FC2ブログ

大隣寺の紫陽花 ~福島県二本松市成田町~

折角、城下町・二本松まで行ったのですから、きっとどこかしらに紫陽花の綺麗に咲く場所があるのではと、ちょいとサーベイしてみました。

すると『曹洞宗巨邦山大隣寺』のWebサイト(URL)を発見。 どうやら境内に紫陽花が見られるようでしたので、立ち寄ってみました。

お寺の駐車場の向かい側には、「二本松観光センター 隊士館」という、主に団体観光客相手の食事とお土産物を商う施設があります。 大型観光バスを優に停められるスペースがあり、二本松ICからほど近いこともあり、二本松観光の基地的な役割を果たしているようです。

余談ですが、経営母体は、白い縁起物の動物を世界中から集めている事で知られる「東北サファリ・パーク」でした。(^^;) ここには「エビス・サーキット」という、自動車用サーキットコースがありまして、一部に人気を博している「D1GP」という自動車レースが開催される事でも知られています。

常に最も高い人気を集める超一級実力派D1レーサー・熊久保信重選手は、エビス・サーキットの支配人であり、またその祖父が「東北サファリパーク」の創始者です。(^^)

大隣寺

さて、話を戻して「大隣寺」。 実は到着してから気づいたのですが、大隣寺は二本松藩主・丹羽家の菩提寺であり、戊辰戦争で勇敢に戦い、命を散らした「二本松少年隊」(史実より50年後に正式命名)の16柱の墓所にもなっていました。

幕末史の悲劇の一つとして知られる、会津藩の白虎隊も、年端のいかぬ少年達が命を落としておりますが、実は「二本松少年隊」の方が先に命を落としているのですね。 しかも自刃ではなく、実戦で戦って戦死しています。 数え年13歳~17歳の隊士達を忍と、何ともやりきれないですね。

大隣寺の紫陽花

最も多く紫陽花が植えられているのは、駐車場に沿った土手ですが、まだ開花はこれからがピークでしょうか。 立派な表参道の階段を上って行きますと、なかなか立派な境内が現れます。 本堂の裏手に丹羽家の墓所。 境内の左手に「二本松少年隊」の墓所があります。

鐘楼は平成2年に再興されたそうです。 その鐘楼の袂には、いくばくかの紫陽花がひっそりと花を咲かせておりました。

大隣寺の紫陽花

あまり手入れは行き届いていないようで、紫陽花の葉は虫食いだらけ…(^^;) ヤブ蚊もたくさんいるようで、僅かの間に無芸も餌食になりましたΣ( ̄□ ̄∥)

「二本松少年隊」の墓所は、結局シャッターを切れませんでした… 今更ながら、自分の子供達と同年代の少年兵の悲劇を思うと、よほど心の準備が無いと無芸には無理。。。

大隣寺の紫陽花

さすがに時刻は18時過ぎで、誰一人姿を見ることはありませんでした。 歴史をひもといてみると、丹羽家の歴史は、とても興味深いものがあります。




ついつい昼食を摂るタイミングを逃してしまい、どこかで食べようと探してみたら、かなりレアなお店が浮上しました。 「食事と喫茶 ミーコック」というお店。 Blog仲間のウーロンさんによると、カツ丼がナカナカとの事で、「大隣寺」にほど近い場所でしたもので、探してみました。

通りは間違っていないハズなのですが、どうやら見落としてしまったようで再アプローチ。 あったぁ~!と思ったら、暖簾が下げられています!Σ( ̄□ ̄∥) 日曜は営業日のハズなんですけど…

諦めきれない無芸。 車を降りてお店の前に立ってみます。 するとお店には人の気配アリですな。 もしかしてこれから夜の部営業?と思いつつ、ドアを開けてみます。

まるで昭和中期で時が止まったかのような店内。 ウナギの寝床のように奥行きのあるお店の奥では、店主と思われる女性が、「ちびまる子ちゃん」を見ていた目線をこちらへ向けます。

「あのぉ~、今日はお休みでしたか?(^^;)」

「あぁ~~、今日は店じまいしちゃったのよぉ~」


残念です(^^;) 

ミーコック