いた椅子って、すんげぇ~疲れるのね。。。 致し方なく新しい椅子を探しましたヨ。 ホントはRECAROの椅子だったら最高なんですけどね、値段は高いし、何せデカいですからね。

フツーは3,000円くらいの椅子しか買わないんですけど、展示品に座ってみると、全然ダメダメで、鬱になりそうだったもので、ちょいとわがまま言わせて貰って、何とか疲れなさそうなやつを。 最近流行の、背もたれがメッシュになっているヤツを新調しましたヨ(^^) 良い掛け心地です。 座面が低反発ウレタン製だったら、尚ヨロシかったんですけどね。 なかなか田舎では展示品も少なくてね(^^;)

で、破損した椅子を処分しようかと思っていたら、もう一基背もたれが破損していたヤツがありましてね、見比べてみたら、キャスターが共通規格っぽい(^^;) ダメ元でキャスターを取り外して、移植してみたら、あ~~ら、ピッタリ♪ ニコイチで椅子が再生出来ましたとさ(^^)




お店の前の歩道には、ツツジの植え込みがあるのですが、ほぼツツジの花も咲き終わり、植え込みの枝も四方八方に勝手に伸びておりました。 そんな矢先に、植え込みのメンテナンスがありました。

刈り込み

毎年花が咲き終わった頃に行われています。 エンジン付きのトリマーで一気に刈り揃えて行きます。 一仕事配達をして戻ったら、

角刈り

しっかりと「角刈り」になっていましたヨ(^^) これで来年もキレイな花を咲かせてくれるでしょう。 

そばの神田 ~郡山市駅前~

むっ、蒸し暑い(^^;) 梅雨もまさに本番といったここ数日。 やはり冷たい麺を躰は欲するもので、由緒正しい日本のファーストフード、立ち食い蕎麦でもひとつ。

そばの神田

駅前のオアシス「そばの神田」さんで、頂く冷たい蕎麦と言えば、

「冷やしそばセット (550円)」

冷やしそばセット

これが定番です(^^)  冷やしぶっかけ蕎麦に、わかめ、天かす、ネギ、刻み海苔が乗っかっていて、モリモリのボリュームですヨ♪ 加えておにぎりも2個付いていたりして、食べ応え充分です。

麺こそは蒸し麺ですが、自家製の出汁がGJでして、大いにアリアリなお味です♪ 無芸はエビ天とかにはあまり興味が無くて、蕎麦のトッピングには天かすが一番好きという、経済的な仕様となっております(笑)




そばの神田
郡山市駅前1-9-6
TEL;024-932-2039
営業時間;7:30~19:30 (※日曜日はお昼の時間帯に限り営業の模様)
定休日;無休


大きな地図で見る 

フォワードさんチのQちゃん

須賀川まで足を伸ばしたら、Blog仲間のフォワードさん(URL)チも訪問させて頂かなくちゃネ♪ お目当ての半分くらいは、この子。

フォワードさんチのQちゃん

フォワードさんチの飼い猫・Qちゃんですぅ~(*^_^*) 三毛ニャンなので♀ですが、毎日狩りをしてくるほどの優秀なハンターですと(^^;)

フォワードさんチのQちゃん

耳がキレイな輪郭を描いていると言うことは、Qちゃんが如何に強者であるかの証明です。 ニャンコ同士で争いになると、結構傷付き易いのは耳なんですよね。 耳が切れていない≒負け無しって事です。

ウチの飼い猫・ニャオ♀も、その昔は「無敵のニャオちゃん」と言われるほどの強者でした。 今では熟女の余裕からか、取っ組み合いの喧嘩をする事は無くなったとは思いますが、やはりニャオも耳は一ヶ所も切れていません。

フォワードさんチのQちゃん

丁度お子様連れの常連様がお出でになっていて、子供が苦手なニャンコのこと。 早々に猫タワーに避難したQちゃん。

んっ?? 何だ? 床板から毛が生えているぞ(笑) と、ちょいと寄ってみましたら、

フォワードさんチのQちゃん

ははぁ~~~♪ こんな風になっていたのね(^^) お腹モフモフで、猫マニアとしてはついつい手が伸びてしまいます。

ニャンコはお腹が弱点ですから、無闇に触られるのを嫌がりますけど、優しくサワサワと触らせて貰う限りは、Qちゃんも平気そうでしたヨ




フォワードさんチにお伺いする前に、「古寺山白山寺」の紫陽花を見てきた訳ですが、件の土砂降りの話をしたら、アメダスでは40mmくらいの降雨量だったそうです。 はぁ~~~(^◇^;) 道理ですんげぇ~降り方だった訳だワ。

谷に車ごと落ちそうになった話なんぞで大笑いした挙げ句、

「落ちたら電話くれれば拾いに行くし♪」って、フォワードさん…(^^;)

いや、ホントに落ちていたら、迷わずお電話したでしょうけど、マジやばかったんですから…(^^;) さすが元ラリースト、その程度のトラブルは慣れっこですね(笑) 

古寺山白山寺の紫陽花 ~福島県須賀川市上小山田~

日曜日の撮りネタなんですけどね、先週訪問してきた、二本松市の「高林寺」と並び、結構有名なのが須賀川市の「古寺山白山寺」の紫陽花です。 この二ヶ所が、福島県中通りでは、見応えのある紫陽花の双璧では無いかと思います。

午後15:30くらいに出立して、車を走らせること40分くらいで到着出来るのですが、R49を守山あたりまで進んだところで、大粒の雨が降り出しました(^◇^;) しかもかなりの勢いで、降ってくれるものですから、通行車両は一様にライトを点灯するほどでした。

既に道のりの半分ほど進んでいましたもので、通り雨である事を祈りつつ、そのまま目的地「古寺山白山寺」を目指しました。 まさに山寺というような場所にありますもので、入山するには、簡易舗装の山道を登らねばなりません。 以前訪問した時も感じたとおり、道幅が狭い上に、急なカーブが控えていますので、大型のワン・ボックス車では気遣いするかも知れません(^^;)

ズンズンと上って行くと、簡易舗装の坂道は、強い雨のせいで、ちょっとした川のような流れとなっていました。 これはちょっと怖いかも(^^;)

何とか無事に駐車場まで辿り着いてみると、先客様は一台も無し。 そりゃあそうだろナ。 訪問客は既に撤収していたようです。 駐車場からお寺までは、細いながらも舗装路がありまして、訪問客で賑わう時期は、許可車両以外は通行禁止とされているようですが、この日は特に規制はされていないようでした。 大雨って事もありましたので、ちょいと境内の駐車場まで車を乗り入れさせて頂きました。

大雨

とにかく雨は降り止まず… とてもカメラを持ち出して撮影できるような状況ではありません(T_T) しかし、手ブラで帰るのも悔しいですから、車内から写真撮りをする事にしました。

古寺山白山寺の紫陽花

松林が雨で霞んで見えるほどの大雨。 窓を開けてなるべく身を引いて撮るのですが、それでもレンズに雨粒が飛んできます。 当然、開け放ったウインドウから吹き込んだ雨は、ドアの内張をずぶ濡れにしてくれます(^^;)

古寺山白山寺の紫陽花

1997年から地元の有志が植え始めた紫陽花は、今では30種・6,000株を数えると言います。 その色の多様さは、この辺ではちょっと他に類を見ません。(^^)

古寺山白山寺の紫陽花

車内からの撮影では、とても詰めた撮り方は出来ませんので、まあご紹介程度って事で。 ちなみに、今週末7月12日(日)には「あじさい祭り」が開催されます。

境内に設けられたステージでは、フルートとバイオリンによるミニ・コンサートなども行われるようです。 かなりの人出が予想されますので、お出かけの際には、駐車場の誘導係員さんの指示に従って、安全最優先でお願いします。

古寺山白山寺の紫陽花

通り雨を期待して、暫く車内で頑張ってみましたけど、どうやらこの日は縁がなかったみたいです。 仕方なく撤収する事にしました。

帰り道は特に指定されていた訳ではありませんが、多客期に行われるワン・ウェイ・コントロールの道筋に従い、山を下りて参りました。 こちらも簡易舗装の狭く曲がりくねった道です。 所々、雨水が川のように流れていましたので、細心の注意で走行していましたが、いきなり足下をすくわれてスリップ!Σ( ̄ロ ̄lll)

カーブの外側はガードレールもなく、そのまま谷底って状態でして、かなりビビりましたワ(^^;) それにしても、速度をかなり絞っていたのにナゼ?? 自分の中で合点を求めて考えていましたが、どうやら山肌から流されてきた山土が原因かと…

多分粘土質なのでしょうね。 水を含んで流れるほどになった粘土質でしたら、まるで糊のようになっている事でしょう。 なんて思いを巡らせていたら、また真っ赤な山土の川が目前に… しかも丁度カーブになっているよ(^^;)

もう二度と同じドッキリはゴメンと、それこそ歩くほどのスピードに絞って、ゆっくりと踏み入れた刹那、

「どわぁぁぁぁぁ!!!!Σ( ̄ロ ̄lll) くっ、車が曲がらない?!」

狭い道幅、まるで氷上をスリップするが如くに、車はカーブの外側へと向かって流れて行きます。 ここでブレーキを踏んだらアウトです。 何とか姿勢制御を試みながら、泥の川を越えるか、路肩から落ちるかの瀬戸際を、ひたすら待つしかありません。

巧い具合に、前輪だけは何とかグリップを取り戻し、ゆっくりとアクセルを踏んで危機脱出!

「うはぁ~~~! こぇ~~~~よぉ~~(^◇^;)」

思わず一人きりの車内で呟いてしまった… 車重の重い車だったら、マジやばかったかも(^^;) 軽量なフィット4WDだから助かったのかな? 同じようなシチュエーションで、この帰り道を通る方は、とにかくかなりの注意が必要です。 てか、改良を望みます!(^^;)




古寺山白山寺
福島県須賀川市上小山田字古寺


大きな地図で見る 

寿司割烹 魚紋 ~福島県郡山市駅前~

昨日は、前述の「高校生応援団エール交歓会」の取材を前にして、ご近所の「寿司割烹 魚紋」さん(URL)でアヒルごはんを頂きました(^^)

実はただアヒルごはんを頂きに上がった訳ではなく、同窓会の幹事会の会場として利用させて頂きました(^^) 「寿司割烹 魚紋」と言えば、地元では知られた名店でして、danchyuにも記事掲載されたり、Yahoo!グルメの地元寿司店ランキングでは、当然の如くにトップを走っております。

となると、その質の高さは充分にお察し頂けるものと思いますが、夜のカウンター席というのは、やはり一般庶民には少々敷居が高く思われがちです(^^;) 行きたいお店の上位ランキングにあるのは当然かも知れませんね。

しかし、昼の部の営業でしたら、とってもお得にその片鱗を愉しませてもらえます。 同窓会役員のメンバーも、何らかのご縁で、ここのランチでミーティングをしていました。 二階には最大30名収容のお座敷が用意されており、駅前だというのに、会場費など取られることなく、ランチ代金だけで利用させて頂けます。

「ランチ定食 (1,000円)」

寿司割烹 魚紋 寿司ランチ

にぎり寿司4貫、巻物、、サラダ、小鉢2品、茶碗蒸し、吸い物、デザートがセットされています。 夜の部とは、使っているネタは流石に違いますけど、名店の仕事がこんなにお手軽に愉しめちゃいます♪

寿司割烹 魚紋 寿司ランチ

ランチとして仕立てられているので、夜の部よりもにぎりは大きめです。 シャリとネタのバランスが良く、お足を考えたら感涙モノです(^^) ツブ貝の煮貝の小鉢が妙に嬉しかったりして。 ここはお寿司屋さんの域を超えて、看板に恥じない割烹の流れをしっかりと感じさせてくれます。

寿司割烹 魚紋 寿司ランチ

茶碗蒸しも美味しいネ(^o^) 巻物がこの辺ではそう多くない裏巻きで供されます。 ちょっとした事ですが、こんなところにも、名店の片鱗が感じられます。




寿司割烹 魚紋 (ぎょもん) (URL)
福島県郡山市駅前1-5-6
電話;024-938-3343
営業時間;【昼の部】 11:00~14:00 【夜の部】 17:00~26:00
定休日;毎週火曜日
駐車場;無し


大きな地図で見る 

応援団が繋ぐもの

ご訪問ありがとうございます。 本コンテンツは、母校の応援団支援の一貫の意志で記事挙げ致しましたが、当初の目的は果たせたものと考え、本文並びに写真を削除させて頂きます。

コメントをお寄せ下さりました皆様方には、御礼申し上げますと共に、事情ご理解頂きご容赦下さいませ。
 

二代目 つけ麺 紅葉(もみじ) ~福島県郡山市西ノ内~

久々の新店舗訪問。 うねめ通り沿い、マクドナルド西ノ内店向かいの「二代目 つけ麺 紅葉」を訪問して参りました。 既にBlog仲間の「ウーロンさん」(URL)や「きりんさん」(URL)がレポされておりました。 ちょっと出遅れたぁ~(^^;)

二代目 つけ麺 紅葉

地元でつけ麺を提供してくれるお店は数あれど、「つけ麺専門店」はここが初めてです。 ご主人からお話しを伺ってみると、なんと無芸の高校の後輩さんでした(^^;) しかも「春木屋 郡山分店」のご主人と同期生(笑) 奇遇だね♪

てな事で初めて口にするのは、「つけ麺 大盛 (910円)」

二代目 つけ麺 紅葉 つけ麺大盛

本店から送られてくる自家製太麺は、とても艶やかで小麦粉の香りが程よく香り、しっかりとした歯応え感があります。 滑らかな舌触りながら、噛んでみるとプッチンとした歯切れが楽しめます。(^^)

ちなみにデフォの並盛りは250gで750円。 中盛りは330gで830円。 更には500gの特盛りが1,000円となっています。 この先、本店と準じて750gの超特盛りもデビューを控えているそうです。(^^)

二代目 つけ麺 紅葉 つけ麺

漬けダレは、げんこつともみじなど数種類の動物系に加え、鰹煮干しなどの魚介系をミックスしており、それぞれの組成が品良くバランスしています。 一言に伏してしまえば中庸的ですが、実はそれぞれの持ち味が緻密な濃度を持っていて、癖の少ない馴染み易さを醸し出しています。

ほんのりとした甘みは、果物と野菜のジュースを加える事によって得たそうで、「郡山大勝軒」のようなメリハリのあるハッキリとした甘さとは異なります。 そしてアップル・ビネガーと一味唐辛子は加えていないので、大勝軒スタイルの漬けダレとは違ったバランスになっています。

漬けダレに加えられている具材は、崩し系のチャーシューと、やや太めのメンマ、ナルトと海苔に刻みネギです。 具の量自体はそんなに多くありませんが、ひたすら麺の旨味を愉しみたい向きには好都合でしょう(^^)

二代目 つけ麺 紅葉 つけ麺

本節の粉が感じられる、豊かな魚介の風味に誘われて、410gの大盛り麺も、難なく食べ進んでしまいます。 麺に絡むスープもバランス良く、ド迫力系つけ麺が苦手な方には、まるで福音のような味わいですね(^^)

スープの濃度は、意外にも強くありません。 そのまま飲んでもイケちゃいそうなくらいですが、大盛りの麺を最後まで支えるだけの底力があります。

二代目 つけ麺 紅葉 味玉

只今開店感謝サービスとして、通常1個100円の温玉か味玉が添えられています。 味玉を頂きましたが、これがナカナカ♪ ちゃんと味はしますけど、決してしょっぱくはありません。

卵を割ってみるとごらんの通り。 黄身に近づくにつれて、まるで温玉のような火の入り方です。 ちょっとここまでトロトロの味玉にはお目に掛かった事はありませんでした(^^;) それぞれにお好みはあるでしょうけど、技巧の極地と言える味玉の白眉ですね(^o^)

麺をキッチリ完食して、漬けダレをスープ割りにして頂きました。 温かいスープを加える事で、節系の風味が再度覚醒します。 少し本節粉のザラっと感がありますけど、決して引っかかるような性質のものではありません。

ラインナップがつけ麺のみと言う幅の狭さはあるものの、今後導入予定の平打ち麺や細麺が加わる事で、ヴァリエーションも楽しめるようになるでしょう。 問答無用の押し味でインパクトのあるつけ麺とは違い、毎日でも食べる気になれる優しさと緻密さに満ちたつけ麺。 それが「二代目 つけ麺 紅葉」でしょうか。




== 閉店しました == アーカイヴとして残しておきます
二代目 つけ麺 紅葉 (もみじ)
福島県郡山市西ノ内2-10-26
営業時間;【平日】 (昼の部)11:30~15:00、(夜の部)18:00~21:00
      【土曜日】 11:30~20:00
      【日曜日】 11:30~15:00
定休日;毎週月曜日
駐車場;店舗前に占有2台分 昼の部は他に明いているスペースも共用可


大きな地図で見る 

ニャオの毛玉

換毛期は終わったとばかり思っていた飼い猫・ニャオですが、どうやらまだ完了していなかったっぽいです(^^;) 日の光の差し込むところで、後ろ手で首回りを掻き掻きすると、ブワッと抜け毛が舞い飛ぶ様子が見えました(^◇^;)

こりゃあイカンと、ブラッシングしてみたら、抜けるは抜けるは… あまりに毛が抜けるもので、集めて丸めてみたら…

ニャオの毛玉

ピンポン球を一回り小さくしたくらいの大きさになりました(^▽^;) 暖かな日だまりで過ごすと、換毛が促進されるような気がしますけど、そんなもんでしょうかね?




何やら昨日のご訪問者数が、普段からすると、とんでもないカウントを刻んでおりました。 いつもの約2倍ですわ(^^;) いったい何事が起きたのかと調べてみたら、ある記事が検索サイトからアクセスを集めていました。

「向山製作所の生キャラメル」ってコンテンツです。 どうやら、昨日のお昼番組で、この生キャラメルが全国ネットで放送されていたようです。 テレビのチカラはやっぱり凄いですね(^^;) 

復活!とんこつらーめん 花カツミ

マスターの病気療養のため、一ヶ月の休業を余儀なくされていた「とんこつらーめん 花カツミ」さんが、7月1日に営業を再開しました。

とんこつらーめん花カツミ

一ヶ月ぶりに風に揺れる暖簾を押して、ちょっと恥ずかしげなマスターの笑顔に迎えられます。 まだ無理は出来ないと言うことで、お昼の営業時間を短縮し、夜の営業も暫く見合わせるかも知れません。

「今日はスープが“まだ若い”から、ちょっと軽いかも知れませんよ」

そんなマスターの言葉は、無芸からしたら

「今までお見せしたことのないスープ楽しめます♪」

と解釈出来ちゃうほど、この一ヶ月は長かったなぁ~(笑)

てな訳で、復活初日にオーダーしたのは、

「チャーシュー麺 大盛 (780円+20円)」

花カツミ チャーシュー麺大盛

香りはいつもと変わらず、のっけからソソられるもの。 確かにスープは、いつもよりもライトですね。 飲み上げの〆ラ~だったら最適って感じです。

マスターにお聞きしたところによると、炊いたスープは、仕継ぎしながら徐々に濃度を安定化させているそうです。 あと三日も続ければ、以前のような濃度と練れた味わいになってくるそうです。

花カツミ チャーシュー麺大盛

食感の良い麺は、相変わらずで、チャーシューもしっかりと味が染み込んで、ホロホロに崩れます。 当たり前にいつでも好きな時に食べていたラーメンが、こんなにも愛おしい(笑) 完全なる中毒ですね(^^;)

花カツミ チャーシュー麺大盛

お約束の擂り辛子を投入。 効くなぁ~(^▽^;) 久しぶりにゲホゲホしちゃいましたワ(笑) 辛みが加わったことで、一層箸のピッチが上がります。 麺とスープを交互に口に運んでいたら、あっという間に完食しちゃいました。

カウンターに陣取っておられた先客様方も、どうやら常連様のようで、お店の再開を心待ちになさっていたようです。 奥座敷の高校生もしかり。 みんなに愛されていますねぇ~(^^)




=閉店しました=
2016年8月31日をもって閉店。 売り切れのため31日は開店しませんでしたので、実質8月30日で暖簾を降ろしました。 アーカイブとして残しておきます。
本格とんこつラーメン専門店 「花カツミ」
福島県郡山市大槻町小金林24-19-1
営業時間;(昼の部)11:30~15:00 (夜の部)17:30~21:00 (日曜祝日は20:00まで)
定休日;毎週月曜
駐車場;店舗前に2台分+店舗裏に専用・共用6台分 

麺家 大須賀 ~福島県郡山市台新~

以前から、「麺家 大須賀」さんの「濃厚つけ麺」はすんげぇ~ヨと、多数のタレコミ情報が寄せられておりましたが、ようやく久々の訪問が叶いました\(*T▽T*)/ しかも日曜日だから、ニンニク・オケイですよぉ~♪

時刻はすでに19時過ぎ。 駐車場は満車でしたけど、何とか1台分見つけてデポ。 案の定、お店は順番待ちの行列が出来ていました。 列に加わり、待つこと5分ほどで、運良くカウンター席に通して頂きました。

券売機ではコラムが足りなくなっちゃって、

「辛味噌ラーメンの食券をお求めの上、オーダーの際に濃厚つけ麺とご指定下さい。 (数量限定)」

って書いてありました。 あれれ?(^^;) 数量限定って事は、オーダーの間際になって、「本日完売です」って言われる可能性もアリか? と、ちょっとドキドキしながらオーダーしたら、ちゃんと通りましたヨ(ホッ)

「濃厚つけ麺 大盛り (850円+80円)」

麺家 大須賀 濃厚つけ麺

麺上げの直前に、漬けダレをレンジ加熱していました。 助手の女性が、仕上がったところをレンゲで丁寧に混ぜています。 どうやら魚粉とスープを合わせて、レンジ加熱するようですね。

麺家 大須賀 濃厚つけ麺大盛り

流水でしっかりと洗った麺は、しっかりと水切りされて盛られます。 付け合わせの野菜は、「ともラーメン」のデフォの半分くらいでしょうか。 自家製の厚切りバラ・ロールチャーシューと、味玉ハーフが添えられます。 お野菜には直接カエシが振られているようですね。

それでは頂きまぁ~す♪O(≧∇≦)O

麺家 大須賀 濃厚つけ麺

おっ?!Σ( ̄ロ ̄lll) 何だ? この漬けダレ! まるでポタージュのようなトロみを通り越して、ドロドロってくらいの粘度があります。 超極太縮れ麺に絡んだ漬けダレは、ズシリと重さを感じさせるくらいで…(^^;)

更に驚く事に、それがまたインパクト極大な旨味が、まるで津波のように口中に広がります。 少し甘さが加えられていて、それがまたイイ味を醸し出しています。 ブツブツとした食感の麺も見事に調和していて、これは至高の一杯ですなぁ~(=´∇`=)

当地では、「郡山大勝軒」の週末限定「濃厚魚介つけ麺」と並び、インパクト系つけ麺の双璧と言って過言ではないでしょう。 いや、良いもの食べさせて貰いました(*^_^*)




麺家 大須賀
郡山市台新一丁目31-10台新ビル101
電話;024-935-3737
営業;(昼の部)11:30~14:30(日曜日は15:00まで)、(夜の部)17:00~22:00
定休日;月曜、第三火曜
駐車場;店頭に1台、店舗裏に5台